北海道美術ネット別館

美術、書道、写真などの展覧会情報や紹介。毎日更新しています。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメントはお気軽に。

2016年3月の主な展覧会

2016年03月31日 23時54分59秒 | 主な記事へのリンク
 毎月の展覧会紹介(評)の一覧を復活します。

 2016年3月のおもな展覧会の記事へのリンクです。
 書き終わっていないエントリには、まだリンクがはられていません。

 ■■は、エントリ更新時に開催中の展覧会を、■はすでに終わった展覧会です。
 カテゴリー分けは暫定です。


現代美術
「ひかりの連鎖」第3期 今村育子
フィオナ・タン ― どこにいても客人(まれびと)として
谷口明志展
■干場良光〔残片に聞く2016〕―bricolage2.0より
土岐美紗貴「transparens」
“A Study on Yohaku-no-bi, audio visual Installation for a tea house” メラニー・ヴィンドル(Melanie Windl)「余白の美について 茶室のためのオーディオヴィジュアルインスタレーション」

絵画・版画
北海道教育大学岩見沢校 日本画研究室展覧会 いわならべ
■川本ヤスヒロ展
三角帽子展
河瀬陽子小品展―光をもとめて
■The Songlines
“Good Night,Idiot”(おやすみ、おばかちゃん。) 金浩釩 ジン・ハオファン(Jin Haofan) 
■風間雄飛展

工芸・クラフト
慶祝 いつまでもつながるおめでとう
陶芸作家・onna・四人展


幕末の三筆・貫名菘翁(ぬきなすうおう)展

写真
大友真志展 Mourai
洪美熙写真展「日本の夜明け」
EX 14th と札幌の学生写真 Sapporo area university exchange photo exhibition
ぼんち展 きら☆きら☆キラリ
光の音 影の香り~確かにそこにあるのに存在しないモノ~ ……五つの個性が交差する… CROSS ROAD Photographic Exhibition

複数ジャンル
アートのことば―マグリット、ライリーから宮島達男
平山郁夫展―遥かなるシルクロードと北海道
■「さとぽろ」発見 大正 昭和・札幌 芸術雑誌にかけた夢■「さとぽろ」とその時代
モーション/エモーション 活性の都市
益村信子個展 part21 森羅万象
星町月春待月 本田征爾の世界展
HOKKAIDO EXHIBITION 2016 Loop -spin off-
行動展北海道地区作家展
TURNER AWARD 2015
第三次 地下之会展 たぴお礼讃
はらださとみ展 spring to mind キオクサレテイル
コメント

■陶芸作家・onna・四人展 (2016年3月15~26日、札幌) ―3月26日は8カ所(3)

2016年03月31日 22時22分22秒 | 展覧会の紹介-工芸、クラフト
承前

 紹介が遅くなってしまったけど、ギャラリー粋ふようが企画した、女性陶芸家の4人展。まさに、いま活動中の顔ぶれで、なかなかの人選だと思った。
 ギャラリーの加藤さんによれば、小泉満恵さん(札幌)と新林裕子さん(江別)に声をかけたところ、江別の福盛田眞智子さんと長畑ふみ子さんを誘ったとのこと。

 冒頭の画像は小泉さん。
 磁器作家として、北海道陶芸会のメンバーであるが、2014年に「乾杯を愉しむ公募展 クラフトで乾杯!」グランプリ賞と入選、先ごろは佐賀県で行われた「第五回陶ひなコンテストin有田」で最優秀賞を受賞するなど、他流試合にも積極的に参加している。
 
 磁器だけに、清楚で、透明感ある白さが映える。皿、茶碗、小鉢、ちいさなさじもある。
 筆者は青白磁と思ったが、小泉さんは「影青釉」といっている。

□小泉満恵サイト http://mitsuewebsite.jimdo.com/





 そのとなりは、江別市郊外で千古窯をひらいている福盛田さん。
 彼女も北海道陶芸会のメンバーであり、また、道内産の土を使った制作を試みている陶芸家の集まり「凍土会」の展覧会にも出品している。
 鉄分の多い土ならではの、ざっくりとした味を生かしたカップや皿などがならんでいる。


自然の恵みをいただく食卓 (2008)


 3人目は、江別市で「なな窯土裕陶房」をひらいている新林さん。
 毎年、札幌のギャラリー大通美術館で個展を開いている。



 なんといっても、繊細な筆による、ツユクサやハマナスなどの植物の絵付けが特徴。
 小皿などのほか、陶板画なども展示してあった。

参考□はしもと陶芸館のページ http://84mo10.com/tougeikan/sakka/yuuko/index.html
絵付けの陶器展「草花のうつわ」 (2015年)
2014年の個展(画像なし)
新林裕子絵付の器展 (2006) ※画像なし


 長畑ふみ子さんは、画家と陶芸家の二刀流である。
 線に迷いがなく、すばやい絵を描く人で、その思い切りのよさが陶芸、とりわけ陶板画にも反映していると思う。


ギャラリーモト in シェラトンホテル札幌 (2009)
長畑ふみ子の裸婦デッサンと風景スケッチ展 (2003、画像なし)
長畑ふみ子個展(2002、画像なし)

2016年3月15日~26日(土)午前10時30分~午後6時(最終日~4時)日曜休み
ギャラリー粋ふよう(札幌市東区北25東1)


□北海道陶芸会のページ http://www.hokkaido-pottery-society.org/

野の花が似合う花器 (2007)=福盛田さん、長畑さん出品

・中央バス「北26条東1丁目」から約170メートル、徒歩3分(札幌ターミナル、北5西1などから「02屯田線 屯田6の12行き」「22 あいの里篠路線 あいの里4の1行き」「34 35 36 篠路駅前団地線 篠路10の4行き」「39 ひまわり団地線 あいの里4の1行き」に乗車

・中央バス「北24条西2丁目」から約500メートル、徒歩7分(札幌ターミナル、北5西1などから「09 新琴似線 中央バス自動車学校行き」「14 花川南団地線 石狩庁舎前行き」「16 花畔(ばんなぐろ)団地線 石狩庁舎前行き」に乗車。帰路(上り)は「北26条東1丁目」から乗れます

・中央バス「北24条東1丁目」から約500メートル、徒歩7分
(東営業所―東豊線「元町駅」―北24条駅を結ぶ「元町線」)

・地下鉄南北線「北24条」駅から約800メートル、徒歩10分

コメント   トラックバック (1)

道立三岸好太郎美術館の2016年度の日程

2016年03月31日 01時11分11秒 | 道内美術館の日程
 道立三岸好太郎美術館(札幌市中央区北2西15)の2016年度「展覧会とイベントのごあんない」が届きました。
 送付いただき、ありがとうございます。

 展覧会は5本で、所蔵品展「三岸好太郎の世界」が四つ、特別展が一つという構成は変わっていません。

・第1期 詩情の花束 4月8日(金)~6月15日(水)

・第2期 昭和七年・札幌 好太郎がいた日々 6月23日(木)~8月21日(日)

特別展 三岸交響楽<オーケストラ>をめぐる人びと 9月3日(土)~10月19日(水)

・第3期 マ~ルとたんけん! ちいさなびじゅつかん 11月1日(火)~1月19日(木) ※12月29日~1月3日休み

・第4期 その名はミギシ 奔放なる天才 1月28日(土)~3月23日(木)


