Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プリズン・ブレイク3/VOL.7

2008年10月04日 00時45分27秒 | プリズン・ブレイク/シーズン3
「プリズン・ブレイク」シーズン3のDVD7巻目のあらすじ&感想です。
ついに、シーズン3もフィナーレ。いつもは20話以上あったのに、今シーズンは13話で終わりなんですよね。


第13話「駆引きの行方」(THE ART OF THE DEAL)

無事にSONAの外へ脱出したマイケルだったが、ウィスラーが組織の関係者であることを確信すると人質にする。LJとの人質交換にスーザンを博物館に呼び出すのだが……。


感想

うーん。やっぱり一番アクドイのは、ティーバッグですよね。どんな悪人も彼の前では形無しです・・・。
そして、ウィスラーはやっぱりウラがありましたね。いい人なのかそうでないのか、本当に分からない展開だったんですが、やっぱり・・・。しかも、彼とも通じていたとは本当に驚きました。

シーズン3はこれで終わりましたが、ストーリーとしては全然片付いていませんよね。というか、シーズン4の前振り的な展開だった気がします。アメリカの脚本家協会のストがなければ、こんな中途半端なところで終わらなかったのだろうとは思いますが、少々盛り上がりに欠けた気がします。
シーズン4は、さらにハラハラ・ドキドキの面白い展開をお願いしたいですね。

シーズン3で良かったなーと思えたのは、マクグレディティが家族の元に無事に帰れたこと。この物語でハッピーになった人って、ほとんどいないので、1人くらいは幸せになって欲しいですしね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プリズン・ブレイク3/VOL.6

2008年09月22日 00時39分25秒 | プリズン・ブレイク/シーズン3
「プリズン・ブレイク」シーズン3のDVD6巻目のあらすじ&感想です~!

第11話「7人の夜」 (UNDER AND OUT)

大雨が降り出し脱出用のトンネルが陥没し始めた。このままでは監視に見つかってしまう為、急遽今夜決行することにし、マイケルは知恵を絞るが・・・。


第12話「天国と地獄」 (HELL OR HIGH WATER)

事前の打ち合わせ通り刑務所内が停電し、ルチェロ、ティーバッグ、ベリックは脱出用の穴から出てフェンスに向って走り出した。しかし、30秒停電している筈の電力は、何故かあっという間に回復し、3人は捕まってしまった。この脱獄騒ぎに乗じ、マイケルたちはトンネルから脱出するが・・・。


感想

色んなトラブルがありつつも、とうとう脱獄することに成功しましたねー。ルチェロ、ティーバッグ、ベリックの3人をうまく出し抜けたのには驚きました。
元々、昼間に脱獄する予定が夜に急遽変更したので、それだけでも計画を練り直さなきゃいけなかったのに、脱獄させるとマズそうな3人を留め置けたのはスゴイです。
ビーチに隠してあった酸素ボンベの数から考えると、最初からそういう事は考えてあったのかもしれませんね。
以前の脱獄の際に、ティーバッグのような凶悪犯を脱獄させてしまった事に、マイケルは随分責任を感じてるみたいでしたし・・・。

ただ、一応マイケル達はうまく脱獄はできたものの、スクレが大ピンチ!!スクレと海で落ち合って、ボートに乗せてもらう予定が、大幅に狂っちゃって・・・。
一つうまく行ったら、すぐに難関がやってくる・・・というのがこのドラマの醍醐味なんですが、ここに来てハラハラ・ドキドキする場面が一層増えて、心臓に悪いです~。

シーズン3もあと1話で終わりとのことで、マイケル達がうまく逃げ切れるか、LJ達を取り戻せるか、とっても楽しみですv

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリズン・ブレイク3/VOL.5

2008年09月11日 00時08分31秒 | プリズン・ブレイク/シーズン3
「プリズン・ブレイク」シーズン3のDVD5巻目のあらすじ&感想です!

第9話「籠のトリ」(BOXED IN)

マイケルに不審感を抱いた新しい司令官は、マイケルを炎天下の檻に入れて脱獄騒ぎの真相を話すよう迫る。拷問の末、マイケルはリンカーンを陥れた「組織」に脅迫されていたことを話し始める・・・。


第10話「裏切り者に死を」(DIRT NAP)

