北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

■戦前の出版検閲を語る資料展「浮かび上がる検閲の実態」(2018年1月10日〜2月3日、神田小川町)=東京'18-イ(6)

2018年02月01日 21時34分26秒 | 道外で見た展覧会
承前)

 用事で神田小川町近辺に行ったあと、また少し時間ができた。

 せっかくなので、ツイッターでときどき会話している「Shirosan001」さんからおすすめされていた、古書会館での「浮かび上がる検閲の実態」展をのぞいてみることにした。
 美術展ではないが、冒頭画像にあるような美術関連書も展示されていた。


 筆者は以前『検閲と文学 1920年代の攻防』を読んだことがあり、この分野の基礎知識はあるつもりだったが、新たに知り得たことも多かった。
 左の画像は、検閲にひっかかった新聞をすばやく押収するために、配布ルートを当局が把握していたことなどを示したパネル。

 ところで、戦前の検閲の標的といえば、まず左翼関係の書物という印象があったが、「風俗壊乱」もターゲットになっていたようだ。
 安田徳太郎は、ドイツでベストセラーになったシュトラッツ著『女性美の研究』という本を翻訳してアルス社から出版しようとしたところ、検閲官が註文をつけ、やむなく図版の多くを削除せざるをえなかったという。
 今回、そのことを後書きで不満を漏らしているページが、開かれていた。
 安田は医師で、戦後はフックスの大著『風俗の歴史』(全9冊、角川文庫)の翻訳など、手がけた本は多い。戦前から左翼シンパであったが、自らは左翼ではないと言い、検閲にひっかかりそうなところで筆を納めてしまう巧みさで発禁をまぬかれていた-というくだりをパネルで読んで、少し笑ってしまった。


 あと、左翼だけではなく、右派の本にも検閲官は目を光らせていたようだ。
 というのは、右翼なので、皇室をめぐる記述などがたくさん出てくるのだが、その用語が誤っていたりすると、畏れ多いということになるのである。

 神田は世界最大級の古書のマチであるだけに、戦時中の古書の流通統制についても説明パネルがあった。
 お上は、高値の稀覯本を取り締まり、古書価格を下げたがっていたようだが、そんなことがうまくいくはずがないのであった。

 ともあれ、日本を含む世界各国で政府の強権的な姿勢が目立つ昨今、戦前とおなじような検閲制度が復活することはなくても、インターネットなどで、安全保障や機密保持を掲げた統制が強まる可能性もないとはいえず、その意味ではタイムリーな展示だったと思う。
 

2018年1月10日(水)〜2月3日(土)
東京古書会館2階(千代田区神田小川町3-22)




コメント

■藤本由紀夫「STARS」 (2017年12月2日~18年2月3日、六本木)=東京'18-イ(5)

2018年02月01日 12時07分26秒 | 道外で見た展覧会
(承前)

 六本木でもう2カ所、Shugo Arts(シュウゴアーツ)と小山登美夫ギャラリーに立ち寄った。いずれも、おなじ「complex666」ビルの中にあり、前項で立ち寄った「ピラミドビル」や、地下鉄の六本木駅に近い。
 なかなかしゃれた建物だが、先のWAKO WORKS OF ART といい、このビルといい、若いアート好きが引きも切らず訪れているので、それほど気後れすることなく入ることができる。

 これが札幌だったら、土曜でも、現代アートのギャラリーには自分のほかにあまり客はいないだろうし、いたとしてもかなりの確率で自分の知り合いだったりするんだろうな~などと思う。
 そういえば筆者はかつて東京に住んでいたころ、国立フィルムセンターやアテネフランセ文化センターの自主映画上映会などにずいぶん足を運んだものだが、そこで行列をいっしょにつくっていた人たちとは、ついに知り合いになることがなかったな、などと思い出す。

 それはさておき、藤本由紀夫さんの個展。
 藤本さんは1950年、名古屋生まれ。音を使った現代アートの作品を数多く発表している。
 道内では2011年にギャラリー門馬でのグループ展に出品したことがある。

 今回は高さ185センチぐらいの縦長の木の箱を18個、壁際に、間隔をあけて並べている。
 いずれも同じ外観をで、外側を黒く、内側は落ち着いた緑色に塗り、縦に三つ小さなねじが取り付けてある。
 来場者がねじを回すと、中に仕込んであるオルゴールが鳴る。奏でるのはひとつの音なので、まるで「音楽」と呼べるものではないのだが、会場内のあちこちから音が聞こえてくると、人間とはふしぎなもので、ばらばらの音に連なりを聞き取ってしまうのである。

 ギャラリーの若く美しい女性が、オルゴールの音はもともと、上から「G線上のアリア」「ムーン・リバー」「マイ・フェイバリット・シングス」の旋律だと教えてくれた。
 しかし、そもそも、それぞれのオルゴールからは単音しか出ないので、それらの曲が聞こえるわけもないのだ。


 「STARS」は星座の意味をこめて付けたタイトルだという。
 星座も、ばらばらに点在している星々を、地上の人間がかってに結んでつなげたものだ。
 人間はいろいろなところに、つながりや意味を見いだしてしまう存在なのかもしれない。

 そんなことを考えさせる、シンプルで美しい個展だった。


 なお、同じ建物の隣室にある小山登美夫ギャラリーは桑久保徹展。
 巨大な風景画の画面の中に、スーラの代表作がイーゼルなどに置かれて点在している絵など、楽しいパロディー(というか、引用の)絵画。
 フェルメールやゴッホ、ピカソのバージョンもあり、ピカソのは、「ゲルニカ」にあわせてモノクロームに仕上げていた。

 ここで所用のため、いったん半蔵門に戻った。


2017年12月2日(土)~18年2月3日(土)午前11時~午後7時、日月曜・祝日休み
Shugo Arts (港区六本木6-5-24 complex665 3階 http://shugoarts.com/




コメント

1月31日(水)のつぶやき その2

2018年02月01日 01時49分55秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント

1月31日(水)のつぶやき その1

2018年02月01日 01時49分54秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント