北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

2019年3月のおもな展覧会

2019年03月31日 23時56分58秒 | 主な記事へのlink
 2019年3月に、道内で開かれたおもな展覧会の記事へのリンクです。 書き終わっていないエントリには、まだリンクがはられていません。 ■は、エントリ更新時点で終了しているもの、■■は終わっていないものを示します。 カテゴリー分けは厳密なものではありません。 随時更新します。現代アート■Post 3.11 in Sapporo 〜沈み行く記憶の淵で■第7回札幌500m美術館賞 入選展■鈴木隆展■jo . . . 本文を読む
コメント

2019年3月30、31日

2019年03月31日 21時49分35秒 | つれづれ日録
(承前) 29日は、夕方、会社にちょっとだけ顔を出すつもりが、各部署から次々と電話や問い合わせが来て、5時半に切り上げるつもりが、7時まで社内をばたばたと走り回っていた。 30日(土)は朝10時半から夜9時半まで社内。 これでは、全くどこにも行けず、かろうじて道新ぎゃらりーで「虹の会」展を見た(~4月2日)。 樽前山を描いた縦位置の風景画が良かった。ところどころ、枯れ草が風に揺れてい . . . 本文を読む
コメント

元号なんてやめれ

2019年03月31日 12時05分19秒 | つれづれ日録
 テレビや新聞、インターネットは「平成最後の●●」「新しい元号は?」などの話題で大騒ぎだ。  1988年から89年にかけては、先代の天皇の病気や死没で列島中が自粛ムードに覆われていた。井上陽水が自動車のテレビコマーシャルで「お元気ですか~?」と言うのも、不謹慎ではないかということで音声がカットされた。  それを思えば、現天皇陛下が健在のうちに元号が改まることに騒ぎたくなる気持ちは、分からないでもな . . . 本文を読む
コメント (1)

3月30日(土)のつぶやき その2

2019年03月31日 01時48分14秒 | 未分類・Twitterまとめ他
秋田公立大の件やヤノベ作品撤去など、アート界隈のニュースはうんざりすることが続いたので、あいちトリエンナーレの男女同数の試みはホント、快挙だと思う。 あと、これは話の本筋ではないけど、札幌国際芸術祭が比較対象になってて、地元民としては「認知されてるんだ~」とうれしかった。 — 梁井 朗@北海道美術ネット別館 (@akira_yanai) 2019年3月30日 - 11:45 「あいち . . . 本文を読む
コメント

3月30日(土)のつぶやき その1

2019年03月31日 01時48分13秒 | 未分類・Twitterまとめ他
きのうは1万1460歩でした。 — 梁井 朗@北海道美術ネット別館 (@akira_yanai) 2019年3月30日 - 01:11 札幌【開催中】感覚とは何か=3月14日~5月5日(日)午前10時~午後5時、月火水休み、HOUKBU記念絵画館(豊平区旭町1 hokubu-kinen.or.jp )。300円、小中生200円、一般無料。白神政史、佐藤アキラ、伊牟田經正、柳沢淑郎など . . . 本文を読む
コメント

■Post 3.11 in Sapporo 〜沈み行く記憶の淵で (2019年3月21~31日、札幌)

2019年03月30日 23時59分59秒 | 展覧会の紹介-現代美術
※文中訂正有り。 東日本大震災と、それに続く史上最悪の原発事故(東京電力福島第1原子力発電所事故)から8年が過ぎた。  当時は美術界にも大きな影響を与え 「制作が手につかない」 というアーティストも多かったし 「アートに何ができるだろう」 と真剣に自問し、あるいは、実践を模索した人も多かった。  2013年の「あいちトリエンナーレ」のテーマは、ずばり「揺れる大地」だった。  しかし、わずか8年 . . . 本文を読む
コメント

3月29日(金)のつぶやき その2

2019年03月30日 01時49分14秒 | 未分類・Twitterまとめ他
一言付け加えれば、私が函館の老人の「奥地」発言を軽蔑するのは、道南でそんなことを言うのは函館人だけだからだ。要するに、道南の中の「お山の大将」が無意識に全道に拡大してるのだ。この「お山の大将」=自己中な意識は、函館以外の道南に住んでいると、本当にうんざりする。 — 梁井 朗@北海道美術ネット別館 (@akira_yanai) 2019年3月29日 - 01:12 @sa_touta_ . . . 本文を読む
コメント

