北海道美術ネット別館

美術、書道、写真などの展覧会情報や紹介。毎日更新しています。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメントはお気軽に。

オホーツク小さな旅(9)中湧別商店街・続き

2010年09月30日 23時44分45秒 | つれづれ日録
承前)

 旧湧別町役場からも旧上湧別町役場からも離れたところにあるやや古風な商店街、中湧別地区の紹介のつづき。

 なかでも感動したのはこの写真館の建物。
 北海道開拓の村にあってもおかしくないと思う。

 中湧別文化センターの建物は、かつて大きな駅にあった蒸気機関車の機関庫を模しているのだと思う。
 この扇形の建物も、札幌の苗穂には奇跡的に残っているが、いまや少なくなった。

 文化センターの向かいには、中湧別駅のプラットフォームや跨線橋が一部残され、緩急車(貨物列車の最後尾で車掌が乗っていた車輛)が数輌保存されている。
 もっとも、この緩急車、どこまで過去の状態をとどめているのかは微妙な気がする。









 かつて中湧別は、鉄路が4方向に伸びていた。
 まさに国鉄のマチだったんだろうなあと思う。

(この項続く) 
コメント

■PLUS ONE THIS PLACE (1)=9月26日で終了

2010年09月30日 02時52分08秒 | 展覧会の紹介-現代美術
 しまった~!

 うっかりしてました。皆さんにぜひ見ていただきたい展覧会だったのに、気づいたらもう終わっていました。orz
 くだらない旅行記を書いている場合ではなかったです。
 プラスワンのみなさん、ブログ読者のみなさん、ごめんなさい。

 PLUS ONE(プラスワン)のオリジナルメンバーは、もともと道展の油彩部門の会員が多いので、いまは立体を作っていても、発想の原点は絵画にあるように思えます。
 あとから加わったメンバーのほうは、以前から彫刻や立体を制作している人が多いので、良い意味でケミストリーというか、融合と化学反応が会場に起きているように感じました。

 いずれにしても、会場の札幌彫刻美術館(北海道を代表する建築家である田上義也の設計らしいですが)の、凹凸や高さの差がある特徴的な空間を、内外ひっくるめてこんなにフル活用した展覧会は、空前であることは疑いなしでしょう。
 北海道立体表現展とならび、2010年の道内美術「企画賞」を勝手に贈呈したいような気分です。

 これから集中的に、各作家の作品についてアップしていく予定です。
 作家は、五十音順で、大島潤也、川上りえ、齋藤 周、澁谷俊彦、James Jack、千代 明、坂東宏哉、谷口明志、ダム・ダン・ライ、藤本和彦の各氏。田畑卓也さんはオリジナルメンバーですが、出品していません。
 企画協力として柴橋伴夫氏(美術評論家)が名を連ねていますが、そういえば、オープニングパーティーやアーティストトークには姿を見せていませんでした。


2010年9月11日(土)~26日(日)10:00am~5:00pm(入館は4:30まで)、月曜休み(月曜が祝日の場合は翌火曜休み)
本郷新記念札幌彫刻美術館本館(札幌市中央区宮の森4の12)
入場無料


□プラスワン http://my.opera.com/Plus1Groove/blog/


大島潤也
川上りえ
齋藤周
ジェームス・ジャック
澁谷俊彦
千代明
谷口明志
ダム・ダン・ライ
坂東宏哉
藤本和彦


PLUS 1 Groove (2009年8月)
PLUS 1 +柴橋伴夫企画 空間の触知へ-連鎖の試み 千代明 秋山一郎 齋藤周 (2009年8月)
PLUS1 groove(07年8月)
グループ・プラスワン展(06年)
5th グループ・プラスワン(04年)
コメント

9月29日(水)のつぶやき

2010年09月30日 02時47分58秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
06:12 from www.movatwi.jp (Re: @pirotan55
@pirotan55 故郷はどちらなんでしょう。わたしの旅行記は北見に戻るんですが…。
07:21 from Keitai Web
けさの道新にファイターズのこの1年の全試合の結果が載ってる。それを見ると6月下旬まで最下位だったんだね。よくここまで盛り返したなぁとあらためて思う。
08:33 from www.movatwi.jp (Re: @vamoscarla
@vamoscarla こうなったら、CSに行ってほしい。ただ、これからマリーンズと試合のあるバファローズにどれだけ戦意が残ってるかが心配ですw
09:53 from desktopxevo
デスクトップジーヴォが異常に遅延してる。それにしても俺って、なんでこんなにたくさんクライアントソフト使ってるんだろう。なにをやってもオタクっぽくなってしまうなあ、自分。
11:41 from HootSuite
RT @kayakita: 【申込情報】 札幌宮の森美術館で、宮島達男「その人と思想」展開催中の、宮島達男スライドトーク。10月24日(日)18:00より、宮の森美術館特設会場にて。 参加料500円。29日本日11:00より受付開始。http://bit.ly/bFVPVv
14:54 from ついっぷる
RT @idisim: コマ撮りアニメーション上映会&トーク。作家ワタナベサオリの作品を一挙6作品上映。10/1(金)19:30ATTICにて 料金500円 http://bit.ly/ccn3IU
17:01 from HootSuite
NHKテレビで初めてきいた! RT @BON_NOB: 緊急地震速報あと30秒。
17:04 from web
なんだ震度4か(と、スレた北海道人の感想w QT @BON_NOB 社内では、私のPCの「The Last 10second」と、スタッフの携帯電話が鳴り響いた。 RT @akira_yanai: NHKテレビで初めてきいた! RT @BON_NOB: 緊急地震速報あと30秒。
17:10 from Brizzly
今回は行きませんが、そのうち焼酎を味わいに行きたいです~ QT @pirotan55: 清里町です! 釧網線なんで行かないですね…RT @akira_yanai: @pirotan55 故郷はどちらなんでしょう。わたしの旅行記は北見に戻るんですが…。
20:50 from HootSuite
【あす】2館共同開催 なるほど!アート塾「ピラミッド・世界-巨大な抽象美術-古代エジプト・ギリシャの遺跡から」=9月30日(木)2pm、道立釧路芸術館(釧路市幸町4 http://ow.ly/2Cicr)。講師は寺嶋弘道同館学芸主幹。無料
20:50 from HootSuite
【あすまで】Made in Heaven Made in TSUBETSU=9月1日(水)~30日(木)8am~8pm(最終日~4pm)、日曜休み、喫茶薔薇館(北見市北4西3)。イラストや絵画
20:55 from HootSuite
【あすまで】絵の中の女性たち=9月2日(木)~30日(木)10am~5pm、日・祝日休み、ギャラリー山の手(札幌市西区山の手7の6)。一木万寿三、木村節子、ジャック・ペクナール、ルイーズ・サロモンなど。http://www.gallery-yamanote.jp
23:49 from goo
ブログ「北海道美術ネット別館」更新しました ■MADE IN HEAVEN 川瀬舞 (9月30日まで) #goo_h-art_2005 http://bit.ly/boPueX
23:53 from Tweet Button
「記者は抜くのが商売 -ダルビッシュ報道に思う」という題でブログを書きました。良かったら読んでください。冷静に書いたつもりです。 http://t.co/qcqwWtB #lovefighters
23:58 from Seesmic Web
木星がペガサスの下に見える。ということは、みずがめ座にいるのか。そのずーっと下、ぽつんと低く光っているのはフォーマルハウトだな。月は、近くにすばるが見えるので、おうし座にきょうはいるようだ。
by akira_yanai on Twitter
コメント

