Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白夜行

2011年02月27日 23時57分21秒 | 映画(は行)
東野圭吾の同名小説を映画化したもの。幼い頃にある殺人事件に関わった男女の宿命を描く。監督は深川栄洋、キャストは堀北真希、高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司他。

<あらすじ>
昭和55年、廃ビルの中で質屋の店主が殺された。刑事の笹垣は被害者の10歳の息子・亮司と会い、彼の暗い目に驚く。殺害された日、被害者が西本文代という女性の家を訪ねていたことが判明。文代には雪穂という10歳の娘がいた。やがて文代が自殺し、被疑者死亡のまま捜査は終了するが、笹垣は納得できないままだった。数年後、雪穂は遠縁に引き取られ、美しい女子高生に成長した。ある日、雪穂の同級生がレイプされる事件が起こる。(goo映画より)


東野圭吾さんの小説は好きでよく読んでいるのですが、この本はあまりにも分厚いし、なんだか暗そうだったので、つい敬遠してしまっていたんですよね。ドラマも同様で結局見逃してしまったので、なんとか映画だけでも見てこようと一念発起。やっと見てきました。

ストーリーは確かに明るいとは言えないし、登場人物が多くてややこしいところはあったのですが、思っていたよりも事件に謎が多く先が気になる展開で、見入ってしまいました。

また、事件の起こった過去から現在まで、結構長い時間を描いているのですが、その当時の服装・髪形・化粧法・流行などが、すごくきっちりと年代ごとに描かれていたのには感心!
小説とは違って、こういうところが適当だと、案外ガクッときたりしますからね~。

内容で言えば、事件後ラストまで、主役二人は直接的には一度も顔を合わせるシーンはないんですよね。ちょっと珍しいパターンだと思います。でもそのことが、堅く結びついた二人の絆の強さと、切なく苦しい秘めた想いを感じさせられたような気がします。
この辺、原作ではどう描いていたのかなー。気になるところです。

原作のあの分厚さを考えると、端折った個所も多々ああっただろうと想像するのですが、それでもうまくまとめてあったと思います。
少なくとも、原作を読んでいない私にも十分楽しめる作品でしたので・・・。
機会があれば、また原作を読んでみて、映画との違いをじっくりと考えてみたいです。
コメント (2)   トラックバック (19)

ペイバック

2011年02月25日 00時47分48秒 | 映画(は行)
リチャード・スタークの小説『悪党パーカー/人狩り』を映画化したもので、メル・ギブソンが復讐に燃えるアクの強いアウトローを演じている。監督はブライアン・ヘルゲランド、キャストはメル・ギブソン、グレッグ・ヘンリー、マリア・ベロ、ルーシー・リュー他。

<あらすじ>
泥棒稼業を営むポーターは相棒のヴァルと組んでチャイニーズ・マフィアの裏金14万ドルを強奪。だがヴァルと女房の突然の裏切りに遭い、分け前の7万ドルを奪われたばかりか瀕死の重傷を負わされてしまう。ようやく傷の癒えたポーターはヴァルの行方を追って、街へ飛び出していく。それは、ちっぽけなプライドとたった7万ドルのための死闘の始まりだった……。(allcinema ONLINE)


メル・ギブソンが悪役なんて意外だなーと思ったのですが、案外似合っていました(苦笑)。でも、悪役であるメル・ギブソンより、もっと悪い奴が出てくるので、そこまでヒドイ男には思えませんでしたけどね。

ストーリーはなかなかヘヴィなハードボイルド調で、最近はこういう作品をあまり見ないせいか、なかなか新鮮でした。アクションも結構あって見ごたえあるし、ラストも敵を一掃して街を去っていくという痛快さもあり、それなりに楽しく見れて良かったです。時間も2時間くらいで、軽く見るのにちょうどいい長さでしたね。

