北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

どれだけ浦島太郎だったかという話

2013年12月31日 19時19分00秒 | つれづれ日録
 季節感に乏しい写真ですみません。

 2013年7月末に、3年1カ月ぶりに札幌市民になったわけだが、このブログ「北海道美術ネット別館」で関係ありそうなところについては、意外なほど変化はなかった。
 言いかえれば、美術館・ギャラリーの新設や廃止は思ったほどなかったと思う。
 3年間のあいだにも何度か札幌を訪れていたので、ピンときていないだけかもしれないが。

 初めて行った発表箇所は、
駅前通の越山計画
札幌グランドホテル内のグランビスタギャラリー
円山のGallery Retara
琴似のギャラリー北のモンパルナス、
菊水のモリヒコ PLANTATION
真駒内のGallery Kamokamo
豊平のギャラリー犬養
ギャラリー大洋の8カ所。

 …けっこうあるね。

 また、戻ってきたらなくなっていたギャラリーは、山鼻のアトリエムラギャラリーPRAHA 2+deep sapporo、駅前通の光映堂ウエストフォー、さっしんギャラリー、ブラン・カフェ、円山のオリジナル画廊、白石のプティcafe研究所など。
 西5丁目のたまごギャラリー、まだありますかね。

 数えてみたらけっこうあった。
 ただ、なくなったギャラリーのうち、だいたいスケジュールが週替わり、月替わりで埋まっていたのは、さっしんギャラリーとオリジナル画廊ぐらいだったし、正直なところをいえばいずれも、見ごたえある展覧会を次々とやっていた会場とはいえなかったので、あんまり喪失感はなかったといえるのかもしれない。

 あと、たまに展示をやる…という程度の飲食店は、けっこう閉まっているようである。
 以前の筆者は、そういうところにもマメに足を運んでいたのであった。



 ふだん行くギャラリーのうち、ちょっと変わったな~と思ったのは、大同ギャラリーである。
 大同ギャラリーは、都心にある貸しギャラリーの中では古参に属するが、21世紀に入ったあたりから稼働率が次第に下がり、筆者が札幌を離れた2010年当時は、休廊になっている週がちょくちょくあった。
 ところが、今回戻ってきたら、毎週スケジュールが埋まっている。
 内装などは、全然変わってないんだけど。



 ギャラリーとは関係ないが、国道36号沿いの豊平地区の、味わいある建物がいくつも姿を消していたのは残念だった。
 昭和っぽい飲み屋が入っていた「横町会館」や、馬具店を改装したスープカレー店「棗」などがなくなっていた。


 それでは、良いお年をお迎えください。
コメント

札幌と北海道の美術シーンは全国に直結するか。2013~14年の年末年始に思うこと

2013年12月31日 01時23分45秒 | つれづれ日録
 これまで何度もこのブログで書いてきたし、また筆者がはじめて指摘することでもないのだけれど、札幌をはじめとする北海道内の主な都市や地方にはそれぞれ、東京や関西には比べるまでもないにせよ、それなりの大きさの美術シーンというものが存在する。
 作家が、地元のギャラリーで定期的に作品を発表する。都市によってはそれらをめぐる言説も公にされる。
 しかし、それらのシーンの存在は、北海道の外ではほとんど知られることはない。
 この構造は、おそらく、どの地方でも同じだろう。いまはなくなってしまったが、「美術手帖」が定期的に展覧会評を載せていたのは、東京、名古屋、関西の3地域だった。それ以外の、たとえば仙台や広島や福岡にも、それぞれ作家がいて、作品の発表を続けていながら、それらは広く知られることなく、歴史のほんの片隅に記述されて終わってしまうのだろう。

(同一の構造は、欧米と東京の間にも存在したが、それについてはここでは詳述しない)

 札幌で毎週のように発表される作品が、どう見ても東京や大阪で発表されている作品よりも劣っているのであれば、歴史の隅に埋もれてしまってもやむをえないだろう。
 しかし、筆者にはとうていそうは思えないし、考えを同じくする人はたぶん、けっこういるだろう。ただし、札幌と東京の双方をくまなく見ている人は誰もいないであろうから、この点について確たることを言明できる人はいない。
 実際問題として、東京の美術評論家やキュレーターが、北海道に美術展を見に来るという可能性はほとんどないに等しい。
 これについては、
「北海道までわざわざ見に来ようと思わせる展覧会が開催されていない」
という意見と
「どんなすばらしい展覧会を企画したところで東京の連中は北海道まで足を運ぶはずがない」
という意見は、どちらも真実で、「鶏と卵」としか言いようがないと思う。

 筆者が団体公募展を切り捨てることをしないのは、北海道の作家にとって、東京や他地方の作家と同じ立ち位置で勝負できる、数少ない「場」であるからだ。
 たとえば、神田日勝にとって、独立展の存在がどれほど励みになったか。この切実さは、東京の人間には、なかなかわかってもらえないだろう。
 団体公募展が衰微してしまうと、かえって地方の作家は、東京で評価してもらえるパイプを失ってしまうことになる。それは、むしろ時代に逆行してはいないだろうかと思う。

 団体公募展に属さない道内の作家は、早くから、東京をすっ飛ばして、海外との交流を手がけていた。
 阿部典英さんらの世代は北欧など、荒井善則さんら「水脈の肖像」の人々は韓国などと、相互に発表を続けている。端聡さんたちの場合はハンブルクだ。
 そうやって、道内の作家たちは「ガラパゴス化」に安住せず、外との交流に汗を流してきたのだ。

 さて、この

「北海道の作家は東京や海外を注視しているのに、東京や海外から北海道を見る目は非常に少ない。東京の評論家や作家は青森や瀬戸内には行くのに、北海道はまったくアウト・オブ・眼中である」

という現状が変わるかもしれない事例が、2012年末から14年にかけて3件発生しつつある。

 一つは、村上隆氏によるスタジオ・ポンコタンの設立である。
 これにより、村上氏は時おり札幌を訪れるようになり、また彼に近い作家の発表が、ポンコタンなどで行われるようになった。
 氏は、札幌の作家のスカウティングなどはいまのところあまり行っていないようだが、重要なのは「村上隆がフラッと札幌に来るようになった」ことだと思う。

 二つめは、2013年下半期に大下裕司さんキュレーションによる展覧会が開かれ、彼の周辺でツイッターでつながっている若い世代が大挙して札幌を訪れたことである。
 たぶん、今年春の「制作と生息」展以前には、北海道のことなどまるで眼中になかった人たちの意識のどこかに、今後は、北海道のことが上ってくるだろう。