記者は抜くのが商売 -ダルビッシュ報道に思う

2010年09月29日 23時51分25秒 | つれづれ日録
 サンケイスポーツが、プロ野球界を代表する投手で、北海道日本ハムファイターズのエース、ダルビッシュ有投手のメジャーリーグ挑戦を報じたことで、ファンが動揺したり反発したりしているようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100928-00000000-sanspo-base

「ダル本人の口から聞くまでは納得できない」
「信じられない」
といった感想が出てくるのはじゅうぶん理解できるし、共感も抱くのだけど
「マスゴミの虚報」
みたいな罵詈ばり雑言には、やれやれとため息が出る。

 しかし、この底流には、記者の仕事に対する、そもそもの考えの違いが横たわっているんじゃないかという気が、だんだんしてきた。

 「記者というのは、官公庁や会社や個人が発表した内容を、記事にする存在」

 そう思いこんでいる人が多いんじゃないだろうか。

 甘い。

 もちろん、それも大事な仕事である。

 しかし、記者の職業的な意識としては、発表される前に、どこよりも早く、書きたいのだ。
 記者とは、他社より先に書いてナンボ、スクープしてナンボ、なのである。


 読者は、よそで見聞きしたような古い記事なんて読みたくないし、少しでも新しい情報を読みたがっている…。
 記者はそう信じている。
 だからこそ、1日でも半日でも早く、情報をキャッチして記事にするべく、日夜駆け回っている。
 まあ、そこは、相手あってのことだから、せっかくつかんだ情報でも
「いやー、3日後の記者会見まで待ってくださいよ」
と懇願されて、泣く泣く他社と「同着」ということもよくある。
(代表から直接聞いた話だから悪いけど今回は書かせてもらいますよ-ということもありうる)

 ところが、この
「一刻でも早く」
というのを、どうやら読者はあまり重視していないようなのだ。

 ちょっと話題をずらす。
 今週の月曜日、新聞各紙は
「消費者金融大手の武富士が会社更生法を申請へ」
という記事を出した。
 武富士は、会社更生法を申請した事実はない-と発表した。
 「新聞はデマを書いた」
とツイッターでつづっていた人もいたが、翌日になると、タイミングがちょっと早かっただけで、話の内容は間違ってはいなかったことがはっきりした。

 こんどのダルビッシュ投手の渡米話が、最終的にどう転ぶかは、まだわからない。

 ただ、一般論でいえば、

・見ず知らずの人がいきなり相手の広報担当者に電話して得られた表向きの情報



・会社の社長や責任者と、以前から親しくしている記者が、こっそり得た情報

では、後者の方が早いに決まっている。


 ちょっと冷静に考えれば、いきなり電話してきたどこのだれかもわからないような人に「実は…」なんて打ち明けないことぐらい、わかると思う。
 また
「オレから聞いたってことは、書かないでくれよ」
という留保つきで耳打ちされる情報が少なくないことも、想像できるだろう(とくに政治面はその手の記事でいっぱいだ)。

 だから、たとえば、月曜の段階で
「武富士は公式にこう発表している。新聞はうそつきだ」
と言ったところで、火曜日には、公式発表が新聞に追いついてしまうのであるし、
「球団の広報に電話したら選手の移籍はまだ決まってないと言われた。新聞はうそつきだ」
と言っても、そのうち球団広報が新聞記事を追認してしまう可能性もある。

 繰り返すが、今回のダルビッシュ投手の話についていえば、今シーズンの日程が終わるまでは結論が公式に出ることはないだろう。それまでは、今回の記事の真偽に関しては、結論は出ない話なのだ。
 また、普通の新聞よりもスポーツ新聞や週刊誌のほうが「飛ばし」は多いのかもしれない。
 ただ、一般論でいえば、正式発表前にマスコミが事実を明らかにしてしまうことは、しょっちゅうあることなのだ。
 だって、確かな話なのに、自分が書かなきゃ、よそに書かれちゃうかもしれないからね。

 しかし、記者が「読者のために良かれ」と思って懸命に努力していることが、結果的に、読者の気持ちを逆なでしていることは、今後検討したほうがいいように思う。
 そして、ネットを見ているうちに、公式発表のほうを、マスコミ報道よりも正しくてオフィシャルなものだと思ってしまう心性が育ってくることも否定できない。


 へっぽこ三流記者のお前が分析するな、と言われそうだけど(苦笑)。


(この項、続くかもしれない。スクープが早すぎて事態が変わってしまうこととか、まだ書けてないこともあるし)
コメント (2)   トラックバック (1)

■MADE IN HEAVEN 川瀬舞 (9月30日まで)

