北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

ようこそ「北海道美術ネット別館」へ

2045年08月06日 08時15分17秒 | 展覧会等の予告
 ほぼ毎日更新しています。  こちらもごらんください。 ■2013年7月29日到着分以降の情報の送り先について (2016年3月一部修正) お知らせ。2019年6月28日以降の郵便物のあて先  東日本大震災をはじめ災害の犠牲者の皆さまにつつしんで哀悼の意をささげるとともに、避難者が一刻も早く落ち着いた生活に戻れますよう、祈念しております。  このエントリは、掲示板のかわりとして、冒頭 . . . 本文を読む
コメント (63)

【告知】ひらひら展web 北海道教育大学岩見沢校 現代美術・平面表現研究室展(2020年11月1~30日)

2020年11月16日 08時11分21秒 | 展覧会等の予告
 北海道教育大学岩見沢校の「現代美術・平面表現研究室」が毎年、札幌の「HUG」で開いている「ひらひら展」ですが、新型コロナウイルスの感染拡大という情勢を受けて、今年はウエブでの開催となりました。  すみません、もう始まっており、11月いっぱいです。  URLは下記の通り。 https://hellohirahira2020.wixsite.com/website?fbclid=IwAR0jUwO . . . 本文を読む
コメント

【告知】第8回伝統工芸北海道展 ―日本工芸会 東日本支部 北海道研究会の作家による― (2020年10月10~16日、札幌)

2020年11月09日 08時16分32秒 | 展覧会等の予告
 伝統工芸の作品を鑑賞できる数少ない機会が今年もあり、道内を代表する陶芸や七宝などの作家17人の作品が並びます。  ただし、おそらく新型コロナウイルスの感染拡大の影響でしょう、今年は道外からの人間国宝作家の出品は予定されていないようです。  また、お茶会なども開かれません。  そのかわり、企画展示として「お茶の道具」「クリスマスの器・飾り」「コラボレーション作品」などがあるとのことです。  「伝 . . . 本文を読む
コメント

【告知】藤野千鶴子と東川町展 (2020年10月13~18日、札幌)

2020年10月15日 13時27分45秒 | 展覧会等の予告
 北海道を代表する抽象画家として活躍した藤野千鶴子さん(新道展会員、美術文化協会会員)。もう七回忌を迎えるとのことで、あらためて月日がたつ早さにおどろいています。  藤野さんは生まれは旭川ですが、2歳半のときに上川管内東川町に移りました。  抽象画といいますが、とっつきにくさは全くなく、見る人すべてに明るさとエネルギーの爆発を与えるような、向日性に満ちています。  下のリンク先にもあるとおり、毎年 . . . 本文を読む
コメント

【告知】will win 展 ~描くしかできない人達 (2020年10月6~11日、札幌)

2020年10月05日 18時15分30秒 | 展覧会等の予告
 初のグループ展のお知らせです。  このタイトルでは初めてですが、出品メンバーをみると、ことし4月に予定され、新型コロナウイルスの感染拡大のため開催が延期になった「バックボックス展」とかなり重複しています。  バックボックス展は、おなじ時期に開かれている北海道抽象派作家協会展を盛り上げるという意味合いもあるようで、この「ウィル・ウィン展」は、抽象派・プラス・バックボックス展という顔ぶれになっていま . . . 本文を読む
コメント

【告知】竣工50年 北海道百年記念塔展 井口健と「塔を下から組む」(2020年10月3日~11月29日、小樽)

2020年09月30日 08時20分28秒 | 展覧会等の予告
北海道百年を記念し野幌森林公園内に建立された「北海道百年記念塔」の歴史と意義を、公募により設計案が採用された札幌市在住の建築家・井口健氏(82歳 応募作品入選当時29歳)所蔵のエスキースや模型とともに、さまざまな世代の人たちの塔をモチーフにした美術・文学作品などを展示してふり返ります。  グループ展「塔を下から組む」は2018年、ギャラリー門馬で開かれたもので、このときの白濱雅也、藤沢レオ、佐藤 . . . 本文を読む
コメント

【告知】神田日勝没後50年 躍動する十勝の美術作家展(2020年9月11日~10月11日/10月13日~11月15日、十勝管内鹿追町)

2020年08月28日 07時54分35秒 | 展覧会等の予告
 十勝は美術人口の多い地域です。  総勢57人の管内在住作家が、前期と後期にわかれて出品しますが、絵画・版画の分野に限られているようで、現代アートや工芸の作家、書家で名前の出ていない人が多くいます。  また、前期と後期の顔ぶれについても発表されていません。  入場は無料です。  今年は新型コロナウイルスの影響で、道展巡回展などが軒並み中止になっており、十勝の美術愛好家にとっては貴重な展覧会となり . . . 本文を読む
コメント

【告知】BENIZAKURA PARK ART ANNUAL (2020年8月22日~9月30日、札幌)

