Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Supenraturalシーズン4/第16話「第一の封印」

2012年03月31日 01時38分24秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第16話「第一の封印」の感想です~。まだ見終わっていない方は、ネタバレしてると思うので、ご注意くださいませ。


*第16話「第一の封印」On the Head of a Pin

ディーンはパメラの死に責任を感じ、つくづくこの戦争に嫌気が差していた。そんなディーンの態度を弱気と受け取るサム。モーテルに着いた2人を待っていたのはカスティエルとウリエルだった。カスティエルの部隊の天使が7人殺され、悪魔の仕業と考えたウリエルは、捕虜にしたアラステアから犯人の名前を聞き出すためディーンを尋問官に選ぶ。


今回あたりから、天使と悪魔の戦いも佳境に入ってきたようで、色んな新事実が分かってきて、面白くなってきました。
実を言うと、シーズン4に入って、神と悪魔の戦いとか、人類が滅亡するとか、テーマがあまりにも壮大になりすぎて、面白くないわけではないけど、若干ついていけないところがあったんですよね。
初期の頃が家族愛や兄弟愛が主体のわりと分かりやすいストーリー展開で、そういうのが好みだったこともあり、あまりにも急激かつ話が大き過ぎくなりすぎて、違和感を感じていたのも事実です。

でも今回は、無表情で冷酷そうに見えた天使のカスティエルにも親近感が湧いてきたし、サムのあの力の源がアレだったなんて!!とビックリしたり、ディーンが地獄でやってきたことが垣間見れたりと、盛りだくさんの内容で、なかなか面白く思えました。
いよいよ大きくストーリーが動き出すという感じなんですかね~。
ルシファーなんて人も名前だけですが出てきたりして、今後の展開は期待できそうですね~(^^)

しかし、ディーンのことは本当に泣けてきます・・・。ディーンって口は悪いけど、心根はとても優しくていつだって人の為に生きているような人ですから、地獄であんなことをやらされていたなんて、本当に信じられません!!
ジョンパパのことまで引きあいに出されていましたが、これまでずっと見続けていた人には分かると思いますが、それがディーンにとってはどれほどの屈辱・哀しみ・苦しみになるんでしょう・・・。こうなってくると、これまでディーンが正気を保っていたのが不思議なくらいです(T_T) 
ディーンファンの私は、拷問の時の無表情な姿を見て、もう泣けて泣けて仕方なかったです・・・。今後、天使が勝利して、全てが平和に丸く収まる日が来たとしても、そんな自分が絶対に許せない人だと思うし、ディーンの心の傷がいえることはないんだろうなぁ。辛すぎる・・・。

コメント

Supernaturalシーズン4/第15話「奇跡の町」

2012年03月28日 00時09分39秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第15話「奇跡の町」の感想です。まだ見ていない方は、ネタバレにご注意くださいませ~。


*第15話「奇跡の町」Death Takes a Holiday

ある町で、いつ死んでもおかしくない人たちが奇跡的に命を取りとめていた。聞き込みの結果、悪魔と取引をした人は皆無。サムは死神が何らかの事情でこの町から消えてしまったと推理する。すると再びボビーから連絡が入り、封印を破るために悪魔が死神を拉致していることが明らかになった。


今回も切ないお話でした。特にコールとそのお母さん。後はパメラのことも・・・。
家族と死に別れるって、誰でも辛いけど、子供を喪った悲しみって、多分計り知れないと思います。そしてその母を残して一人であの世へ行けない息子の苦しみも・・・。またその子がまだ小学生(?)くらいなのが、余計に辛いですよね。なんて理不尽な世の中なんだろうと思います。

またパメラが再登場するとは思ってなかったです。前回、この兄弟と関わったせいで、目が見えなくなってしまったのに、案外元気になってて良かったなーと思ったのもつかの間。あんな風に、あっさりと逝ってしまうなんて・・・。こちらも理不尽だなーと思わざるを得ませんでしたよ・・・。
あれだけの目にあわされたのに再登場となったんだから、今度からはきっと良い目(準主役とか)に遭うんじゃないかなと期待していたので!霊能者という役割も面白かったし、生かしておいても良かったんじゃないのかなぁ。