 そして三つめは、言うまでもなく、2014年夏の札幌国際芸術祭である。

 歴史上初めて、アートを見るという目的で、多くの人が北海道を訪れるという事態が起きる。
(もしかしたら、2001年のデメーテルは唯一の例外だったかもしれないが、しかし、あの国際美術展が全国的な話題になったかどうか、いささか心もとない)

 この3件は、エポックメーキングな出来事であり、北海道のアートがようやく東京などと同じ地平に立てるきっかけになると思う。ちょっと、図式的すぎる受けとめかたかもしれないが、とにかく、自分にとっては、「まったく相手にされていない」事態から脱することができるだけでも、ものすごくうれしいのである。
コメント

12月30日(月)のつぶやき

2013年12月31日 01時01分59秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

bus.ekitan.com/rosen/Rp610?t=…十勝バス&r=2
★ううむ。どうやら愛国2号に止まるバスはスクールバス1日1便のようだ…。


map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E1…
★続き。十勝バス「広尾線」の愛国から「防風林アートプロジェクト」の駐車場まで約3キロ。到着までに凍死しそう。


なんでこんな時間にスマホの画面見てるんだろう。


いい人生って、どういうのを言うんだろうな。


夜の灯りが好きなのは、そこに人がいるから。きらついた中にはいろんな感情があるから。 pic.twitter.com/HCFT7YQ9BQ

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

だから夜汽車が好き。一瞬、家のあかりと、団欒の様子が見えたりしたら、胸がきゅんとなる。
それを見ている自分は、いつも一人。


ドラクロワの激しさとか、マネの激しさとかギュスターヴ・モローの熱狂を表現するために、私は、この言葉を使用したい。マニエリスムは、熱狂の追求なのだ!(ジョルジュ・バタイユ「エロスの涙」 ちくま学芸文庫254頁)


自分もベーコン展あんまりしっくり来なかったから、ここを見ろってところ誰か教えて欲しい 〉RT

歩く犬の習作(だっけ?)と小さい肖像の連作は良かったんだけど…って前にも書いたなこの話。でも東京より豊田での展示のほうが見やすくて、そのときのほうが良いと思ったなー。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

外の人たちから「権威だ権威だ」と格好のターゲットになっているM上氏だって、言われるに見合う権威なんてどこにもないだろうに、と思うと気の毒ですらあるよ。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

美術の中にいる人にとって「権威」なんてものに対してはとうに懐疑的なスタンスが蔓延しているように思うけど、外の人にとってはまだ有効ということなんだろうか? みんながアートって言いたがる理由がよくわからない。アート、って言うと気持ちいいんだろうか?

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

確かにあのレイアウトは新聞じゃない、ひどい(違 QT @finalvent: “『自分新聞』がFACEBOOKで流行中ですが、スパムサービスの可能性があります: やまもといちろうBLOG(ブログ)” htn.to/2qd35b

2 件 リツイートされました

札幌【開催中】小田啓介銅版画展=12月19日~1月13日(月)正午~0pm(日祝日、12月30日・1月2~5日:~9pm)、元日のみ0~3am、水曜・12月31日休み、カフェ エスキス cafe-esquisse.net buongiorno.fm

1 件 リツイートされました

番画廊34年の歴史に幕 現代美術の一翼担う:大阪日日新聞 nnn.co.jp/dainichi/news/… 森村泰昌ら「関西ニューウエーブ」の一翼を担った西天満の番画廊が幕を閉じた。近隣の信濃橋画廊は3年前に閉鎖、ギャラリー白のオーナーも死去。芸術発信地としての画廊は岐路にある。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

画廊が美術を発信しなくなってしまうのだとしたら、どこが発信するのだろう? まさか若い作家がポートフォリオを持って美術館に行くわけ? いまさら団体公募展? よくわからない…。


ユートピアを構想する者は(そのユートピアでの)独裁者である。(ハンナ・アーレント。柄谷行人からの孫引き)


札幌【あすまで】島田晶夫 joy of the winter~木が奏でる冬の温もり=12月1日~31日(月)11am~5:30pm(ラストオーダー5pm)、六花亭福住店2階喫茶室(豊平区福住2の5)。シンプルないすや花入れで知られる木工作家


どなたか知りませんが、こういう中に交ぜていただいて光栄です、というべきなのかな。
twitter.com/baivon/followi…


札幌と北海道の美術シーンは全国に直結するか。2013~14年の年末年始に思うこと blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/f…


コメント

2013年暮れに思うこと。ギャラリーでの個展をもっと見てほしい

2013年12月30日 22時22分22秒 | つれづれ日録
 今年思ったことで、ひとつ書き残したことがある。

 7月末に札幌に戻ってきて、思うようにギャラリーまわりもできなかったが、それでも、この時期から11月までの間で印象に残ったのは、おもに札幌時計台ギャラリーで開かれた道内画家・工芸家の個展の数々だった。
 このブログでとりあげるつもりで、まだテキストを書いていない人もたくさんいるので、ちょっと恥ずかしいのだが、たとえば羽山雅愉江川博、森弘志、大島龍、伏木田光夫、野本醇、中谷有逸、本間輝子、佐藤武、藤野千鶴子、櫻井マチ子藤井高志…といった面々である。
 このうち、本間さんだけは札幌の個展は初めての染色作家(帯広在住)だが、ほかはいずれも、同ギャラリーに限らないが、札幌での個展を何度もこなしてきて、またことしも、ここに至る何年かの間の成果を問うベテランの画家・版画家たちである。
 もちろん、誰もが同様にというわけにはいかないが、それぞれこの数年の進境ぶりを語る良い展覧であったと感じた。

 ところが、こういう展覧会については、地元の新聞にはまったく出ない。
 北海道新聞に出るのは、道外在住の作家の展覧会が多い。
 ツイッターなどのソーシャル・ネットワークサービスでも、少なくとも筆者の目に入るのは、CAI02やトオンカフェ、ギャラリー門馬といった会場で行われている若手の展示が多く、地道に活動しているベテランの、時計台ギャラリーをはじめとする都心の画廊(さいとう、スカイホール、たぴお、ギャラリー大通美術館、道新ぎゃらりーなど)での個展については、あまり流れてこない。若手の展示についていえば、おそらく、情報を流している人の友人も若手が多いのだろう。インターネットに接している層は、40~50代を境に、上は少なく、若い方は多いという印象がある。