2010年09月29日 21時01分05秒 | 展覧会の紹介-絵画、版画、イラスト
 札幌市立高専を卒業し、現在はオホーツク管内津別町に住む川瀬舞さんの、イラストを中心とした個展が、津別の隣町、北見の喫茶店で開かれている。

 展示されているイラストは、色鉛筆や水彩で着彩された、夢あふれる風景。
 左側の壁の作品は、中央にある「micro cosmos この星に生まれて」の各部分を拡大したものが、周囲に貼られている作品群という。それらは
「in the lake みずうみで」
「a planet appeared 知性の星」
「shining stars 輝く星の夜」
「a climbing mountain 虹と雲の下」
「Big onions たまねぎ畑に降る雨」
と題されている。
 さらに、それらの下側に、木々120本をずらーっと並べた細長い作品が展示されており、なんだか平面インスタレーションっぽい。

 ほかに、アクリル画「壁画のためのエスキース」、森林センター弁当試食会ランチョンマット用のイラストとして描いた「SUNRISE」、津別町第5次総合計画書用イラストの「キラキラノアサ」「キラキラノヨル」「キラキラノツベツ」など。




 筆者は、どこかで見た名前だと思って、ケータイでググったら、じぶんのブログが出てきた(よくあることなのです)。

札幌市立高等専門学校 卒業・修了制作展’09プレ展 (2010年2月)=画像なし

 これを読んで、思った。

 川瀬さん、ほんとに故郷・津別が好きなんだなあ、と。

 この個展で「HEAVEN(天国)」といわれているのは、津別なのだ。

 津別は、農林業を主産業とする谷あいのマチ。人口はおよそ6千人
 川瀬さんの自宅は、肉牛を飼い牧畜業を営んでいる。
 その事情が、卒業制作に直接反映している。

 言い切ってしまうと反感を買いそうだけど、基本的には、アートやデザインは、都市のものであった。大きな市場が存在することと、少数派であるアーティストとアーティストが出会う場であったからである。いいかえれば、地方にはアーティストどうしが会って刺戟し合う磁場に乏しい。
 しかし、自作をどんどん売ったり、たくさんのお弟子さんを抱えたり-といったことを考えなくていいのなら、何も都市にアトリエをかまえる必要なんてないのである。
 むしろ、ストレスが少なく、雄大な風景などの題材に富んだ地方のほうがいいこともあるだろう。
 また、少ないとはいえ人が住んでいる以上、なんらかのアートやデザインがらみの仕事が無いマチはないだろう。

 正直なところ川瀬さんはまだ若手であり、誰もが驚くような特色を持った絵を描いているわけではない(それを求めるのはまだムリだろう)。しかし、ここまで故郷にこだわる姿勢は貴重かもしれない。彼女の絵を見た人は
「なんだか津別って良さそうな場所だよな」
と思わずにはいられないだろうから。
 どんなきれいな写真よりも、彼女の絵こそが、津別の魅力のアピール役として成り立っているわけだから。
 ひたすらローカルに徹することが、グローバルに直結する。彼女の立ち位置は、そんな21世紀的なところにあるような気がするのだ。

 そのうち、町営バスに乗って津別に行ってみたい。ほんとにそんな気分になる個展だった。 

 
2010年9月1日(水)~30日(木)8:00am~8:00pm(最終日は4:00pmまで)、日曜休み
喫茶薔薇館(北見市北4東3)




・JR北見駅から600メートル、徒歩8分
・北海道北見バス 1系統小泉・三輪線「北見駅」から500メートル、徒歩7分
・北海道北見バス 6系統高栄団地線、7系統若葉線、9系統緑ヶ丘団地線「北見郵便局」から360メートル、徒歩5分
コメント

9月28日(火)のつぶやきその2

2010年09月29日 02時50分46秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
20:55 from HootSuite
【あすまで】小澤靖子展=9月1日(水)~29日(水)10:30am~3:30pm、月~水のみ、黒い森美術館(北広島市富ケ岡509-22)。物語性を感じさせる羊毛フェルト人形
20:55 from HootSuite
【あすまで】おがさわら・み蔵 個展 レリーフ編=8月1日(日)~9月29日(水)10:00~8:00、和真メガネ新宿本店(東京都新宿区新宿3-28-7)。ユーモラスなゴリラ像などで知られる札幌の木彫作家小笠原み蔵さんの個展 http://ow.ly/2ssnc
21:25 from ついっぷる (Re: @tsuguaugust11
@tsuguaugust11 CSのライオンズ戦は2試合先に勝てばいいので、ケッペル投手の出番がないことを祈っています。ホークス戦でがんばるってことで。
21:26 from ついっぷる
そーなんです、バファローズのモチベーションがなあ。やっぱりマリーンズは死ぬ気で勝ちに来るだろうからなあ。 RT @tsuguaugust11: ロッテは勝ったかあああああ。 そして明日・明後日の2戦は対オリックス。オリのモチベーションいかに?! 
by akira_yanai on Twitter
コメント

9月28日(火)のつぶやき

2010年09月29日 02時50分45秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
00:33 from web (Re: @SaihokuNet
@SaihokuNet 北海道北見バスの三輪小泉線は日中15分間隔なので、大いに助かってます。ただ、それ以外の路線はつらいものがありますね~
00:34 from ついっぷる
@yuukiuryu さすが詳しいね(笑)。大いにその恩恵をこうむってますよ。
00:37 from desktopxevo
@nadjatsushima あの数値はあくまでテレビ向けなんで。真に受けないほうが健康のためだと思います。
00:42 from goo
ブログ「北海道美術ネット別館」更新しました。村上隆ベルサイユ展で上映展示されるアニメーション作品のキャラクターデザインを手がけているのは… #goo_h-art_2005 http://bit.ly/aY2ysF
10:52 from www.movatwi.jp (Re: @egaokamen
@egaokamen ありがとうございます。フォローしました。8年前に作品の写真を撮っておけばよかったなぁ、と後悔しています。
11:16 from Keitai Web
頭痛い。飲みすぎた。もう少し自分の年を自覚しよう。
13:07 from HootSuite
わー「エレーン」。わたしが知る限り日本語で最も暗い歌だ~ RT @mmmegumi: エレーン。中島みゆきさんと虫の形を作ってるときのフィーリングの一致度は異常
14:20 from www.movatwi.jp
そうなんですか? RT @PetitePhoto: @akira_yanai エレーン、恐怖すら感じる曲ですが、実在した人物を歌ったはずでは?
14:46 from www.movatwi.jp (Re: @PetitePhoto
@PetitePhoto なるほど、それは知りませんでした。
15:50 from www.movatwi.jp
雨が降り出すのは時間の問題だと思います。



