Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「月の輝く夜に」が発売!?

2012年08月30日 23時32分51秒 | その他
たまたまネットを見ていたら、氷室冴子さんの「月の輝く夜に」が文庫化される!!という情報を見ました。あわてて、amazonなどで確認したのですが、明日(8/31)発売予定なんですってねー。
うわー、めっちゃ嬉しい!もう絶対読めないと思って諦めていただけに、嬉しさ倍増です(*^^)v

実際、その記事を目にした時は、ほんと目を疑いましたもん。この小説をご存じないかたに軽~く説明しますと、氷室冴子さんという2008年に亡くなられた作家さんが、20年くらい前に雑誌「cobalt」上で発表し、その後文庫化されないまま、ご本人が亡くなられて、もう2度と日の目を見ないのかと思われていた作品なんです。
実際には、何年か前に、雑誌上では掲載されたことがあるそうなんですが、やっぱり手元に置いておくには文庫が良いですからね。

というのも、私は最初に雑誌に掲載された時、たまたま友人から雑誌を借りて読んだのですが、さらっと軽く流して読んだのに、すごく心に残った作品だったんです。
その当時の氷室冴子さんというのは、かなりの売れっ子の作家さんでしたし、作品もいくつも書かれていたので、まさかこの作品が文庫化されないなんて、当時は考えもしなかったんですよね。
だから、すごくいい話だったけど、文庫化された時にじっくり読めばいいやと思って、すぐに雑誌を友人に返したのですが・・・。結局それからずっと文庫化されることはなく(多分、文庫1冊分に満たない長さだったからかな)、私としては心残りでなりませんでした。

その内に氷室さんご本人がご病気で亡くなってしまわれ、ますます世に出るのは難しくなったなと思っていたところ、この嬉しい情報!!!
やっぱり、1冊にする程の長さはなかったらしく、「ざ・ちぇんじ!」も一緒に収録されるみたいです。(同じ平安ものつながりで一緒にしたのかな?)

この「ざ・ちぇんじ!」もすでに絶版になっていたようなので、ファンになった時には絶版になって手に入らなかった方や、以前読んでいたけど、処分してしまって後悔していた方にも、朗報ですよね♪

氷室さんの作品には、他にも連載が途中になっているものがあるので、どんな形でも良いので出して欲しいなあと切に願います。
特に「碧の迷宮」は(上)だけが出た状態のままなので、(下)のあらすじだけでも、教えて欲しいんですけどね。噂によると(下)は既に出版直前までいっていたという話もあるので、恐らくほとんど出来上がっていた状態に近いんだと思うんですけどねぇ。

とにもかくにも、「月の輝く夜に」は是非ゲットしたいなと思います。




コメント

ハモンハモン

2012年08月23日 23時51分32秒 | 映画(は行)
スペイン映画「ハモンハモン」の感想です。監督はビガス・ルナ キャストは、ペネロペ・クルス、アンナ・ガリエナ、ジョルディ・モリャ他。

<あらすじ>
スペインのあっけらかんとした熱いラブ・コメディ。スペインのごく小さな街で繰りひろげられる男女6人の恋愛ゲーム。金持ちの息子と、彼の子供を身ごもっている娼婦の娘。二人の仲を引き裂こうとする金持ちの母親と、母親に雇われた男。そして、もう一組のカップル。それぞれに思わくを秘め、策略をめぐらせて関係していく……。(allcinema ONLINE)


ペネロペ・クルスが出てるというので見てみたのですが、正直よく分からない映画でした(^^ゞ
最初はお金持ちの男とちょっと貧しい女の身分違いの恋というよくある話かなーと思いながらみていたのですが、途中から、呆気にとられるトンデモ展開になっていきます。

スペイン人だから、こんなにあけっぴろげでOKなのか、単なる監督の趣味なのか分かりませんが、見知らぬ男女6人の恋愛ならまだいいけど、親子も入り乱れて・・というのが、私はちょっと受け付けなかったです。
しかも結末も後味が悪くて、皆が欲望のまま突っ走った報いを受けた結果ということなんでしょうけど、ちょっと残念でした。

デビューしたての若いペネロペ・クルスが見れるのが、この映画の存在価値かもしれませんねー。
コメント

リベンジ/シーズン1

2012年08月19日 00時08分38秒 | ドラマ(その他)
Dlifeでこの春から放送されていたアメリカのドラマ「リベンジ」のシーズン1を見終わりました~!!
このドラマ、タイトルから想像がつくと思いますが、ズバリ復讐ものです。私はハラハラ・ドキドキするサスペンスタイプの作品が大好きなんですが、これは最近見たドラマの中でも、一番はまりました!(^^)!

