北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

お知らせ。2019年6月28日以降の郵便物のあて先

2019年06月15日 08時04分19秒 | 初めての方へ
 2019年6月28日にオホーツク管内遠軽町に異動します。
 (正式な赴任日は7月1日)

 これまでと異なり、札幌での展覧会の大半はうかがうことができなくなることが予想されます。
 それでも、ご案内をくださる場合の送り先は次の通り。

郵便 遠軽町大通北2丁目2の75

 郵便は札幌の住所でも転送されますが、日本郵便以外の信書などは転送が遅れます。

 まぁ、おそらく2年か3年で札幌に戻ってくると思います。

 たまには札幌に出かけて展覧会巡りをしたいとは思いますが、距離が遠いので、どうなるかはわかりません。

 ブログは続きます。
 展覧会の予告紹介が多くなりそうです。Twitterもいままでと同様、展覧会などの告知を行います。
 今後ともよろしくお願いします。


 追記。私もいいトシなので、左遷とか栄転という語は使いません。この件ではみなさんも使わないでください。


再追記。コメントの事前承認を一時解除します。
コメント (10)

Twitter によるアート情報の投稿について

2019年01月03日 20時13分00秒 | 初めての方へ
 毎日のようにたくさんの案内状をいただき、ありがとうございます。

 手元に届いた美術展などの情報は、ツイッターで発信しています。

 このブログは、筆者のツイートやリツイートはすべて翌日未明(最近はおおむね午前1時55分ごろ)に自動的にまとめられます。

 よく知られているように、ツイッターの文字制限は日本語で140字です(欧文は280字。また、画像やリンクの文字列は別カウント)。
 情報をどのように140字にまとめるか、実例を挙げて説明しましょう。



 最初に開催地を記します。
 ほとんどが「札幌」ですが、この例のように「岩見沢」というのもあります。
 これは、見る人の利便性を考えての措置ですが、後のほうに「札幌市」と書くよりも「市」の1文字ぶんを節約できるという利点もあります。

 町村であれば
「後志管内余市町」
「十勝管内音更町」
のように表記します。
 北海道外であれば「●●県▲▲市」のように書きます。
 ただし県庁所在地や政令指定都市は県名を省略します。例えば
「千葉県千葉市」
「神奈川県横浜市」
などは、単に
「千葉市」
「横浜市」
とします。
 それぞれ千葉県、神奈川県は無くてもさしつかえない情報だからです(横浜市がどこにあるかわからないのに神奈川県の場所は知っているという人はほとんどいない)。

 いまのところ、唯一の例外は東京都内など首都圏です。
 「東京」だけでは広すぎるので、「東京・銀座」
「東京・目白台」
のように、黒点の後に最寄りの駅名を記します。
 あくまで駅名であって、区名や町名ではありません。東京では大半の人が電車で移動するため、最寄りの駅名でおおまかな地名を指し示す場合が多いためです。

 次は状態です。
 新着の情報なら、

を入れます。
札幌●阿井上雄絵画展
というように。

 このほか、地名の直後に入れる文言には
【あすから】
【開催中】
【あすまで】
などがあります。
 ときどき【本日終了】などもあります。
 また単発の催しは【あす】【今週末】などで告知します。

 【あすから】は会期初日の前日の午後8時50分に流します。
 【あすまで】は会期最終日前日の午後8時55分に流します。

 【開催中】は毎週木曜の午後9時から9時半の間に集中して流します。その他、随時告知します。

 次は、イベントや展覧会の名前です。
 はがきには姓と名の間が半角あいていることがあったりしますが、文字数節約のためほとんどの場合は無視しています。
 フォントの変化もできません。
 このタイトルが長すぎると、当然ながら他の要素を圧迫します。

 長い場合は一部を省略する場合もあります。特に「2019」のような年号は外します。今年の年号が入っている展覧会は多いのですが、どんな意味があるのでしょう。今年が何年かはあなたに教えられなくともわかります、といいたくなります。
(この段落は1月5日に追記)

 4項目目。
「=」の後は、日時です。
 新着と【あすから】の場合以外は、初日の曜日を省略します。
 ただし、初日が何日かは、会期が終わる直前になっても省きません。

 時刻も必ず記します。
 短いトークなどであれば終了時刻は書かないことがあります。
 24時制は採用しません。
 お昼ちょうどは「正午」です。

 追記。文字数節約のため、各時30分は「半」と表記します。


 少し話はそれますが、ときどき
12/7(Fri)
などと書いている人がいます。
 わかりづらいのでやめてほしいし、そもそも何語なのかわかりません。
 Fri はFridayの略なので英語なのでしょうが、英語で「12月」は December と書くのが普通で「12」とはあまり書きません。
 さらに「12/07」は英語では12月7日ですが、フランス語やロシア語など多くの印欧語では7月12日を指します。

 はっきりいって、誤解のもとだと思います。

 また、自分の個展なのに、会場名や住所が間違っていたり、日付と曜日が食い違っている例が散見されます。
 住所などはこちらで直せますが、日付と曜日はどうにもなりません。ご注意ください。

 時間の後に、会期中の休日を明記します。

 6項目目は会場名と場所です。
 住所は丁目、あるいはビル名までで、番地や街区番号は省略します。
 札幌市など道内では「南◎条西▼丁目」などという住所が多いですが、当ブログやツイッターは、「条」や「丁目」は省略して「南◎西▼」とします。

