普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

高齢者不明・児童虐待問題を産んだ教育

2010-08-20 16:57:03 | 教育問題

[子どもとして、親としての義務を放棄した「高齢者不明・児童虐待」]
 8月15日のNHKの日曜討論で「高齢者不明・児童虐待」に関する討論がありました。
 その番組を見て珍しく西部邁さんの名前が出て居ました。
 NHKの今までの傾向から見れば、お気に入りの出演者は、どちらかと言えばリベラル系の人達が多かったのに、彼らからみれば右翼に属すると思われる発言の多い西部さんを呼んだので、どんな展開になるのか興味を持って最後まで見ました。
 議論の中心は高齢者不明・児童虐待の問題に就いて、西部さんが日本から古来持っている家庭や地域の力を活用すべきだの主張と、新進の批評家とされる宇野常寛さんが地域や家庭の崩壊、格差社会の発生など、日本の世の中は変わってしまっているのだから、それを前提にして対策すべきだと言う主張の対立でした。
 戦前派の私としては、勿論西部さんの意見に賛成で、今のような事態を招いた原因から対策を考えるべきだと思っています。
 そのようなことを抜きにして、宇野さんの言うように現状をそのまま認めて、政府がこの問題解決にシステム的に取り扱う通りにすれば、膨大な人員と経費を要する一方、問題解決を遅らせる原因となっているプラバシー問題が立ちはだかるのは眼に見えています。 唯でさえ財政難に喘いでいる日本がこの底無し沼のような問題に金をつぎ込む余裕などない筈です。

[自分達の義務を放棄した子や親を生んだ教育]
 日本は敗戦後、占領軍の政策により、神道や武士道など一時的に否定され、民主主義の考え方と所謂平和憲法が持ち込まれ、戦後教育もそれに準じて行われて来ました。
 その際日本古来の美風(今日のテーマで言えば家族や地域の助け合い、親に孝行など)は何故か無視されて来ました。
   然も悪いことに日本の宗教の中心となっていた仏教はすっかり衰えてしまいました。
  その中で私の心に一番引っ掛かったのは前にも書いたのですが当時の市販の教師用の指導要領書の記述の中で、日本国憲法には国民の権利の記述はあるが、それに伴う義務や責任についての規定はない とあることを発見したことです。 憲法によれば国民の義務は勤労と納税だけでその他の国民の権利に伴う義務は何も記述はありません。然し例えば教育の義務は国にあり国民にはそれを受ける権利があるが、それに伴う義務も責任もないと鬼の首を取ったように取り上げる教師には困ったものです。)
 そしてその推薦の言葉に当時教科書裁判
で有名だった著者の家永三郎さんの名前を発見して、妙に納得した気になったのを今でも覚えています。
 その指導要領書には勿論義務や責任の字はそれ以外の個所には見つかりませんでした。
 私は驚いて、他の生徒用の参考書を調べて見て、各所に義務や責任について書いてあるのを見て安心しました。
 と言うことは生徒達にたいして、日教組、共産党の影響の強い全教に属する教師達は、私が寝言のように書いてきたように、権利重視、それに伴う義務や責任は軽視の教育が行われたことを示しています。
 その結果がNHKが取り上げた子どもとしての義務を放棄した高齢者不明、親としての義務を放棄した児童虐待に繋がっているのです。
   このような米国の日本の子どもたちの教育に対する方針は米国の陰謀だ、洗脳教育だと言う人達もいますが良いほうに取って言えば、今でも良く言われるように、米国人の自己責任の考えが強いこと、米国人の中にはまだキリスト教が強い影響力を持っていること、フェアプレイの考えが浸透していること忘れてそのまま、米国流の教育を持ち込んだのかも知れません。
  然し日本が独立か勝ち取って以後、国は日本の実情や日本人の性情に根ざした、そして日本の美風を取り入れた教育に戻るべきだったのですが、戦後半世紀になる安倍さんの時代になって教育改革に対して、反対する朝日新聞、道徳教育反対する日教組など抵抗があり、改革は遅々として進んでいません。 (権利に伴う義務・責任について記述のない憲法も改正すべきです。)
  逆に言えば私が心配したような権利重視、義務・責任軽視の教育が一部で依然として進行している示しています。
  それに対しての父兄の反応です。
  私の場合で言えば学校でいくら偏ったまたは中途半端な民主主義教育を受けても、我が家だけは権利などより兄弟の思いやりの方が大事だと教えていましたが、敗戦のショックで如何に力が無かったかを覚えています。
  幸い私達のような家庭が多かったと想像されること、日教組への反発する教師も次第に増えてきたようです。
  然し敗戦の反省に立って、学校の教育に賛成した人も父兄も中には居ただろうし、ショックから子どもの教育は完全に学校任せにした父兄もいたと思います。
  そしてその子どもが親になり、子どもを産み、その子がまた親になると言う2~3世代を経て、困った親や困った子が拡散し始めたのが、親をみない子ども、子どもを虐待をする親増えてきた現状の多分大きな要因の一つのような気がします。
 私は今こそ(実は遅すぎますが)親を見ない子ども、子を虐待する親がどうして生れたのか、日本の教育の在り方を見直しをする必要があると思うのですが。
 日教組を支持母体とする民主党政権はどうするのでしょうか?
 やはり若い評論家の宇野常寛さんの言うように、現状は仕方かないと諦めて(同じ義務・責任軽視教育に起因するモンスターペアレンツの発生、荒れる学級などの解決は置いたまま)にして、高齢者不明・児童虐待に特化したパチ当て政策だけで終わりそうな気がするのですが。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 民主党内ばかり見ている代表選 | トップ | 韓国併合時代に日本が貢献し... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (madam noir)
2010-08-21 11:50:19
主人が大学の時西部さんのゼミにいました。
西部さんは『自由』ということに関しては非常に厳しい視点をもっておられるそうです。

