Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

24ファイナルシーズン/VOL.12

2011年06月23日 23時53分44秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」シーズン8のDVD第12巻の感想です!
とうとう「24」もフィナーレを迎えてしまいました。シーズン1を見てから、足掛け何年かかったのかなぁ・・・。だいたい1年に1シリーズを見ていたので、多分8年近くはかかったのでしょうね。こんなに長い間、1つの作品を見ることって、他にはなかったので、なんだかスゴイです。
あ、この先はネタバレしていますので、まだ見ていない方はご注意下さいね!


最後までハラハラさせてくれたけど、最終的には上手くいってよかったかな。これでジャックが死んだりしたら、ものすごく後味悪いですもん。
でも、ジャックがどこかで生きてるということは、また帰ってくる可能性がないわけじゃないのかなぁ。完全に終わってしまうのは寂しいので、少しは希望があってくれて嬉しいな♪

毎回、不死鳥のように蘇ってきたローガンもさすがにもう逃げ道はなかったようですね。自殺すらちゃんとできず、最後まで相変わらずの小物っぷりなのが笑えました。

また、テイラー大統領が土壇場で改心してくれたのは嬉しいですね。久々に登場した正義感の強い素晴らしい大統領だと思っていたのに、中盤から突然路線変更してしまって、ちょっと悲しかったんですよ。
自分の娘までも罪は罪として償わせた大統領なので、最後はちゃんとケジメをつけてくれたのは良かったです。
ただ、大統領がローガンに惑わされてこんなにブレなければ、ここまで最悪な展開にはならなかっただろうと思うと、なんだか悔しいですけどね。

そして何と言ってもクロエ!ジャックとの対決シーンやラストの会話なんかは、こちらもしんみりしてしまいました。長い間一緒に仕事をしてきて、少しずつ絆を深めていったことを知っているだけに、ジーンときちゃいました。またいつか、二人が一緒に仕事をしている姿を見てみたいものです。

思えば、「24」というドラマには、本当に楽しませてもらいました。アメリカのドラマに興味を持ったのも、「24」が初めてだったし、毎回先が気になって気になって仕方がないドラマも初めてでした。
特にシーズン5くらいまでは、ものすごくハマっていて、毎回、寝る間を惜しんでみていたのが懐かしく思い出されます。「24」を見る時は、必ず暇な時を狙って見始めないと寝不足で大変なことになる・・・といつも言ってたくらい、すごく楽しみにしていたドラマでした。
後半はちょっとマンネリ化してきたのと、他にも面白い作品が次々出てきたので、昔ほど必死で見ることはなくなったけど、それでも大好きな作品でした。
この作品と出会えて本当に良かったです。
またいつか、ジャック達に会えることを祈っています。



コメント (2)   トラックバック (1)

24ファイナルシーズン/VOL.11

2011年06月21日 01時06分26秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」シーズン8のDVD第11巻の感想です!
ついに残りあと1巻になってしまいました。シーズン8まで1話も欠けることなく見てきたわけで、ここまでくると、かなり感慨深いものがあります・・・。
あ、今回ももちろんネタバレしておりますので、未見の方はどうぞご注意くださいませ!


ジャックがついに本当の黒幕が誰なのかを知ってしまいましたよ~!相手がテロリストとかならともかく、かつての自国の大統領だなんて、本当に唖然としますよね。
過去のいきさつからも、絶対にローガンだけは信じちゃダメなんだと、視聴者は分かっているんですが、なぜテイラー大統領は簡単に信用したのかな。ここだけは納得できません。

それにしても、今回のジャックは、国を守るためというよりも愛する人を殺した犯人を処刑したいだけなんじゃないかとこちらも思ってしまう程、敵に対して容赦していませんね。
まさかジャックに限って、単なる私怨だけで動くとは私も思いたくないけど、今回の行動を見ていると、そうでないと言いきれないのが辛いです。その辺り、クロエにしても、微妙な感じでしたしね。

しかし、ローガンが出てきてから、面白さという意味では、ちょっと物足りなくなってきたかなぁ。黒幕がハッキリ見えてしまったからか、ハラハラ・ドキドキ感がなくなってしまったような・・・。
まあ、今回に限らず、ローガンが出てくると、いつもこんな風に内部のドロドロさが浮き出てきて、スッキリしない感じになってしまうんですよね。
何故今回のシーズンにまでローガンを出演させる必要性ってあったのかな?と思ってしまうんですよ。

あ、ローガン役の人は、本当に演技が上手いと思うんですけどね。上昇志向が強くて威張り散らすくせに、いざとなったら小物な感じとか、ホント嫌なヤツ!というのが上手くてね。
でも、もう良かったのに・・・とついつい思ってしまいます(^^ゞ

では、残りあと1巻。ラストまでハラハラさせてくれることを祈ってます!