 そして、それよりも多くの人の耳目を集めるのは、美術館の展覧会であり、さらに、大型のプロジェクトや屋外イベントなのだ。

 しかし、或る作家の作品を美術館が購入したり、また批評家が彼(彼女)の画業を振り返るテキストを書いたりする場合、かならず必要になるのは、「代表作は『●●』」という記述だろうと思う。
 そこで、作家が、この数年やってきたことのすべてをぶつける展覧会を見ないで、どうするのだろう。『●●』は、そういう個展で発表されるものなのだ。

 大型のイベントや展覧会が悪いといっているのでは、もちろんない。しかし、美術の歴史は、それらだけでつづられるわけではないはずだ。(そして、タブローの作家・画家は、屋外イベントなどに参加しづらいという事情も考慮する必要がある)

 いや、見ている人は見ているのだと思いたい。少なくても、1990年代に比べると、地元美術館の学芸員が、ギャラリーに足を運ぶ機会は増えているようである。
 もちろん、趣味で見ている人は、筆者のように「▲▲展は見なければ」という姿勢でいる必要はないのだし…。



 これまた推測なので、事実と異なる場合は反論していただきたいのだが、同様の事態は東京でも進行していないだろうか。
 1980年代あたりまでは、美術評論家らは毎週月曜日、新橋・銀座・京橋の画廊に絨毯じゅうたん爆撃と称して、とにかく足を運んで目を通すのを日課にしていたはずだ。
 しかし、90年代以降、ギャラリーが都内各地に分散した上に、美術館も増えた。その一方で、団体公募展系の画家が多く利用する銀座界隈の貸し画廊は減少が続いている。なるべくすべてを見ようとする評論家・キュレーターは減っているのではないだろうか。
コメント (2)

12月29日(日)のつぶやき その2

2013年12月30日 01時01分41秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

この件で「マスコミはいちいち報道するな」というツイートが多いが、小生には、JR当局に通報した乗客の存在の方が驚きでした。
「おなかすいた」JR北車掌、乗務中にパン : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) yomiuri.co.jp/national/news/…

1 件 リツイートされました

blogos.com/outline/76873/
珍しく石井孝明氏がまともなことを言っているのに、コメント欄が、条件反射の人が多くて残念な件。
平和な国をつくることが、無謀な戦争で命を落とした人に報いる道ですよ。難しい話じゃないです。


札幌【あすまで】新道展ゆかりの画家たち=12月23日~30日(月)10am~最終日5pm、カフェ北都館ギャラリー(西区琴似1の3 hokutokan.jimbo.com )。阿部国利、菊地又男、鈴木秀明、園田郁夫、高橋英生、藤野千鶴子、森山誠

2 件 リツイートされました

japanese.joins.com/article/965/17…
【グローバルアイ】李明博の独島、安倍の靖国 | Joongang Ilbo | 中央日報
これは興味深い。韓国にも冷静に見てる人、いるんだなあ。

1 件 リツイートされました

札幌市内、各ご家庭に配布されている「広報さっぽろ」。今月号の特集にて「札幌国際芸術祭が目指すもの」と題して坂本龍一ゲストディレクターと上田文市長の対談が掲載されてます。WEBでもご覧いただけます! bit.ly/1dhQtLA #SIAF2014

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

「フランシス・ベーコン展 2013Mar.東京(11) 」
ブログを更新しました。 blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/5…


きのう「防風林アートプロジェクト」に公共交通機関で行けないとツイートしたが、調べてみると、十勝バスの「愛国2号」というバス停が、駐車場のまん前みたいだ。ちょっと調べてみよう。
tokachibus.jp/pdf/rosenzu201…


コメント

12月29日(日)のつぶやき その1

2013年12月30日 01時01分40秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

ドラクロワは多いという印象。「キオス島の虐殺」「サルダナパールの死」「海から上がる馬」。 #2014年は午年だから馬の出てくる美術作品を挙げてく p.twipple.jp/SVeIz


@akira_yanai @2_moku 近いから行ってみようと何も考えずに訪れた鹿追で見て衝撃を受けて帰ってきました。死ぬかもしれないのにそういうことも考えずただただ描き続けたのかと思うと…。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

今年最後の夕刊。北海道新聞、月1回掲載「哀惜」面に、砂沢チニタさんの追悼原稿が載っていた。


親父さんが偉い彫刻家なのは分かるのだが、本人がどういう人なのかよくわからない。私も、さいとうギャラリーの、没後の個展は見たが、よく分からなかった。


@koba_atsu 一人忘年会は居酒屋よりバーとかでやった方がさまになるかもしれないですね~。


このハッシュタグ、すごい勢いで広まりましたね~! RT @morita11: #2014年は午年だから馬の出てくる美術作品を挙げてく (´-`)。о0(きっと誰かが頃合いを見計らってまとめてくれる...(他力)

1 件 リツイートされました

いまHTBで、中田翔のインタビュー番組を放送しているんだけど、後ろにかかっている絵が、山本雄基くんの作品だ!


訂正。TVhでした。<m(__)m> RT @akira_yanai いまHTBで、中田翔のインタビュー番組を放送しているんだけど、後ろにかかっている絵が、山本雄基くんの作品だ!


これは公演日程…? RT @KIRIGAMIST_: 1月3日イオン西岡
12:00~
15:00~
1F 壺屋 ティーズキッチン前特設会場
aeon.jp/sc/sapporonish…


たぶん…。その奥にあったのは、関谷修平さんの版画と思います。 @pomotanman


★札幌グランドホテル1階ロビー「グランビスタギャラリーサッポロ」で開催中の「伊藤隆道展」を観てきました。「浮遊」(光と動きの世界):小雪が舞うような、繊細で美しい動きに見惚れてしまいます。⇒2ケ所。 twitpic.com/dqdcjd

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

@tawagoto_YY 縦に細長い作品でしたよ。関谷修平さんの作品もあったから、クロスホテルあたりではないかと思います。


そうなんですよね~。形がちょっと…、見たことのないタイプ。 QT @tawagoto_YY: @akira_yanai 縦細長!? ますます思い当たりが無くなりました笑


ヒント感謝! 最後とおっしゃらず、来年もよろしくお願いします。 RT @nakajima_koji: @tawagoto_YY @akira_yanai 私からの最後のおせっかいです。良いお年を!tv-hokkaido.co.jp/special/201312… @Tamasa_kaznabal

1 件 リツイートされました

@tawagoto_YY 今の中島さんが示してくれたリンク先に、ちらっと写ってます。一瞬、石川潤さんかとも思ったんですが、あそこまでモサモサしてない(笑)。


というわけで、本人から「違う」発言、出ました(笑)。テレビで見ると、いかにも!それっぽく見えたんですが…。それでは良いお年を! @tawagoto_YY @nakajima_koji @Tamasa_kaznabal @pomotanman


