Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コンドル

2008年12月04日 00時19分44秒 | 映画(か行)
1975年、シドニー・ポラック監督による、CIA内部で起こった陰謀を描いたサスペンス・スリラー。キャストは、ロバート・レッドフォード、フェイ・ダナウェイ、クリフ・ロバートソン他。

<あらすじ>
CIAの下部組織であるNYのアメリカ文学史協会が何者かに襲撃され、局員は皆殺しにされた。偶然、その現場に居合わせなかったため命拾いをしたコードネーム“コンドル”はCIAと緊急連絡を取り落ち合う事にするが、その場所でコンドルを待っていたのは上司から向けられた銃口だった……。(allcinema映画より)


古い作品ですが、元々、スパイ物が好きなので、コードネームとか聞くと反射的にわくわくしてしまうというのもあるのかもしれませんが、序盤から引き込まれる作りになっていて、なかなか楽しめました。

出てくるコンピューターや電話やら、何から何までものすごく古めかしいし、アクションも地味なんですけど、そのお陰かじわじわとしたスリル感と重厚さが感じられて、逆に良かったような気もします。

主演のロバート・レッドフォードは、すごく若々しくてカッコイイ~!勿論、今でもシブくてカッコイイんだけど、この頃はまた格別ですねー。
そして、敵役である殺し屋さんもクールで印象深い演技でしたよ。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 赤朽葉家の伝説 | トップ | 彩雲国物語/黒蝶は檻にとら... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も好きです (たくぞー)
2008-12-04 16:26:44
細かいことは忘れましたが、私も『コンドル』好きです。

ロバート・レッドフォードは好きな作品がありすぎ。フェイ・ダナウェイは『俺たちに明日はない』『チャイナタウン』ですかね・・・。
>たくぞー様 (Yuhi)
2008-12-04 21:42:19
こんばんは!コメントありがとうございます♪

古い作品なので楽しめるかどうか心配してたんですけど、スリリングな展開で面白かったです。

ロバート・レッドフォードの作品では、まだまだ見ていないものが多いのですが、これから頑張って見ていこうと思ってます!
先日見ました。 (間諜X72)
2016-11-19 21:28:35
>出てくるコンピューターや電話やら、何から何までものすごく古めかしい

まさに1970年代

>アクションも地味なんですけど、そのお陰かじわじわとしたスリル感と重厚さが感じられて

同感です。最後までハラハラしながら見ました

>私の方は、なかなか映画を見る時間はありませんが、元気でやっております。

僕も同じです
間諜X72様 (Yuhi)
2017-07-01 01:25:47
ご無沙汰しております。
返信が遅くなって、本当に申し訳ございません。

基本的に、スパイ物が大好きなので、こういうストーリーには、ついワクワクしてしまいます。
古い作品なので、今とは技術的に随分古く感じる部分はあるのですが、それはそれとして楽しめるところは、さすがですよねー。

最近の作品は映像的にはすごく見ごたえがあるのですが、ストーリーはこういう重厚さとかスリル感が味わえる作品が少なくなってしまっているのが残念ですね。

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事