そうそう、ビックリしたのが、ルーシー・リューが出ていたこと。中国系娼婦の役柄でしたが、これがまた凄いのなんのって!露出は激しいし男を蹴るわ殴るわ暴力三昧で・・・。有名になる前だけど、こんな役で出ていたこともあったんですね~(^^ゞ 
コメント   トラックバック (1)

シッピング・ニュース

2011年02月20日 14時45分29秒 | 映画(さ行)
失意の男が北国で人の暖かさに触れ、自分自身を取り戻していく物語。監督はラッセ・ハルストレム、キャストはケヴィン・スペイシー、ジュリアン・ムーア、ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット他。

<あらすじ>
新聞社に勤めるクオイルは、父親の厳しい教育がトラウマとなって自分の殻に閉じこもる孤独な男となってしまった。そんな彼は、美しい女性ペタルと出会い初めての幸せを味わう。結婚もし、女の子も生まれるが、ペタルは娘をほったらかし、若い男と遊んでばかり。そして、ある日、突然に娘を連れ去り、男とともに家を出ていってしまう。次にクオイルのもとに届いた知らせは、ペタルの交通事故死と、彼女が娘を養子として売り飛ばそうとしていた事実だった。失意のクオイルは人生をやり直すため、娘を連れ、父の故郷ニューファンドランド島へと向かうのだった。(allcinema ONLINE)


ドラマチックな展開や派手さはないけど、「癒し」が確かにあるなと思えた映画でした。
ストーリーはどこまでも「日常的」なお話ばかり。でも、そこに綴られるちょっとした出来事によって主人公が癒されていくわけですが、それも決して平たんな道のりではなく、上がったり下がったり、回り道をしたりしながらなので、説得力があったように思います。

情けない中年の役をやらせたらピカイチのケヴィン・スペイシー。ほんと、最初はどうなるのかと思うくらい、ダメダメな男でした。でも、ちょっとしたきっかけから、結婚して子供を持ち、妻が死んだ後には先祖の土地へ向かい、たんに流されて生きているように見えながら、少しずつ逞しく前向きになっていってるのが、すごく自然に演じられて、やっぱり凄いなと改めて思いました。

また、奔放な妻ペタルの役をやったケイト・ブランシェット。よくこんな役を引き受けたなーと思うほどの自分勝手な女の役でしたが、ほんと憎々しくなる程の迫真の演技で素晴らしかったですね。
コメント

アリアドネの弾丸

2011年02月17日 00時14分57秒 | 小説

海堂尊著「アリアドネの弾丸」を読了しましたー!こちらは、「チーム・バチスタの栄光」から始まる田口・白鳥シリーズの本編第5弾にあたります。って、本編ではまだ5弾なんですねー。色んな番外小説を読んでるので、だんだん本編だか番外編だかが分からなくなってきてしまってます(^^ゞ

今回は、久しぶりにミステリっぽい作品に仕上がっていて、私好みの作品でした。前回の「イノセント・ゲリラ~」なんかは、ミステリやサスペンスの要素はゼロでしたからね。そのせいか、1冊を読み終わっても、全然話が終わってない感じで、やや消化不良気味だったのですが、今回はちゃんと犯人がいて事件も一応の区切りがついたので、私としてはかなりスッキリできました!

しかし、よりにもよって、高階病院長がまさか容疑者になるなんて・・・!これには本当にびっくりしました。例え田口が捕まるようなことがあっても、高階院長だけはないと思っていたので・・・。
読者としては、もちろん、高階さんが殺人だの収賄だのということに手を染めるはずはないと分かっているのですが、どう見ても高階さん以外に犯人はいないような状況なんですよね。田口・白鳥コンビは、この状況をいかにて覆せるのか?というのが、この話のキモですね。

登場人物でいうとレギュラー陣は相変わらずで一安心。ここまで登場人物が増えてくると、なかなか全員を出すというのは難しいわけですが、今回は上手く要所要所で使ってきていましたね。特に、加納さんなんて、本人はアメリカに出張中で今回の事件には直接的にはからんでこないのですが、それでいてかなり重要な役割を担っていたりして面白かったですね。