再登場と言えば、テッサも!出てきた時、何となく見覚えがあるなーと思ったけど、誰だか思いだせなかったんですが、シーズン2の第1話に出てきたあの人だったんですね。まさか、ここにきての再登場とは思わず、ビックリしました(笑)。

しかし、シーズン4に入ってから、心が痛くなるような辛い話が多くて、なんだか気分が沈みます。最期にパメラがサムに言い残した言葉。すごく曰くありげでした。気になります。

コメント

キンキーブーツ

2012年03月24日 01時10分05秒 | 映画(か行)
サンダンス映画祭で絶賛され、本国イギリスで社会現象を巻き起こしたハートフルドラマ。ドラッグクイーン用のブーツを作ることになった靴工場の経営者と、自分らしさを模索するドラッグクイーンの友情物語が展開する。監督はジュリアン・ジャロルド、キャストはジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョフォー、サラ=ジェーン・ポッツ他。

<あらすじ>
父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー(ジョエル・エドガートン)。工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会ったドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)からインスピレーションを得て、ドラッグクイーン用のセクシーなブーツを新商品として開発しようと思いつく。(シネマトゥデイ)


特に期待して見なかったのが幸いしたのか、とても楽しく見ることができて満足しました!やっぱり、こういうラストが明るく後味スッキリなものは、自分の中の評価も上がりますよね~。

基本的には、サクセスストーリーと言えるのかな。倒産寸前でにっちもさっちもいかなくなっていたのを、従業員のモチベーションを含め、見事に再生を果たしたわけですし・・・。
ただ、普通のサクセスストーリーと違い、ものすごくインパクトがあったのはローラの存在ですよね。田舎の保守的な街に、女装した男であるローラがやってきて引っかきまわすという展開は、人間の価値観の相違や男女の問題なんかにも触れていて、いろいろと考えさせられました。

伝統的な紳士靴を作っていたところに、女装した男性用の靴を作るなんて、そんな発想になかなか行きつきませんが、それくらいの思い切りの良さ(無謀とも言う)がないと、こんな難しい時代には対応できないのかも。行き詰った今の日本にも、何かしらのヒントがあるかもしれませんね。

なんにしても、ローラの歌声もパフォーマンスも素晴らしかったし、ストーリーも後味が良くて、見て良かったと思える映画がひとつ増えて、良かったと思います♪
コメント   トラックバック (7)

Supernaturalシーズン4/第14話「セイレーンの呪い」

2012年03月21日 00時22分51秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第14話「セイレーンの呪い」を見終わりました~!前回に引き続いて、今回も兄弟間のイロイロが見れて満足です♪


*第14話「セイレーンの呪い」Sex and Violence

男を惑わせ愛する者を殺させた後、忽然と姿を消す謎のストリッパー。同様の事件が立て続けに4件も起き、サムとディーンがボビーにアドバイスを求めると「セイレーン」の仕業だと言う。それはギリシア神話に登場する妖怪で、船乗りたちを美しい歌声で惑わし船を沈没させるのだ。しかし現代のセイレーンは歌声ではなく毒物を使って男たちを惑わせているらしい。


タイトルを見て、歌声で人を惑わす悪霊(?)のようなものが出てくるのかなーと思っていたのですが、残念ながら「歌声」は全く出てきませんでしたねー。あれれ。

原題を見ると、どこにも「セイレーン」なんて出てこないので、邦題のつけ方のせいかもしれませんが、私は「セイレーン」というタイトルにすっかりしてやられました^^;
そのおかげで、最後はあっと驚く展開になったので、楽しめて良かったというべきなのかなぁ・・・。

今回はボビーも大活躍で、久しぶりに存在感を出していましたねー。ウィンチェスター兄弟のお父さん代わりですからねー。最近の兄弟の重い苦しみを考えると、もっとちょくちょく顔を見せて、勇気づけてあげて欲しいです。

ちなみに、今回も兄弟の本音が表れて、ドキッとしてしまいました。やっぱりお互いにそういう風に思っているんだよねぇ・・・。しかも、それを相手に知られてしまって、この先どうするんだろ。二人の間に亀裂が入らないといいんだけどな・・・。すごく心配です。