まだご存じない方のために、簡単なあらすじを書きますと・・・。
エミリーという女性が、ハンプトンズという街にやってきたところから話は始ります。ハンプトンズはグレイソン家という大金持ち一家が牛耳っている街なのですが、その広大な家の隣にエミリーは家を借りたのです。実はこの家は、エミリーが幼いころに父と共に住んでいた懐かしい家でした。
エミリーの本名は、アマンダ・クラークと言い、実の父デーヴィット・クラークは、グレイソンに無実の罪をきせられ投獄されたのち、刑務所で死亡したのです。後にその事実を知ったエミリー(アマンダ)は、名前を変え、父の敵であるグレイソンのいるハンプトンズに戻ってきたのです。そして、彼女は父を裏切った人達に対して、密かに復讐を始めるのでした・・・。

視聴者は、1話目から、エミリーがグレイソンに対して復讐することを知っているわけだし、そんなにハラハラするところがあるだろうか?と思っていたのですが、これが毎回色々な事件があって面白いんですよね~。毎回、あっと驚くような展開が待っているので、毎回見逃せないんですよー。
復讐自体は良いこととは言えないでしょうけど、エミリーがうまく立ち回って一人、また一人と追い落としていくところは、なかなか爽快で・・・(^^ゞ
また時には、エミリーの予想とは違ったことが突然起きたりするのですが、そこを機転を利かせて乗り切っていくところなんかも、スリリングでとても楽しいです。
また、恋愛面でのエミリーの心の揺れ具合もきっちりと描かれていて、物語をさらに面白くしていると思います。

また、ストーリーもさることながら、グレイソン家の女王と呼ばれるヴィクトリアとエミリーの対決も見どころの一つ。これぞ女同士の戦いという感じで、一見穏やかに上品そうに笑っている影で、実はバチバチと火花が散っているような目力が二人ともすごいです(笑)。特に、ヴィクトリア役のマデリーン・ストウさんは、この役にドンピシャですよ~。若くて美しい上流階級の奥様でありながら、裏では女王と呼ばれる支配者・・・。ここまでピッタリな方をよくキャスティングしたな~って思いますもん。

また日本人として注目したいのは、真田広之さんが出ていること。エミリーは空手の黒帯で、その師匠という役柄なんですが、単なる空手の師匠というだけではない、意味深な役で登場していますよ~。

しかし、このドラマ、やっぱりというか予想通りというか、シーズン1を最後まで見ても、完結はしておりません。ラストでは、またスゴイことが起きて、視聴者は「ええー!こんな良いところで終わり!?」となったと思います。それなのに、続きは来春まで待たないとダメだなんて・・・!!!
まあこれは、アメリカでもまだシーズン2は放送していないんだから、仕方ありませんけどね。

日本ではDVD化もまだされていませんが、絶対面白いので、サスペンスっぽい作品が好きな方は、ぜひ見て下さい。お勧めですよ~。


コメント

プリティ・リトル・ライアーズ/シーズン1

2012年08月14日 23時43分29秒 | ドラマ(その他)
ここしばらく、ロンドンオリンピックばかり見ていて、映画もドラマもなかなか見る余裕がなかったのですが、ようやく1本書けるネタができましたので・・・。

それは、Dlifeで放送していたアメリカのドラマ、「プリティ・リトル・ライアーズ/シーズン1」です。

「デスパレートな妻」の10代版だと聞いていたのですが、「デス妻」ほどコメディ色は強くなく、ブラック度も弱めかな。でも、いまどきのアメリカの女子高生らしいところが随所に描かれていて、なかなか面白かったです。

まだご存じない方のために、さらっとあらすじを描きますと・・・。
とあるアメリカの田舎町に仲良し5人組の女子高生がいまして、その中のリーダー格だったアリソンという女の子が、夏のある日突然失踪してしまいます。
それから1年後、アリソン以外の女子高生、アリア・ハンナ・エミリー・スペンサーの4人に、謎の「A」という人物から、彼女たちの秘密に関わる重大なメールが届き始め、4人は新たにアリソンの失踪の謎と向き合い始める・・・という内容です。

サスペンスものでありながら、青春ものでもあるという側面を持っているので、「A」の正体を突き止めるという最大の謎自体は、なかなか思うようには進んでいきません。
ただ、女子高生ならではの、恋の悩みや家族との葛藤などなど、見ごたえある部分もたっぷりとありますので、きっと楽しめると思います。

シーズン1のラストでは、怪しいと思っていた○○が死んだと思ったのに、結局死体は見つからず・・・。警察が来るまでの短時間で、死体を回収するなんてできるとは思えないのに・・・!!いくらドラマでもあり得ないんじゃ!?
シーズン2でどうオチをつけるきなのか、ますます目が離せなくなってしまいました^_^;

登場人物が多くて名前を覚えるのも大変だし、肝心の「A」の謎もなかなか進まないし、イライラする~!と思いつつ、結局気になって、またシーズン2を見てしまうと思います。うまくはめられてる気がしますけどねぇ・・・(^^ゞ
コメント