あと、田口の同期である島津准教授も今回はかなり出張っていました~。同期ということでいつも名前は上がってくるのに、意外と語られてこなかったので、今回かなり出番が多くて良かったです。田口・速水・島津の三人が揃った場面がまた読みたいな~。

そうそう、田口先生はついにセンター長という役職に就いてしまいましたね。出世欲は全然ないし、すごい業績を上げたわけでもないにも関わらず、どんどん出世していってしまうなんて、ホントすごいです。他からみたら、絶対恨まれてしまいますね。

コメント   トラックバック (10)

妹の恋人

2011年02月15日 00時26分25秒 | 映画(あ行)
神経を病んだ妹を見守る兄と、その妹と恋に落ちる風変わりな青年との交流を描く青春ドラマ。監督はジェレマイア・S・チェチック、キャストはジョニー・デップ、アリー・スチュアート・マスターソン、アイダン・クイン、ジュリアン・ムーア、オリヴァー・プラット他。

<あらすじ>
ベニーには、自閉症気味の妹ジューンがあった。ある日彼らの前にサムという、サイレント映画に憧れる不思議な雰囲気を持つ青年が現れる。無口なサムのパントマイムは、たちまちジューンの心を開いていくが……。


ジョニー・デップ目当てで見たのですが、予想していた以上に心が暖まるいい映画でした。
もちろん、ジョニー・デップはすごく良かった!特にパントマイムは素晴らしかった~!この頃のジョニーはすごく若くて可愛い雰囲気を持っていて、この純朴な青年の役にはピッタリだったと思います。

また妹想いのベニーもグッときました。神経を病んだ妹を守ろうと必死で、自分のことは全て後回し。それでも決して恨んだりせず、すごく良い人なんですよね。

あと、妹ジューン役のアリーの演技もすごく良かったです。調子の良い時はちょっと神経質な所があるだけで、普通の人とほとんど変わりないように見えるのに、一旦具合が悪くなると急変してしまうところ(バスのシーン)等は、迫力満点でした!

ものすごく盛り上がる場面があるわけではないのですが、なかなか良いストーリーだし、何よりジョニーのパントマイムを見るだけでも価値があると思いますので、まだ一度も見たことのない方には是非見て頂きたいですね。


コメント (2)   トラックバック (7)

ビフォア・サンセット

2011年02月13日 00時14分23秒 | 映画(は行)
旅先の出会いのロマンと、溢れる会話で構成されたユニークなラブストーリー。監督はリチャード・リンクレイター、キャストはイーサン・ホーク、ジュリー・デルピー他。

<あらすじ>
9年前、2人の男女が偶然出会った。ジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルピー)はウィーンでひと晩ともに過ごし、夜明け前に別れた。そして運命の再会をはたした2人は……。(シネマトゥデイ)


今、この記事を書こうと思って、あらすじを調べていて初めて知ったのですが、この映画って前編にあたる作品があったんですか!?どうりで、あんまり面白くないと思った・・・(苦笑)。
多分、前作を見ていたら、またはある程度この作品の意図(上映時間と同じ夕暮れまでの85分をリアルタイムで上映しているとか)を知っていたら、もっと楽しめたのかなと思うと、ちょっと残念です。

ほとんど二人だけの会話で進んでいくので、場面転換や周りの風景の変化などが少なくて、少々退屈ではあるものの、二人のやりとりを聞いている(見ている)だけでも、それぞれの事情や過去のことなどが浮き彫りにされていき、なかなか見事ではありました。
(でも、これってかなり低予算でできた映画ですよね~。セットとかほとんど必要ナシ!)