 「三岸交響楽」は、好太郎後期の代表作「オーケストラ」をめぐる展覧会。
 「前衛表現に触発された時期の画風を示すと同時に美術、音楽、建築などをはじめ、多くの芸術家仲間との交流から生み出されたものでした。大正―昭和初期の東京や札幌における芸術家のネットワークを、作品と関連資料を通じて紹介し、音楽を絵画で表現しようとした三岸好太郎の創造の背景を探ります」
とのことです。

 しかし、今回「ごあんない」でいちばん目を引いたのは、裏面に英語、韓国語、中国語(簡体字)の簡単な説明が記されていたことです。道内の美術館のリーフレットでは、初めてではないでしょうか。

 札幌も「国際芸術祭」を開き、多くの観光客を受け入れている以上、情報を海外の言語で流す必要性はますます高まっています。
 今後は、作品キャプションなどの英文表記なども、順次行っていってほしいと思います。

 なお、2016年度も、「オリジナル・スイーツ・デー」は4月23日、7月22日、12月上旬、2月上旬の計4回予定されていあす。
 また7月1日(金)は開館記念日で無料開放です。




・地下鉄東西線「西18丁目」4番出口から750メートル、徒歩9分

・中央バス、ジェイアール北海道バス「道立近代美術館前」から500メートル、徒歩6分(札幌駅や北1西4から乗って、手稲、小樽方面へ行く大半のバスが停車します。ただし、北大経由小樽行きは除く)

・ジェイアール北海道バス「桑11 桑園円山線」(JR桑園駅-円山公園駅-啓明ターミナル)で「北3条西15丁目」降車、約170メートル、徒歩3分

・市電「西15丁目」から770メートル、徒歩10分


 関連記事へのリンク
道立三岸好太郎美術館をてこ入れ。北海道アートギャラリー構想
2015年度日程
コメント

3月30日(水)のつぶやき その2

2016年03月31日 00時55分04秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

NHKシブ5時に坂本龍一さんが出てる。非公式さんがツイートしてないのは珍しい。


「保育園落ちた」の国会質疑で「匿名だよ」とヤジった自民・菅原氏が国会を休み、愛人とハワイ旅行
副大臣なのに大丈夫?と心配する女性に「嘘を申請したから大丈夫」

東京9区の菅原議員(@sugawaraisshu)弁明のしようもないですねtwitter.com/shukan_bunshun…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 152 RT

どうも~、「やまやま」が楽しかったです。 RT @yuhi_kazama: @akira_yanai 梁井さん 見に来ていただきありがとうございます!
在廊しておらず残念です。


アムチョコ12周年[コロブチカ]プレゼンツ
4/15-30 manacamonaca 個展『PINK』
4/16,17は似顔絵屋さんも! pic.twitter.com/C3TaGELtBs

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 9 RT

バース、このままでは第二のケロッタ、もといクロッタになるのでは…。 #lovefighters

1 件 リツイートされました

札幌【あすまで】名画の小部屋vol.55 彼方アツコ―小さな銅版画=3月2日~31日(木)10am~(土日月7pm、カフェ北都館ギャラリー(西区琴似1の3 hokutokan.jimbo.com )。wind.ap.teacup.com/achiko/ おしゃれな版画


札幌【あすまで】幕末の三筆。貫名菘翁(ぬきなすうおう)展=1月13日~3月31日(木)10am~5pm、火休み、小原道城書道美術館(北2西2 セコム損保札幌ビル2階)。一般300円、大学生以下無料。蘇軾「赤壁賦」六曲屏風など書と水墨画44点。流れるような行書の美。現代書にも影響

1 件 リツイートされました

ブログを更新しました。「caffe えれめんと/タペストリーへの行き方 ―3月26日は8カ所(2)」 goo.gl/ZbIUBt

1 件 リツイートされました

ブログを更新しました。「道立三岸好太郎美術館の2016年度の日程」 goo.gl/hBv8Xz


コメント

3月30日(水)のつぶやき その1

2016年03月31日 00時55分03秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

2016年北海道国際芸術祭募集要項

2016/09/01~2016/10/31の期間内に
北海道内で行われるテーマに沿った提携アートイベントを広く募集します。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 6 RT

別冊太陽。「フランスのガラス工芸の二大巨匠による華麗で多彩な作品のカラー写真や関連資料などでジャポニスムの精華を紹介した最適な入門書」
⇒山根郁信編『ガレとラリックの工芸』平凡社 heibonsha.co.jp/book/b222464.h…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 4 RT

"立原杏所、エミール・クラウス、ドレスデン逍遙、村の石碑、円空仏のありか、イェーテボリのラファエル・コラン…。美術作品について、実物を自分の目と意識で見る作法を述べる":大室幹雄『美術のありか 路傍から現代美術館まで』 honto.jp/netstore/pd-bo…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 6 RT

森美術館で開催された『村上隆の五百羅漢展』は作家本人曰く「生前最後の大規模個展」。まだ54歳なのに。その理由について「森美術館の展覧会予算は(時価評価額が尋常でない)作品の保険代だけで消えた」(横浜美術館でのトークより)。スポンサー探しも、作家の持ち出しも限度があるのだろう。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 112 RT

北海道新幹線、またながーいカウントダウンがスタート… pic.twitter.com/CZbA96UWfK

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2218 RT

【お知らせ】映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の公開日が6/25(土)で決定いたしました!これまで応援してくださっていた皆さまに感謝しつつ、これからも #トゥーヤング をよろしくお願いいたします!/宣伝キラーT tooyoungtodie.jp

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 11225 RT

アイヌ語民話のデータベース ネットで公開 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2016…

7 件 リツイートされました

【今日から開催】3/30(水)~4/3(日)「第30回 北海道墨人展 -井上有一・森田子龍 遺作展示-」
10:00~18:00(最終日16:00迄)/会場:1階 第2展示室/内容:書道/
入場料:無料

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

【今日から開催】3/30(水)~4/3(日)「第67回 札幌墨象会展 併催 新井狼子・佐藤大朴・塩田慥洲 遺作展」
10:00~18:00(最終日16:00迄)/会場:2階 第4~5展示室、展示ホール1~2/
内容:書道/入場料:無料

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

今週、札幌市民ギャラリーの書展には行かなくちゃ。二つの書展のメンバーもさることながら、特別陳列の遺作に期待。

1 件 リツイートされました

子育て支援支出(対GDP%)の国際比較(2011年)
出典:OECD Family Database PF1.1 Public spending on family benefits
oecd.org/els/family/dat… pic.twitter.com/s3AQTiW2bI

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 23 RT

真田丸スタッフ 大泉洋のカレーに飽き吉田羊のカレーを待望│NEWSポストセブン news-postseven.com/archives/20160… #postseven

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 7 RT

札幌は風が強く、雨も少し混じる悪天候。傘がすぐにおちょこになってしまう。


北24条の画廊喫茶チャオで、写真5人展「CROSSROAD」。今晩10時まで。女性モデルの存在感ある写真、心象風景のような作品、静物画を思わせる青い花瓶の作品など、多彩な15点。キャプションを一枚の紙にまとめてすっきり見やすい。 pic.twitter.com/QHUrSwXL4V

4 件 リツイートされました

札幌市北区北24西8 salon cojica で風間雄飛展。
淡い色調の、茫漠としたシルクスクリーンは変わっていないが、「やまやま」と題した山の連作があったり、キスシーンを描いたように見える作品もあり、幅が広がった感。2日まで。 p.twipple.jp/xazl3