17:30 from Brizzly
北海道の東川町について書いた文も収録されているのですね。これは読みたいな。 QT @heibonshatoday: 写真評論家・平木収さんの遺稿集『写真のこころ』が刊行されました。四六判、256ページ、定価2310円→http://bit.ly/aggc5J
17:49 from www.movatwi.jp (Re: @umemarg
@umemarg 雨降ってるのかな? 外が暗いのでよくわかりませんが…。
18:09 from つぶやきゅう
勝投手、大丈夫かな? 打球の影響がなければいいけど、心配。。 http://bit.ly/abXAGR #lovefighters
18:25 from Seesmic Web (Re: @bbhomejp
先取点はうれしいですよね~ QT @bbhomejp 陽のタイムリーヒット!! #lovefighters
18:27 from つぶやきゅう (Re: @aki_TSU2
HBCラジオによると26打席ぶりだそうです。 RT @aki_TSU2: 20打席以上ぶり?中田君タイムリー!若い力が輝いていますね #lovefighters http://bit.ly/abXAGR #lovefighters
18:59 from Seesmic Web
訂正。23打席でした。すみません。@ HBCラジオによると26打席ぶりだそうです。 RT @aki_TSU2: 20打席以上ぶり?中田君タイムリー!若い力が輝いていますね #lovefighters http://bit.ly/abXAGR #lovefighters
19:04 from Tweet Button
blog更新しました。 オホーツク小さな旅(8)中湧別商店街 http://t.co/T9DV4ho
19:23 from goo
ブログ更新しました。「ブリューゲルの真作発見 プラド美術館」 #goo_h-art_2005 http://bit.ly/bKoPDk
19:40 from Seesmic Web (Re: @aki_TSU2
@aki_TSU2 2本目のタイムリーが出ましたね。スランプ脱出かな?
20:24 from HootSuite
なぜ赤い鳥居が… QT @BON_NOB: 見よ!本日届いたばかり、北海道のボードゲーム!米国製。「Hokkaido」 by Steve Jones http://yfrog.com/n9cm2jj
20:25 from HootSuite
え、まじ、ダル投げるの? #lovefighters
20:27 from HootSuite
口の悪いのはあなたでしょ? これからCSもあるのに。 RT @rpo_3: ・・・口の悪い奴が「日本最終登板」とかマスゴミがほざくんだろうな、素直に楽しめばいいのに #lovefighters
20:34 from HootSuite
どうして、ダル最後とか言う人がいるんだ。メジャーの件はともかく、みんな、CSに行く気ないんか? #lovefighters
20:51 from web (Re: @sonic_noise
@sonic_noise 行きましょう。よろしくお願いします。きょうはオリに負けてもらって、でも次からはオリにがんばってもらわないと(笑
20:52 from HootSuite
いや、ダルと勝で勝ちにいくでしょ? QT @tsuguaugust11: いやいや、CSで投げないのでは?と我が家で話題に出ていたのでした。CS行きますよ!このタイミングでの登板だと、いろいろ探りたくなっちゃうのですよRT @akira_yanai どうして、ダル最後とか言う人
by akira_yanai on Twitter
コメント

ブリューゲルの真作発見 プラド美術館

2010年09月29日 00時31分44秒 | 新聞などのニュースから
 夕刊の東京紙が配布されない地域に住んでいるので、ネットからコピーします。

 美術史的には、大ニュースだと思います。400年以上も前の大画家の真作(それも、スケッチ程度ではなく、相当な大作)が見つかるなどということは、そうそうあるもんじゃないでしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100928-00000079-jij-int

 【パリ時事】スペインのプラド美術館は27日までに、16世紀のフランドル絵画の巨匠ピーテル・ブリューゲル(父)の手による、これまで知られていなかったテンペラ画が確認されたと明らかにした。AFP通信によると、ブリューゲルの真作と確認されたのは41点目で、同美術館は「美術史に残る重要な発見」としている。

 「聖マルタン祭のワイン」と題された絵画は縦148センチ、横270.5センチ。酔った多数の人々が描かれ、1565~68年に制作されたとみられる。スペインの個人収集家の所蔵で、同美術館が2月から鑑定を進めた結果、真作と判断した。

 プラド美術館は国の協力を得て、購入に向け所有者と交渉する。地元メディアによれば、国は700万ユーロ(約7億9300万円)での購入を希望しているが、市場価格はその3倍に達する可能性があるという。 


 画像はこちら。

http://www.museodelprado.es/en/research/estudios/el-vino-de-la-fiesta-de-san-martin-pieter-bruegel-el-viejo/



 すでに、プラド美術館のウェブサイトに記事が出ています。早いなあ。

http://www.museodelprado.es/en/more-prado/press/news/news/volver/72/actualidad/el-museo-del-prado-identifica-una-obra-desconocida-de-bruegel-el-viejo/

 民衆が大勢集まってなにやら大変な騒ぎのようですが、ワインの収穫祭か何かのようです。
 11月11日には、聖マーティンのガチョウを食べ、ブタを屠って、その年の新酒を飲んで祝う風習があったのですね。

 中央の朱色の物体は、巨大なワイン樽のようです。


 ブリューゲルというと、個人的に思い出すのは、中野孝次の初期の長編エッセー「ブリューゲルへの旅」です。これは、ブリューゲルについての本というより、人生を考え直すにあたってブリューゲルがいつもそこにあった…とでもいえそうな、文学書です。
 あれを読んで以来、筆者の夢のひとつは、ウイーンに行ってブリューゲルの「雪中の狩人」をじっくりと見ることなのです。
 もうひとつは、この「雪中の狩人」が長々と映し出される映画「惑星ソラリス」(アンドレイ・タルコフスキー監督)です。
 この絵には、「人々の営み」の本質的なところが描かれているような気がするのです。
コメント