ただ、あのラストは~!!ジェシーの書いた小説と同じように、ラストは見る人の想像にまかせます、というものではあると思いますが、ここまで引っ張ったんだから、もうちょっとハッキリとした結末が欲しかったなと思います。
こういうのが好きな人もいると思いますが、私は消化不良なので、苦手なタイプかな・・・。

コメント   トラックバック (6)

エニグマ

2011年02月11日 00時40分45秒 | 映画(あ行)
ナチスドイツが開発した暗号システム“エニグマ”を巡って、数学者たちが暗号を解読していき、戦争を終結させたという側面をスリリングに描く。監督はマイケル・アプテッド、キャストはダグレイ・スコット、ケイト・ウィンスレット、サフロン・バロウズ、ジェレミー・ノーザム他。

<あらすじ>
1943年、第二次世界大戦が激化する中、イギリスのブレッチリー・パークに集められた暗号解読チームは、一瞬にして最大の危機に立たされていた。解読に成功していたドイツ軍の暗号機エニグマの暗号コードが突然、変更されたのだ。急遽、休暇をとっていた天才数学者トム・ジェリコが、ブレッチリー・パークに呼び戻される。ちょうどその頃、ジェリコの元恋人のクレアが姿を消した。ジェリコは暗号と格闘する一方、クレアのルームメイト、ヘスター(ケイト・ウィンスレット)の助けを得て、彼女の行方を追うのだが……。(goo映画より)

「暗号」とか「謎」とかいう単語を聞くと、ミステリやサスペンスが大好きな私としては、ついつい期待してしまったのですが・・・。

正直なところ、あまり面白いとは思えなかったです。暗号の解読の部分は難解だし、テンポもイマイチなので、それほどスリリングには感じられなかったんですよねー。
またロマンスの部分も重要な要素を占めていたようですが、私にはあまりピンと来なかったな~。
最終的にヘスターと上手く行ったのは良かったけど、クレアにそれほど思い入れる理由が分からないというか。

普段は表には出てこない暗号解析チームに焦点を当てていたのは興味深かったし、もっと詳しく知りたくなったんですけどね。この映画では構成が悪いのか、折角の「暗号」が生かされていなくて、ワク・ハラハラできなかったんですよー。期待していただけにすごく残念!
コメント

題名のない子守唄

2011年02月07日 01時15分41秒 | 映画(た行)
北イタリアの港町を舞台に、忌まわしい過去を抱える美しきヒロイン、イレーナの愛と謎に満ちた物語を描く。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、キャストはクセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド、クラウディア・ジェリーニ他。

<あらすじ>
北イタリアのトリエステに長距離バスでやって来たイレーナ(クセニャ・ラポポルト)は、貴金属商を営むアダケル家のメイドになる。家事を完ぺきにこなす彼女は、アダケル夫人(クラウディア・ジェリーニ)から瞬く間に信頼を得るようになる。また、4歳になるアダケル家の娘テア(クララ・ドッセーナ)とも心を通わせ合うようになるが……。(シネマトゥデイ)


序盤から衝撃的な映像で、ぐいぐい惹きつけられました。しかも、主人公の女性イレーナの行動が謎に満ちていて、サスペンスのような雰囲気を醸し出していて、最後まで緊迫感があって飽きることのない作品でした。

題名だけは聞いたことがあって見てみたいと思っていましたが、思っていたのとは全然違うストーリーでした。でもすごく見ごたえがあったし、母性の奥深さがとても感じられて、満足できる作品だったと思います。

後味がいいとは言えない部分もあるし、バッドエンドでもない結末で、程良いさじ加減が効いていたように思います。
また、イレーナを演じた女優さんの体当たり的な演技は本当に凄かった!鬼気迫る迫力がありましたよ。
コメント   トラックバック (16)

ショウタイム

2011年02月05日 23時02分35秒 | 映画(さ行)
テレビの密着ドキュメント番組という設定を背景したコメディ仕立ての刑事もの。監督はトム・デイ、キャストはロバート・デ・ニーロ、エディ・マーフィ、レネ・ルッソ、モス・デフ他。

