三丁目の飛行機屋

飛行機マニアのオヤジが
撮影遠征記やマル秘コレクションの公開などをしていきます。

旧ソ連 高高度用ヘルメット GSh-6A  

2018年05月20日 | 編隊コレクション
先日までの冷気が嘘のような、蒸し暑さに包まれている信州
こんな時にこんなの被っただけでイッチャイそうですが


Vkk-6M 高高度スーツとペアーになるヘルメットが GSh-6M

ヘルメット外観等は、以前の記事 を参考にしていただくとして


先ずはインナーヘルメットから



布製のヘルメットで頭上の黒いブロックはウレタン製
ヘルメットシェルの内側の凹みに収まるもので、ズレを防ぐため


マイクとイヤホーンのコネクターは
ネックリングにあるコネクターに接続する







ネックリングとヘルメットの後部画像
ネックリング内に見える黒いコードがインナーヘルメットとのコネクター

ネックリングに見えるゴム部の色について注意していただきたいのは

新品というか、現役のネックリングのゴム部はサンド色というかタン色というか
モデラーの方にはRAF ヘンプ色よりも若干明るい感じ
とにかく画像のような褐色ではありません


赤茶に見えるのは経年変化で劣化し、赤みを帯びてしまったもの
ネットで調べてもオークションのモノは経年変化したものばかりですのご注意を


自分が入手した時は、ほぼ新品に近く綺麗な新しいゴムの色でした
劣化は恐ろしいもので、ゴムの一部はネックリングから破れはがれてしまっている







ヘルメットシェルの内側、頭頂部にはヘルメットの型番が手書きで書かれている

  Гермошлем 「ГШ-6A」 ロシア語表記はこうなり
  英文にすると  GSh-6A helmet
  

ヘルメットの内側画像でしたが、実際にはインナーヘルメットを被ってから
ヘルメットを装着します







以上、急いで記事をつくりましたがご参考になれば


※ 実は、静岡ホビーショーへ出撃するつもりで出かけたのですが
  前泊予定地に到着してから、寒さに体調を壊し緊急撤退してしまいました

  残念ながら、今年も静岡名物? 「さわやか」の絶品?ハンバーグを食べることはかなわず
  大きな宿題を残してしまいました、それを楽しみに次回に期待です

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旧ソ連? 高高度フライトスーツ VKK-6M

2018年05月18日 | 編隊コレクション
私のブログ記事の中で、時期になると異常な数で訪問していただく記事
岩国フェスの有料観覧席の記事がダントツだが

なぜか最近訪問が多い記事に、ロシア空軍のパイロットヘルメット記事がある
それもヘルメットのタイプが限定されており、高高度用ヘルメットの GSh-6 が一番

 何故なのかな~  と思っていたけど


 もしやコレかな? 
  1/20サイズで、フィギュアーがレジン製で複数が発売になるようです
  モデルは女性なのですが、どちらもロシアの高高度スーツを着ているようで
  (詳細は スケール・アビエーション誌やモデルカステン 等のサイトで)


静岡ホビーショー等で購入された方の、塗装の参考になるよう
高高度用ヘルメットGSh-6 とペアーになるフライトスーツを上げてみます 




エイリアンの抜け殻みたいな、ゴッツイ感じのフライトスーツ ВКК-6М
キリル文字を英語表記にすると VKK-6M  High-altitude pressure suits
左が正面、右が背面 になります

米軍にもこれにソックリなスーツが1960年代あたりまであったが、どちらが真似したのか・・・

この大きさのモノを撮影する場所が我が家になかったので
背景がカーペットや畳となり見苦しいですがご勘弁を


ではスーツの詳細を見ていきましょう


前身のファスナーは腰まで下ります
その下のファスナーは排尿?の為なのかな、位置的にはそんな感じ



上のファスナーを下ろすとこんな感じで開きます
ファスナーをあげる前には、フックでしっかり閉じてからのよう


着るときには左肩のファスナーも開くので、上から履く感じで着ていくことに



ウエスト部分ですが、上のファスナーと下の小用ファスナーの間には
表から見えませんが裏側はGスーツのウェストベルト部になります

下のファスナーから出ているホースは高高度プレッシャーのものですが
高高度になり、空気が送られるとどうなるのかは不明です


右の袖口ファスナーを開くとキリル文字が「EKИMOB」
英語表記に直すと「YeKIMOV」、なんとなくロシア人的な名前に読める


足部のすそはブーツの中に入ってしまう


背面側の詳細です

背中側にウエストから上に中途半端な長さのファスナーがあるけど
使用目的は不明、排泄には位置的に難しいし・・・


右肩の背面側に、スーツの型番が大きく描かれてます(キリル文字)


プッレッシャー・ホースが2本左背面から出ています
太いほうはGスーツ用、細い方が高高度プレッシャー用


4kg程の重量もあり、編み上げのスーツはタイトなパイロットが着ていたよう
洗濯もできないし、いくら痩せぎすの自分でも着てみたことはないし
キットが発売にならなければ、記事にあげることもなかっただろうコレクション

フィギュアーになるモデルさん、よくコレ着たよね! 
原型製作の為の3Dデータ取得途中の画像を見たときはビックリしたけど

米軍ではなく、ロシアなゴツイフライトスーツとヘルメットは
彼女によく似合うと感じてしまったし、モデル栄えするわ

フィギュアーを製作される方のメイン目的は、スーツ中身の女性とは思いますが
少しでも塗装等の参考になれば幸いです



このスーツとペアーになる高高度ヘルメット GSh-6A の記事は既出してはおりますが
不足している部分の画像等を次回に上げてみます

タイトルに旧ソ連とは書きましたが、ロシア時代になっても長い間使われ続けたスーツとヘルメットです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エッ!  近場で事案発生!