5 件 リツイートされました

@akira_yanai アカウント名変更に伴い、アカウントを移行いたしました。ご紹介していただいたのに申し訳ありません。今後ともよろしくお願いいたします。新アカウントはこちらです@gallery_puru

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

人は、なぜ、ある「大義」につこうと思うのでしょうか。いろいろな解釈があり得るでしょうが、個人的な行き詰まりというのも大きいように思います。人生がうまく行かない、袋小路である。だからこそ、立派に聞える物語に身を捧げようとするのではないでしょうか。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 168 RT

中学生のころ、癖っ毛なのに、先生から「頭髪の乱れは心の乱れだ」と言われたので、「では、頭髪の不足は心の不足ですか?」と聞いてしまい、エラい目に遭った。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 24914 RT

【明日から】近美コレクション「春の名品選ーガレ《鯉文花器》他/女性たちのエコール・ド・パリ/新収蔵品展/この1点を見てほしい。/ふれるかたち」3月31日~6月23日。北海道立近代美術館
machinakaart.com pic.twitter.com/HXi8qr2lFO

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 3 RT

【これから】齊藤智仁「123」展 《第2章》123を描き続ける男 bit.ly/22ZV2D0 身体表現で培ってきた哲学を基礎に数字「123」を使い様々な作品を4月2日から展示。会期中に「123」タイツも発売開始 pic.twitter.com/DsC4S2pn9C

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 5 RT

【本日まで】Okoimatsu 個展「誰かのあとで少し見える」3月17日~30日。12:00~19:30。シンビオーシス(南2西4)油彩、ドローイング、コラージュ、各数点を展示。
machinakaart.com pic.twitter.com/4A6FG67rz1

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

大人のおっさんが逃げようと思えば逃げられるクソ職場から逃げ出さずに首吊ったりしてるのに女子中学生に自主的脱出を求めるの無理あるでしょ

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 6889 RT

4月2日は14時より「こどもとアート!!」を開催します。絵本作家あべ弘士さんと一緒に工作して遊びませんか?今回はゴリラを作って遊びます!

お申込みお問い合わせは0166738289ギャラリープルプルまでお願いします。 pic.twitter.com/NechOZjK41

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

コメント

caffe えれめんと/タペストリーへの行き方(アクセス) ―3月26日は8カ所(2)

2016年03月30日 23時33分37秒 | ギャラリー、美術館への道順
承前

 次の目的地は、手稲区前田のcaffe えれめんと(eは、アクサングラーブつき)。

 札幌の南の端に近い場所に住んでいる筆者にとっては、市内で最も遠いギャラリースペースといっても過言ではない。

 前回のときは、当てずっぽうに行って帰ってきたので、今回は事前に道順を調べてから行った。




 「えれめんと」の近隣にはいろいろな系統のバスが走っており、停留所もいくつもある。
 それを網羅するのはたいへんだし、2時間に1本しかない路線について紹介してもあまり意味がなさそうなので、ふだん手稲区には行かない筆者のような人間にもわかるような情報を書くのがいいと思う。
 
 手稲区以外から「えれめんと」に行くアクセスとしては、手稲までJRを利用し、手稲駅北口で

・手稲・麻生線[麻41] 地下鉄麻生駅行き
・手稲線[43] 花畔ばんなぐろ行き
・手稲線[宮47] 花畔行き、花川南5条1丁目行き

のいずれかに乗り「前田9条10丁目」でおりる。
 バスの所要時間は11分で、わりあい近い。
 運賃は190円。手稲駅北口からの路線は対キロ区間を走るので、190円が初乗りで、その後どんどん高くなっていく。

 バスは、手稲と石狩市をむすぶ「石狩手稲通」という幹線道路を走る。
 ロードサイドショップがたち並ぶ、いかにも郊外っぽい沿線風景である。

 前田9条10丁目でおりて、白いビルの角を左折し…。

 そのまま直進して、住宅地の中を300メートルほど行くと…。

 右手に現れるオレンジ色の家が、めざす「えれめんと」である。

 靴を脱いであがるので、普通の民家に入っていくような感じ。
 月替わりで作品展を開く画廊喫茶でもあるが、壁面の長さもあり、展示点数は少なめだ。

 その代わり(?)、本がけっこうある。
 小説の文庫本のほか、画集なども並んでいる。
 筆者は、サンドイッチを食べた後、北浦晃さんの画集を眺めていた。

 カフェとしては有機栽培の野菜などを使った料理が目玉のようだ。

 帰路は、同じ停留所(前田9条10丁目)から、手稲駅北口ではなく、麻生駅をめざす。

 バスは新川を渡る。左手に、札幌手稲高校がある。
 そのうち、家が減って酪農地帯になるが、石狩市に入るとふたたび住宅地になる。
 左手に、どこかで見たスーパーマーケットが現れたと思ったら、毎年ライジングサン・ロックフェスティバルに行く途中で必ずといっていいほど買い出しをするラルズプラザであることに気づく。

 バスは右折し、藤女子大花川キャンパスと紅葉山砂丘の前を通る。
 それから、安春川に沿った道に左折する。
 ということは、どう考えても、遠回りというか、大回りをしているのだ。
 バスは、新琴似の昔ながらのメーンストリートである四番通に入り、麻生駅へ。

 終点でバスを降りるとき、思い切りつまづいて転んでしまった。

 凍ったつるつる路面ならいざ知らず、何もないところで転んでひざを打ち、両手を地面についたことに、手や脚の痛みよりも
「おれは年を取ったな」
という精神的なダメージのほうが大きかった。

 ただし、あとで靴を見ると、つま先がぱっくり割れていて、転んだ原因は人間の老化ではなく靴の老化であることが判明し、ホッとしたのであった。


 この日、3カ所目の行き先は、カフェ・タペストリー(北区北40西5)。




 初めて行く画廊喫茶で、アトリエBeehiveの工芸品を販売していたり、絵を展示していたりする。

 地下鉄南北線麻生駅の5番出口から、右(南)に進み…。

 最初の角を右に入って、生活道路へ。
 すると、すぐに「TAPESTRY」の看板が見えるので、これは迷いようがないと思う。

 この看板のすぐ裏に、店がある。

 店内では絵画5人展が開かれており、本田滋さんの油彩の近作も4点展示されていた。
 「芽吹きの河畔路」は、山の手ギャラリー近くの琴似発寒川の風景だと思う。かつての派手な配色は影を潜め、鮮やかながらも落ち着いた色合いが、その場の空気感を伝える。
 「創成の風唄」は、国道231号の、北区屯田附近のポプラ並木を描いているのだろう。垂直の木々とオレンジの夕空がリズムを生んでいる。

 コーヒーで一息。

 4カ所目の行き先はギャラリー粋ふよう。

 麻生駅から北26東1までバスで行こうともくろんだが、麻生駅のまわりは停留所が多すぎて、どこから乗ればいいのかさっぱりわからない。
 歩いているうちに、着いたバス停が「新琴似7条1丁目」。間違えたかと思ったが、乗ろうと思っていた「麻14」の中央バスがちょうどやって来た。

 この次の麻生町5丁目(地下鉄麻生駅)の停留所は、麻生の五叉路から石狩街道を結ぶ斜め道路にあった。

コメント

3月29日(火)のつぶやき その2

2016年03月30日 00時55分23秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

富士フイルムフォトサロン札幌で前川貴行写真展「Great Apes 森にすむ人」。ゴリラやチンパンジーなど類人猿の迫力たっぷりのカラー43点。むしろ人間よりも表情が哲学的だったりユーモラスだったりする。
明日まで。珍しく撮影可。 pic.twitter.com/zouVe6UcUn