それで庵野さん、上九一色村のオウム本部への機動隊突入と麻原逮捕を見て、これはマズイと思ったと。なぜならエヴァのクライマックスで戦略自衛隊のネルフ本部突入を考えていたからです。後から考えると、その時点でエヴァの最終二話は決まったのだと思いますね。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

昔、庵野秀明さんご本人から伺ったんですが、1995年3月20日、サリンが撒かれた地下鉄の一つ前か後に、庵野さん乗ってたそうですね。それもエヴァンゲリオン第一話のアフレコスタジオに向かう電車だったとか。エヴァンゲリオンとオウム事件って、このレベルからシンクロしている訳ですよ。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

プロが選ぶ「2013年 ベスト展覧会」 bluediary2.jugem.jp/?eid=3465
@taktwi さんのブログより。すごい情報量です。北海道が蚊帳の外なのは、お約束…。

1 件 リツイートされました

コメント

フランシス・ベーコン展 2013Mar.東京(11) 

2013年12月29日 23時21分12秒 | 道外で見た展覧会
 「エル・グレコ展」以来の、今年3月の東京行きで見た展覧会の記事。
 実は、もうこのシリーズを完結させる気力はほとんど失われていて、まあ「制作と生息」展について記録できたからあとはいいかな、くらいの気持ちしかないのだけど、ただ、この春以来つづいているベーコン展絶賛の嵐については、ちょっと一言しておきたいので。

 というか、ベーコンって、どこがいいのか、筆者にはぜんぜんわかんないんですよ。

 こういうことを正直に書くのって、ちょっと勇気がいるんですよね。
 だって「やっぱりヤナイは芸術がわかってない」というそしりを受ける危険性大ですから。

 でも、わからないものはわからないと、正直に言いたい。

 私見では、ベーコンは、現代人を描いたのだと思う。

 しかし、それなら、個人的にはたとえば、ジャコメッティとか、ゴッホとか、鴨居怜とか、香月泰男とか、深井克美とか、森山誠とかのほうが、グッとくる。自分にとって身近な感じがする。
 まあ、森山さんご本人は「おれの絵はそんなんじゃないよ」と否定なさるかもしれないが、ほかの皆さんは故人ということもあって、何がしか「人間」を描いているような気が、とても強いのだ。
 いや、ロスコやニューマンのほうが、まだ「現代人」の精神を描いているような気さえする。

 あるいは、ジャコメッティの場合は、サルトルなどの言論がバックにあるがゆえに、なおさら「人間の実存」みたいなものを感じるのかもしれない。
 たしかに、ベーコンの場合は、意外と、言説のバックアップがない。米国の抽象表現主義のような、批評との近しい関係も、いまのところクローズアップされていない。
 といって、もしそういう言説があったとしても、自分にとって、ベーコンの絵に親近感を抱くかどうか…。

 客観的な評価と、自分自身にとっての「よさ」というのは、まったく別物であるだろう。
 ここで述べているのは、あくまで自分自身にとってのよさでしかない。

 ベーコンを賞讃する人のいろいろな文章を読んだが、その人にとってどこが良いのかを書いた文章にはついぞ出会わなかった。近年のオークションで高額をつけていることなど、絵そのものの評価には関係ないし、その引用をしている人の評価にはますますもって無関係だろう。

 反論、お待ちしております。
 分かりやすく「おまえ、ベーコンのここがグッとくるだろ!」と教えてほしいのです。


2013年3月8日(金)~5月26日(日)午前10時~午後5時(金曜日は午後8時まで) ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし3月25日、4月1、8、29日、5月6日は開館)、5/7
東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園3-1)

□展覧会のページ http://bacon.exhn.jp/


・東京メトロ東西線「竹橋」駅から徒歩2分ほど
・都営地下鉄三田線「神保町」A8出口から約640メートル、徒歩9分
・東京メトロ半蔵門線、東西線、都営地下鉄新宿線「九段下」駅から約850メートル、徒歩11分
・東京メトロ千代田線、都営地下鉄三田線、東京メトロ半蔵門線、丸ノ内線、東西線「千代田」駅C5出口から約890メートル、徒歩12分


豊田市美術館に6月8日(土)‒ 9月1日(日)巡回


(この項続く) 
コメント

12月28日(土)のつぶやき

2013年12月29日 01時01分30秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

街の真ん中に軍用機飛行場を残すわけにもいかず、移設なら人魚の浜辺を埋め立て、県外移設といっても受け入れ先はなし。 近くに「愛国者島」とか、ネトウヨみたいな住民しかいない島があったら、そこに飛行場を造ればいいのにね、って、もう言ってることがヤケクソだな。

2 件 リツイートされました

思わずググってしまった(笑)。フォンテーヌっていうんですね~。@ykk_keimi


「2013年12月24~27日は計3カ所」
ブログを更新しました。 goo.gl/AOOtht

1 件 リツイートされました

えっ? 太陽が出てますか?こちらはくもりです。 RT @cocochi11: 道内大荒れ(>_<)とあったので 家にこもっていたのですが 道央圏は天気も荒れず今日はお日様がピカピカしております(*^_^*)


なんか、あられっぽいのが降ってきたようです、札幌。


札幌【開催中】新道展ゆかりの画家たち=12月23日~30日(月)10am~10pm(土日~7pm、最終日~5pm)、カフェ北都館ギャラリー(西区琴似1の3 hokutokan.jimbo.com )。阿部国利、菊地又男、鈴木秀明、園田郁夫、高橋英生、藤野千鶴子、森山誠

1 件 リツイートされました

川上りえさんの金属線による作品群。
ホワイトキューブに吊るされた繊細なワイヤーは、まるでドローイング!!?1/8から国立新美術館16thDOMANI?明日展で観れます!k pic.twitter.com/qf2dvHF5mK

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

SOUNTRAさん(五稜郭町28-5)の店内にて12/27~1/5(12/30は休み)「TENTO」開催中!キャンドル作家のsayuriさんと一緒にテントを用いたインスタレーションを紹介しています。テント内では雑貨の販売も。是非! pic.twitter.com/kPTI4jDLH3

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

札幌【あすまで】年忘れ名画展 パートII=12月15日~29日(日)10am~最終日5pm、カフェ北都館ギャラリー(西区琴似1の3 hokutokan.jimbo.com )。川畑盛邦、北山寛一、中野邦昭、李鉄君、渡会純价