マイケルに甘いルチェロに業を煮やしたサミーが反旗を翻した。新しいボスの座に着いたサミーは、さっそく囚人達に向かってマイケルと引き換えにラム一箱を渡すと宣言する。


感想

マイケルとウィスラーはともかく、ルチェロ、マホーン、ベリック、ティーバッグと、一緒に脱獄する人間がどんどん増えてしまって、なんだかシーズン1と同じような様相を呈してきました。
人数が増えれば増えるほど、色々な面で協力しあえるとは言え、何と言ってもメンバーがメンバーなだけに信頼できるとは到底言えないので、マイケルの心労も増えるばかりですね。
それに、脱獄計画自体もシーズン1の時と違ってかなりツメが甘く、うまくいく可能性は限りなく低そうなのでね・・・。
シーズン3は13話しかないので、あとたった3話で、どうやって話をまとめてくるのか気になるところです。

ちなみに、ウィスラーはますます怪しくなってきました。実はものすごく黒ーいヤツなのかも・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリズン・ブレイク3/VOL.4

2008年09月03日 00時13分21秒 | プリズン・ブレイク/シーズン3
「プリズン・ブレイク」シーズン3のDVD4巻目のあらすじ&感想です。

第7話「オオカミ少年」(VAMANOS)

マイケルがウィスラーに決闘を申し込み、SONA中が騒然となる。実はこれは、囚人達を中庭にひきつけておいてその間に脱獄する為の作戦だった。荷物整理を口実に房へ戻り、はしごで外へと出るのだが・・・。

第8話「強行突破」(BANG & BURN)

脱獄に失敗し、さらにその騒ぎのせいで窓格子が強化され、ますます脱獄が難しくなった。そこへ新たに脱獄メンバーに加わる事になったルチェロの手引きで、秘密の地下トンネルの存在を知る・・・。


感想

そう簡単に脱獄できるとは思っていませんでしたが、やっぱり見つかっちゃって大ピンチになりましたね~。でも、そのピンチをチャンスに変えてしまうのがマイケルのスゴイところ。今度は大物ルチェロを仲間に引き入れ、地下トンネルの存在まで明らかになったし、万々歳!

と思ったところで、今度は肝心のウィスラーの様子もおかしいんですよね。最初は怪しい!と私も疑っていたウィスラーだったけど、だんだんといい人なのかな?と思い始めていただけに、ちょっとショックです。
彼がやはりシーズン3で一番の謎かも・・・。

リンカーン、スクレ、ティーバッグ、マホーン、ベリック達はあまり変化なく。最近はティーバッグもちょっと印象薄いんですよねー。あまり暗躍する場がないというか・・・。彼は凶悪な程、変な魅力を発揮するので、もっと出番を増やして欲しいです。ベリックやマホーンも同様で、最近は存在感が薄いのが勿体無いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリズン・ブレイク3/VOL.3

2008年08月24日 02時07分57秒 | プリズン・ブレイク/シーズン3
「プリズン・ブレイク」シーズン3のDVD3巻目のあらすじ&感想です~。

第5話「作戦開始」(INTERFERENCE)

午後の時間帯に脱獄することを決めたマイケルは、双眼鏡を手に入れ監視塔の監視員を観察し始める。しかし、双眼鏡のレンズが反射し、監視員から威嚇射撃を受けてしまう!


第6話「3時13分」(PHOTO FINISH)

サッカーの試合が始まり囚人が全員中庭へ行き、人の目がなくなる午後3時13分に脱獄することを決めた。監視塔の監視員が問題だったが、毎日コーヒーを飲む週間がある事をしり、なんとか眠らせるようリンカーンに依頼するが・・・。


感想

今回もハラハラさせられる場面が続出でした。特にビックリしたのは、双眼鏡で監視塔を覗いている時に、いきなり銃撃されたシーン。いきなりだったので、度肝を抜かれましたよー。

しかし、あと1日以内で脱獄しないという状況なのに、次々と問題ばっかりおきて、本当に大丈夫なのかと心配です。

マイケルは前のように、しっかりとした事前準備もできてないし、時間的な余裕もなく、かなりいい加減な脱獄計画になっちゃってる気がして、このドラマの醍醐味であるマイケルの切れる頭脳があまり見られないのが残念です。

ハプニングは毎回のように起きるし、ハラハラ感は以前と同様にあるんですけど、「さすがー!」とか「スゴイ!」っていうエピソードが減って、爽快感が少なくなっている気がするんですよね。

ま、まだまだこれから先は長いので、どうなっていくか期待して見ていきたいですね。
特に、サラの事をマイケルが知ってしまったので、精神的な動揺も大きいだろうし、どうなるのか気になるところです。


コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プリズン・ブレイク3/VOL.2

2008年08月04日 00時28分07秒 | プリズン・ブレイク/シーズン3
「プリズン・ブレイク」シーズン3のDVD第2巻の感想です。

第3話「望みなき者」(CALL WAITING)

