マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

10回目の展示は年初めに願う

2012年02月10日 19時30分47秒 | しゃしん(カメラのキタムラ展示編)
今回で10回目となるカメラのキタムラ奈良南店(奈良市杏町153番地)での写真展示。

お店から頼まれての写真展も10年目となった。

これほど長く続くとは思ってもいなかった。

例年なら年末一か月の期間だが、今回は正月から2月初旬にかけてとなった。

お店の事情もあってそうなったのだが、年初ということで年の初めに行われている民俗行事を紹介してはどうかと思って決めた。

奈良県では多彩な年初めの行事が各地で行われている。

平和で安穏な暮らしが過ごせるよう、そして家族ともども健康でいられるように願う。

農耕であればその年も豊作であってほしいと祈る行事である。

数々の民俗行事を取材させていただいた中でどれを選ぶのか、毎回悩ませるテーマ立てであった。

今回は、1.奈良市長谷町の正月の膳、2.山添村春日の山の神参り、3.天理市上仁興のケイチン鬼打ち、4.山添村切幡のとんどの習字焼き、5.宇陀市大宇陀の平尾のオンダ、6.宇陀市大宇陀の野依の豆占い、7.奈良市上深川の初祈祷、8.奈良市下狭川の社日の水口まつりの8点とした。

年の始めに行われるさまざま願いを一枚の写真におさめた大和の民俗行事写真展は2月初めまで展示しているので、お店に寄られた際には振りかえっていただければと思う。

(H24. 1. 3 SB932SH撮影)
『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 額田部推古神社お正月迎え | トップ | 小林町の元旦風情 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

しゃしん(カメラのキタムラ展示編)」カテゴリの最新記事