1 件 リツイートされました

今年は12月24日にやっと春採湖が全面結氷しました。去年より全面結氷が10日も遅く、過去30年間では四番目に遅い結氷です。ちなみに過去30年間で一番早い全面結氷は、昭和61年の11月26日でした。 pic.twitter.com/ixPUyvRbD2

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

体調不良で一日中寝ていた。居間におりてきたら、札幌芸術の森美術館で開催中の「アクア-ライン」の図録や、来年2月の「防風林アートプロジェクト」の案内が届いていた。


十勝の移動というのは、自家用車がデフォルトになっているので、防風林アートプロジェクトのフライヤーには「公共交通機関の便はありません」とすら書かれていない。

4 件 リツイートされました

絶筆です。上半身は完成しているのに下半身はほぼ手つかず。しかも背景は無しという、不思議な絵です。 QT @2_moku: @akira_yanai 神田日勝氏の馬 絶筆 でしたか? タイトル この作品は 衝撃的でした。

1 件 リツイートされました

コメント

2013年12月24~27日は計3カ所

2013年12月28日 08時01分26秒 | つれづれ日録
 いよいよ年の瀬も押し迫ってきたが、仕事の内容がぜんぜん年末っぽくないので、あまり実感がわかない。
 この間、安倍首相が突然靖国神社を参拝したり、沖縄県知事が普天間への米軍飛行場移設を容認したり、いろいろ大ニュースがあった。

 26日、帰路トオンカフェに立ち寄り、jobin.(じょびん)さんの個展。雲のモビールふわふわ。(27日終了)

 27日は朝、北海道銀行札幌駅前支店ギャラリーとキヤノンギャラリー(竹田津実写真展)。

 24日11351歩。25日9300歩。26日10701歩。27日8895歩。
コメント

12月27日(金)のつぶやき その1

2013年12月28日 01時01分33秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

バタイユ「エロティシズム」をようやく読み終え、同じ著者の「エロスの涙」を読み始めたが、こちらの方がはるかに読みやすいな~。


もしかしたら誤解してる人がいるかもしれないですが、バタイユはフランス現代思想家ですので、「エロティシズム」といった本は、むつかしい本です。いやらしい本ではありません。

2 件 リツイートされました

しかし、総理はどうして昭和天皇が靖国参拝されなくなったか、考えた事も無いんだろうな。芦部信喜知らないくらいで驚いていたけど、そんなもんじゃない可能性が…。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

★「’13~’14展」(~'14.1.5(日)まで。さいとうGallery ラ・ガレリア5階):見応えのある、77名作家さんの小作品展。作家さんの意外な作品を観られるのも楽しみ。作品の中で、今年も「開運おみくじ」をいただいてきました。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

遊就館については某氏が言った「あーここには学芸員がいないんですよ」のひとことで全てを表現できると思う

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

遊就館の展示製作を請け負ったのは乃村工藝社だが、戦前からの戦争見世物に貫かれている歴史観の形成に、同社が果たした役割は大きい。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

だよな。アジア各国、アメリカまで否定的に受け止めて日本が孤立するのも内面の自由の問題。@kenichiromogi もともと、靖国神社に参拝するかしないかは、それぞれの方の内面の自由の問題であり、政治問題化するマスコミの論調自体が、個人の自由に対して侵害的であると私は感じます。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

茂木健一郎も、無知なことには発言しなきゃいいのに。恥ずかしい。


稲賀繁美さんの新著『絵画の臨界──近代東アジア美術史の桎梏と命運』をご恵投いただく。1.2kg、本文581頁、註189頁!の大著。英文要旨も付された徹底した構成。あとがきによれば、歴史篇の本書に対して、今後予定される理論編のほか、何冊も控えるお仕事の蓄積にひたすら畏怖あるのみ。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

★沖縄タイムスは号外を出しました
知事、辺野古埋め立て申請を承認
okinawatimes.co.jp/article.php?id… fb.me/2ApmPne1w

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

@kamo_ru お疲れさまです! いいですね~、私はまだ終わりません(/_;)


トオンカフェの展示、自分が巨人になって雲海の中を進む感じ。
時々視界を横切ってキラッと光る虹がシャボン玉みたいで浮遊感が増す。
音楽聞きながらベンチに座っていると光が乱反射したり。
見られて良かった

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

美術:この1年 社会を揺さぶる表現 震災後の日本、徹底的に暴く姿勢で-毎日新聞 mainichi.jp/shimen/news/20…
★毎日新聞の回顧もの、ようやく出ました。

1 件 リツイートされました

東京と青森、どちらに行くか迷います。RT @harold_1234 工藤哲巳展の巡回が楽しみです。RT @akira_yanai 美術:この1年 社会を揺さぶる表現 震災後の日本、徹底的に暴く姿勢で-毎日新聞 mainichi.jp/shimen/news/20…★回顧もの出ました。


期間限定スペース「越山計画」にて本日の「越山バイキング計画-越山、ランチやめるってよ-」の1000円ランチバイキングですが、まだお料理が余っているので夕方から600円!札駅大通付近の食いしん坊集まれ!北2西3越山ビル pic.twitter.com/buHsxMD8Mm

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

@harold_1234 このインスタレーション、今は札幌芸術の森美術館の前の池に移設されています。池が凍って雪が積もり、白がバックなので、ますますきれいに見えていますよ。

1 件 リツイートされました

釧路【あす】上映会「ウルトラセブン」48、49話「史上最大の侵略(前・後編)」=12月28日(土)1pm、市立釧路図書館(幣舞町4)。無料。道立釧路芸術館 kushiro-artmu.jp で開催中の「ウルトラマン創世記展」(~2月5日)の関連事業


札幌【あすまで】竹内紘三展 轍=12月18日~28日(土)10am~最終日5pm、火曜休み、茶廊法邑(東区本町1の1 houmura.com 兵庫在住、気鋭の陶芸家。幾何学的な形を組み合わせた人工的なフォルムを焼成後、部分的に壊す。創でも~23日

1 件 リツイートされました

■竹田津実写真展 アフリカ いのちの旅の物語(2013年12月19日~14年1月14日、札幌) goo.gl/CS90fa

1 件 リツイートされました

朝日も読売も、社説は(中間部分はだいぶ違うけど)結論は同じだった。
よーするに、A級戦犯合祀しててあずましく(さっぱりと)慰霊できないから、新しい国立施設造るしかないんじゃね?

