北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

2010年10月のまとめ

2010年10月31日 22時16分45秒 | アートに関するインターネット・ブログなど
 今月はエントリがこれで131本目。
 ツイッターのまとめがあるためとはいえ、たぶん過去最高だと思う。

 しかしネットばかりやっていても、ほかにやるべきことがあって、それがたまっていく一方なので、11月以降はしばらく、更新回数を少なめにしたいと思う。
 少なめといっても「つぶやき」以外に1日1、2本というイメージなのだが…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旭川駅 駅舎デザインもここまできたか

2010年10月31日 17時52分29秒 | つれづれ写真録
 
 話題の旭川駅をちらっと見てきた。
 日本の駅の建築デザインもここまで来たかという感慨にふける。




 プラットフォームにある案内表示。
 絵の部分は液晶画面になっていて、いろいろ変わる。




 停車位置のサインなどもすっきりしていて非常に見やすい。
 ただ、これ、雪が吹き込んだりして見えなくなることはないのかな。




 プラットフォームと通路をつなぐエスカレーター。
 内装には木材がふんだんに用いられ、北海道の木をアピールしている。




 旭川駅に名前を刻む10000人プロジェクト、だそうだ。
 ローマ字で名前が、板に2人ずつ書いてある。
 ここまでくると、アートっぽい。





 いすなどを駅の一角に展示してある。家具のマチ旭川らしい。


 ただ、あくまで個人的な好みでいわせてもらえれば、デザインが良すぎてなんだか落ち着かない。
 岩見沢駅もデザイン的に練られているが、駅舎のうち、駅として使われている部分が意外と狭いので、にぎやかさがある。
 新しい旭川駅は、札幌駅並みに広大だが、やはり札幌駅に比べると人が少ない。
 そうなると、洗練された部分ばかりが目について、なんだか庶民がいづらい雰囲気になってしまうような気がする。
 声を張り上げている弁当屋のおじさんとかが、やりづらそうに見えるのはわたしだけだろうか。

 美しい駅もいいけれど、ポスターとかがべたべた貼ってあって、猥雑な感じのする駅も捨てがたい。




 解体を待つ旧旭川駅舎。

 ちょっと心配なのは、建畠覚造の彫刻が旧駅舎に置きっぱなしになっていたこと。
 戦後の抽象彫刻を代表する人の作品なのだが、まちがって捨てたりしないだろうな、JR北海道。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旭川へ。2010年10月30日は2カ所(続き)

2010年10月31日 11時08分13秒 | つれづれ日録
承前)

 美術館のある常盤公園は紅葉の終盤だった。
 カシワかなにか知らないけど、大きな葉が色づいて落ちているので、子どもたちは大喜びである。

 ウルトラマン アート展では、せがれが興奮していた。
 美術館内は、幼児と親という組み合わせが意外と多い。
「子ども向け」という印象があるのかもしれないが、「ウルトラマン」や「ウルトラセブン」を見てない子どもをつれてきても、あんまり面白がらないのではないかという気がした。

 常設展示室も見る。
 木をつかったうつわ、彫刻、いすなどが並んでいる。
 木という材質以外にはあまり共通点はないが、それがかえって面白かったりする。

 公園に、巨大ダコのような遊具があったので、子どもたちはそれでしばらく遊んでいた。

 ひどく腹が減った。
 自分は朝食をとっていない。列車内で眠ってしまい、旭川で降りそこなったらえらいことになるからだ。

 美術館を出ていちばん最初に目に付いた飲食店に入った。
 扉を開けた瞬間、あまりに雑然として、しかし昼時なのに客がひとりしかいない店内の様子に、「しくじったかも」と内心思ったが、味はそれほど悪くはなかった。



 そこからタクシーで、彫刻美術館へ行き本田明二展と、2階の常設展を見る。

 常設は、中原悌二郎賞の受賞作家の展示など。
 あたりまえなのだが、近年の受賞者の作品が追加されているので、むかし見たときにはなかった作品がずいぶん増えていた。
 もっとも、小学生に小清水斬や若林奮の作品を説明するのはかなり難しい。
(説明してないけど)

 こんどは、おもちゃのヨシダへ。
 しかしパパは体調がいまひとつ。そんな様子を察してか、子どもたちも「あれ買って」などと言わず、見るだけで満足している。なんだかちょっとかわいそう。

