Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノウイング

2015年11月14日 23時48分20秒 | 映画(な行)
ずっと以前に録画して放置したままだった「ノウイング」をようやく見てみました~。
なぜこんなに長い間放置していたかというと、見る時間がなかなか取れなかったというのもありますが、何より、見た人の感想があまり芳しくないものだったのが大きいです(^^;

<あらすじ>
消滅の危機にひんした地球を舞台に、ある重大な事実を知った大学教授とその幼い息子による愛と勇気のドラマが展開する。主演はニコラス・ケイジ、その他のキャストはローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー他。


噂が噂だっただけに、なかなか見る気が起きなかったのですが、実際に見てみると、そういう感想になってしまうのも、しょうがないのかな~と変にナットク。
途中までは、結構面白かったんですよね。50年前にある少女が書いた数字の羅列が何を意味しているのか?とか、謎解きの風味が効いていて、興味をそそられたんですけど、何と言っても結末がねぇ・・・。
こういうパニック映画を見る場合って、大抵は最後は主人公の必至の行動がキッカケで、なんとかパニックが収拾される・・・という、サクセスストーリーであることを、心のどこかで望んでいるんだと思うんです。
でも、この映画は、思い切り、そういうのから外れていますからね・・・。娯楽映画でこんな結末があるなんて・・と、ちょっと受け入れられない気持ちでした・・・。

しかも、主人公であるニコラス・ケイジの子供は助かる(選ばれる?)んですが、どういう理由でそうなったのかという明確な回答はないわけです。
それで、余計に消化不良で、評価が下がるのかも・・・。(しかも、なぜウサギはOKなの?とか、犬やネコじゃなくて、ウサギじゃないとダメなの?という疑問もありますし)

面白い面白くないは別にして、見た後に消化不良になる映画であることだけは、間違いなさそうです(^^;

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 図書館戦争 | トップ | 探偵はBARにいる2 ススキノ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(な行)」カテゴリの最新記事