コメント

24ファイナルシーズン/VOL.10

2011年06月16日 01時04分48秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」シーズン8のDVD第10巻の感想です!
ネタバレしておりますので、未見の方はどうぞご注意くださいませ!


ついに、クロエとジャックが敵対することになってしまいましたねぇ・・・。立場が変わってしまった以上、そうなる可能性が高いなと思って心配していたんですが、やっぱりでしたね。
とは言え、本当に憎しみあっているわけではないので、この関係はいずれ改善されることと思いますけどね。

それよりも、もっとビックリしたのが、テイラー大統領のこと!まさか、急にローガンの意見を聞いてしまうなんて、信じられませんよー!!
テイラー大統領って、正義を重んじどんな難題にも勇気を持って応じる高潔な大統領だと思っていただけに、こんな展開になるなんて予想だにしませんでした。
「24」の製作者には、してやられたなー!
自分の娘の犯罪さえも妥協せず正義を貫いたのに、こんな汚点を残してしまって、本当に残念だな~。

しかし、この後の及んで、ローガンがまたしゃしゃり出てくると思いませんでした。なんか、テロリストよりもずっと老獪でしぶといですよね。一応、かつてはアメリカの大統領だったはずなのに、CTUやジャックにとっての一番の敵は、このローガンかも。
かなり鬱陶しい存在です。

そうそう、ラストでデイナがジャックに射殺されたようなんですけど、これにもビックリ!まさか、本当に殺してしまうとは思わなかったなー。ルネを殺されて、やっぱり普通の状態じゃないのかも・・・。

コメント

24ファイナルシーズン/VOL.9

2011年06月10日 23時20分49秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」シーズン8のDVD第9巻の感想です!
ネタバレしておりますので、未見の方はどうぞご注意くださいませ!


今回もハラハラ・ドキドキの連続でした。ハッサン大統領は殺害されてしまったけど、敵の首謀者と見られるサミールをうまく捕らえることができ、事件としては一応決着したのかな、と思った途端、新たな展開が始まってしまいました。こういう畳み掛けるような展開こそ「24」の真骨頂ですね。

怪我はしていたものの一命は取り留めたサミールから事件の概要を詳しく聞きだそうとしていた矢先、彼もまた殺害されてしまったのです!
事件を解明するための大きな足がかりを失ってしまったショックも大きいけど、それと同時にルネまで暗殺者に殺害されてしまったから、さあ大変!
ハッサン大統領暗殺のウラには、さらに大きい敵がいることが浮き彫りになってきたわけです。

で、その頃、CTUのヘイスティングス支部長は、様々な失策を問われて解任されてしまい、後任が決まるまでの間ということで、なんとクロエ・オブライエンが当座の指揮を執ることになったのです。
ついに、クロエがここまで来たのか・・・と感慨深いものがあります。

でも、クロエがこういう地位についたことによって、ジャックとの関係が微妙になってきました。やっぱり、それなりの地位についていれば、勝手な真似ばかりできませんからね。これまでのようなサポートは難しくなりそうで。
ジャックとクロエの関係がこじれてしまわないことを願いたいです。
コメント

24ファイナルシーズン/VOL.8

2011年06月07日 23時30分04秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」シーズン8のDVD第8巻の感想です!
ネタバレしておりますので、未見の方はどうぞご注意くださいませ!


今回もカーチェイスあり裏切りありと、ハラハラ・ドキドキの場面が続き、とても楽しめました!シーズン8も中盤になり、いよいよ波に乗ってきた感じですね。

しかし一方で、とても辛い結末も・・・!「24」というドラマがとてもシビアなストーリー展開をするということは、これまでのシーズンでも充分分かっていたことですが、今回は本当にシビアすぎるんじゃない!?という衝撃の結末が待っていました。
まさか一国の大統領が処刑されてしまうんですからねぇ・・・。あのジャックでさえも、救出することができないなんて、思ってもみませんでした。

しかも、敵は公開処刑をライブではなく、録画で放送していたんですからね。今回の敵の首謀者サミールの頭の良さには、本当にビックリします。
これまでの敵にはいなかったタイプじゃないかな~。常に冷静沈着で、目標に向かってぶれることがないというか。