2018年05月15日 | そら モノ 色々 
先日、長野県の新防災ヘリによる消火訓練の模様を上げたばかりですが

買い物へ向かう時に見えた まさか な風景



 ~山の向こうから煙が上がっている~

昔なら「炭焼きかな?」と思うところだが(笑 

なんとなく遠くからサイレンの音がするような

まもなく、付近の防災スピーカーから「火災発生!」の報
山火事とのことで、乾燥しているし風もあるのでこの時期は怖いぞ
 

買い物を終えて帰宅時には、ヘリの羽音が聞こえてくる
先ほどの山火事方向を見れば~ 上空を飛ぶ黒い点が見える

まだ長野県の防災ヘリは本格運用直前で、出動はできないハズ
 「報道かな?」

車に常備しているバックアップ用の一眼で覗いてみると~


あのカラーリングは「「岐阜県の防災ヘリ」だ、機種も 川崎BK となれば「若鮎I」に間違いない
消火装備は見えないが・・・

火災は大きいのかな~、ヘリは上空を何回か旋回した後遠くへ消えていく
あの方向にはダムがあるから、もしや取水して消火が始まるかも

 ただの野次馬ですが(汗、 チョッと遠回りして帰るか

ひと山越えて現場に近づいたが、その先は消防により規制されていた


火元は見えないが煙は多くはない、ただ火元あたりは住宅が近いかも



暫くすると~

ダムのある方向から消火用バケットをぶら下げた機影が現れた


 とはいってもかなり遠いので、この後の画像はトリミングです







散水を終えると、バケットを大きく後ろになびかせ南へ




それから約10分後、再び散水に



火点は小さくなっているのか、狙いを定めて~













陽もかなり傾き始めている時間で、晩春の夕日に照らされてる


空のバケットは風圧にかなり揺れている、小さく見えるが乗員と比べると大きいわ


この後、しばらく待ったが山の陰にエンジン音が聞こえたのみ
燃料補給に まつもと空港 へ向かったかな? ~というわけで撤収です


ヘリによる散水が効いたようで、しばらくする鎮火報が防災スピーカーから流れていた


空港にて燃料を補給? した岐阜防災機は、上空偵察をもう一度行い帰路についたようだ


高温と乾燥した天候が続き、山火事注意報が毎日出されていたが
まさか近くでこんな事案が起こるとは

それにしても隣県の岐阜とはいっても、ヘリのベースは航空自衛隊岐阜基地
遠くからの応援、ありがとうございました


翌日の新聞には怪我人もなく、岐阜県からの応援ヘリの消化が行われ~
焚き火の跡があったとのことで、春は山火事の季節でもある
大事にならなくてよかったが、充分すぎる注意が必要だ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

放置プレイ の後始末

2018年05月12日 | プラモの話
モデラーなら幾つか必ず隠している
途中撤退、又は途中放棄してしまった~ 
理由はさまざまだが、放置プレイしたままのモデル達


自分も年齢を重ねてきたし、そんなモデルに陽の目を当てようと
一気に始めた自分なりのプロジェクト

先ずは 1機をロールアウトです

だいぶ昔に手をつけはじめたけど・・・
飽きたわけじゃないけど、他に興味が~

って、なんか書いてて これ危ない書き出しだよね
なんとなく罪悪感がわいてきてしまった

ただの遊び人!? 途中撤退、途中放棄してしまった〇〇たち

 ヤバッ! 書き方かえよう


 とりあえず画像を出して誤魔化さねば

 1/200 ハセガワ製の B777-200 塗装は エミレーツ航空


エミレーツ航空のデカールは別購入ですが、使用したのは胴体、エンジンの文字くらい
窓は空洞なので、デカールを使わず木工ボンドでガラスを表現してあります
ボンドの濃度調節と作業当日の湿度と温度を少し気にすれば、爪楊枝で加工OK