4 件 リツイートされました

まさかこの犧飛で終わりなんてことはないよね。スミイチはやめて #lovefighters


札幌【あすまで】山本稔 個展「MINORITYが世界を救う。」=3月1日~30日(水)11am~7pm、月(21日除)・22日と第3火曜休み、クラークギャラリー+SHIFT〈中央区南3東2 MUSEUM clarkgallery.co.jp )。札幌のグラフィックアート

3 件 リツイートされました

『東アジアにおける〈書の美学〉の伝統と変容』神林恒道・萱のり子・角田勝久/編ur0.pw/sYr3が出来上がりました。店頭には5日頃。

「書は美術か否か」。小山正太郎と岡倉天心の論争を起点に、日中韓、そして欧米の研究者が「書く」ことの美を問う画期的論集。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 9 RT

blog更新。「■ぼんち展 きら☆きら☆キラリ(2016年3月15~27日、札幌) ―3月26日は8カ所(1)」 goo.gl/2aMxZy

4 件 リツイートされました

新年度の予算、復興予算が3兆円で国防予算が5兆円か。なんだかな。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

糸井がトンネルww まだ六回裏やってんのかww RT @lllll_fighters: 6回裏 市川 タイムリーエラーでランナー生還 日13-3オ #lovefighters pic.twitter.com/T1V4rBHxN7

1 件 リツイートされました

グループ展「残酷画展」
5/13金~18水
出展者・青鬼紫杏、伊藤将人、えいぢょう、北國小雪、釘ヲ腐ル血、コツツボ、タノヨシヒロ、DAMA、奈月、飴屋晶貴
於・NECCO (札幌市南1西12 AMビル4階) pic.twitter.com/NLEYv6JOhd

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 16 RT

よけいな憶測が被害者を何度も何度もなんども陵虐する可能性を考えたら暫くは黙るしかない。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 10 RT

そういえば、東藻琴の佐々木旅館が解体中ということらしい。一度泊まり掛けで、シバザクラを見に行きたかった。もう一度、山菜の天ぷらを食べたかった。

2 件 リツイートされました

コメント

3月29日(火)のつぶやき その1

2016年03月30日 00時55分22秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

ブログを更新しました。「さらば大同ギャラリー」 goo.gl/4BGNaO

5 件 リツイートされました

「日本死ね」に対する日本政府からの回答。「保育士死ね」

待機児童解消へ 保育士1人が担当する子どもの数で緩和促す方針(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 3247 RT

@Junya_to_you つか、デパートなど大型店はほとんど撮影NGですよね。ヨドバシは、先日撮影OKの表示を見てびっくりしました。


仲良くなったばかりの頃のようにお互いの育ってきた環境や身の上、少々突っ込んだ自分の考え方などを披露しあうような、しょうもないことにもお互いにほうほうと大袈裟にうなずいてしまうような、そういう酒場デートを奥さんとしたい

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 6 RT

【明日から】中西揚一展「ANGEL HOUR」3月29日~4月10日。10:30~22:00(日曜20:00まで)ト・オン・カフェ(南9西3)
machinakaart.com pic.twitter.com/rZPVwQ85oU

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 5 RT

@kawa_sanpo なお、札幌~網走、札幌~稚内の特急に車内販売はありません。乗る前に水・食料・酒・ツマミを確保しなければ、禁酒・断食・断水という実に健康的な、人によっては禁断症状にうなされる5時間程のひとときを過ごせます。
jrhokkaido.co.jp/network/syahan…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 7 RT

安保法は施行されてしまいました。
しかし、それだからと言って声を上げるのをやめることには繋がりません。
おかしいことにはおかしいといつでも声をあげなければいけません。
まずは、あした国会前へ。 pic.twitter.com/zxo7rvBtMl

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 319 RT

ラホールでの爆発について、自分のTLではほとんど誰もつぶやいていない。それでいいのかなぁ。


『思想』4月号発売中です.今月の特集は「神経系人文学の挑戦」.美を感じるとき,脳では何が起こっているのか? ドイツの動向を中心に,美学・文学と神経科学が交錯する新たな探究領域に切り込みます.ブレーデカンプは4月に来日講演予定です.? iwnm.jp/shiso

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 42 RT

東近美工芸館の「移転に違和感を持つ人は皆無」という知事の話が紹介されているけど違和感しかないし、何度読んでも完成度の高い虚構新聞に思える(思いたい)。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 5 RT

@Junya_to_you なるほど…。しかし「言わなくても分かる」ことは、これからだんだん減っていくでしょうから、やむを得ないかもしれないですね。


3/29(tue) COJICA COFFEEオープンしてます。

雪もあまりなくなって気持ちいいですね。
今週もCOJICA COFFEE始まりました。

本日は大変申し訳ありませんが、16:30ラストオーダー、17:00クローズになってます。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

おはようございます!
明日30日(水)より「第30回 北海道墨人展」と「第67回 札幌墨象会展」を開催いたします。
なお、本日29日(火)は展覧会準備のため会場内は非公開となっておりますのでご了承ください。ちなみに1階喫茶「カフェ・リバー」は通常通り営業しております。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

美術館で男性のうんちくに「すごーい」って言えない。でも、結婚したい。 | GLITTY glitty.jp/2016/03/053449…
★「美術館のうんちくを受け流すかきくけこ」に爆笑。かっこいいね~/きれいだね~/くわしいね~/けっこう人いるね~/この画家、こんなのも描くんだ~

3 件 リツイートされました

きょうは少し早帰りできるかも、なんだけど、エスキスや北都館は休み、cojicaは早じまい、年度替わりでやってない美術館も多いし、どうしようかな。


夜中に閃いて物凄い興奮して書いたメモ。朝見るとションボリします。芸術家たるもの思いついたアイデア全てを直ちに書き留めておくべきだとセザンヌが言っていましたがそれは間違いです。#山田康雄 #ショパン pic.twitter.com/kZO5IL29ct

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 110 RT

憲法の議論では「ドイツは何度も変えている」とよく語られるが、ドイツ連邦軍は先の大戦の反省から、兵士が「上官の命令に絶対服従」という原則に拘束されず、非人道的と思う命令には従わなくてもよいという「抗命権」が存在する。自衛隊法には同種の条文はないので、安倍晋三司令官の命令に絶対服従。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 191 RT

#BREAKING Hijacked Egyptian airliner lands in Cyprus: state TV

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 289 RT

エジプトエア乗っ取りか。でも、なぜキプロスを目指すんだろう? RT @BBCBreaking: Egyptair airliner is hijacked after leaving Alexandria(…) in Cyprus… bbc.in/1RMuS4K


キプロス着陸。1人は武装してるらしい。 RT @BBCBreaking: Hijacked Egyptair plane:
- Forced to land in Cyprus
- Reports one man "armed"
bbc.in/1XZIsjM


3/31(木)は、昨年9月に閉幕した「混浴温泉世界」の報告会を開催!過去3回にわたって開催してきた「混浴」を振り返るとともに、今後の構想をいちはやくお伝えします。18:30より元町公民館にて/入場無料/予約優先/詳細はコチラ>>bit.ly/1LI5PgX