<あらすじ>
ロス市警の堅物ベテラン刑事ミッチは、その日もおとり捜査官として麻薬密売人に接触していた。その現場を偶然目撃した俳優志望の単なるパトロール警官トレイが、アピールのチャンスとばかりしゃしゃり出て来て、おまけにTVの取材班まで呼んでしまった。ミッチはつきまとう取材班に腹を立て、銃を乱射してテレビカメラを壊してしまう。TVプロデューサーは視聴者の注目を集めたミッチを訴えない代わりに、捜査密着番組に出演するよう迫った。警察上層部はイメージ戦略のためミッチに出演命令を下す。そして相棒に抜擢されたのは目立ちたがり屋のトレイだった。(allcinema ONLINE)


内容は全然知らなかったのですが、ロバート・デ・ニーロが出ているというので見てみました。ロバート・デ・ニーロの作品というと、シリアスっぽいものばかり見ていたので、こんなくだけた感じのコメディものは初めてで、意外でした。

ストーリーの方はよくありがちな刑事のコンビものでした。タイプの違う二人が、ぶつかり合いながらも徐々に絆を深めていく・・・というパターン。王道と言えばこれほど王道なものはないというくらいですね。コメディタッチなので、通常のものよりもさらに軽くて気楽に見られるのが良い点ですが、逆に言うと後に残るものはほとんどないとも言えるかな。
暇つぶしには気楽に見れるので、ちょうどいいかも。
コメント   トラックバック (4)

プリズン・ブレイク ファイナルシーズン/VOL.9

2011年02月02日 22時37分33秒 | プリズン・ブレイク/ファイナルシーズン
ファイナルシーズンの第16話、17話の感想です。以下、ネタバレしていますので、ご注意下さいませー。


マイアミ SUNSHINE STATE

リンカーンは、捕らえたグレッチェンたちと組んででもスキュラを探せと将軍に命じられ、買い手の足取りをたどってマイアミへ。買い手である男が連絡を取っていたクラブへと向かう。その頃、手術を乗り切ったマイケルはサラと引き離され、森の中にある別荘に精神分析医付きで軟禁されていた。


母 THE MOTHER LODE

スキュラを奪ったのはマイケルたちの母クリスティーナだった。銃撃戦の末、負傷したグレッチェンを置いてなんとか逃げ延びたが、いまだスキュラを奪い返せないリンカーンたち4人に、将軍はさらなる重圧をかけ、リンカーンに邪魔者が参戦したことを告げる。邪魔者とはサラと共に逃げ出したマイケルのことだ。マイアミに向かう途中のマイケルたちは何者かに銃撃され逃走、トラックの荷台に乗せてもらい目的地を目指す。


感想

ほんとにマイケル達のお母さんが登場しました!これまでのシーズンでは全く登場しそうな伏線もなかったのに、ホント唐突です~(汗)。
息子が殺人容疑で捕まって、死刑間近になっても、生きていることすら知らせず、またもう一人の息子も刑務所に入って、はたまた脱走までして、それでも出てこないなんて、どんな事情があろうとも納得いかないんですけどね。
やっぱり、ファイナルということで、あっと驚くネタが欲しかったんだろうな。でも、それってよっぽど面白くならない限り、逆効果にしかならないから、選択が難しいところですよね。今回の場合はどうなるのか、ラストまで見てからのお楽しみってことでしょうか。

そうそう、グレッチェンの生死はどうなったのかな?私が見逃してしまったのか、そこのところに触れられたシーンはなかったような気がします。もしかして、これも伏線とか?
それと、ビックリしたのは、ティーバッグのこと。グレッチェンを殺そうとする仲間に向かって、「娘がいるんだ!」って訴えかけてましたよね。血も涙もないこれまでのティーバッグとは随分変わってきてるような気がしました。でも、それも演技だったりして!?



コメント