JO7TCX アマチュア無線局

せんだいSD550   特小・DCR 山岳移動 

泉ヶ岳(1172m)

2016年05月15日 | 奥山 移動運用



 一日中晴天との予報で、仙台市近郊の泉ヶ岳に登ってみました。奥羽山脈から連なる東端の山で、標高1172m。前回登ったのが2013年11月ですから、2年半ぶり。いくつかのルートがあり、どのルートも山頂まで1時間半ほど。滑降コースを登って、かもしかコースを下るのがお気に入りで、今回もこのルートにしました。

 地下鉄南北線の終点、泉中央駅から市バスに乗り換え45分。登山口着がちょうど午前8時。大汗かいて1時間40分ほどで山頂。最後は急登の連続、登りごたえのある登山はしばらくぶりでバテ気味に。到着した山頂自体は、何の眺望も得られない、つまらない山頂です。でも、北泉ヶ岳方向に少し進むと展望が開けてきます。今日は空気も澄み、正面に後白髭山、船形山、さらに朝日連峰の真っ白な山並みも遠望できました。登山者が多いため、ここから藪に突入、少し離れた小広く開けた場所を確保し、無線運用することに。帰りのバス時間が決まっているため、2時間弱の運用。


山頂

船形山(右)
 

 はじめにDCR(351MHz)。ヤマガタTA960局(蔵王)、フクシマHK414局(福島県伊達市)、ミヤギWR113局(岩手県一関市 三峰山)、センダイK932局(青葉区)、ミヤギYS307局(太白区)各局と交信。連休後の休日のためか、移動局は少なく、静かでした。続いて145MHz。ワッチすると0エリアのコンテスト各局が入感。この山で0エリアがこんなに聞こえてきたことは記憶にありません。伝搬は悪くないようです。上越市、長岡市、新発田市各局とレポート交換。コンテストなので正確な移動地は確認できませんでしたが、上越市とはおおよそ260km。蔵王連峰および飯豊連峰が二重に壁となる位置関係にもかかわらず、よく届くものです。コンテスト相場で59のレポート、リアルレポートをお願いしたところ51で入感とのこと。こちらからは52。さらに0エリア三条市、新潟市各局も52程度で入感。お呼びしましたが、まったく気づいてもらえないままCQが続く、という感じで、交信ならず。ハンディ機+ロッドアンテナ(RH770)では非力だったようです。もう少しまともなアンテナを持ってくればよかったと後悔。


RH770クリップベース小枝設置



 続いて、1エリアも入感。神奈川県横須賀市、栃木、茨城各局。しかしタイミング合わず、交信には至りませんでした。残念。いつものことながらID-51の受信感度の良さも改めて実感しました。聞こえるのに届かない、悲しいことではありますが・・・。

 下山途中のスキー場付近からDCRにてフクシマSP302局(仙台駅)、ミヤギOS147局(大崎市三本木)と交信。ミヤギOS147局より145MHzDV、0.1Wのデジタル変調が山形県寒河江まで届いていたとのレポートもいただきました。


岡沼から山頂望む

スキー場付近


 久しぶりの泉ヶ岳。お空のコンディションも上がっているようで、意外性のある電波を拾うことができました。本日も交信いただきました各局さま、ありがとうございました。






コメント (4)

惣内山(南三陸町)

2016年05月08日 | 里山 移動運用



 津波で壊滅的な被害を受けた志津川地区の背後に横たわる里山で、標高378m。藪もさほどでもないこの時期に登るにはちょうどよいのではと、数年ぶりに出かけてみました。入谷集落からの登山口は秋目川、天神、たら葉沢の3か所あり、どれも標識はおろか、目印となる赤布もありません。もう一つ、未確認ながら坂の貝峠から山頂に延びるルートもあるようです。今回は、たら葉沢から直登するコースを登ってみました。


志津川湾から望む惣内山


 もともと藪っぽい細道が続くだけでしたが、震災後、歩く人は皆無に近いとみえ、もはや登山道とは言えないありさまとなっていました。杉林を登ること約30分、この山の御神体ともいえるケヤキの巨木がこつ然と姿を現します。その名も蔵王権現。推定樹齢600年だそうで、通常のケヤキ1本分はあろうかという野太い枝が数本、空に向かって伸びています。何本かは朽ち果て、折れたままになっていますが、いまだ樹勢衰えず、その生命力には感服するばかりです。不思議なことに根本からは勢いよく清水が湧いています。この山中、唯一の水場。


登山口

蔵王権現

根元から清水が・・・


 ここから先は、猛烈な藪となり、踏み跡すらありません。ひたすら山頂をめざして直登すること30分、ひょっこり尾根道に遭遇。登山口から約1時間で山頂到着。山頂下の荒れ放題となったススキ原からは、以前と変わらず志津川湾が穏やかに広がっていました。


 無線の方は、鬼面山(福島県猪苗代町)移動のおかざきKG295局さんと久々の特小10mW交信。お呼びしたところなかなか応答なく、厳しいかなと思いましたが、少し山頂寄りに移動したところ、ノイズの中から明瞭な変調が聞こえてきました。メリット5で交信成立。距離155km。145MHzデジタル(DV)100mWでも57-57で交信できました。この他、DCR(5W)、145MHzFM(5W)にて各局と交信。DCRではケロケロで入感や聞こえるのに届かないというケースも何局さんかありました。同程度の標高の山々が周辺に連なっており、電波伝搬という点では、良いロケとは言えないようです。お相手いただきました各局さま、ありがとうございました。



山頂付近でみかけた黒アゲハ




コメント