オホーツク小さな旅(8)中湧別商店街

2010年09月28日 19時01分49秒 | つれづれ写真録
承前)

 旧国鉄湧網ゆうもう線もその代替バスも、網走と中湧別なかゆうべつを結ぶ路線であるが、じつは
中湧別町
という自治体はない。
 上湧別町と湧別町が昨年合併して誕生したのが、現在の湧別町だ。
 しかし、中湧別は、行政区域でいうと旧上湧別町だが、上湧別町の役場(現在の湧別町役場)からは離れている。
 旧湧別町と旧上湧別町の、ちょうど中間にある。

 古い地図があれば分かるのだが、中湧別は、湧網線と名寄本線の分岐点で、交通の要衝であった。
 そこで、この場所に商店街ができたようなのだ。
 いまでも、バスターミナルは中湧別にあるし、札幌行きの長距離バスもここから出る。
 市役所や役場とまったく離れた場所が商店街になっているのは、道内でもほかにほとんど例がないのではないか。
 ちなみに、旧湧別、旧上湧別の役場周辺にも商店はあるが、数は少ない。

 しかもこの商店街、道路に沿ってふつうの商店が並ぶというなかなか古典的なつくりなのだ。
 いくらか大きめの店といえばAコープくらい。あとは、酒屋、本屋、自転車店、石材店、魚屋、薬局、衣料品店、燃料品店、写真館などなど。見当たらなかったのは、肉屋くらいだと思う。



 あと、湧別高校も近くにある。合併前は上湧別町中湧別に湧別高校があるという、非常にややこしい状態だったのだ。


 冒頭の、やたらと立派な建物は、中湧別文化センターTOM(トム)。
 上湧別町がオホーツク国際漫画フェスティバルというのをやっていた関係で、漫画ミュージアムが中にあり、モンキー・パンチやいがらしゆみこらの原画が展示してある。
 バスターミナルもこの建物に併設されている。




 旧駅前(中湧別文化センタートム)から、商店街の国道へと向かう通り。
 右手前は、昔ながらの駅前旅館で、そのとなりにはタクシー会社がある。




 反対側から見た駅前通。




 駅の近くにあった旅館。「都ホテル」というネーミングがすごい。




 ちなみに、文化センターのひとつ手前の停留所は「フードセンター」というのだが、どんな大きな店かと思ったら…。






 こんな古い店ばかりではないのだが、渋いなあ。




 右の木造の建物は洋服店。




 「新妻」と「山本」がならんでいるが、新妻のほうはシャッターが降りていたので、なんの店なのかわからない。
 山本も、新聞の販売店のようだけど、合いかぎとか制服の看板が出ていて、やっぱりなんの店なのかわからない。
 右側の壁に描かれた抽象画? も、何なんでしょうかね。


この項続く)
コメント (9)

オホーツク小さな旅(7) 佐呂間~中湧別

2010年09月28日 18時55分35秒 | つれづれ日録
承前)

 佐呂間バスターミナル。
 ここでも5分ほど停車。



 到着したら運転手が、ターミナルに集まっていた男性数人に
「練習かい?」
と声をかける。
 来月から、いま乗っている旧湧網線バスの路線の一部を町営バスが引き継ぐ。
 どうやら、町職員が、そのルートをたどったり、表示を見直したりといった作業をしているようなのだ。



 10月からは、この町営バスが、網走バスに代わって走るのだろうか。



 ちなみに、駅の裏はこんな感じ。
 道内は、駅の裏手は、製材所の跡地だったり、表側とまるで異なるところが多い。

 前項で、浜佐呂間と佐呂間の2地区があると書いたが、じつは、佐呂間からさらに10分ほど内陸へ行ったところに「若佐」という地区がある。ここは数年前、竜巻の被害が出たことで有名になった。

 若佐まで行くと、いよいよ遠回りになるため、佐呂間の中心市街地からバスは北上して、サロマ湖畔に戻る。
 道道を直進するのではなく、若里小学校の前を抜けて、若里の漁港地区の狭い道をいったんぐるっと一周してから、国道に戻るというルートをたどった。
 なるほど、サロマ湖に突き出たふたつのこぶの間で、入り江になっている。
 集落があって、三つほどバス停がある。
 旧湧網線の床丹とこたん駅は、このあたりにあったはずなのだが。



 床丹をすぎると、湧別ゆうべつ町に入る。
 最初の集落が、計呂地けろちである。



 旧計呂地駅の跡には旧型客車やSLが保存されている。
 この向こうにはキャンプ場やサンゴソウの群落もあり、十数年前に訪れた際はなかなか渋くて良いところだと思った。

 集落はあまり大きくないが、なぜか新しい魚屋が2軒あって、車が次々止まっていた。

計呂地から5分ほどで右手に突然、遊園地が現れる。
 「ファミリー愛ランドYOU」
という名前らしく、レストランが道の駅を兼ねている。
 どうしてこんな場所にこんな施設を造ったのだろうか。