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 5 RT

旭川・買物公園にあるギャラリープルプル @galley_purupuru がTwitter を開始したようです。人気絵本作家、あべ弘士さんの原画を紹介するなど、ユニークな活動を続けるギャラリーです。

3 件 リツイートされました

ハイジャック機、乗務員と5人の外国人を除き全乗客が解放されたとのこと。 twitter.com/BBCBreaking/st…

1 件 リツイートされました

こちらこそよろしくお願いします。旭川のギャラリーでTwitterは初めてだと思うので、期待してます! RT @galley_purupuru: Twitterを通じて活動をご案内していきます。よろしくお願いいたします! twitter.com/akira_yanai/st…

1 件 リツイートされました

コメント

■ぼんち展 きら☆きら☆キラリ(2016年3月15~27日、札幌) ―3月26日は8カ所(1)

2016年03月29日 21時08分00秒 | 展覧会の紹介-写真
 以前も書いたが、朝一番に訪れるギャラリーとして札幌市資料館を選ぶ場合が多いのは、午前9時から開いているからである。

 バス、地下鉄を乗り継ぎ、西11丁目で降りて、資料館へ向かった。

 大通公園にはまだ多くの雪が残っている。
 園内の残雪は、市民雪像を壊したあとの雪がそのままになっているからだろう。
 これらの雪がなくなるのも時間の問題だ。
(札幌の積雪も、28日にゼロになったし)

 館内では三つの展覧会が開かれていた。お目当ては「ぽんち展」。
 毎年2月か3月に資料館で開かれている写真のグループ展だ。
 札幌では、野生動物や美しい風景などの写真展が数多く開かれ、気合の入った作品が発表されている。その一方で、この「ぽんち展」のように、純粋に写真を楽しんで、ゆるい感じで毎年発表している人たちは、非常に少ない。そこがぽんち展の良さだと、筆者は勝手に考えている。
 今年で13回目。はじめのころ赤ちゃんだった大友さん夫妻のお子さんはもうかなり大きくなり、きょうだいも3人になって、うたた感慨を禁じえない。プリントが巨大なのは、あいかわらずである。
 かつてはコスプレ写真などを出していた福本昌史さんは、今回は美しい木の写真や、離島の廃屋をとらえている。
 女の子写真を出していたのは藤川弘毅さん。CDの破片のような変わった髪飾りをいくつもつけているモデルで、背中合わせに別の女性が、向こうを向いて立つ。
 氏家さんは、竹林や店先の写真。古道具屋が楽しい。
 神田心さんは、新興住宅街にさす太陽をとらえた1枚が好き。雪が積もっているけれど、この光の具合は、春が近いことを示している。
 岡島貴衣さんは(おそらく)東京の風景を大小8枚の正方形のプリントにまとめた。右下、上りのカーブの奥に夕空が光っている1枚が、東京でもこんなに地平近くまで空が見えるところがあるんだ~と思って、感心した。どんなにぎやかな場所を撮っても、なんだかさびしげなのは、この人らしいと思った。


2016年3月15日(火)~27日(日)午前9時~午後7時(最終日~午後5時)、月曜休み
札幌市資料館(中央区大通西13)

ポンチ展 (2014年)
ぽんち展6「乗り降りポンチの逆襲」(2009)
ぽんち展5「街」 (2008年)
ぽんち展4 食べる前に、撮る! (07年)
ぽんち展3(06年)


コメント

さらば大同ギャラリー

2016年03月29日 01時31分49秒 | 情報・おしらせ
(長文です)

 すでにこのブログでもお伝えしたとおり、札幌では老舗の貸しギャラリーである「大同ギャラリー」が3月29日限りで営業を終えます。

 ギャラリーが入っている、中央区北3西3の大同生命ビルが、老朽化のため建て替えとなるためです。
 新しいビルは2019年完成の予定とされています。

 2015年7月1日の北海道新聞経済面には次のように書かれています。

現在のビルは1975年8月に完成し、地下2階、地上12階建て。鉄骨鉄筋コンクリート延べ床面積約1万3600平方メートル。建築家の故黒川紀章氏が設計したことで知られ、飲食店やオフィス、ギャラリーなどとして活用してきた。

 同社はビルの老朽化に加え、耐震性の強化や災害時の電力供給能力を高めるため、建て替えを決めたという。

 このビルが完成したときには話題になりました。
 3、4階の壁が外されたようになっていて、木が植えられているのが外からでも見えるのです。いわば空中庭園です。
 また、今となっては信じがたいかもしれませんが、1975年当時、11階よりも高いビルは札幌市内には、市役所など数えるほどしかなかったのです。大同生命ビルは屈指の高層ビルだったのです。

 大同ギャラリーは、その3階と4階にあります。

 空中庭園のほかに、特徴として、地下から3階のギャラリー入り口まで続く螺旋 ら せん階段があります。
 ビルの正面、すなわち南西側の、北3条と駅前通が交差する十字路に面した側に、大きな円筒があり、螺旋階段はその中にありました。

 螺旋階段の入り口の右側には、ギャラリーの日程が表示されています。
 自動ドアから入ると、すぐに螺旋階段になっています。

 なお、郵便局など1階のテナントや、エレベーターに通じる出入り口は、東側に別にありました。

 階段の途中に、2階のテナントに通じる入り口があります。

 てっぺんが空中庭園です。
 どちらかというと北3条通側の方が長く続き、バルコニーのようになっています。
 大同ギャラリーの出入り口もあります。左手には、本郷新の彫刻「鳥を抱く女」が置かれています。

 出入り口を入ると、左側に、4週間分の予定が貼ってありました。
 予定を掲示するギャラリーはいくつかありますが、札幌でこんなに本格的な予定表掲示板があるギャラリーは、「大同」とさいとうギャラリーぐらいなものです。

 中に入ると、こんな感じ。

  大同ギャラリーの最大の特徴は、中がメゾネットになっていることでしょう。

 下のフロアの手前の部分が、吹き抜けになっています。
 上のフロアには、内部の階段から上ります。
 左側の画像に見えています。壁は大理石で、重厚な感じです。

 上下のフロアを、同じ展覧会で使っている場合もあり、別々の展覧会で借りている場合もあります。

 下のフロアの芳名帳は、入り口と階段の間の、左側の壁に沿って、置くことがほとんどのようです。

 上のフロアは、螺旋階段では行けませんし、エレベーターもとまりません。
(搬入搬出に使う業務用エレベーターは4階にもとまります)

 画像は、4階から見た吹き抜け部分。
 窓を通して、空中庭園の木の枝が見え、その奥には、札幌のメーンストリートである駅前通(4丁目通)が見えます。
 また、右下に見えるのが出入り口。
 北海道によくありますが、扉が二重になっています。外側は自動ドア、内側は手で押すタイプのドアです。
 ドアとドアの間に、前述の予定掲示板があります。

 左下は、エレベーターホールへと続く、窓際の通路につながっています。


 通路は、ギャラリー3階の壁と、大きなガラス窓に挟まれており、そのさらに外側が、空中庭園のバルコニーです。
 通路の壁には、美術展のポスターなどが貼られ、ガラス窓側の台の上には、案内状やチラシなどが置かれています。