しかし、テイラー大統領の命令を無視して、ハッサン大統領をテロリストの手に渡そうと計画した主席補佐官と将軍の罪はどうなるんでしょうね。
確かに、マンハッタンに住む一般人を守るためという理屈は分からないでもないですけど、大統領の側近でありながらその命令を拒むどころか、内緒で事を画策していたのですから、たとえ良かれと思ってやったことであっても、やはり罪に問われることになりますよね。
実際、こんなことが起こったら、どちらを選ぶのが正しいことなんでしょうか?これは難しい問題をはらんでいますね。

コメント

24ファイナルシーズン/VOL.7

2011年06月02日 23時05分11秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」シーズン8のDVD第7巻の感想です!
ネタバレしておりますので、未見の方はどうぞご注意くださいね。


ついに前代未聞の展開になってきましたよー。なんと、CTUが敵のパルス爆弾によって破壊されてしまったのです。
パルス爆弾というのは、電子機器を破壊してしまう爆弾のことで、CTUのような電子機器だらけの場所は、完全にダメになってしまうんですよね。
昔、どのシーズンだったか忘れたけど、やはりCTUが攻撃されたことがありましたが、あれは武力で襲うやり方だったけど、今回のような爆弾だとアッサリと無力化できてしまうんですよね。

そして、CTUが機能しなくなるということは、監視網も穴だらけになってしまうわけで、まさに敵にとっては思うツボなんですよね。敵はかなり頭イイなー。

で、ここで活躍したのがクロエ。システム復旧をするのに、通常だとかなり時間のかかるやり方をしなければならないのですが、裏ワザを使って復旧しようとするんですよ。でも頭の固い上の連中は、危険だからとそのやり方を認めない。
ジャックたちの危険を知っているクロエは、ついに最終手段、銃で脅すというやり方に出るんですよ!
まさかクロエがそこまでやると思っていなかったので、正直ビックリ。ジャックが乗り移ったんじゃないかと思えましたよ(苦笑)。
でも、おかげで、システムの復旧が早まり、最小限のリスクですんだので、ホッと一安心です。

そして、この巻でもう1つ重大なことが判明!なんとあのデイナが、敵の内通者だったんですよ~~~。もうこれには、本当に驚かされました。
昔の男に脅されたり、色んなピンチがあったけど、実はここまですごいことをやるような人だとは思ってなくて・・・。「24」というドラマでは裏切りは当たり前ですけど、デイナには既にウラがあることが判明していたので、もう一段こういうウラがあるとは予想だにしてなかったですからね。これには大半の人が驚かされたんじゃないかな?

とにもかくにも、次がまた楽しみになってきました♪
コメント

24ファイナルシーズン/VOL.6

2011年05月29日 01時28分32秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」シーズン8のDVD第6巻の感想です!
ネタバレしておりますので、未見の方はどうぞご注意くださいませ!


なんか、急に面白くなってきた、というか続きが気になるなと思えた巻でした。
これまでも決して面白くなかったわけではないんですけどね。でも、シーズンが長くなってきているせいか、こんな展開前にも見たよなーという感じで、以前のようにワクワクできなくなってきていたんですよ・・・。
シーズン3とか4の頃は、続きが見たくて見たくて、うずうずしていたのに、今は「続きはまた今度でいいや」って思ってしまってる自分がいたのです。
それが、今回、久々にワクワク感が戻ってきて、すごく嬉しいですv

で、今回の新たな展開の一つは、ハッサン大統領暗殺の一味のひとりが分かったこと。意外なことに、大統領の腹心の部下であり、娘のカイラとも恋仲で、とても誠実そうに見えたタリンだったのですよ。ハッサン大統領がタリンを反逆罪で逮捕した時は、大統領もストレスで頭がおかしくなってるんだと思っていたけど、それが真実だったとはね~。これは本当にびっくりの展開です。

しかも、カイラ恋しさに、途中で仲間を裏切って、CTUに逃亡させようとしてたと思いきや、実はカイラの乗った車に爆弾をしかけて、CTUを破壊させようとしていたなんてね・・・!二重三重に罠を張り巡らせる犯人たちの頭の良さに、さしものジャック達も後手後手に回ってしまうんですよー。久々にちょっと先の読めない展開が続いて、本当にワクワクできました。

また同時にその頃、デイナの元にケビンの保護監察官というプレイディが訪ねてきて、窮地に立たされているのです。相手はかなりの情報を掴んでいて、嘘でごまかされず、デイナも観念して本当のことを話そうとしたところへ、CTUの破壊工作があり・・・。
証拠の映像も恐らくなくなっただろうし、この後どうなるのかな。デイナたちにとって有利になるのか否か・・・。すごく気になります。
コメント

24ファイナルシーズン/VOL.5

2011年05月26日 23時14分32秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」シーズン8のDVD第5巻の感想です!
ご多分にもれず、ネタバレしておりますので、未見の方はどうぞご注意くださいませ!


