尼崎の整体院です|「かいつう館の日々是整体」 腰痛など慢性の痛みは当院にお任せください^^

尼崎・武庫之荘の整体院です。腰痛・股関節・膝痛、首痛や頭痛など大得意。回数券を必要としない、通えない方のための整体です

治ってない?治りつつある?

2005-12-25 21:07:49 | 健康 整体
最近、同業の友達と話をする機会があった。

僕たちの間ででる話は、だいたい、「治らなかった人」の話か、直し方の発見か、です。
「直した話」は、別に珍しくもなく参考にもならないからね。

で、そこででたのが、こういう人の例。

腰が痛くて曲げられない、肩が痛くて挙げられない、という女性。

施術を行なうと、ラクにはなるらしく、施術前と比べて、動きが格段によくなる。動かした角度とか見ていると、あともうちょっと、というレベルなんだとか。

でも、完璧には痛みは取り切れていないらしい。

二回、施術を行なったが、そこでその女性が言った言葉は。
「確かに良くなったんですが、治りません」。

良くなっている。でも、
治ってはいない。

わかります、非常によくわかります。

でもね、と友達は言ってました。

「治っていない方に目が向きすぎているのよね、、、」と。
「良くなっていることが置いていかれちゃってるんだもん」と。

その友人が良くしたわけではなく、お客さん自身が良くなって行ってるんだと。だから、それに関しては「もっと自分の身体のすごさを評価してやってほしい」んだと。

もっと言えば「良くはなったが治っていない」んじゃなく、「治ってきている」んだと。
身体には連続性がある。「昨日よりも良くなったが治っていない」、わけじゃなく「昨日から今日にかけてさらに治ってきている」じゃないか、と。「治ってない」?「良くなっている」?

なるほどなあ、と思いました。
確かに、痛いときは魔法のように痛みを消して欲しいもんです。消えなかったら、文句もでます。でも、身体の中では途切れずに「治そう」という力が働き続けている。そこは見ずに「痛い方」だけを見る、、、。それを彼は言いたかったのでしょうね。いえ、もっと奥のことも話してくれたのですが、ここでは商売上書けないこともありますので、、、ハイ。

僕なんかは未熟ですから、自分が痛いときにはとてもそんなことまで思いが至りませんが。でも、彼の言いたい事は、よく伝わってきました。実際に、痛いときでも、「痛い」だけじゃないですもんね。暑くもあれば寒くもあるし。辛くもあれば甘くもある。あれもできれば、これもできる。「ただ、どこそこが痛いだけ」、、、。そのなかの、自分なら「なにを見るか」、、、。痛いから治ったとは言わない。ごもっとも。でも、治る過程なんだとしたら?そこまで「治っていない」ことにこだわると逆に、、、。

コメント   この記事についてブログを書く
« 霊感の強い人。 | トップ | あなたの症状、教えてください »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康 整体」カテゴリの最新記事