コメント

Supernaturalシーズン4/第13話「アフター・スクール・スペシャル」

2012年03月18日 00時46分12秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第13話「アフター・スクール・スペシャル」の感想です~!今回は、学生時代のディーンとサムが見れますよ♪ウィンチェスター兄弟のファンの方にはオススメのお話です。


*第13話「アフター・スクール・スペシャル」After School Special

学校の女子トイレで同級生を殺した高校生エイプリル。彼女の証言からサムは悪魔の憑依を疑うが、エイプリルは硫黄や黒煙を見ていなかった。サムは事件が起きた高校を調べようと言い出す。そこは奇しくもサムとディーンが幼い頃1か月だけ通った学校だった。サムは清掃員、ディーンは体育の臨時教師として潜入する。


導入部で、ディーンとサムの子供の頃の映像や、ジョンパパが出てきたので、何だか期待できそうーーー!と思っていたら、やっぱり!!
シーズン4にして初めて、二人のスクールライフが垣間見れることになりました。

父の悪霊退治に付き合って、子供の頃からアメリカ中を転々として過ごしていて、まともに学校へも行っていなかったようなことを、以前のストーリーの中で言ってたように思うのですが、どんな生活をしていたのかが、実際に描かれようとは思っていなかったので、すごく嬉しかったですv

若かりし頃の二人は初々しくて、なかなか良かったですよー。ディーンは当時から、ふてぶてしくて、女好きで、今と全然変わってない感じ。
サムの方は、家業が嫌いで、普通の子供と同じように生活したかったみたいですね。あまり学校へ行ってないのに、なかなか頭もいいし、正義感が強くて、とても良い子だったのねー。

悪霊退治の方はこれと言った目新しさがあるわけではないけど、ウィンチェスター兄弟の学校生活が見れただけで、私は大満足でしたvv

そうそう、ディーンもサムも子役を使っていましたが、ディーン役の子は、別にジェンセンが演じても良かったんじゃないかなー。髪の色や目の色、全体的な雰囲気はジェンセンとよく似ているけど、やっぱりジェンセンの方が男前だし(爆)。
サム役の子は可愛くて、イメージピッタリですね。ディーンと歳の差がありすぎるように感じたけど、成長期の4歳はあれくらい差があるものなのかな・・・。

コメント

Supernaturalシーズン4/第12話「伝説のマジシャン」

2012年03月15日 00時20分06秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第12話「伝説のマジシャン」を見終わりました!以下、ネタバレしてるかもしれないので、ご注意くださいねー。


*第12話「伝説のマジシャン」Criss Angel Is A Douchebag

マジック・フェスティバルで賑わう街中でマジシャンのバンスが変死した。胸に10本の剣が突き刺さったような傷跡があるのにバンスのシャツは破れていなかった。この事件を追って聞き込みをするサムとディーン。バンスが持っていたタロットカードの線を追い、3人の老マジシャン、ジェイとチャーリー、バーノンのショーを見た2人はジェイの神業とも言えるテクニックに舌を巻く。


最近、やり切れない展開が続いていたけど、今回は哀愁漂うストーリー展開でしたねぇ・・・。何といっても「老い」との戦いですから^^;

マジシャンを題材にしているせいか、どこか現実感がなく、飄々とした雰囲気で、最近のストーリーの中では、わりと気楽に見ることができたし、なかなか面白かったんですが、ラストはやっぱりやり切れない気分に・・・(T_T)

でも、今回の事件がきっかけで、いよいよサムが「決心」したみたいですよー!!恐らくは、本気で悪魔と戦うことを決めたんじゃないかな。老いてなお、悪魔と戦い続けるなんてゾッとしませんからねぇ。
その為には封印していた力を使うことになり、またしてもディーンとは険悪になるかもしれませんが、ここは避けては通れないところだと思うので、次回以降、心して見ていきたいと思います。
コメント

Sueprnaturalシーズン4/第11話「家族の絆」

2012年03月09日 00時34分02秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第11話「家族の絆」の感想です!!ネタバレ、ご注意くださいませー。