俺もそう思う。

1 件 リツイートされました

だいたいさー、アジア諸国の独立に日本が寄与したって話が最近よく語られてるけど、例えば、ビルマの仏教徒やインドネシアのイスラム教徒が「昔、日本の軍人さんに助けられた」って言ってお参りしようとしても、今の靖国神社じゃすげー行きづらいだろ。


東日本大震災の発生から1023日目。震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町の役場で、仕事納め式が行われ、町長がことし1年を振り返り、町のさらなる復興を誓いました。
大震災を巡る様々な今日をツイートします。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

#NHK テレビの画面に、暴風雪情報が登場! さすが北海道。


札幌は風がごーごー言ってますが、雪は降ってないみたいです。


なんか、年末という感覚がすごく薄いのは、なんでだろう。

1 件 リツイートされました

コメント

■竹田津実写真展 アフリカ いのちの旅の物語(2013年12月19日~14年1月14日、札幌)

2013年12月27日 22時08分00秒 | 展覧会の紹介-写真
 旭川の近傍、上川管内東川町(写真の町として知られる)在住の獣医師、竹田津たけたづ実さんは1937年生まれだが、ますます元気に活動しておられるようだ。昨年秋、自ら関わった映画「キタキツネ物語」のリニューアル版が全国公開されるとともに、福音館書店から「キタキツネの十二カ月 わたしのキツネ学 半世紀の足跡」を出版。平凡社からは「アフリカ写真集」を出し、さらにこれまでの活動に対し、北海道新聞文化賞を受賞した。縁もゆかりもない人がこうしてやってくるのだから、北海道という土地は、ほんとうに恵まれているというか、ありがたいと、住民の立場から言わざるを得ない。

 で、アフリカである。
 見ず知らずの遠い地へのあこがれ、という意味合いにおいて、竹田津さんにとっての「北海道」と「アフリカ」は、似ているのかもしれない。

 雑誌「アニマ」の創刊に携わった人だけあって、多数の写真は、どれも野生動物を、生き生きととらえたもの。特別すごいショットがあるわけではないが、どの写真を見ても
「この人、ほんとに動物が好きなんだ」
という気持ちは、確実に伝わってくる。
 似たような題材の映像を最近見たなあと思ったら、HTBテレビの「水曜どうでしょう」と、取材地がかなり重なっている。
 ただし「水どう」に登場する象やキリンが、車の中から遠巻きに見た映像なのに対し、竹田津さんの写真は、もっと近くでとらえている感があり、申し訳ないが、迫力は比較にならない。
 なにせ30回も通っているのだ。
 ご自分でも「病気」と(おそらくは苦笑混じりに)書いていた。帰ってくると、もう次にいつ行くか、考えだす。ひどいときは、帰りの空路の中継地であるカラチやドバイでナイロビ行きの飛行機の時間を見ているというからすごい。

 キャプションに、興味深いことが書いてあった。
 ある地域で、毎年推計で30万頭が生まれる動物がいる。しかし、年々増えている気配はない。つまり、毎年30万頭が死んでいるのだ。
 わたしたちは、死という現象につい感傷的になってしまい、1匹の生きものも死んでほしくないと思う。
 しかし、世界は膨大な誕生と死で満ちているのだ。
 その現実を、アフリカは、オブラートで包むことなく、目の前に見せてくれる。

 そう、ただ美しいだけではない。
 そこには、冷厳な現実が、あっけらかんと広がっている。
 だからこそ、竹田津さんは、その地にあこがれて、何度も足を運ぶのかもしれないと思う。


2013年12月19日(木)~2014年1月14日(火)午前9時~午後5時30分、土日祝日休み
※年末年始は13年12月28日~14年1月5日休み
キヤノンギャラリー札幌(中央区北3西4、日本生命札幌ビル 高層棟)


コメント

12月26日(木)のつぶやき その2

2013年12月27日 01時01分33秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

札幌【開催中】冬のワンダー☆ミュージアム アートにハート=12月7~28日(土)・1月4日(土)~19日(日)9:30am~5pm(入場~4:30pm)、月曜(祝日は開館し翌火曜)休み、道立近代美術館 @dokinbi 。子どもから大人まで楽しめる冬休み展。彫刻、浮世絵、ガラス他


札幌【週末まで】竹内紘三展 轍=12月18日~28日(土)10am~6pm(最終日~5pm)、火曜休み、茶廊法邑(東区本町1の1 houmura.com 兵庫在住、気鋭の陶芸家。幾何学的な形を組み合わせた人工的なフォルムを焼成後、部分的に壊す。創でも~23日


釧路【開催中】ウルトラマン創世記展 ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ=12月6日~2月5日(水)9:30am~5pm(金土~6pm)、12月29日~1月3日・月曜休み(祝日は開館し翌火曜休み)、道立釧路芸術館(幸町4 kushiro-artmu.jp

1 件 リツイートされました

#WBS が、シンガポールの国際会議場や巨大医療施設を紹介している。まさか、日本は(欧米ではなく)アジアの先進国に学べーというテレビ番組がつくられる時代が来るなんて思わなかった。

1 件 リツイートされました

@unspiritualized はい。天皇の会見と首相の談話を先ほど読み比べました。明らかに語りかけるている相手が異なります。天皇は国民に対して語りかけていますが、首相は国民でも英霊でもない何者かに語りかけているのです。そして、天皇はその何者かとは距離をおきたいのではないかと。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

「16th DOMANI・明日展」 国立新美術館 blog.goo.ne.jp/harold1234/e/8…
★はろるどさんのブログ。われらが川上りえさんの作品も紹介されています。

2 件 リツイートされました

米政府当局者は26日、共同通信の取材に対し、安倍晋三首相の靖国神社参拝について、日中韓3カ国の関係改善を促していた「米政府の努力を無にする行為だ」と厳しく批判した。47news.jp

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

「北海道陶芸会のメンバーが展示している北星ウインドウギャラリー」 ブログ「北海道美術ネット別館」を更新しました。 goo.gl/abh1ow

1 件 リツイートされました

アメリカは、中国が手ぐすね引いて日米間に亀裂が入るのを待っているのを知っているから、面と向かって激しい言葉は吐かない。でも、ケネディ大使はやっぱイヤでしょうね、そこでバランスを取る感じ? でも最大の問題は安倍ちんがそれを分かってないこと(亀裂待ち隣国)。頭抱えてるんじゃないの?

