木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

新たな課題・花の詳細データ(No 1793庭花3018)

2018-06-05 08:00:00 | 我が庭の花

 先に当ブログにも書いたが、今、我が「花写真鑑」に掲載中の花1666種を、その所属する科別に分類する作業を行っている。 これは時間を掛けて作っても、利用する機会は殆ど無いものである。 友曰くは、その過程において、折角1666種類の花の台帳を作ったのなら、花の形や寸法などを含めてデーターベースにしたらいいのにと言う。

 確かに、この花の台帳はExcelで作っているから、分類、並べ替えや表計算が、しかもマクロを組めば自動的にできるから、やりたいが、友が言う肝心のデーターが殆ど皆無に等しい。 今からデーターの蓄積を計るが、演算に使用できるのは相当に先が遠い。 しかし、やらなければ、永久に到達しないから、少しでも前進すべく、データーを撮り始めたのである。

 今回は庭の花、特に小さい花について、花の寸法などが読み取れるように、セクションボードに載せたりして、マクロ写真を撮ったのであった。 今後はこの種の写真が増加するものと思われる。友が言うデーターとは、「花の色、直径、花弁の数、花序、葉の作り、葉の形、草丈、開花時期、草木の別などである。 (・・・これはえらいことになった!!!。 )

 ここから読み取るデーターは別に集約するので、ここには写真だけを掲載する。

 

「リシマキアミッドナイトサン」

 

 

 「コマチリンドウ」

 

 

 

「リトルミッシー」

 

 

 小さいが、多肉植物らしく、変わった形の花であるが、どのように集約するのか、考えねば!。

 

「ツボサンゴ」

 

 

  

 「ゴンフォスティグマ」

 

 

 きちんとおしべが四本あり。 

 

  

 「エレモフィラーレインボースター」

 こういう形が多々あるが、どうやって、データー化するか・・・?。

 

  友は「これだけの台帳があるのだから、もうひと踏ん張り、苦しんでもらえないかなー」と言う。 友のためならいくらでも苦しむが、先ず、どうやるか決めるのが、一苦労である。

                     ひとまず 完

 

 

 

コメント