犯人が最初に計画したこととは違う方に事件が向かってしまうというのは、「24」でよくあるパターンの1つですが、今回もまたまた出てきました。
それはハッサン大統領の弟ファラドのこと。彼は核燃料棒をアメリカ国外へ持ち出すつもりだったのですが、途中からアメリカ国内を標的にするというものに計画を替えられてしまったのです。
アメリカを狙えば、自分の国が危うくなると知っているファラドは、慌てて逃げ出しCTUに助けを求めてくるんですよね。
そのお陰で、CTUは敵の動きを掴むことができたのでラッキーでした。

その頃、CTUのコールはとんでもないことに巻き込まれていました。婚約者のデイナの様子がおかしいことに気づいて追跡してたんですよね。
そこでデイナから本当のことを打ち明けられたわけですが・・・。ここから、コールが豹変!真面目な男ほどキレると怖いというけど、本当ですね。
悪党とは言え、CTUの捜査官が撃ち殺し、さらには証拠を隠滅して、素知らぬふりをしようと言うのですから・・・。デイナも、信じられないという目で見ていました。
ホント、これは私も予想していない展開でした・・・(^^ゞ

コールがいないこの時、CTUは大事な作戦の最中だったんですよね。肝心要のコールがいないため、若手のオーウェンをリーダーにチームを派遣しようとしたのですが、ヘイスティングスもちょっと心配になってジャックに相談。結局、ジャックが捜査の指揮権をとることになりました。
オーウェンはまだまだ若くてひ弱そうで、こんな重大な任務をこなすには、あまりにも経験不足。ジャックがいてくれて安心しただろうな。
コメント

24ファイナルシーズン/VOL.4

2011年05月24日 23時22分58秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」シーズン8のDVD第4巻の感想です!
ご多分にもれず、ネタバレしておりますので、未見の方はどうぞご注意くださいませ!


ルネ、とうとうやっちゃいましたね。ジャックが予見していた通り、かなり精神状態が悪かったよう・・・。
しかし、これで唯一の手掛かりをまたまた喪ってしまった・・と思ったら、ウラジミールの電話から、どこかで情報が漏れていることに気付いた敵がいきなり襲ってきました!
結局、ジャックが囮になり、敵のアジトへ行き、逆に敵の手掛かりを得ることになるのですが、この辺り、ピンチをチャンスに替えるという、「24」お得意のパターンですよね(苦笑)。

その敵セルゲイ一派ですが、ちょっと手強そうだなと思ったのも束の間、やっぱりジャックの方が勝ってました。伊達にピンチをくぐりぬけてきていませんね。
結局、セルゲイの息子ジョセフが、核燃料棒を持ち逃げして、新たな展開になるのでした・・・。

そうそう、序盤はなかなか話の分かる人の良さそうな大統領だったハッサンですが、弟に裏切られてから、人が変わったようになってしまったのが印象的でした。
奥さんと上手くいってないのは、てっきり派手好きでキツイ奥さんの方に原因があるのかと思っていたけど、どうやら違うようです。人はうわべだけ見ていても分からないってことですよね。
コメント

24ファイナルシーズン/VOL.3

2011年05月20日 23時39分04秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」シーズン8のDVD第3巻の感想です!
ご多分にもれず、ネタバレしておりますので、未見の方はどうぞご注意くださいませ!


この巻の目玉は、前の巻に続いてルネ・ウォーカーに尽きるかな。彼女の危うさというか、やけっぱちな行動に、さしものジャックも手を焼いています・・・。

FBIを退職してから、かなり投げやりな日々を送っていたらしいことは、前の巻までにも明らかになっていましたが、実は本気で死ぬことも考えていたらしいということも分かってきました。
その本気で死んでもいい度が相手に伝わったおかげで、今回の作戦のキモである、潜入捜査には役立ったわけですが、下手をすると作戦よりも、自分を消し去りたいという思いの方が優先される可能性もあって、ジャックじゃないけど、こっちも心配になってきます・・・。

しかし、ジャックの心配というのは、もちろん作戦に影響を与えないかというのもあるとは思いますが、大部分は個人的感情じゃないかなーというのも、あながち私のうがった考えではないと思うんですよ。
いつも冷静なジャックがかなり感情的になってしまっている辺り、実は本気でルネのことを思ってるんじゃないかなーなんて気がするんですよね。
もっともジャックの恋愛は、うまくいかないパターンばかりを見てしまっているので、今回も悲劇的な結末にならなければいいのですが(T_T)。

そうそう、そういえば、オードリーは結局どうなったんでしょうね?精神的に病んでしまったようですが、ジャックはあれから見舞いに行くなどもしていないのかなぁ・・・。
何となく気になります。
コメント

24ファイナルシーズン/VOL.2

2011年05月12日 23時21分08秒 | 24/ファイナルシーズン
「24」ファイナルシーズンのDVD第2巻の感想です。以下、ネタバレしておりますので、未見の方はご注意願います!