 ビル名を書く場合でも「1階」は省略します。
 行けば、わかるからです。
 階数は、日本語のツイッターなので「2階」「3階」などと書きます。
 よく「2F」「3F」などと書いている人がいますが、英語の second floor は日本の建物の3階を指す場合があるのです(1階は first floor ではなく、ground floor)。
 また、地下も「B」とせず「地下」と表記します。
 地下が1階しかないときは「B1」「地下1階」とせず単に「地下」とします。それ以上は必要ないからです。

 ここまで書いて文字数に余裕がある場合、次のような情報を盛り込みます。

・入場料
(無料の場合は特に記しません)

・作者のURLやツイッターアカウント

・会場のギャラリーや美術館の公式サイトのURLやツイッターアカウント

・過去の当ブログの関連記事のURL

・作家など展覧会の、文字による説明。表現手段や拠点地など。

 これらを可能な限り書き込みます。
 将来的には案内状の画像情報もあわせてツイートしたいのですが、準備が整っていません。課題としたいと思います。

 これらの情報については、固有名詞以外は、常用漢字の範囲内で、現代かなづかいで書くことはいうまでもありません。

 蛇足ながら、ここまで一読された方はおわかりかと思いますが、筆者はいちいち「場所」「期間」「日時」などとは書きません。「札幌芸術の森美術館」とあれば、それが会場であることは自明であり、「12月7日~1月14日(月)」とあれば、それは期間以外には考えられないからです。
 文字をいかに削り、140字の範囲内に情報をたくさん詰め込むか。それを考えた結果が現在のスタイルとなっています。
コメント

2013年7月29日到着分以降の情報の送り先について

2013年07月17日 20時20分20秒 | 初めての方へ
(画像と文章は関係ありません)

 北海道美術ネット別館にいつも情報などを寄せていただき、誠にありがとうございます。

 2013年7月28日から札幌に転居します。
 郵便などの送り先は、2010年6月までと同様、次の通りです。

〒062・0032 札幌市豊平区 西岡2の13の10の3

 北見宛の郵便物については、転送届を出しておきますが、メール便などは届かなくなります。


 また、勤務先は次の通りです。
(以下、2016年3月一部改稿)

〒060・8711 北海道新聞編集本部(住所は中央区大通西3ですが、書かなくても、郵便番号が明記されていれば届きます)

 文化部宛に美術展の案内状などを送付すると、わたしのところではなく、美術担当記者のもとに届く恐れがあります。社内であちこち回っているうちに行方しれずにならないとも限らないので、自宅にお願いします。


 ツイッターアカウントをお持ちの方は、リプライ飛ばしてくださると、反応が早いです。

 もちろん、メールでもかまいません。

(Facebook は、原則として、リアルの知人にしか友達申請を認めていませんので、ご了承願います)
コメント (1)

2010年7月以降の情報の送り先について

2010年07月15日 00時10分31秒 | 初めての方へ
 いつも「北海道美術ネット別館」にご協力いただきありがとうございます。

 アート関係の情報は、メールアドレスに送ってください(右側のコラムにあります。あっとを@にしてください)。

 郵送の場合は、

〒090・0837 北見市中央三輪8-1-9 ハッピーハイツ102

に送付していただけるよう、お願い申し上げます。
(札幌にあてても転送されてきますが、時間がかかります.2011年4月以降は、郵便は転送されますが、メール便などは転送になりません

 引っ越しのどさくさで、あるいは紛れてしまった郵便物等があるかもしれません。
 この場をかりてお詫び申し上げます。



(画像と文章は関係ありません。2011年2月15日手直し)
コメント (3)

北海道美術ネット別館とは(初めての方へ)

2006年04月24日 06時39分53秒 | 初めての方へ
 「北海道美術ネット別館」にお越しいただきありがとうございます。
 当ブログは、「北海道美術ネット」のブログ版です。
 2005年10月にスタートし、06年2月以降、毎日更新しています。
 おもに札幌でひらかれている美術展(書道、写真などをふくむ)について、ふつうの美術愛好家の立場から書いた感想が、おもな内容です。
 このほか、ときどき書く日記「つれづれ日録」や、素人くさい写真「つれづれ写真録」といったコンテンツもあります。

 みなさんからのコメント、トラックバックをお待ちしています。ただし、内容にまったく関係のないコメント、トラックバックについては、予告なしに削除することがあります。
 コメント欄の書き込みは、中傷はしない、著作権を尊重するなど、大人の節度ある対応をお願いします。捨てハン、複数のハンドルネームの使い分けは、ご遠慮ください。

 このブログで、

は、ブログ内と「北海道美術ネット」内のコンテンツへのリンクを、

は、外部へのリンクを、意味しています。

 このブログの姉妹ブログ「北海道美術ブログ」は、2006年2月以降は、札幌市内・近郊の毎月のギャラリーのスケジュールをまとめています。
 ギャラリーなどに置いてある案内状・フライヤー・日程表を集めて、情報が入り次第更新しています。
 太字で書いてある展覧会名は、ブログ主宰者のところに直接メールや案内状が送られてきたものです。

 これらのブログ、サイトの内容については、主宰者「ねむいヤナイ」が個人で書いているもので、勤務先などとはまったく関係ありません。

(2006年4月24日、書いてみました)
コメント (6)