今では日本国内へもエミレーツ航空は就航し、実機を見ることはできますが
この機体は自分が 1996年に渡英したさいにヒースロー空港で初めて見た機体 A6-EME

今のエミレーツ塗装と比べると、少し寂しい感じがするが
当時はこれでもインパクトのある綺麗な塗装だった

ということで、機体のアンテナ類も今と違い少なめです





 今なら主翼の後フチをある程度薄くするのですが
 最初に手をつけ始めた頃は気にもしなかったので~、厚いの目立つなぁ(汗


翼上面にはボーテックスの汚れも表現したが、汚れの長さも濃さも整っていないや




エンジンや胴体下の汚れはチッピングとドライブラシ
シャーペンも使い試してみたが、まぁまぁかな

実機はもう少し強く汚れてはいるが、モデルは抑え目が良いだろうということで、~難しい



実機を見たり、撮影する機会がある方ならわかると思うが
B777 の脚には沢山のブレーキパイプ等が目立つ

キットのままではあまりに寂しいので、手を加えてみた
0.2mmの真鍮線と細めの電線コードから抜いた細線で配線してみたが
塗装したら、一部はお隣同士で付いてしまい・・・ アララ




隔壁やその他も手を加えてみたが、完成してしまえば裏返さなければ見えない





やはり撮影することが多いと、旅客機特有の汚れも目にする
それはボーディングブリッジのゴム部が機体と接触した痕跡

パステルで軽く入れてみたけど、画像だと目立たないね

まぁ、いずれも言わなければ気が付きもしない事案で自己満足ですが

放置プレイの罪滅ぼしというか、このキットもやっと陽の目をみることができた


 なぜかFMラジオから丁度流れてきた、テレサテンの「つぐない」が身にしみる(大汗

  ~つ・ぐ・な・い ~ね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

厚木の帰りに 日向ぼっこ?

2018年05月09日 | おいしい話
出遅れ報告になってしまいますが

想定外の早退を決めた今年の厚木フェス


そのまま周辺の基地や空港へ転戦に向かうのには難しい時間
帰宅も考えたが、それもチョイと早いな

基地内から最寄り駅の さがみ野駅までは 4km程
暑い中を歩いたので汗もかいたし、小腹も空いてきた
リュックのバーガーとビールも気になったが、ビールはホットだろうし


近くの街に、以前からもっと気になっている食べ物があった


というわけで 海老名駅 で乗換えまでしてやってきたのは 本厚木駅

駅から程近い住宅街にあるお店


店名が「おひさま」ですから、ここで日向ぼっこ していくことに(笑
ただ信州までは、JR高尾駅から各駅で帰るつもりなので、残り時間は45分


昼時は大きく廻っているので混雑はなく、2テーブルが埋まっている程度
本厚木とくればシロコロですから、先ずはホルモンから






シロコロホルモン自体は、やはり厚木基地を訪問したついでに
基地周辺の有名店で食べたことはあり、美味さは知ってるつもり

でも毎回、焼き方というか焼き加減がわからなくて悩むよな~


と思いながら網にホルモンをのせた

すると、私の気持ちを読み取ったように、店の若いスタッフ(お兄さん)が
 「ご自分で焼けますか?」、 「焼きましょうか?」と声をかけてくれた

そんな声がけを周辺の焼き肉店でされたことがなかったので
一瞬だけ迷ったが、素直にお願いすることに

 「いつでも焼いてくれるの?」、 「いえいえ、空いている時に頼まれれば」
 「今は空いていますが、このあと23人の予約が入ってます」

 「芸能人や政界の方もお見えになりますよ」

一緒に頼んだ、カシラも焼いてもらう

 「シロコロはコマ目に四方を丁寧に焼いてやらないと~
      周囲はカリカリ、中はトロリにならないんです」
 「店主が肉にこだわりもって下処理しているので、自分も大切に焼きます」


長野県から来たと話すと、テーブル近くにいた店主のオバチャンが
 「うちの豚は全て長野県から仕入れているのよ~」と

  同郷を食らうのか・・・(爆

その間にも他のテーブルから飲み物等のオーダーが入り、焼く手が離れたが
そろそろ無事に食べごろのようだ


凄い!シロコロが上手く四角に焼きあがりしっかり立つよ(笑

食べてみると~、 今まで食べたシロコロってなんだったの!?

 ってくらいに、美味い! これ本当に美味い!



そして、これが食べたくてこの店を訪問した逸品

「あつぎ唐揚げ」、シロコロの唐揚げです

 この美味さに、焼酎御代わり必至でした
 電車を遅らせてでも、もう一皿食べたくなってしまう


この日は近くで、地元食のイベント
「かながわグルメフェスタ 2018 in厚木」が行われているそうだが
そこでも早々に完売してしまった「あつぎ唐揚げ」だそうで

 「お客さん 食べることができてラッキーですよ!」


厚木フェスでほぼ撃沈されてしまったが、ここのホルモンで浮上できたよ

 でもこれは、焼いてくれたお兄さんのおかげもあるね

チャンスがあればもう一度、絶対に行きたい店だが、その時もお兄さんにお願いしたい
 店の空いた時間に予約し、お兄さんもリザーブしなければ


食べ終われば予定の電車まで5分を切っている

本厚木発の電車はもう一本後になりそうだが、それを逃すわけにはいかない 急げ!

 「お気をつけて!」 最後にお兄さんに見送られ
   「ありがとう! 美味かった ごちそうさん また来るからね」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加