ホテルのドアに差し込まれた封筒を見つけたリンカーン。そこにはその日の新聞を持ったサラとLJが写っていた。彼女の安全を確認するため、と偽ってサラとの電話を手配させたマイケルは暗号を使って会話し、サラの監禁場所を突き止める。リンカーンは救出に向かうがあと1歩のところで2人は連れ去られ、「脱獄するしか2人を救う道がない」とマイケルを説得する。


第4話「フェンス」(GOOD FENCES)

SONAの周りに張り巡らされている「高電圧」の札がかかるフェンスに、実際には電流が流れていないことを知ったマイケル。所内を停電にみせかけ、修理が必要な状況をつくる。特別に許可をもらって塀の外の電線を修理したマイケルは、本当に電流が流れるように修理する。墓堀人になりすましたスクレが死体の腐敗臭防止の薬品をフェンスにかけると、熱と反応しフェンスの鉄が溶け始めるのだった。


感想

ここから下は、思い切りネタバレしていますので、ご注意下さい!

今回一番の衝撃はサラでしょう!まさか、こんなことになるなんて・・・。
最初から登場している女性レギュラーがいなくなっちゃうなんてね。思ってもみませんでした。

今回は、かなり弱気なマイケルにビックリしました。これまでずっとポーカーフェイスだったのに。
ウィスラーもすごく謎めいた存在です。ただの漁師でないのは明白ですが、じゃあ何なのか?危険を冒してまで脱獄させようとするのは何故なのか?この先が気になりますね。

ルチェロの携帯電話でサラに電話している時にルチェロが帰ってきてしまい、携帯電話を元の場所に戻せなくなってしまう所はめっちゃドキドキしましたー。このスリルがプリズン・ブレイクの醍醐味ですよね~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリズン・ブレイク3/VOL.1

2008年07月29日 00時32分47秒 | プリズン・ブレイク/シーズン3
待ちに待った「プリズン・ブレイク」のシーズン3です!!
といいつつ、シーズン2のラストがどうなってたんだっけ???と思い起こすのに、少々時間がかかりました。
マイケル、マホーン、ベリック、ティーバッグは、パナマの「SONA」というかなりヤバそうな刑務所へ、サラは行方不明、リンカーンだけが無事だったんですよねー、確か・・・。


第1話「ようこそジャングルへ」(ORIENTACION)

パナマで逮捕されたマイケルは刑務官のいない「SONA」に収容されていた。そこは囚人だけで社会が構成されている無法地帯だった。兄のリンカーンはマイケルを救いだそうと奔走するが、ある人物から「ウィスラーという人物を探して一緒に1週間以内に脱獄させろ」という脅しをかけられる。


第2話「第三の男」(FIRE/WATER)

スーザンという謎の女性にLJとサラを盾に脅しをかけられたマイケルとリンカーンは、ウィスラーという人物の情報を集めた。すると、ウィスラーはパナマ市長の息子を殺した為、彼を殺せば囚人は釈放されるという事で、SONAの囚人皆がウィスラーを探していたのだった・・・。


感想

「SONA」という刑務所は、以前、マイケル達がいたシカゴのフォックスリバー刑務所とは、比べ物にならないくらいヒドイところでした。なんていうか、見ているだけでも気持ち悪い。これを見ると、フォックスリバーは、めっちゃいい刑務所だった気がしてきます(苦笑)。

で、今回もマイケルは脱獄しなければならないことになりましたが、フォックスリバーから脱獄した時とは違い、事前に何も準備できず、さらには期限が1週間しかなく、八方塞がり状態です。こんなんで、本当に脱獄なんてできるのーって思ってしまいますが、何とかしないとサラもLJも危ないので、頑張るしかないんですよね。ウィスラーという人物が鍵を握るようですが、一人でも逃げるのは難しいのに、二人なんてさらに難しそうで・・・。前途多難です。

とりあえず、マイケルがアルコール等で爆発を起こし、止まっていた水道から水を吹き出させる事に成功した時は、久し振りにスーっとしました。やっぱりマイケルは頭脳を使ってナンボですよ~。こういう知的なところがカッコイイんですよね。シーズン2の中盤以降からのストーリーでは、こういうのが少なかった気がして、ちょっと物足りなかったんですよね。

マイケル以外では、スクレはとりあえず無事なのが確認できました~。ホッ。
スクレはマイケル達にとって、数少ない信頼できる仲間なので、帰ってきてくれて嬉しいです。
ティーバッグ、マホーン、ベリックは、相変わらずですね。一癖も二癖もある感じで信用おけません!




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加