パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

事故物件 恐い間取り★★・5

2020年10月20日 | アクション映画ーサ行

       

「事故物件住みます芸人」として、実際に9軒の事故物件に住んだ芸人・松原タニシの実体験を記したノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」を亀梨和也主演で映画化。監督は、「スマホを落としただけなのに」「貞子」の中田秀夫が務めた。

あらすじ:売れない芸人・山野ヤマメは「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と先輩から無茶ぶりされ、テレビ出演と家賃の安さから殺人事件が起きた物件に引っ越す。その部屋は一見普通の部屋だったが、部屋を撮影した映像には謎の白いものが映り込み、音声が乱れるなどといった現象が起こった。ヤマメの出演した番組は盛り上がり、ヤマメは新たなネタを求めて事故物件を転々とする。住む部屋、住む部屋でさまざまな怪奇現象に遭遇したヤマメは「事故物件住みます芸人」として大ブレークするが……。

<感想>だいぶ前に鑑賞したもの。亀梨くんが主演だというので期待して観たが、ホラーものはあまり好きじゃないので、それでも音響効果が大で、それなりに怖かったですね。この作品は、原作者の実体験らしく、住んだアパートに以前の居住者が自殺、殺人、孤独死、事故などで亡くなってしまい、霊感がある人には目でその死んだ人の姿が見えるというのだ。

その幽霊を主人公の亀梨くん扮するヤマメという芸人が、TVに出たいがために、事故物件に住んで体験を披露するというもの。実際には、ヤマメは幽霊の姿が見えない霊感なんてない人間。だが、TV局の女性小坂梓ちゃんには、その女性の姿が見えてしまうという。実際には、スクリーンの中でも白い姿が見えて、それに出て来る前から効果音がおどろどおろしく恐怖感を煽るのだ。

まぁ、霊感がするどい人にはそれなりに見えて、映画の中でも見えてしまうのでしょう。ヤマメには見えてないので、霊感の鋭い小坂梓に一緒に来てもらう。道路でも赤いドレス女の人が見えており、部屋の中でもそれなりに見えて、カメラにも映り込んでいるというのだ。亀梨くんには、いくらか霊感というものがあるらしく、それなりに怖かったという。

事故物件のアパートを、一軒目、2軒目、と住んでみるヤマメの目には、その姿は見えないが、なんとなくそれらしき雰囲気というか、夜中で誰もいない部屋で、出て来る幽霊は、やはりその部屋で殺されたのか自殺をしたのか理由は知らないが、怨念というか、殺されても浮かばれない理由があるのでしょう。

特に面白かったのが、ラストで車にひき逃げされる不動産やの江口のり子さんの演技が、あまりにもあっけらかんとした風貌で上手いし、事故物件を扱っているのに、その部屋の供養とかお祓いとかをしないでいるのも、バチ当たりな感じがするし、やっぱり最後に死ぬ運命なのかと思いましたね。

 

2020年劇場公開、鑑賞作品・・・59  アクション・アドベンチャーランキング