 庭園の茂みの中には、峯田敏郎さんの彫刻「唄う女」が、ひっそりと設置されています。


 エレベーターホール側(東側)にも、空中庭園への出入り口がありますが、近年は施錠されていたようです。

 さて、こうして見下ろしてみると、ギャラリーの中は無地のカーペットが敷かれていますが、その外側は、派手な文様で覆われていることに気づきます。

 2月にこの会場で個展を開いた益村信子さんから聞いたお話ですが、空中庭園と、この派手な床が、設計者の黒川氏がこだわった点だというのです。
 本来であれば、3、4階の床もこの文様になっているはずでした。
 しかし、この両フロアは当初別の用途につかわれており、少し遅れてギャラリーになったというのが益村さんのお話です。
 ただし、同ギャラリーのサイトには、オープンは1975年8月と記されております。

 たしかに、3階も4階も、壁に凹凸があるなど、ギャラリーのつくりとしてはちょっと変なところがあるのは否めません。
 4階の、控え室のように使われている空間と展示空間の間の壁も、いささか不自然ではあります。

 これは、最初は空中庭園が見える喫茶店か何かで、あとから壁をつけたのではないか。そのときに、ギャラリーに使うにはあまりにウルサイ床も改装したのではないか…。
 というのが、益村さんの見立てです。

 筆者は往時を知らないので、なんともいえないのですが。 

 メゾネット形式ですから、階段の踊り場にも絵がかけられるようになっていました。
 また、自然光がなんとなく入ってくることも、このギャラリーのひそかな人気の秘密だったと思います。
 吹き抜けのほうは、あまり活用されておらず、筆者が知る限り、1998年ごろの新道展企画展で、この空間に巨大なドローイングを展示したことがあったぐらいです。

 なお、大同ギャラリーは基本的に「貸し」でしたが、道展、全道展、新道展の道内3大団体公募展には毎年、企画が行えるように便宜を図っていたようです。




 ギャラリーの外側にある空中庭園です。

 先述したように、東側の出入り口が閉ざされてしまっていますが、かつて、東側のスペースには喫茶店がありました。そのころには、東側の入り口もあいていたと記憶しています。

 話は少しそれますが、ギャラリーのそばに喫茶店があるのはとても便利なことです。
 作品を見に来たお客さんに、自分たちで茶を入れるのもいいですが、近くの喫茶店にコーヒーをテイクアウトしてくれるように頼めるからです。また、お客さんと喫茶店に行って話に興じることもできます(グループ展なら、留守番の人が、何かあったらすぐに呼び戻せます)。
 かつては、スカイホールの階にも喫茶店がありました。エレベーターのすぐ前の空間です。
 また、札幌時計台ギャラリーの場合、となりのロックフォールカフェが、ときどきテイクアウトをしているようです。

 しかし「ギャラリー横の喫茶店文化」も過去のものとなりました。
 いまは、郊外のギャラリーがカフェを併設するというのが、よくあるスタイルとなっていますね。

 このスペースは、その後、「写真ギャラリー いとしさ」になったり、カートのお店になったりしました。いずれも短命におわり、この数年はずっと空いていたように記憶しています。
 
 さて、じつは筆者は、螺旋階段はあまり利用せず、もっぱらエレベーターを利用していました。
 2011年3月には、駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)が、大同生命ビルと直結しました。 

 札幌のギャラリーで、地下から直結で入れるところは、大同ギャラリー、キヤノンギャラリー、テラス計画などきわめて少数です。
 地下入り口に表示があるのは、大同だけだと思います。


 大同ギャラリーがオープンしたころは、札幌市内には、時計台、大丸(現スカイホール)、HBC3条ビルなど、限られたギャラリーしかありませんでした。
 札幌の「多ギャラリー化」(という語があるとしたら)の先鞭をつけたのが大同ギャラリーといえるかもしれません。
 毎週木曜から火曜まで(午前10時~午後6時)で、土日もあいているのも強みでした(もっとも、オフィス街なので、土日はお客さんは少なかったらしい)。借り賃も比較的安く、絵画、現代美術、工芸などさまざまな分野で好んでいた人たちは多いと思います。
(たとえば「New Point」とか、来年からどうするんだろう?)




 大同ギャラリーよ、ありがとう。さらば!


(もっと昔の話をすれば、この大同生命ビル前の交叉点は、駅前通から苗穂駅前行きの市電が分岐するところだったんだよな。ただし、西4丁目・山鼻と苗穂駅を結ぶ路線なので、札幌駅前から来て曲がることはできなかった。ビルの場所には「パーラー石田屋」というお店があって、パフェなどがおいしかったんだよね)


関連記事へのリンク
札幌時計台、たぴお、大同の各ギャラリーがない札幌アートシーンとはどんな世界なんだろう (2016年2月4日の記事)
ギャラリーたぴお、4月で終了
コメント (12)   トラックバック (1)

3月28日(月)のつぶやき

2016年03月29日 00時54分54秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

まあ、近代日本美術を確立したのが、黒田清輝じゃなくて、浅井や吉田だったら…というのは、誰でも一度は考えるよなあ。


札幌市資料館のSIAF関連行事で『さっぽろ天神山アートスタジオで開催中の展覧会』というチラシをもらったが、ジン・ハオファン(3月20~30日)、メラニー・ヴィンドル(3月25~28日)とのこと。両方見られるのはきょう夜9時までなので、いま天神山に向かっています。入場無料。

2 件 リツイートされました

@akira_yanai きょうは休館日ですが、裏口(平岸街道から来ると出前側)で事情を話すと入れてくれるとのことです。夜は交流会があるそうですが、ドイツ人女性作家の茶室のでのインスタレーションはおもしろかったです。


ブログを更新しました。「■メラニー・ヴィンドル (2016年3月25~28日)/金浩釩(Jin Haofan)=3月20~30日、札幌」 goo.gl/idZYg7

2 件 リツイートされました

大同ギャラリー、あす閉館です。 #Sapporo instagram.com/p/BDfO79AM9Hx/

6 件 リツイートされました

札幌【開催中】小林真澄展 Girl on a hill=3月10日~4月5日(火)正午~0am(日祝~9pm)、水曜・3月29日休み、カフェエスキス(中央区北1西23 @cafeesquisse )。札幌在住、少女の絵12点

2 件 リツイートされました

明日からチャレンジドアート展vol2!!搬入終了です!!大丸藤井にグッズが並ぶ日が来るなんて。。。涙
ぜひご来場ください!

チャレンジドアート&プロダクツ展 vol.2
日時:2016年3月29日(火)~4月3日(日)... fb.me/6rBie8Sk0

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

『平和のアート(彫刻)戦争の記憶―写真集 核のない未来へ 』藤田 観龍 (著)戦争犠牲者への哀悼と慰霊、戦争の反省と平和への祈念を込め、全国各地に建立されました。本書では、全国47都道府県の570点をカラー写真で紹介。【詳細はこちら】goo.gl/XfHu52

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

東京・外苑前【あすから】毛内やすはる early ocean=3月29日(火)~4月2日(土)10am~6:30pm(最終日~4pm)、オリエアート・ギャラリー(港区北青山2の9の16 orie.co.jp/gallery/ )札幌の造形作家 @ym0207 立体連作など

2 件 リツイートされました

札幌【あすから】●ぐる~ぷマルディ展●三木展~ 木のある/木になる/木ままな~暮らし 其の三=3月29日(火)~4月2日(日)10:30am~6:30pm(最終日~5pm)、さいとうギャラリー(中央区南1西3 ラ・ガレリア5階)

1 件 リツイートされました

コメント

■メラニー・ヴィンドル (2016年3月25~28日)/ジン・ハオファン(Jin Haofan)=3月20~30日、札幌

2016年03月28日 14時02分24秒 | 展覧会の紹介-現代美術
(画像は3月28日追加します)

 3月27日、SIAFラボと札幌国際芸術祭関連の行事のため、札幌市資料館を訪れた。その話は、後述する。

 いろいろなフライヤーをもらったが、その中に「さっぽろ天神山アートスタジオで開催中の展覧会」という紙があった。会期の項を見ると、片方が3月25日(金)~28日とある。
 げっ、あしたまでじゃん!