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

寝る前に…。
日本を愛する人、天皇陛下を敬う人は、安倍首相の靖国神社参拝に反対するのが筋というものですよ。


コメント

12月26日(木)のつぶやき その1

2013年12月27日 01時01分32秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

独立性を維持すべき機関への政治介入。黒田東彦の日銀総裁任用。日本郵政社長、坂篤郎の更迭と、郵政民営化委員会委員長の西室泰三の任用。内閣法制局長官に同局勤務経験が皆無で、憲法解釈変更に積極的な小松一郎を任用。浜田健一郎、百田尚樹、長谷川三千子ら、首相に近い人物をNHK経営委員任用。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

明らかに怪しい百度はともかくシメジもか…。Androidユーザで使ってた人、多いのでは?Androidの初期IMEって使えないから。私はATOKですけど。→Reading:中国製の日本語入力ソフト 入力情報を無断送信 NHKニュース nhk.jp/N4B75vGG

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

@fumiezo ツイートされてないみたいなので、もう一度。幼い妹の夢を壊さないようにしていた配慮を、わかってもらえなくて、残念です(笑)。


安倍晋三首相が靖国神社を26日に参拝すると政府発表。47news.jp

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

百度の情報流出の件は、読売新聞ひさびさのGJだと思う。これ、例えば、IMEで用例収集してますっていうのとは、やっぱり違うんですよね~。困ったもんだ。

1 件 リツイートされました

安倍さんのテンション高すぎるのが心配です。


百度のIMEが情報流出させてたという件ですが、報道はかなりの誇張があるみたいです 。実際に検証したブログ記事 >パスワードなど半角入力のみの場合は送信されていません。クレジット番号や電話番号も変換しなければ送られません netagent-blog.jp/archives/51969…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

学校に二宮金次郎像を建てる国で歩きスマホが無くなるわけないだろ。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

「平和ボケ」という悪口は嫌いだけどこれは平和ボケとしか言いようがないですね。RT @BON_NOB そんなことより。外務省と東大の一部で使われてたというのが衝撃 RT @nikkeitter 官房長官、外務省の百度ソフト利用「極めて… s.nikkei.com/1bqY45P

1 件 リツイートされました

「首相の靖国参拝」と「中韓が反発」がセットで報道されているが、批判している日本国民も多数いるのだから、まず国内の人たちの意見もや動きもきちんと報道してほしい。首相が靖国に参拝すべきでないのは、中韓に言われてなのではなく、戦争を二度と繰り返さないと誓った日本国民の代表だからだ。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

@taktwi 読売は、当地では12日朝刊文化面に掲載されています。そういえば、毎日はまだ見ていないですね。例年は早いのに。


【承前】竹田津実さんの写真展「アフリカ いのちの旅の物語」は、1月14日(火)までキヤノンギャラリー札幌で開催中(年末年始の休館にご注意下さい)→cweb.canon.jp/gallery/sappor… 同名の写真集が平凡社から好評発売中です。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

大通ラ・ガレリア5F さいとうギャラリーで「13~14展」を見ました。阿部典英氏など北海道で活躍する77名が、世代や所属団体をこえて「ゆく年、くる年」をテーマに小作品を出品。慌ただしい年の瀬に、穏やかにモノ想う鑑賞のひと時をくれました。入場無料で1月5日まで(30~1日休廊)

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

「改稿■北海道・黒龍江省国際交流美術展 (2013年12月10~23日、札幌) 12月14日ギャラリー回り(1)」事実でない部分があり、書き直しました。申し訳ありません。 goo.gl/RusfD1

1 件 リツイートされました

昨日フレデリック・バックさんが亡くなったというニュースが流れてきた。
「木を植えた男」のただひたすら荒れ地に木を植え続ける男の姿は、毎日毎日動画を描き続けるアニメ制作に通じるものがあり、私はこの作品からたくさんの勇気と希望をもらい、続けていくことが出来た。ありがとうございました

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

札幌【あすまで】2013大トリ展=12月19日~27日(金)11am~6:30pm(最終日~3pm)、石の蔵ぎゃらりぃはやし(北区北8西1)。朝田千佳子(織)、加地学(陶)、菊地聖(木工)、西山亮(ガラス socialfacebook.biz/glashaus/


帯広【開催中】山本雄基 @tawagoto_YY 作品展=10月13日(日)~1月25日(土)11am~6pm(ラストオーダー5:30)、六花亭西三条店2階喫茶室(西3南1)。大小色とりどりの円が浮遊する絵画など。 ow.ly/pWE4d

1 件 リツイートされました

札幌【週明けまで】島田晶夫 joy of the winter~木が奏でる冬の温もり=12月1日~31日(月)11am~5:30pm(ラストオーダー5pm)、六花亭福住店2階喫茶室(豊平区福住2の5)。シンプルないすや花入れで知られる木工作家

2 件 リツイートされました

札幌【開催中】小田啓介銅版画展=12月19日~1月13日(月)正午~0pm(日祝日、12月30日・1月2~5日:~9pm)、元日のみ0~3am、水曜・12月31日休み、カフェ エスキス(中央区北1西23 //www.cafe-esquisse.net )札幌在住

1 件 リツイートされました

札幌【週末まで】年忘れ名画展 パートII=12月15日~29日(日)10am~10pm(土日~7pm、最終日~5pm)、カフェ北都館ギャラリー(西区琴似1の3 hokutokan.jimbo.com )。川畑盛邦、北山寛一、中野邦昭、李鉄君、渡会純价


帯広【開催中】道東アートファイル in the LIGHT in the SHADOW=11月22日~2月2日(日)9:30am~5pm(1月31日と2月1日~8pm)、祝日除く月曜・年末年始休、道立帯広美術館。浅川茂、小笹純弥、戸張良彦、藤原千也、細木るみ子、松本早苗、山本雄基

1 件 リツイートされました

倶知安・ニセコ【開催中】藤倉英幸展 静かな風を聴きながら=11月28日~1月13日(月)9am~5pm、有島記念館(月休み ow.ly/rtrku )、小川原脩記念美術館(火休み ow.ly/rtrkv )。JR車内誌の詩情豊かな切り絵

1 件 リツイートされました

札幌【開催中】'13~'14展=12月17日~29日(日)・1月2日(木)~5日(日)10:30am~6:30pm(最終日~5pm)、さいとうギャラリー(中央区南1西3 ラ・ガレリア5階)。恒例の年越し小品展。日本画、油彩、水彩、版画、立体、彫刻など道内の64人が出品

1 件 リツイートされました

札幌【週明けまで】新道展ゆかりの画家たち=12月23日~30日(月)10am~10pm(土日~7pm、最終日~5pm)、カフェ北都館ギャラリー(西区琴似1の3 hokutokan.jimbo.com )。阿部国利、菊地又男、鈴木秀明、園田郁夫、高橋英生、藤野千鶴子、森山誠