 この次の集落が芭露ばろうである。
 それにしても、床丹、計呂地、芭露と、なんだかかわいらしい地名が多い。

 芭露を過ぎると、車窓から湖も離れ、両側にひたすら牧場が続く。集落らしい集落もない。
 道もまっすぐで、いささか眠くなる。

 セイコーマートのある十字路を左折すると、中湧別の市街地である。いよいよ終点だ。

 ここまで2時間20分。運賃は2350円。

 備忘のために、停留所を記しておく。

網走バスターミナル
モヨロ入口
厚生病院前
オホーツク総合庁舎
西七丁目
網走駅前
西小学校前
ハローワーク
刑務所前
大曲
二見ケ丘
二見中央
東卯原内
西宅前
ミンク場跡地
西網走コミセン
サンゴ草入口
卯原内鉄道記念館
卯原内新町
北村宅前
山崎宅前
平和中央
平和
西平和
沢見橋
中能取
西能取
山道入口
能取
能取学校跡地
能取第1会館
東能取
郡境
東浜
大島入口
東浜団地
豊浜
常呂本通り
商工会館
常呂バスターミナル
常呂栄町
常呂町民センター前
貝殻工場前
ワッカ入口
西5線
トーフツ
ワッカネイチャーセンター入口
栄浦6号
サロマ湖栄浦
少年自然の家前
サロマ湖入口
浜佐呂間
仁倉北会館前
仁倉
西2会館
仁倉峠下
知来15号
旭東きょくとう会館
知来
興生沢入口
片平宅前
東会館前
佐呂間バスターミナル
佐呂間町民センター入口
佐呂間中学校前
佐呂間高校前
北会館前
峠下
団体入口
若里小学校前
金子宅前
床丹
床丹浜入口
井岡宅前
福沢宅前
町境ちょうざかい
3号線
計呂地
志撫子
多田宅前
ファミリー愛ランドYOU
二軒橋
キナウシ
芭露
診療所前
畜産研修センター前
開拓
弥生
丁寧
福島
東5線
東4線
東1線
7号線
五鹿山入口
フードセンター前
中湧別


この項続く)  
コメント (1)

9月27日(月)のつぶやき

2010年09月28日 02時49分10秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
07:56 from Keitai Web (Re: @ukix2
@ukix2 おはぶぅです。そんなに長い距離を乗れるようになったんだね。よかったよかった。天気が回復してよかったね~。
08:46 from goo
オホーツク小さな旅(5) 網走~常呂 #goo_h-art_2005 http://bit.ly/cZBlBc
09:08 from ついっぷる
.@hkohno_abbr @eauoi @ichirin_urotino @gen_ds @PetitePhoto あわわ、「萌」ツイートにこんなに反応が。「萌」一文字です。「萌えっこ切符」の該当区間よりもさらに南側の別苅という地区にあります。
15:17 from Brizzly
すごい顔ぶれだ RT @sachi_harineko: RT @imananjimadaha ■11月7日・ダモ鈴木(VO)+山本精一(Gt)+ミト(Ba/クラムボン)+山本達久(Dr)+石橋英子(Key,Flt)+U-Zhaan(Tabla)+OLAibi(Per/OOIOO)
15:29 from Brizzly
マジレス失礼。将棋の起源はインドです。 RT @_ant_eater: RT @2chmeme: 【New!】夫「箸や将棋は日本が起源で中国がパクった」 中国人嫁「ふざけないで!誤りを認めないなら離婚よ!」... http://bit.ly/cQfxtv
15:46 from Brizzly (Re: @_ant_eater
@_ant_eater ごめんなさい、わたしもリンク先読んでないです(苦笑)。将棋は、東に移って将棋になり、おんなじものが西に伝わってチェスになったと、昔読んだ将棋の本に書いてありました。
18:21 from web
わたしもバス党です。道東・北ではあまり理解されないけど… @SaihokuNet バスに乗ると、自分で運転しなくて良いから、本読んだり仕事したりできる。車の維持費より定期券の方が安い。バス会社にお金を落とすこともできる。…ただ、僕の家の路線は、一時間に一本しかない。それが問題だ
18:24 from ついっぷる
芸能人の体重やスリーサイズの公称は信じない方がいいですよ~ @nadjatsushima 中澤裕子ただ今44.2kgかー。背が158だからほぼ同じくらいだなあ…でも体重は・・・(-_-;)
19:44 from goo
オホーツクの小さな旅(11) 佐呂間~留辺蘂 乗客2人のバス #goo_h-art_2005 http://bit.ly/9K867o
20:50 from HootSuite
【あすから】栗田健絵画展『空隙の箱』=9月28日(火)~10月11日(月)10:30am~10pm(日祝~8pm)、10月9日はイベントのため通常展は~5pm。トオンカフェ(中央区南9西3)。札幌の若手。80号ほどの大作含む平面。2月の個展→ http://ow.ly/2zIFE
20:50 from HootSuite
【あすから】田村佳津子展 ふわふわかたち=9月28日(火)~10月3日(日)10:00~7:00(最終日~4:00)、GALLERY ESSE(札幌市北区北9西3 レ・ノール北9条)。淡い色彩の重なり合いにより独特の軽やかな画面をつくる札幌の画家
20:50 from HootSuite
【あすから】田村佳津子展 ふわふわかたち=9月28日(火)~10月3日(日)10:00~7:00(最終日~4:00)、GALLERY ESSE(札幌市北区北9西3 レ・ノール北9条)。淡い色彩の重なり合いにより独特の軽やかな画面をつくる札幌の画家
20:55 from HootSuite
【あすまで】SAGO陶展=9月23日(木)~28日(火)11am~7pm(最終日~5pm)、石の蔵ぎゃらりいはやし(札幌市北区北8西1)。岐阜県美濃加茂市の佐合政昭さんの、遊び心いっぱいの陶芸作品
by akira_yanai on Twitter
コメント

村上隆ベルサイユ展で上映展示されるアニメーション作品のキャラクターデザインを手がけているのは…

2010年09月28日 00時41分48秒 | 情報・おしらせ
 ちょっと古い話題で恐縮。

 日本を代表する現代美術家、村上隆氏の個展が、フランスのベルサイユ宮殿で開かれ、話題になりましたが、この個展で上映展示されたアニメーション作品のキャラクターデザインを、北海道教育大の卒業生が担当したそうです。
 広島祐介さんという方です。
 同大の或る関係者から教えていただきました。
 「卒業後も札幌で、マンガ、テレビアニメの動画、ライトのベルのイラストレーターなどで活躍しています。 今回、ベルサイユ宮殿で上映展示するアニメーション作品の、キャラクターデザインについて名指しで依頼されたということです」
とのこと。
 アニメ自体は、小林治さんという東京のアニメ監督が作っているそうですが、世界の現代アートのカッティングエッジ(最先端)が札幌で作られているのは、興味深いことと思います。