3月29日(金)のつぶやき その1

2019年03月30日 01時49分13秒 | 未分類・Twitterまとめ他
きのうは5807歩でした。少なめ。 — 梁井 朗@北海道美術ネット別館 (@akira_yanai) 2019年3月29日 - 00:03 「戦争の悲惨な傷痕に今なお苦しむ声なき民に向きあい、平和の尊さを問いつづける大石芳野。約40年にわたり、戦争の犠牲となった人々を取材し、いつまでも消えない戦禍の傷にレンズを向けたモノクロ写真160点を収録する。」 ⇒『戦禍の記憶… twitter . . . 本文を読む
コメント

2019年3月25~29日

2019年03月29日 21時06分00秒 | つれづれ日録
 統一地方選などで慌ただしい日が続いている。  天気は、3月前半と打って変わって、寒い日が続き、雪もちらつき、なかなか一直線に春とはいかないようだ。  なお、冒頭画像は、自宅の近くにいたキタキツネ。  3月25日(月)  地下鉄南北線を北24条まで北上し、チャオで昼食。  「Re:mix しばりナシのいじりっこ写真展」(27日で終了)がおもしろい。  道新ぎゃらりーで道写協の札幌支部写真 . . . 本文を読む
コメント

3月28日(木)のつぶやき その2

2019年03月29日 01時48分41秒 | 未分類・Twitterまとめ他
@shirahamamasaya @ozingerm そうですね、見始めるとけっこう楽しいんですよね。 — 梁井 朗@北海道美術ネット別館 (@akira_yanai) 2019年3月28日 - 14:04 こういうのがあるから、ツイッターはやめられないw ぜんぜん無関係なのに、似たツイートがTLに並ぶ。 pic.twitter.com/FbUAb3REF6 — 梁井 朗 . . . 本文を読む
コメント

3月28日(木)のつぶやき その1

2019年03月29日 01時48分40秒 | 未分類・Twitterまとめ他
きのうは5366歩でした。かなり少なめ。 — 梁井 朗@北海道美術ネット別館 (@akira_yanai) 2019年3月28日 - 00:00 #沖縄 #辺野古 #軟弱地盤 菅義偉くん、の虚偽答弁が発覚しました。 2019年3月26日質疑で、菅は 軟弱地盤について「本年1月18日、報告を受けた。」と答弁したが、 1月21日の会見では、「私は承知していない。」と否定して… twi . . . 本文を読む
コメント

■没後20年 加藤清江わすれがたみ展 (2019年3月5日~30日、札幌)

2019年03月28日 20時16分00秒 | 展覧会の紹介-絵画、版画、イラスト
 加藤清江は小樽出身で、一水会や道展で活躍した画家(1914~99)。道内の女性洋画家の草分けのひとりだ。  牧場の娘として生まれ、現在の女子美大に学んだ。  道展には戦前から出品し、当時の最高賞だった長官賞を受賞しているが、会員に推されたのは戦後になってからだ。  彼女のキャリアで特筆すべきなのは、スキー・アルペンの選手としても全国大会で入賞するほどの腕前だったこと . . . 本文を読む
コメント

神田日勝記念美術館の2019年度日程

2019年03月28日 11時33分47秒 | 道内美術館の日程
 十勝管内鹿追町の神田日勝記念美術館から本年度のスケジュールをいただきました。  ありがとうございます。 ・第1期常設展 神田日勝 未完のキャンバス 4月16日(火)~6月23日(日)  ※ゴールデンウイーク中は無休 ・没後50年プレ企画 神田日勝×浅井美紀 しずくの中の神田日勝 6月26日(水)~9月1日(日) ・没後50年プレ企画 神田日勝×吉田傑 飛び出す! 半身の馬 9月4日(水)~ . . . 本文を読む
コメント

3月27日(水)のつぶやき その2

2019年03月28日 01時49分15秒 | 未分類・Twitterまとめ他
@sa_touta_kumi そうですね。そもそも若い作り手が少ないし。 — 梁井 朗@北海道美術ネット別館 (@akira_yanai) 2019年3月27日 - 14:13 特集ワイド:NHKの政治報道、変だ 「安倍政権寄り」と保守系誌も批判 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20190… ★道内の紙面はあす朝刊 — 梁井 朗@北海道美術ネット別 . . . 本文を読む
コメント

3月27日(水)のつぶやき その1

2019年03月28日 01時49分14秒 | 未分類・Twitterまとめ他
きのうは7306歩でした。gallery ESSE から時計台まで歩いたのに、こんなもんか…。 — 梁井 朗@北海道美術ネット別館 (@akira_yanai) 2019年3月27日 - 00:30 いったい音楽は誰のものなのでしょうか?このジレンマを乗り越えようと音楽メディアであるDOMMUNEは、ミュージックラヴァーの意思を受け電気グルーヴの音楽のみがプレイされるプログラムを全世 . . . 本文を読む
コメント