札幌【あす今年最終日】pray 紅露はるか展=12月9日~27日(金)・1月6日~31日9am~5pm、土日祝休、北海道文化財団アートスペース(中央区大通西5 大五ビル3階 haf.jp ) harukaharu.fc2web.com 日本画


コメント

北海道陶芸会のメンバーが展示している北星ウインドウギャラリー

2013年12月26日 22時51分31秒 | 街角と道端のアート
 
 道内のプロ陶芸家による、最も歴史のある団体「北海道陶芸会」のメンバーの作品が、北星信用金庫札幌支店のショーウィンドウに飾られています。

 9、10月は、中村裕、土居洋公、三橋エリ、小泉満惠の4氏の作品を展示。
 11月から3カ月間は、藤田明子、尾形修一、阿妻一直、海藤慎治の4氏です。
 


 同支店は、中央区北2西4、北海道ビルの1階。
 北2条通沿いです。札幌グランドホテルの北側で、スターバックスコーヒーの窓から見えるかもしれません。




 北星信用金庫は、名寄など道北地域を主なエリアとする金融機関で、本店などにはギャラリーがあるようです。

 どういういきさつで、この展示が始まったのかはわかりません。
 ただ、それほど大がかりではないにしても、ちゃんと存在感のあるメセナで、いいですね。
 末永く続いてくれればと思います。







□北海道陶芸会 http://www.hokkaido-pottery-society.org/
□北星信用金庫 http://www.hokusei-shinkin.co.jp/
コメント

12月25日(水)のつぶやき

2013年12月26日 01時01分13秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

「2013年のベスト展覧会を選定する前に。」blogを更新しました。 blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/1…

1 件 リツイートされました

@akira_yanai 浅田が悪いというわけではなく、帯の件に象徴される、売ることに対する東の一貫した態度が、それが今回の大澤対談のリジェクトの原因ではないかということですね。彼は最近、宇野・濱野とは別の派閥で論壇人を結集して、ゼロ年代評論のルネサンスに取り組んでいますから。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

@Motoharu_dayo なるほど。もちろん、浅田彰が悪いというのは半分冗談ですが、しかし半分は本気です。小泉純一郎の最大の悪行(言うまでもなく、後継に安倍を指名したこと)をつい思い出してしまうので(笑)。


うんうん。小田急のみならずJRや地下鉄、京王や京急にもハングルや中国語が使われているぞ。あと空港も高速道路もだ。絶対に使うなよ。@hirakw 案内板を変更するまでは行きません!@aka6446 @KanabunGilles @pomaru

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

ちなみに新年最初の催し物は1/10(金)~1/13(月)「第66回 北海道学生書道展覧会」と1/11(土)~1/15(水)「第44回 北海道教職員美術展」です。また1/15(水)は「冬休み子どもワークショップ」も開催!年明けからは様々な展覧会が続々と開催されますのでお楽しみに♪

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

自分はサンタクロースを信じていた時代の記憶が全くないし、プレゼントも小学4年のときまでしかもらっていないので、中高生にもなって、サンタとかプレゼントとか言ってることが、信じられない。


夢のような幼年期は、永遠には続かない。それを、さりげなく教えるのも、大人の役目。


最近思うところがあり、いろんなフォロワーさんとお会いし、お話を伺っています。多くは朝日新聞に批判的な方です。匿名が条件なので、どんな方なのかは一切明かせませんが、一つだけ書いておくと、驚かされるのは、Twitter上での言葉の「過激さ」と、実際の人柄との落差です。→

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

【経済裏読み】次は「携帯電話課税」か…消費税10%だけでない、財務省がもくろむ新たな「増税ネタ」 - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/west/west_econ…
★1ツイート10銭とか、有税になったりして(苦笑)。

2 件 リツイートされました

プロ野球楽天は25日、 田中将大投手(25)の新ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を容認すると発表した。47news.jp

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

「ベーコン首位、ウォーホル2位ー美術品トップ10総額過去最高」 Bloomberg bit.ly/19Lf76C

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

jobin.個展「ひびをわたって」の会期を26日(木)までから27日(金)の19:30頃までほんの少し延長いたします。まだご覧になってない方是非ご来場下さい。TOOVcafeの年内の営業は28日(土)までです。 pic.twitter.com/qUf1owNTeE

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

札幌東急前のバス停。北広島方面に行く便に乗るため、すでに80人以上が列をなしている。あんなに乗れるんだろうか。


名古屋【今年はあすまで】ラスト・シーン かわなかのぶひろ 鴻池朋子 畠山直哉=12月16日~26日(木)・1月6日(月)~25日(土)9am~5pm、日祝日・1月18日休み、中京大学アートギャラリーC・スクエア(昭和区八事本町101-2)。C・スクエア最後の企画展


人の画像を勝手に使ったり、改変して自分のTLに載せたり、まして自分の署名入れてアイコンにするなんて、ちょっと悪質に過ぎますよ。消してくださいね。
pic.twitter.com/fAwtUWfLJQ @ao_rinnngoo

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

© Georges Bizet Menuet & Farandole/L'Arlésienne, suite nr. 2 - DR Symfon...: youtu.be/35aaG7-7qhM @youtubeさんから
#nowplaying


Bizet: Symphony - PrêtreWPh(2007Live): youtu.be/9ivswqCWIQU @youtubeさんから
★ビゼーの交響曲は意外にも、この1曲だけ。なお、第4楽章の冒頭は、1960年代にHBCテレビニュースのテーマ曲に使われていた。

1 件 リツイートされました

「■藤井高志展~夢で見た夢 (2013年11月18日~23日、札幌)」 北海道美術ネット別館、更新しました。 goo.gl/1UMUjZ

1 件 リツイートされました

【開催中】クスミエリカ展 12月30日まで。10:30~20:30(土・日・祝日10:00~19:30・火曜日・第3月曜日定休)。ドロール(北1西3 メダルビル3階) 「現実」を重ね合わせ、超現実世界を構成するデジタルコラージュ作品
machinakaart.com/sapporo/

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

【開催中】伊藤隆道展「浮遊 光と動きの世界」 2014年2月11日まで。11:00~19:00。グランビスタギャラリー サッポロ(北1西4 札幌グランドホテル内)北海道を代表する造形作家。
machinakaart.com/sapporo/

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

【開催中】まちなかアート参加作家・澁谷俊彦の新作インスタレーション「スノーパレット5」が、小樽運河プラザと小樽貴賓館(旧青山別邸)で雪解けまで開催。
clarkgallery.jp/works/snow-pal…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | RT

コメント