 広島佑介さんのアニメーションでは、個人的には、2001年の「七月祭」や02年のグループ展で見た「Fifth」が印象深いです。空からぶら下がった巨大ブランコの爽快そうかい感はいまでもおぼえています。

 以前も書きましたが、この時代の映像研究室って、非常に多彩な人材を輩出しています。


http://www.artinfo.com/news/story/35772/assessing-murakamis-versailles-show-a-critical-roundup/

 直接は関係ないのですが、2010年8月31日北海道新聞夕刊に載った記事を転載しておきます。
 結局は、展覧会は無事に終了したようです。
 来年、中東のドーハに巡回するそうです。

村上隆展に反対運動
 【パリ時事】マンガやアニメを下敷きにした作品で知られる現代美術家の村上隆氏が、パリ近郊のベルサイユ宮殿で9月から開催する予定の作品展に対し、フランスの保守系団体などが「宮殿を冒涜(ぼうとく)するものだ」と反対運動を展開している。AFP通信が29日までに報じた。

 主催団体によれば、作品展では新作を含む22点を宮殿の「鏡の間」の回廊や庭園に展示。これに対し「(宮殿に)敬意を払わない現代美術の挑発にノンを」などと訴える2団体が、それぞれ3千人以上の署名を集めた。作品展が開幕する9月14日には宮殿前で抗議行動も計画されている。

 ベルサイユ宮殿では2008年以来、毎年1人ずつ現代美術家の作品展を開催しており、今回は初めて東洋人として村上氏が選ばれた。

 初回の08年に米現代美術家ジェフ・クーンズ氏の作品展が開かれた際も、反対派が展示中止を求める訴訟を起こしている。
コメント (2)

オホーツク小さな旅(6) 常呂~佐呂間

2010年09月27日 07時50分55秒 | つれづれ日録
承前)

 旧国鉄湧網線の代替バスの旅、続き。

 「郡境ぐんざかい」という停留所を過ぎ、バスは国道を離れて常呂ところ漁港のほうへ下っていく。
 常呂川を渡ると、商店街になる。平成の大合併で、北見市と合併した常呂町である。

 常呂は、北見よりも網走のほうが近く、経済圏的にも、警察署の管轄でも、老人の通院でも、北見よりも網走のほうが身近であったので、この合併は意外だった。
 漁業の町で、ホタテ養殖が盛ん。郊外には、「これが漁師の家!?」と思うほどの、新しくて大きな家がみられる。

 最近ではカーリングのマチとして有名。
 「チーム青森」も、ここの出身者が多い。
 チーム青森と五輪予選決勝で互角の戦いをしたのが、常呂高校であった。
 



 常呂バスターミナル。
 船のようなデザインである。
 以前、駅だった場所には、こうしてバスターミナルが立っていることが多く、バスはいったんメーン道路を離れて、ターミナルに寄る。

 運転手は、エンジンを止めて
「3分ほど止まります」
と言って席を離れた。
 のんきなものだ。運賃を払わずに降りても、気づかないだろう。
 客が5人ほどしかいないから、いいのかな。

 ちょうど北見から来たバスもターミナルに到着。
 ここらへんのダイヤはよくできている。




 バスターミナル入口にあった日通支店の跡。
 そういえば国鉄の駅前には、かならずと言っていいほど日通の支店があった。

 バスは国道と一瞬合流したあと、ふたたび海岸線のほうにそれる。

 サロマ湖の旧湖口があった栄浦地区へ。 

 栄浦の集落の手前にある、トーフツというところで、バスは栄浦橋を渡る。



 筆者はここらへんの風景が大好きだ。
 なんだか、原始のままの自然が残されているのだ。渡り鳥がいることも多い。
 サンゴソウは、卯原内よりもこちらのほうが色鮮やかに見える。



 地図で見ても、入り組んだ湖岸の線から、原始の雰囲気は伝わると思う。
 ここの湖口が狭かったため、いまは湧別側に新しい水路ができている。
 栄浦から、サロマ湖の細長い砂洲に渡ったところにワッカ原生花園がある。ここも、「地の果て」感あふれる、いい場所。今回は行けないが。

 今乗っているバスが廃止されても、栄浦-網走間の路線は残るという。


 さて、サロマ湖が見えてきた。




 佐呂間町内に入り、サロマ湖の右下の隅にある漁港と集落が「浜佐呂間」だ。
 国道はここから、ずーっとサロマ湖畔を通っていく。
 しかし、佐呂間町の役場や中心市街地は、ここから20分も内陸に入ったところにある。
 旧湧網線は、浜佐呂間からいったん内陸に入り、佐呂間に寄ってから、サロマ湖畔に戻っていた。代替バスも同じルートを通る。

 しかし、浜佐呂間-佐呂間の20分は長い。
 漁業の集落と、酪農・畑作・商業の集落が離れて存在しているのも何かと不便じゃないかと思う。町営バスもこの二つの集落を結んで、網走バスとは別に走っているようだ。

 途中はほとんど牧場だが、畑にはこのような「はさがけ」も見られた。



 シソだろうか?


この項続く)
コメント

オホーツク小さな旅(5) 網走~常呂

2010年09月27日 06時46分12秒 | つれづれ日録
承前

 さて、今回の旅は、9月末で廃止されるバス路線に乗るのが目的であった。

 旧国鉄湧網ゆうもう線のバスは、網走駅前も通るのだが、いちおう始発から乗りたいし、時間もあるので、網走バスターミナルまでてくてく歩いていく。
(網走駅は、マチの中心部からちょっと離れた内陸寄りにあるのだ)
 


 距離にして1キロちょっと。あるけば12~15分といったところ。

 冒頭画像は、ターミナルの中。
 あまり広くはないが、きれいで、飲み物の自動販売機なども充実。
 札幌行きの長距離バス「ドリーミントオホーツク号」の始発はここなんだなあ(いつも北見から乗っているので、なんとなく、しみじみ)。






 バスは8:35発。
 すぐに網走橋をわたって、モヨロ貝塚の入口とか、オホーツク総合振興局(網走支庁)の前を通り、ふたたび新橋で網走川をわたって、網走駅前に着く。8:40.
 それから、西へと走る。
 車窓からは、網走湖、能取湖、サロマ湖と、三つの湖の眺めが楽しめる。
 このうち、網走湖だけが左側で、あとは右側ということを知っていたので、もちろん右側の座席にすわる。