 天神山アートスタジオのアート・イン・レジデンス・ディレクター小田井真美さんにそのことを話すと、あす来てみたらと言われたので、午前11時半にうかがいます、ということに落ち着いた。

 天神山アートスタジオで開かれているのは、次の二つ。

“Good Night,Idiot”(おやすみ、おばかちゃん。) 金浩釩 ジン・ハオファン(Jin Haofan) ※釩は、かねへんに凡
=3月20日(日)~30日(水)午前9時~午後9時

“A Study on Yohaku-no-bi, audio visual Installation for a tea house” メラニー・ヴィンドル(Melanie Windl)
=3月25日(金)~28日(月)午前9時~午後9時


 ジン・ハオファンさんは、香港に近い深圳(しんせん。圳はつちへんに川)のアートセンターから派遣されてきた画家。深圳市は、経済特区に指定されて、広東省でも屈指の経済都市として知られる。
 画家は1月5日から4月2日まで滞在。最初は、まったく絵筆を執る気配がなかったそうなのだが、今月に入ってからやおらアクリル絵の具で描き始めたという。大きな作品は、A4ぐらいの普通のサイズの水彩紙をつなげている。
 「These Days I」などは、つららが描かれていたり、人の顔のまゆげに雪が積もっていたりして、冬の札幌の印象が反映されている。
 一方、「Idiot」などは、人間に対する不信というか皮肉というかわからないが、画家の心性をおおまかな筆遣いが反映しているようだ。

 それにしても、この会場でペインティングは珍しい。


  Windlさんはドイツのサウンドアーティストで、作品名の和訳は
「余白の美について 茶室のためのオーディオヴィジュアルインスタレーション」
となっている。
 天神山アートスタジオに、あまり使われていない茶室があることに目をつけて、シンプルな作品を設置した。「余白の美」が英文でも「Yohaku-no-bi」となっているのがおもしろい。日本らしい概念なのだろうか。
 見ていたら、作家が現れ、コンセプトの解説をしてくれた(が、英語なので、半分ぐらいわからない)。
 彼女は3月13~30日に滞在の由。

 一つめの部屋では、水の音と琴の音色によるサウンドが流れる。
 これは、余白の多い日本絵画のイメージ(水墨画などだろうか)に共通するものがある。

 二つめの部屋では、床の間に、掛け軸のかわりに、プロジェクターで植物が揺れる映像が投影される。植物は赤や白に明滅を繰り返す。
 このアートスタジオの周辺にあった植物とのことで、何という種類か尋ねたが、名前はわからないとのこと。しかし、小田井さんと話しているうちに、竹の近縁種のようだということに思い至り、どうやら「ササ」らしいということに落ち着いた。この場にはふさわしいようだ。

 最後の部屋には、細い木の枝を白く塗って、天井からつり下げるというインスタレーションを設置。
 枝ぶりは、書道の線が念頭にあったという。
 「集中して紙に向き合い、一気に仕上げるのは、すばらしい」
というようなことを話していた(ような気がする)。

 最後に彼女は、現代アートは理解できないと言って敬遠している人が多いが、感じるままに見てくれれば、というふうに語ったあとで
「でも、コンセプトについてたくさん話しすぎたかも」
と自分で言って笑っていた。知的で魅力的な方でした。


 小田井さん、ご協力ありがとうございました。
 ところで、小田井さんにきくと、天神山アートスタジオに滞在するアーティストは年間200人にも上るという。制作・発表の有無はアーティストに任されているので、全員が何らかの成果を発表したり残したりしているわけではないが、筆者の知らないところで、多くの営為がなされていることは間違いない。もう少し、こまめに足を運べたらいいと思った。



・地下鉄南北線「澄川駅」から約720メートル、徒歩10分
・同「南平岸駅」から約1キロ、徒歩13分

・地下鉄南北線中の島駅でじょうてつバス「環56」に乗り継ぎ「平岸1条16丁目」で降車、約560メートル、徒歩8分
コメント

3月27日(日)のつぶやき その2

2016年03月28日 00時55分07秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

さて、レタラを出て、札幌市資料館に向かいます。


【次回展】コレクション展 お母さん大好き! /4月16日~7月3日/10:00-17:00/一般300円/母と子の愛の姿をテーマに、本郷が制作した母子の姿を表現した彫刻作品やデッサン、写真資料を紹介。詳しくはチラシをご覧ください。 pic.twitter.com/aqvkcWGqa9

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 3 RT

【同時開催】In My Room vol.11 宮下真理子/4月16日~5月22日/道内を拠点に彫刻・立体表現を追求する若手作家の仕事を紹介するシリーズ。写真は宮下真理子《おぼろ月》2011年 樟、鉄 pic.twitter.com/ii5xoFyYRn

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 8 RT

#SIAF ラボの報告会、25分押しで、まだ終わる気配がない…。一石のシンポジウムもだいぶ遅れそう。


一石を投ずる、特別シンポジウムが始まりました! #SIAF

3 件 リツイートされました

札幌【あすから】水彩展IV=3月28日(月)~4月2日(土)10am~6pm(最終日~5pm)、札幌時計台ギャラリー(中央区北1西3 tokeidai-gallery.jpn.org


札幌【あすまで】河瀬陽子小品展―光をもとめて=3月23日~28日(月)10am~土日月7pm、カフェ北都館ギャラリー hokutokan.jimdo.com 芦別のベテラン。操り人形や女性を描く。09年の一線支部展→ ow.ly/Z7SkL

1 件 リツイートされました

改札口の駅員さんも「あ!乗ってきたの?一番?」とびっくり。他にいたか聞いたら後ろにいた駅員さんが「5名ほどいた」と教えてくれた。 #新幹線列島縦断 #北海道新幹線 #九州新幹線 ift.tt/1VNT72o pic.twitter.com/7yp4rTxRmC

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 4265 RT

吉田博ももうちょっと広く知られていい画家だよなあ。海外では版画が有名だけど、油彩も水彩も素晴らしい。 fukuyama.hiroshima-u.ac.jp/f-museum/9_971…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 7 RT

シンポジウム「暁斎が描いた日本初の西洋料理―『西洋料理通』」(蕨市)へ。
日本初(明治5年)の西洋レシピ本。『安愚楽鍋』で知られる仮名垣魯文が編纂し、浮世絵師の河鍋暁斎が挿絵をつけた書から「明治の洋食」に迫るというアツい企画! pic.twitter.com/vfAQNt1NJa

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 65 RT

小売業からの切実な願いとしては小銭受けのこの部分(画像丸部)に小銭放り込むのはほんとヤメテ ここは小銭を入れるためではなくて片手で掴む為なの ここに入れられると一回全部とってさらに開いて数えなきゃで二度手間・三度手間なの #拡散希望 pic.twitter.com/p3hpH7XKMo

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 4891 RT

あけぼのアート&コミュニティセンターの利用者募集!