 旭橋の手前から道北バスに乗って、1条通7丁目で降車。
 旭川駅まで歩き、お土産を購入。入場券を買って、スーパーカムイで札幌へ戻る子どもたちを見送る。

  こちらも北見へ戻る。
 帰路はバス「石北号」。
 乗客が筆者のほかに、若い女性ひとりしかいない。

 夕暮れ時の旭川の町並みはなんだかさびしく見えた。

 北見まで3時間25分のダイヤだが、10分早く着いた。
 しかし、温根湯や東相内などには停留所があるのに、三輪に止まらないのがなんともじれったい。
 大通(北見の中心部)までいったん行って、そこから三輪小泉線に乗り換えなくてはならないので、1時間余計にかかるのだ。

 時刻表を見たら、留辺蘂行きのバスがあったので、それに乗ることにして、大通のセイコーマートで弁当を買ったら、留辺蘂行きは土、日は運休だった。
 orz

 しかたなく、三輪行きの最終バスで帰る。
 12090歩。

(この項終わり)
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

旭川へ。2010年10月30日は2カ所

2010年10月31日 09時53分40秒 | つれづれ日録
 10月最終週も、比較的余裕があったのは火曜だけ。
 あとは、29日(金)には市中心部から1時間もかかるような山奥の国道(イトムカ興業所のそば)で多重衝突事故があるなど、なんだかんだと忙しかった。


 30日(土)はウルトラマン アート!を見るため旭川へ行く。

 筆者は小学3年のころから札幌の街中はひとりでどこでも歩いてたし、4年生の夏には妹とふたりで九州の親類のもとへ行っている。さらに言えば、時刻表マニアだったので、公共交通機関に乗って旅をするということに、抵抗感がまったくない。
 しかし、うちのせがれときたら、そういう方面はまるでダメで
「ひとりでどこどこへ行ってこいよ」
と言うと
「子どもだけで校区外に出たらダメなんだよ」
などと妙にまじめだから困ってしまう。誰に似たんだろう。

 そこで、今回は「ウルトラマンアート!」が見たいんだったら、札幌から子どもだけで特急列車に乗ってくるように-と厳命したのである。

 こちらは北見から、朝イチ(7:12発)の特急オホーツクで出発。
 土曜なので、この時間に北見駅に着くバスの便がない。やむなくタクシーに乗る。
 じつは、留辺蘂るべしべだと、間に合うバスがあることが後からわかったのだが…。

 最近はバスばかりなので、特急列車に乗るのは久しぶりだ。意外と込んでいて、筆者の隣席はすでに年配の女性がすわっていた。
 北見から生田原にかけては、車窓からは霜のおりた畑が見えたが、白滝までくるとかなりの雪が積もっていた。