教育は百年の計。
いくら学校が日教組教育でも、親がしっかりしてれば、道徳観念も身につくというものです。
私はよく親に言われたのは、自由と自堕落はちがうんだと。
今これをはき違えてる人が非常に多い。
若い頃はリベラルな考えも一時期ありましたが、紆余曲折の末まっとうになりました。

自己が確立できていない子供に、権利だの自由だのばかり教える前に、基本の道徳をたたきこまないとです。

近頃幼稚な大人が多すぎる。

民主党代表選で渡部氏「小沢氏出馬は起訴封じ」 擁立論を牽制 (愛信)
2010-08-21 14:28:59
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100821/stt1008211258004-n1.htm
鳩山由紀夫前首相が小沢氏を招いて長野
県軽井沢町で開いた懇親会に、同党議員
約160人が集まったことには「(小沢氏への)
ごますりで恥ずかしい。

民主党には反日売国国会議員が160人も
居る、大多数の国民の意思に反する売国
詐欺師を速やかに排除するためには、現在
の野党から総理大臣を選出して組閣後、
即刻先の参議院選挙及び反日売国政党
民主党に308議席をもたらした衆議院選
挙の開票集計不正操作の選挙違反や
期日前投票の不正を摘発して犯罪の再発
防止策を確立して解散を行い厳正な選挙
管理体制の下で総選挙を行い日本国民
有権者の「信」を問へ。

【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿

教育問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

8・15憂国と亡国の交差点…反日3人衆“そろい踏み” (東アジア黙示録  )
戦後初めて全閣僚が参拝を拒否した終戦の日の靖国神社。九段を汚す極左犯罪集団に抗った日本人は、その10倍の規模に膨れ上がった。長きに渡り反日勢力に悪用され続けた「8月15日」を取り戻せ。
亡国の構図 (三四郎の日々)
菅首相が発した「日韓併合100年談話」に対し、韓国国会議員からは「とても足りない」としつつ「追加的補償」を求める意見が寄せられているらしい(産経電子版/goo)。 >日韓両国の国会議員が、日韓併合100年にあたり菅直人首相が発表した首相談話や両国関係につい...
小沢は、出馬の神輿に乗る覚悟を決められるのか?&誰が勝っても、不毛な代表選 (日本がアブナイ!)
「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の 2つのランキングに参加しています。 それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック して頂けると幸いです。  ← まず、ポチっと、お願いします。 ← もうひとポチッと、よろしくです。 最...