さて、この巻の一番の注目点は、何と言ってもルネ・ウォーカーの再登場ですね!シーズン7ではジャックと並んで主人公格だった彼女ですが、シーズン7の後、FBIを辞めてしまったようです。
その理由というのが、どうやら、シーズン7のラストでの捜査方法にあったようで、そのことからFBIにも居づらくなり、辞めざるを得なかったというのが真相のようです。
FBIの捜査官の中でも、恐らくはかなり優秀だっただろうと思われるだけに、仕事を辞めて希望とか生きがいがなくなってしまったのか、シーズン8で再登場したときは、まるで別人のようになってしまっていました。
正義感が強く、捜査に対しても真面目で正統派だっただけに、今の彼女を見ると、何とも言えない辛い気持ちになりますね(T_T)。
この先、ジャックと共に再度、テロリストと戦うことになると思うのですが、また以前のような輝きを取り戻して欲しいなと個人的に思います。

そうそう、CTUの捜査官も以前とは随分違っていました。情報分析官のデイナは、とても優秀だけど、服装なんかを見ると、とてもそんな風には見えないんですよねー。
体にぴっちりとフィットしたミニワンピース(露出度高し)にロングヘアをなびかせて、情報分析官というよりはどこかのモデルみたいだし、男性の情報分析官も、今ひとつ仕事に身が入ってないようで、言動もいい加減なようだし、仕事はできるんだろうけど、以前のCTUの雰囲気とは全然違ってるんですよー。イマドキ風というのか何と言うのか・・・。
この辺、製作者側も時代の流れを意識して作ったのかな。なんたって、あのクロエがCTUのシステムについていけなくなっているくらいですから・・・。


コメント

24ファイナルシーズン/VOL.1

2011年05月09日 23時45分06秒 | 24/ファイナルシーズン
ついに「24」ファイナルシーズンを見始めることになりました!長かったこのシリーズもこれで最後なんですねぇ・・・。感慨深いものがあります。

いつものシーズンですと、テレビで放送されたのを後でまとめて一気に見るというパターンが多かったのですが、今回はテレビの放送前に、DVDを貸してもらえたので、そちらで一気見しますv

ということで、以下ネタバレしておりますので、未見の方は絶対に読まないで下さいねー!「24」はネタバレすると、面白さが半減しますからね。


  *   *   *   *   *   *   *


シーズン7のラストで、ジャックは娘のキムから肝臓の移植を受けることによって、何とか命を取り留めるだろう・・・という展開になっていたと思うのですが、あれから何年か経過したようで、ジャックはすっかり良きおじいちゃんとなっておりました(^^ゞ

療養中で第一戦からは完全に退いていたようですが、体がすっかり良くなったので、キム達一家と共に、ロサンゼルスへ向かおうとしていたところ、案の定というかなんというか、昔使っていた情報屋から、暗殺計画の情報を得、すったもんだのあげく、結局はまたCTUのお手伝いをすることになったのでした。

ここでビックリなのは、確かシーズン7ではCTUは解体されていたはずですが、シーズン8では復活していたこと。しかも、メンバーは大幅に変わり、システム関係もすっかり最新のものに変わったせいで、あのクロエでさえついていけず・・・という状態なのでした。

でも、システムにはついていけなくても、数々の修羅場を潜り抜けたクロエには、この暗殺計画の容疑者があまりにも簡単に捕まってしまったことに危惧を覚え、ジャックに捜査を手伝うよう懇願するのでした・・・。
これまでクロエは、ジャックに押し切られる形で上司の意向に反するようなこともやってきたけど、今回は自らが率先して捜査するというところが面白かったです。

シーズン6や7では、ちょっとマンネリ化して、「24」特有のスピード感や意外性が落ちてきたかなーと思っていたのですが、さすがにファイナルシーズンだけあって、気合が入っているようです。久しぶりに早く続きが見たいという気持ちになりました。
これでこそ「24」ですよね!
コメント