 旭川駅は、すっかりあたらしい駅舎になっていた。
 とても豪華である。

 北海道新聞の1面に外観の写真が載っていなかったのはなぜだろうと思っていた。
 旧駅舎のとりこわしがまだ始まっていないので、駅前側からは新しい駅舎が見えないのだ。

 オホーツクが旭川に到着して20分後、札幌からスーパーカムイが着く。兄妹は元気だった。

 さっそく買物公園を通って、美術館まで歩く。
 といっても、なにぶん一緒に歩いているのが「子ども」であるので、途中でおもちゃ屋さんがあると寄ってしまうのであった。


(長くなってきたので以下別項)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

10月30日(土)のつぶやき

2010年10月31日 03時17分15秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
00:30 from goo
滝錬太郎「やすらぎ」 湧別町のパブリックアート(5) #goo_h-art_2005 http://blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/28630701b25e38f5176829b3de038fa8
00:43 from web
ちょ、それまずいじゃないですか。 QT @mmmegumi 「なくしたゆびわ」の冊子、そういえば最近見ていない。
07:09 from goo
blog更新しました。 #goo_h-art_2005 http://bit.ly/9g9Jim
07:10 from goo
ジオラマが好きなんです。 @akira_yanai #goo_h-art_2005 http://bit.ly/9g9Jim
08:40 from www.movatwi.jp
作曲家は廉太郎、彫刻家は錬太郎なんです。 RT @kara_hana_5: @akira_yanai えっ、滝錬太郎?疑いもなく滝廉太郎と書いていました。「荒城の月」を聞くと理由なく泣けそう。日本的な詩情と思います。
08:43 from Keitai Web
ねむい。でも、列車を、寝過ごして降りそこなうのが怖くって、起きてる。
08:50 from goo
白滝なう #goo_h-art_2005 http://blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/5e5ac49ba8b3179bab1b4e061114f066
08:54 from www.movatwi.jp
朝日新聞、10月22日朝刊、クルーグマンコラム。レアアース問題を論じ「ルールに従って行動する意思を持たない、ならず者の経済超大国」。
09:13 from goo
上川の峠越え #goo_h-art_2005 http://bit.ly/dp7w9l
14:49 from www.movatwi.jp (Re: @coronazo
@coronazo ころなぞさん、久しぶり! なんでかなぁ、と思ったら、最近mixiを扇風機見てないことに気付いた。
16:16 from www.movatwi.jp
都市間バス石北号、乗客2人で出発。
18:25 from www.movatwi.jp
扇風機じゃなくて、全然、です。ケータイの押し間違い。スミマセン RT @akira_yanai: @coronazo ころなぞさん、久しぶり! なんでかなぁ、と思ったら、最近mixiを扇風機見てないことに気付いた。
20:50 from HootSuite
【新着】ギャラリー・トーク「そして油絵だけが残された-ダ・ヴィンチ名作巡り」=10月31日(日)2pm、道立釧路芸術館(釧路市幸町4 http://ow.ly/2Ci7b)。寺嶋弘道同館学芸主幹による会場解説。要観覧券
20:55 from HootSuite
【あすまで】2010winter fellowship of weaving●渋谷美智子油絵展=10月26日(火)~31日(日)10時半~6時半、さいとうギャラリー(札幌市中央区南1西3 ラ・ガレリア5階)。織の女性7人によるグループ展と、ベテラン新道展会員の画家
20:55 from HootSuite
【あす終了】●渡辺良一プチ個展=10月1日(金)~31日(日)10時半~8時(最終日~3時)、ラ・ガレリア エスカレーター横プチギャラリー(札幌市中央区南1西3)。美幌町で既成の絵画にとらわれない作品を描く。主体美術、オホーツク美術協会会員 http://ow.ly/2R3Io
20:55 from HootSuite
【あすまで】SM(サムホール)36人展=10月25日(月)~31日(日)10am~10pm(最終日~8pm)、カフェ・ギャラリー北都館(札幌市西区琴似1の3)。はがき2枚大の小品を特集。佐藤仁敬、波田浩司、中村哲泰、杉吉篤、福島靖代、藤井高志、藤野千鶴子、香取正人、亀井由利ら
20:56 from ついっぷる/twipple
仲間がいたw RT @s_strip028: いや、テレビ自体が嫌いなんですw RT @Implanta: チューナーを安い値段で買うというのもあり。とアナログテレビユーザーが。RT @s_strip028: うちにはかれこれ4年半もテレビがない。
21:00 from Brizzly
どうしてみんなあんなにテレビを見たがるのか理解できない。仕事と新聞とネットで手いっぱいだ。あと本も読んだらテレビなんて見てる時間ないなあ。
21:03 from Seesmic Web
それにしても、この半月ほど、TLに登場する人々の移動・旅に出てる割合がむちゃくちゃ高い。東京、関西、瀬戸内、これから韓国…。うらやましい限り。
21:07 from web
MGMが破綻だって? 「トムとジェリー」でパロディの対象になってた、ライオンがほえるオープニングの映画会社じゃなかったっけ?
21:19 from web
.@ka_bo3818 @kakkoyo ありがとうございます。ユナイテッドアーティストやコロンビア、ユニバーサルなどと並ぶ、戦前からある名門映画会社ですよね。
by akira_yanai on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上川の峠越え

2010年10月30日 09時10分52秒 | つれづれ日録
こっちはもっと雪がたくさん積もっています。
それにしても特急オホーツクはのろいなぁ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白滝なう

2010年10月30日 08時48分36秒 | つれづれ日録
雪、かなり積もっています。
畑や牧草地は真っ白です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オホーツク小さな旅(23) 山の水族館と郷土館

