マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

11回目のテーマは大和の講

2013年03月31日 09時07分48秒 | しゃしん(カメラのキタムラ展示編)
11回も続くとは思っていなかったカメラのキタムラ奈良南店(奈良市杏町153番地)の写真展。

いつもながら展示するテーマに悩まされる。

前年からは正月の1カ月間になった。

正月に願う年初めの行事は前年のテーマ。

今回はあまり知られていない大和の講を選んだ。

大和にはさまざまな講中が存在する。

講名を挙げるだけでも相当な数になる。

すべての講中の営みを掲げるほどの展示スペースはない。

8点に絞って展示したのは1.大和郡山市伊豆七条町の尼講の朔日参り、2.山添村勝原の子供の涅槃、3.山添村遅瀬中南寺の観音講、4.奈良市大野町の十九夜講和讃、5.宇陀市室生下笠間の伊勢講、6.大和郡山市井戸野町の金丸講の回り講、7.桜井市芹井乾垣内の旧暦閏年の庚申トアゲ、8.山添村岩屋の十二社権現講の籠りである。
(平成25年2月2日展示終了)

(H25. 1. 4 SB932SH撮影)
『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 天ぷら食堂ゑびすやの天ぷら... | トップ | 染田十輪寺初祈祷のタタキアゲ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

しゃしん(カメラのキタムラ展示編)」カテゴリの最新記事