*第11話「家族の絆」Family Remains

ネブラスカ州のとある農家で独り暮らしの男性ビルが惨殺された。しかも密室殺人。幽霊の仕業と考えたサムとディーンは農家に向かう。この1か月、ディーンはまるでみそぎのように狩りを続けていた。ろくに寝ていないディーンを心配するサム。しかしディーンは地獄のことに触れないようにしているサムの気遣いにイライラしていた。


ロクに眠らず、まるで贖罪のように狩りを続けるディーンの姿が、ものすごく辛そうで、この先どうなってしまうのか心配です・・・(T_T)
今回のストーリーでも、あえて危ないところは自分で行ったり、きっと贖罪のつもりなんだろうな~と思い、見ていて苦しかったです。でもそれは、まだ序の口だったんですよねぇ・・・。
一番ラストの告白は、本当に衝撃でした!!もう、何と言っていいか言葉が浮かびません。いつも人のことばかりを考えて生きていたディーンが、あの地獄で行わされた拷問を「快楽」だったと言うなんて!!!

ディーンがどんな人か、シリーズをずっと見ている人なら分かると思いますが、口は悪いけど誰よりも人の為に生きている人ですよね。そんな彼が例え悪魔にやらされた事とは言え、一瞬でも拷問を快楽だと思ってしまったのなら、誰よりも自分が許せないと思います。
こういう事は、誰かが慰めてくれたとしても、どうしようもないんですよね。それが分かっているから、サムも本当に苦しそうで・・・。こんなに救いようのない展開になるなんて、思ってもみませんでしたよ。

今後、ディーンがその過去をどうやって乗り越えていくのか・・・。そこが見どころになっていくのかな。
でもそれを見ている私達視聴者の方は、辛くて辛くて、たまりませんよんぇ・・・。
コメント

Supernaturalシーズン4/第10話「天国と地獄」

2012年03月05日 23時16分58秒 | スーパーナチュラル/シーズン4
SUPERNATURALシーズン4/第10話「天国と地獄」を見終わりました。今回の話はもう涙なくしては見れなかったです・・・(T_T) まだ見ていない方は、心して見た方が良いですよ~。以下、ネタバレにご注意くださいね!!


*第10話「天国と地獄」Heaven and Hell

「アンナを殺さねばならない」と言うカスティエルに驚くサムとディーン。アンナを「罪深い」とだけ言ってウリエルが武力行使に出た。すると光線が発射されウリエルとカスティエルはどこかに消えてしまう。アンナが無意識のうちにまじないで天使たちを追い払ったのだ。アンナは一体何者なのか。


今回のストーリーは、前回から続いておりますので、ここは順番通りに見た方が良いです。アンナですが、こんなに重要な人物だとは思っていなかったです。てっきり、ちょっと特殊な能力を持ってはいるものの、悪魔に狙われる一般人だと思っていたので・・・。

さて今回、これまで謎だったことが色々と明かされましたね。色々とありすぎて何から書けばいいのか分からないほど、内容が詰まったストーリーでした。

結局、最後の兄弟のシーンが衝撃的すぎて、他のことはすっ飛んでしまったのですが、それらについては、またおいおい書くこともあるだろうから、今回はディーンの「地獄での出来事」だけにします。

もうこの辺りは切なくて悲しくて仕方なかったです。特にディーンが涙を流すシーンで
は、普段は映画やドラマで泣いたりしない私でさえも、思わず貰い泣きしてしまうくらい辛くて切ない・・・。なぜ、ディーンだけがいつもこんな辛い目に遭うんだろう。いうだって、自分の為には生きていない人なのに。

アンナの時だって、アンナを殺すくらいなら自分は地獄に戻されてもいいって言ってた程だし、ディーンって、人に苦痛を与えるくらいなら、自分が犠牲になるタイプですよね。
そんな人が誰かを傷つける側に回るなんていうのは、どんなに苦痛だったでしょう・・・。それを思うと、こちらまで胸が苦しくなってしまいました。

この先、何があろうとも、ディーンはこの苦痛から逃れることはできないんでしょう。なんでこんな苦しみを味わわないといけないのか・・・。ああ、今後のストーリーを見るのが苦しくなりそうです・・・。



コメント