2010年10月30日 07時07分07秒 | つれづれ日録
承前

 筆者がどうしても見たかったのは、ジオラマであった。
 ジオラマが好きなんだから仕方がない。

 山の水族館に隣接する、というか、館の一部を占める「郷土館」で、いちばんの見どころだと思う。
 ジオラマ以外は、郷土館の展示内容は、道内のどこの市町村にもある類似施設とほとんど変わらない。エゾシカやヒグマの剥製があり、戦前の民家の再現があり、かまなど古い農具が並んでいる。

 ジオラマは15分おきに、上部のマルチスクリーンが上映され、留辺蘂るべしべ町の四季が多彩な映像とナレーションで紹介される。それが終わると、森林鉄道の模型が、留辺蘂-温根湯-滝湯-イトムカ間を往復し、三つの温泉郷から白い湯気が上がるのである。
 







 これは、留辺蘂地区。手前に貯木場がある。

 イトムカは、滝湯からさらに石北峠側にあり、かつて東洋一とうたわれた水銀鉱山があった。
 数千人が住み、小学校が二つもあったが、1970年代前半に採掘が中止された。

 東西にながーい留辺蘂の特質を生かしたジオラマだと思う。
 実際、50年代まで、町内の山間部には森林鉄道が計何十キロも線路を張り巡らせていたという。洞爺丸颱風で生じた大量の風倒木を運び出すため留辺蘂から石北峠附近まで線路が延びていたのだ。

 ただし、細かいことをいえば、北の方にある瑞穂や金華といった地区はこのジオラマでは無視されてるんじゃないか-いう気がしないでもないが。


 以前書いたように、山の水族館はこの冬からリニューアル工事に入る。
 こんど新築される建物は現状より規模が小さいので、このジオラマが残るかどうかはわからない。
 なので、急いで見に来たというわけだ。




 温泉水族館の2階の休憩室。

 晩秋の月曜とあって、だれもいない。
 
 窓の外を見ると、枯れ葉が風に舞い散っているのが見える。

この項続く
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

10月29日(金)のつぶやき

2010年10月30日 03時22分13秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
00:03 from goo
ブログ更新しました。オホーツク小さな旅(22) 山の水族館 #goo_h-art_2005 http://bit.ly/99Vhca
08:33 from goo
ブログ「北海道美術ネット別館」更新しました。■森迫暁夫“中庭住宅(分譲中)” (11月7日まで) #goo_h-art_2005 http://blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/7ec7139d7c26250be4b14b8b8ee68bed
08:36 from web
意外と知られてないんですね~。温根湯温泉にお越しの際はぜひ。冬は休んでますが。 QT @BON_NOB 「幻の魚イトウ」!!!この水族館は知りませんでした。 RT @akira_yanai 山の水族館 #goo_h-art_2005 http://bit.ly/99Vhca
09:06 from HootSuite (Re: @kohriyama
@kohriyama そんなことないです。法人組織の中にいて、いつまでたっても肩書のつかない人の方がやばいような気がします。。。
09:08 from Brizzly
RT @edtion1: Amazon.co.jp: 芸術表象コンセプトブック アート・プラットフォーム 北澤 憲昭, 杉田 敦 本 http://amzn.to/dek6yv
09:16 from HootSuite
そうですか~。註文しようかな。 RT @koba_atsu: あ、このまえ教授会で配られました。面白そうな本です。RT @akira_yanai: QT @edtion1: アート・プラットフォーム 北澤 憲昭, 杉田 敦 http://amzn.to/dek6yv (美学出版)
12:54 from HootSuite
RT @kiiibooo: 朝イチ東京都現代美術館でトランスフォーメーションを見る。今から急いで羽田空港へ。札幌に戻って16時からICCにてNY在住の書道家の八戸香太郎らによるパフォーマンスやワークショップ、レクチャーが始まります。S-AIRも秘蔵の映像集を開陳しますので
13:51 from ついっぷる/twipple
RT @manbe_kun: 年中夢休 RT @Brian19ken: @manbe_kun まんべくん暇なの?
14:06 from web
まだ入団すると決まってないのに気が早い。10%観客増なんて、そんなにうまくいくかな QT @zakdesk 北海道に“佑ちゃん”バブル? 52億円の経済効果だ マー君1年目は35億円試算- ZAKZAK http://t.co/7AiAVrp #npb #yakyu
16:56 from HootSuite
http://ow.ly/31jy9 @Nakatsu_h 札幌琴似のパトスにもあるよぅ。でも数で負けたな、、 RT @tawarayasotatsu @world_news_jp: ドイツに「小型アートの自販機」ベルリン28日ロイターhttp://bit.ly/b3c6cW
18:14 from HootSuite (Re: @kohriyama
@kohriyama いま車がないのです。滝上までだと列車-バス-バスで5時間以上かかります。あだちくんに会うのですか? よろしくお伝えください。
18:17 from HootSuite (Re: @peco_paper
@peco_paper こんにちは。自販機芸術が豆本づくりのきっかけだったんですね! 最初は、朝日新聞に大きく出てたりしましたね。きっといまは釣りのほうが忙しいんでしょう。
18:36 from Brizzly
晩秋。ねむいっす http://brizzly.com/pic/3RKX
20:30 from www.movatwi.jp
札幌のアートスペース201が元祖です RT @tawarayasotatsu: へぇ~、そうなんだ! RT @akira_yanai http://ow.ly/31jy9 @Nakatsu_h 札幌琴似のパトスにもあるぅ。小型アートの自販機http://bit.ly/b3c6cW
20:50 from HootSuite
【あすから】第5回平成白樺会展=10月30日(土)~11月26日(金)9時~7時(土、日、祝日~5時、最終日~3時)、北海道銀行札幌駅前支店ミニギャラリー(中央区北4西3)。梶原一義、坂元輝行、高橋欣也、田谷諏訪子、八鍬利郎の5氏による絵画展
20:50 from HootSuite
【あす】読み聞かせ「お父さんはウルトラマン」=10月2日(土)、9日(土)、16日(土)、30日(土)各日2:00~3:00、道立旭川美術館(旭川市常磐公園)ロビー。無料。旭川市中央図書館絵本よみきかせボランティアが担当
http://ow.ly/2zIo8
by akira_yanai on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝錬太郎「やすらぎ」 湧別町のパブリックアート(5)