 網走湖畔には、サイクリングロードが整備されており、これは湧網線の線路跡を利用したものである。




 能取湖。
 最近は地元民でも、漢字に引きずられて「のとりこ」という人が多いが、正しくは「のとろこ」である。

 卯原内うばらないは、かつて、網走の次に駅があった集落である。アッケシソウ(サンゴソウ)の群生地として名高い。
 韓国人らしき若い男女が降りていった。
 バスの窓からもちらっとサンゴソウが見えたけれど、ことしは暑さのせいか、あまり色が鮮やかではないような気がする。天候にもよるのだろうか。

 能取湖は、遠浅の海岸が多く、なんだかはろばろと、日本離れした風景である。

 右手は湖、左手は畑や山林という眺めがしばらく続く。



 これは、オホーツク海。
 能取湖を過ぎると右手に見えてくる。

 ところで、卯原内の手前、東卯原内に
「網走地方北見現代美術館」
という白い三角柱が立っていたのだけど、あれはなんだったんだろう。


この項続く)
コメント (7)

9月26日(日)のつぶやき

2010年09月27日 02時49分01秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
08:14 from www.movatwi.jp
@ukix2 おはぶぅ。
08:22 from Keitai Web
おはようございます。朝はいつも、なんだかだるいです。おまけに寒いので、ふとんから出るのがおっくうです。
09:10 from Seesmic Web (Re: @ukix2
@ukix2 こちらは晴れているよ。でも寒いですね。
09:46 from goo
ブログ「北海道美術ネット別館」更新しました。■アートとの対話~森迫暁夫&藤沢レオの場合~ 鉄筋布張り住宅 #goo_h-art_2005 http://bit.ly/dDcqPI
09:51 from Tweet Button
というわけで、「アートとの対話~森迫暁夫&藤沢レオの場合~ 鉄筋布張り住宅」を見に紋別市立博物館まで行ってきましたよ~。いやあ、いまは直通バスがないので、けっこう遠かった。 http://t.co/e1luAV1
10:23 from Brizzly (Re: @ukix2
@ukix2 ありゃ、それは残念。そろそろ自転車のシーズンもおわりだね。兄ちゃんはマイペースというか、あまり気にしてないのかな。
10:26 from HootSuite (Re: @ukix2
@ukix2 遠軽と紋別の支局をのぞいてきました。紋別の博物館に行ったら、支局員が取材中で、あいさつしたらビックリしてました。そりゃそうだよな(笑)。
12:12 from goo
■アートとの対話~森迫暁夫&藤沢レオの場合~ 鉄筋布張り住宅 (10月17日まで) #goo_h-art_2005 http://bit.ly/dDcqPI
13:54 from www.movatwi.jp
ああ、北海道…。



17:32 from desktopxevo
@ukix2 よかったね。楽しんで、気をつけてきてねえ。ところでゆきまるは留守番かい?
17:36 from つぶやきゅう
帰ってきた。うわー、また榊原くん投げてるのか、酷使ぎみだなあ。がんばってくれ~! http://bit.ly/9KXA7Q #lovefighters
17:42 from ついっぷる
これて、フェルナンディスが内野フライを打ち上げた時点でインフィールドフライじゃないの? 取れても取れなくても同じだと思うけど…。 #lovefighters
17:43 from ついっぷる (Re: @mid0d
@mid0d 森迫くんとレオくんの展覧会ですか? でも、網走から紋別というのもけっこう遠いですね。
17:44 from HootSuite
館山さん、すてき~! おかわりくんを三振にとって、満塁のピンチを切り抜けるとは、すごい。 #lovefighters
18:17 from HootSuite
代打坪井凡退… RT @akimaki_komugi RT @BBsapporo: 「中田打ったーー!打った瞬間それと分かる当たりーーー!!!ファイターズ、貴重な貴重な勝ち越し点が8回裏、怪物中田の一振りによって入りましたーー」_φ(・_・ シナリオ! #lovefighters
18:21 from HootSuite
「五回以降ぴたりと当たりが止まっています、ファイターズ打線」。いや、それは「ぴたり」じゃなくて「ぱったり」w。意外性の飯山選手、ガンバ! #lovefighters
18:29 from HootSuite
それいいですね、賛成! RT @sin12345678: 小谷野のサヨナラ打が見たいですね。稲葉さんのサヨナラホームラン、涙のお立ち台も可。 #lovefighters
18:39 from HootSuite
ラジオからもはっきり聞こえます。よしっ! ひちょり、出塁した! RT @shin_spotch: ルージュの伝言キタ #LoveFighters
18:41 from HootSuite
よし、もうけもうけ! 小谷野さん、ヒットでいいよ。 #lovefighters
18:43 from HootSuite
ワイルドピッチでもいいです。 #lovefighters
18:44 from HootSuite
やったー!!!!!! 糸井がサヨナラ打! #lovefighters
18:51 from HootSuite (Re: @metabonbonbon
@metabonbonbon やっぱりそうなんですか。わたしの父は鳥栖出身でしたが、本拠地が移ってからもライオンズファンでした。ジャイアンツに3連敗して4連勝した日本シリーズのことは何度も聞かされました。
18:56 from HootSuite (Re: @kara_hana_5
.@kara_hana_5 @keiphotostudio @projectkaburin 劇的な幕ぐれでした~。#lovefighters
20:23 from www.movatwi.jp
北海道の増毛には、萌という地名がある。モイともモエともいう。
20:50 from HootSuite
【あすから】第34回北海道抽象派作家協会展=9月27日(月)~10月2日(土)10am~6pm(最終日~5pm)、札幌時計台ギャラリー(中央区北1西3)。今荘義男、岩田琿、後藤和司、佐々木美枝子、鈴木悠高、外山欽平、林教司、三浦恭三の同人8氏と、同人推薦者の甲斐野弘幸氏
by akira_yanai on Twitter
コメント