2020年08月21日 08時13分40秒 | 展覧会等の予告
 今年も、札幌・澄川の郊外にある紅桜公園で野外芸術祭が行われます。  まことにすみませんが、時間がないので、関連ページからそっくりコピペさせていただきます。  初日はオープニングイベントがあるんですね。  なお、第1回のようすはこちら。 ■BENIZAKURA PARK ARTAnnual -Festival of Contemporary Art (2018) 札幌市南区にある紅桜公園に . . . 本文を読む
コメント

五館五色! 色とりどり しりべしミュージアムロード企画展(2020年7月18日~9月27日、岩内・ニセコ・倶知安・共和)

2020年08月08日 09時46分35秒 | 展覧会等の予告
 すみません。もう始まっています。  「しりべしミュージアムロード」は、後志しりべし管内の4町(岩内、共和、倶知安、ニセコ)にある五つの美術館・文学館が連携しているもので、毎年夏に共同企画を行っています。  今年は7月18日(土)から9月27日(日)まで。  各館のテーマは次の通り。  同時に他の展覧会も開いています。  ただし、今年は新型コロナウイルスの感染予防対策で、毎年いろいろ行われて . . . 本文を読む
コメント

動画追加しました。【告知】澁谷俊彦展 ー起源・発生 /共生・共存 (2020年)

2020年07月29日 18時52分03秒 | 展覧会等の予告
 すみません。もう始まっています。  というか、オンラインでの展示が基本で、リアルでの公開は日時を限定して行うようです。  オンラインのURLが分からないのですが、澁谷俊彦さん( www.toshihikoshibuya2.com )の YouTube チャンネルは、次のどちらか。 https://www.youtube.com/channel/UCk8tm5goMSRayIYk7pOYLZ . . . 本文を読む
コメント

【告知】アイヌ語地名と木田金次郎 (2020年7月3日~11月3日、後志管内岩内町)

2020年06月27日 07時25分56秒 | 展覧会等の予告
 「岩内町町制施行120周年記念」と銘打った特別展示です。  これがまた、おもしろそうなんですよ。  木田が描いた道内各地の風景から、その場所にまつわるアイヌ語地名に迫ろうという試みです。  アイヌ語地名研究の第一人者である山田秀三(1899~1992)の資料などから、土地の特徴などを、木田の作品からたどります。  チラシには ・茶津の風景(岩内) ・川畔の漁村(泊村堀株) ・秋のモイワ(泊村) . . . 本文を読む
コメント

【告知】端聡 平面作品展 (2020年6月25日~7月18日、札幌)

2020年06月25日 07時55分50秒 | 展覧会等の予告
 道内の現代アートを牽引してきた端 聡はたさとしさんの札幌では5年ぶりとなる個展が開かれます。  ウェブ美術手帖によると「端が昨今興味を持つ新旧の聖書、古事記、古神道、真言密教などからヒントやインスピレーションを得た平面作品10点を発表予定。」とのことです。  ウェブ美術手帖に載ってて違和感の無い道内作家の代表的存在といえるかもしれませんね。  端さんは、2014年の札幌国際芸術祭に地域ディレ . . . 本文を読む
コメント

【告知】小山耕一作陶展 (2020年6月25~29日、札幌)

2020年06月24日 07時51分14秒 | 展覧会等の予告
 小山耕一さんは東京の陶芸家。  釉薬に関する著書があるほどの専門家で、案内状をみると、華々しい実績が連なって書かれています。どうして小山さんが北海道陶芸会の顧問として、同会の展覧会はもとより、このように札幌でたびたび個展を開かれているのかわかりませんが、陶芸に興味のある方ならごらんになって損はないと思います。 「どうやってこんな色を出すのだろう」 と思うこと必定です。 1997年 第35回朝日 . . . 本文を読む
コメント

【告知】北川智浩作陶展 (2020年6月23~29日、札幌)

2020年06月23日 08時21分00秒 | 展覧会等の予告
氷柱をモチーフにした白磁はよりシャープな形を、象嵌反応彩“桃白磁とうはく じ ”は柔らかく温か味のある作品でありたいと思います。  1967年生まれ、江別在住の陶芸家。  日本工芸会正会員。  2016年に第1階日本陶磁協会「現代陶芸奨励賞北海道展」で奨励賞。  18年に陶美展で、19年に「現在形の陶芸 萩大賞展 V」、「菊池ビエンナーレ」で、それぞれ入選するなど、あいかわらず、めざましい活躍ぶ . . . 本文を読む
コメント

【告知】別府肇展 粒子/震動 (2020年6月21~30日、苫小牧)

2020年06月22日 08時52分05秒 | 展覧会等の予告
 札幌の別府肇さんから案内状が届きました。 「旧作ばかりですので! 移動自粛です」 と書いてあります。  決して発表回数の多い作家ではなく、派手な大作をぼんぼん制作するタイプとは正反対なのですが、小さな画面に深く広大な世界をつくりあげる稀有な人なので、ちょっと気になる個展です。  喫茶店ですし、小さな規模の個展だと思いますが。 2020年6月21日(日)~30日(火)午前10時~午後6時(日曜 . . . 本文を読む
コメント