2010年10月30日 00時30分12秒 | 街角と道端のアート
承前
 












 このシリーズに登場する作品で、札幌彫刻美術館編集の「北海道の野外彫刻」に唯一記されている。
 設置されている公園は、総合支所(旧湧別町役場)のすぐ前にある。

 作者については、滝錬太郎でインターネット検索しても、有名な作曲家の名前を間違っている人のサイトやブログばかりヒットして、なかなか役に立つ情報に到達できない。
 話はそれるが、世間の人々は誤字・脱字にずいぶん無頓着なんだな~と、こういう事例を目の当たりにすると、つくづく感じてしまう。筆者もおっちょこちょいなので、ブログでも仕事でもしばしば間違いをやらかしているが、仕事で人名を間違ったら本社に報告書(てんまつ書)を提出しなくてはならないし、相当気をつけているつもりだ。
 しかし、滝錬太郎が「荒城の月」を作曲したと堂々と記しているサイトやブログは、大量に存在する。あ、そういえば、わたしのところに届く郵便物の1割余は、わたしの名前を間違って書いてます。まあ、もう慣れたし、べつにいいけど。

 話を戻すと、そういう公園のいちばん目立つところにたっている大作であるから、湧別のいちばんのモニュメントたらんとして制作・設置された家族像といってよいだろう。
 ただ、心なしか女性の表情が寂しげに見える。気のせいだろうか。

 どこからレンズを向けても逆光気味で露出不足になってしまい、難しい撮影だった。
 上の写真はストロボを使用している。室内では使えないワザである。
 



この項続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■森迫暁夫“中庭住宅(分譲中)” (11月7日まで)

2010年10月29日 08時01分02秒 | 展覧会の紹介-現代美術
 
 シルクスクリーンによるポップで楽しいイラストレーションから出発し、立体やインスタレーションなどさまざまな展開を見せる森迫暁夫さんの作品が、札幌芸術の森美術館の中庭に登場です。
 作風が一変しました。丸っこくてかわいらしい人物や模様が画面のすみずみまで覆っていたこれまでの作品とはがらりと変わり、木片や長靴に鮮やかな色を塗った、ワイルドな巣箱が、棒の上に取り付けられ、庭に林立しています。これまでの作風を放棄したわけではないと思いますが、森迫さんの作品としては異色なのは間違いありません。
 
 美術館のサイトにはこうあります。

美術館中庭に森迫暁夫(1973-)のカラフルで楽しげな鳥の巣箱が約50戸登場!お気に入りの巣箱の所有権(会期中のみ限定の所有権)を買い取ることができます(1戸3,800円、9月7日販売開始)。森迫暁夫お手製のミニ表札が巣箱に取り付けられて、さらにオリジナルTシャツもプレゼント。




 ロビーと展示室を結ぶ廊下の、はめ殺しになっているガラス窓にもいろいろな絵が貼ってあります。

 1戸3800円の所有権って高いなあと思うかもしれませんが、オリジナルTシャツ代と考えれば安いのではないかと。





 ところで、この巣箱にほんとうに鳥は入ってくるのでしょうか?

 あんまりそういうふうには見えません。

 森迫さんの近年の作品には、一見実用的に見えて、実際には実用性をスルリとくぐり抜けるところがあると思います。「実用」と「非実用=純粋鑑賞用」の二項対立を無効化してしまうんですね。
 昨年暮れ、北広島での「はこ展」で発表した作品もそうです。大きなドアノブがついているから、衣装ケースみたいにとびらが開いて中が見えるのかな~と思ったら、ノブは飾りで、どの面も開かないのです。
 ほかにも、こういった作品を、森迫さんの個展ではちょくちょく目にします。
(もちろん、先日、紋別で開かれた藤沢レオさんとの2人展の出品作のように、いすとして十分に使える作品もあるわけですが)

 なので、実際に小鳥がやってくるかどうかは、この作品の評価を左右するものではないのです。
 見た目は異なりますが、楽しいということでは、森迫さんらしいと思います。




2010年7月31日(土)~11月7日(日)午前9時45分~午後5時、ただし8月30日(月)~9月6日(月)、10月25日(月)~10月29日(金)休み
会場:札幌芸術の森美術館 中庭


「ウラニワ ノ ソフボ」 (紋別市立博物館)
アートとの対話~森迫暁夫&藤沢レオの場合~ 鉄筋布張り住宅(2010年10月)
草のはえた屋根裏庭展 森迫暁夫 (2010年3月)
自販機芸術が琴似にもあった
はこ展(2009年11月)
ART! MEET! MART! (2009年11月)
森迫暁夫  何本かの木と絵展(2009年8月)
森迫暁夫個展(2008年12月)
道都大学中島ゼミ版's展@狸小路 第1週・一文字Tシャツ展(2008年7月)
第44回道都大学中島ゼミ展 版と型をめぐって(2007年)
第42回道都大学中島ゼミ展 版と型をめぐって(2006年)
道都大学中島ゼミ展 森迫さんの作品
第37回道都大学中島ゼミ展(2003年、画像なし)
花鳥風月のアンティーク・ルームと森迫暁夫の絵(2003年、画像なし)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月28日(木)のつぶやき

2010年10月29日 03時18分40秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
07:57 from www.movatwi.jp
北海道は雪の積もってる時季が長いので、霜の降りているのを見ることは、意外に少ないです。



08:04 from Keitai Web (Re: @kara_hana_5
@kara_hana_5 早起きですね~。アドレスはコピペすれば自動的にリンクになります。
08:34 from goo
Yellow Rain #goo_h-art_2005 http://blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/59b4ba76cbc704423a66bdf16d0ebe7b
09:08 from HootSuite
うまい! (脱ぐかどうかはべつにしてw) RT @bon_nob: 欧米カルチャー=Facebook=私をみてっ!(ぬぎぬぎ)、日本カルチャー=mixi=は、恥ずかしいっ!見ないでっ!(もじもじ)
09:17 from Tweet Button
ブログ更新してます。オホーツク小さな旅「温根湯(おんねゆ)」編のスタートです。 #goo_h-art_2005 http://t.co/0eUz1qY
17:25 from HootSuite
ドームの女性ファンにモテそうだな~。 RT @emu_ma2: RT @kashiya_m: ハムカチ王子誕生!!! #npb #draft #draft2010 #lovefighters
17:35 from web
同感です。北海道斜里町にも抗議の電話があったそうです。 QT @dakkokko 福島支局にいた身としては、抗議する側が信じられない。自分や家族が襲われる恐怖とか考えたことないんだろうなあ RT @47news: 親子グマ射殺に抗議殺到 http://bit.ly/9TKUdn
17:51 from Brizzly
[「交渉権」か、冷静だな。そりゃそうだよな。東京人にとって北海道なんて外国みたいなもんだろうし。 RT @nikkansportscom: 佑ちゃんは日本ハムが交渉権/ドラフト http://bit.ly/9URXAt
18:33 from web (Re: @tmhide
@tmhide あわわ、大丈夫ですか? 事故は気が重くなりますね。
18:41 from HootSuite (Re: @hatta1972
@hatta1972 彼自身がテレビカメラの前に姿を見せないのが気になりますね~。やはり、あまり北海道には来たくないのかなあ。
19:07 from web (Re: @powder_rain
@powder_rain いいなあ。わしもニューマン見たいです~。
20:55 from HootSuite
【あす終了】●阿地信美智展=10月1日(金)~29日(金)9時~5時、土日祝日・7日休み、北海道文化財団アルテポルト(札幌市中央区大通西5 大五ビル3階)。どこか懐かしいふしぎなインスタレーションを制作する札幌の作家。09年の個展→ http://ow.ly/2R3Hj
23:42 from goo
ブログ「北海道美術ネット別館湧別のパブリックアート(4) 宇多花織「風の子たち」 #goo_h-art_2005 http://blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/1940c710d03f74f34da4e447a2bb0010
23:48 from desktopxevo
あ~、きょうは飲む予定じゃなかったのにな。
23:50 from Seesmic Web (Re: @powder_rain
@powder_rain そうですか? わたし、と書こうとして間違っただけなんだけど…
23:51 from HootSuite (Re: @kohriyama
@kohriyama 来月、滝上にいらっしゃるんですね~、専務理事。
by akira_yanai on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オホーツク小さな旅(22) 山の水族館

2010年10月29日 00時03分06秒 | つれづれ日録
承前

 さて、以前も述べたとおり、北見市留辺蘂町の温根湯温泉地区(住所は、正確には、北見市留辺蘂町松山)には「山の水族館」という施設がある。
 水族館といえば、海の近くにある場合が多い(もちろん、新さっぽろとか池袋とか例外はあるんだけど)。
 この水族館は、山を強調して淡水魚ばかりを飼っている点が珍しい。

 売り物は、なんといっても、冒頭画像のイトウである。

 「幻の魚」といわれ、昔は1~2メートルの大魚が北海道の原始河川にひそんでいたらしいが、いまは絶滅危惧種といわれている。

 


 ニジマスやヤマベなどもいる。




 温泉のマチらしく「温泉水族館」という建物が併設されており、温泉で暖まった水で熱帯のピラニアなども飼っている。
 こいつはナマズ。でかい。




 「エンドリケリー・エンドリケリー」という、なんだかキンキキッズの片割れみたいな名前の魚。
 3匹並んでたいへん行儀がよろしい。




 もちろん、これ以外にもいろいろな魚がいる。
 規模は室蘭ぐらいだろうか。網走のオホーツク水族館よりは多種の魚や亀がいるように思う。

 しかし、筆者が行ったのは、魚を見るためではなく、水族館に併設された「郷土館」の或るものを見るためであった。
 その、或る展示物とは…(と、最近の民放テレビのようなあざといつなげ方だなあ~)。




・北海道北見バス「温根湯」から750メートル、徒歩10分

□山の水族館 http://www.city.kitami.lg.jp/seishonen/jidoukan/jidookhotsk/suizokukan.htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湧別のパブリックアート(4) 宇多花織「風の子たち」

2010年10月28日 23時41分27秒 | 街角と道端のアート
承前

 次は、湧別町文化センター「さざ波」の南隣にある町立図書館の前にある野外彫刻。

 子どもたち5人をいきいきと表現した大がかりな作品だ。







 同じ子たちを、反対側から見てみる。
 

 東京造形大のサイトによると、宇多花織(かおる)さんは…

 1961年東京都生まれ。東京造形大学造形学部美術学科卒業。新制作協会彫刻部会員。

ということらしい。

 函館駅前の近くに、「函館の妖精・夏」「函館の妖精・冬」が設置されている。
 筆者も見ているはずなのだが、ブログにアップしていない。ブログ「散歩日記 X」に「函館の彫刻あれこれ」というエントリがあるので、リンクをはっておこう



この項続く
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Yellow Rain

2010年10月28日 08時22分40秒 | つれづれ日録
 水たまりが凍り、道端の草に霜がおりています。

 街路樹のイチョウが落葉し、まるで黄色い雨のようです。

 寒い朝です。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加