稽古場・アトリエなど、芸術活動用のレンタルスペースです。4月の1日から空室が出来るため、長期利用者の募集を開始します。... fb.me/23hTUkGTR

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 9 RT

カーリングの世界選手権で、日本代表のLS北見が準決勝でロシアを破り決勝に進出、銀メダル以上が確定しました。日本のメダル獲得はオリンピック、世界選手権を通じて初の快挙です。bit.ly/1RmeoOH #カーリング pic.twitter.com/sWoePjNJVs

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 254 RT

いくら内部もめしているとはいえ、いやしくも政党助成金を受けてたほどの公党の人間が、ネットウヨクの尻馬にのって、組合員が拠出している組合費が、沖縄振興予算から出ているような悪質な印象操作はやめなさい。
twitter.com/oda1ro/status/…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 46 RT

自民党の大西英男衆院議員の発言に対し、道内の神社関係者から「われわれを見下している」と反発の声が上がった(北海道新聞)bit.ly/1RH6l0N「道北地方に住む20代の巫女は『私たちだけでなく女性を侮蔑した発言だと感じて不快』と話した」「旭川市内の神社の宮司は

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 166 RT

(続き)『神社にいる者を軽んじる発言で腹立たしい。神社関係者は自民党支持者だと決めつけているようだ』と批判した」宮司さんや巫女さんも、おかしいことはおかしい、嫌なことは嫌だと声を上げるべきだろう。神社本庁や都道府県神社庁の言いつけに従うだけなら、神職でなく単なる「従業員」になる。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 124 RT

コメント

3月27日(日)のつぶやき その1

2016年03月28日 00時55分06秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

良い夢が見られるように、何か良い夢でも見てそうな寝顔の写真を貼っておきます。 pic.twitter.com/3MqpZNrraP

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 4 RT

目が覚めたけど、まだきのうの疲れが残っている感じ。普通にギャラリー巡りしていただけなのに、老化したなぁとつくづく思います┐(-。-;)┌


おはようございます。私は布団から出られません。\(^o^)/ QT @harutoki_k : 目覚めた。もうちょい寝てたいところだけど起きて作業せねば…


@harutoki_k どうもです。きのう行けなかったギャラリーもあるし、ブログも全然書けてないし、やることが山のようにあるのですよ…?


blog更新。「2016年3月22~26日、計20カ所」。以下、詳細は追って。ポルトギャラリー(The songlines)→ギャラリー創(土岐美紗貴「transparens」)→ト・オン・カフ... goo.gl/mhTXcf

2 件 リツイートされました

札幌【本日終了】ぽんち展12 きら☆きら☆キラリ=3月15日~27日(日)9am~最終日5pm、市資料館(中央区大通西13 s-shiryokan.jp )。恒例の楽しい写真グループ展。14年→ ow.ly/ZShSf

4 件 リツイートされました

【本日!】3月15日から始まった、参加アーティスト11人による「アートとリサーチワークショップ」の活動を、27日(日9am~7pm、SIAFラボ(札幌市資料館。中央区大通西13)で報告します。1日限りの報告会。 tenjinyamastudio.jp/blog_archives/ #SIAF

4 件 リツイートされました

札幌【本日終了】『茶廊法邑大賞展』入賞者10人展=3月16日~27日(日)10am~最終日4pm、茶廊法邑 houmura.jimdo.com
荒木彩花、池田さやか、伊能恵理、永川美保、永川奈美、河合春香、佐藤菜摘、森谷有沙、米澤邦子、渡邊七菜、能和暁の11人

1 件 リツイートされました

札幌【本日終了】第23回千展=3月22日~27日(日)10am~最終日4:30pm、ギャラリー大通美術館(中央区大通西5 odori-b.co.jp )。全道展会員の水野スミ子さんら5人による絵画。教室展とは思えない桁外れのパワー。六十数点を展示

1 件 リツイートされました

ブログを更新してます。「■河瀬陽子小品展―光をもとめて (2016年3月23~28日、札幌)」 goo.gl/8zoMyi

2 件 リツイートされました

@cafe_monju 恐縮です。毎日、RTはたくさんしたりされたりですので、御礼はいりませんよ~。


札幌【開催中】名画の小部屋vol.55 彼方アツコ―小さな銅版画=3月2日~31日(木)10am~10pm(土日月~7pm)、カフェ北都館ギャラリー(西区琴似1の3 hokutokan.jimbo.com )。wind.ap.teacup.com/achiko/ おしゃれな版画

2 件 リツイートされました

来週の関東、思ったより展覧会多い。水戸まで足伸ばすには予定カチッと要るなぁ。村上コレクション&横浜界隈、MOTアニュアル、六本木クロッシング、川口方面、丸木美術館、、、

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

天神山でのアートとリサーチのワークショップ、島袋さんのアシスタントとしてぶじ終わりました。それぞれが個性を活かしていてすばらしい!よい作品になりますように*\(^o^)/* ば pic.twitter.com/iI0QncNYcW

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 14 RT

ブログ更新。「■はらださとみ展 spring to mind キオクサレテイル (2016年3月15日~27日、札幌)」 goo.gl/RQZbMJ

4 件 リツイートされました

札幌【本日終了】干場良光〔残片に聞く2016〕―bricolage2.0より=3月19日~27日(日)正午~最終日5pm、火休み、ギャラリーレタラ moma-place.jp/retara/ 昨年→ ow.ly/ZSg24 @shadamaazu

2 件 リツイートされました

ブログ更新。「■土岐美紗貴「transparens」 (2016年3月18~27日、札幌)」 goo.gl/KBuRDp

3 件 リツイートされました

@o3op31q いいえ~、なんもです。バイト大変ですね。今回の個展は、これまででいちばん良かったです。


あっという間の最終日です。終日在廊ですが、終わる時間が早いのでお気をつけてください。お時間ございましたら是非ご高覧ください。
【 transparens 】~3月27日、最終日17時、ギャラリー創(札幌市中央区南9西6-1-36) pic.twitter.com/3gBiAeHhD0

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

【本日まで】はらださとみ展「spring to mind キ オ ク サ レ テ イ ル」3月27日まで。10:30~22:00(日曜20:00まで)ト・オン・カフェ(南9西3)陶作品
machinakaart.com pic.twitter.com/aoFHJHGFER

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

ただ今新函館北斗。どうしても写真に押さえておきたかったH5系とE5系の新函館北斗駅での並び。この光景を見てようやく北海道新幹線が開業したのだと感じました。 pic.twitter.com/TechX8iUDb

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 19 RT

ギャラリーレタラで、干場良光さんの個展。「ブリコラージュ」をキーワードに、さまざまな問題提起を含む興味深い個展。本日夕方まで。オススメ。 instagram.com/p/BDca2TqM9Bp/

1 件 リツイートされました

コメント

■土岐美紗貴「transparens」 (2016年3月18~27日、札幌)

2016年03月27日 10時54分01秒 | 展覧会の紹介-現代美術
 札幌の若手版画家、土岐美紗貴さんが「transparens」と題した個展を開いている。

 ふつう銅版画は紙にインクで刷るが、今回は、オブラートに刷って、それをレジンという透明な樹脂の中に固め、白磁の皿やガラスのコップに入れたものを展示している。

 もともと土岐さんの作品が持っていた繊細さが、従来のタブローという形式よりも、ずっと際立つように感じられる。




 コップや皿は既製品とのこと。
 今回、壁掛けタイプは小品が2点だけで、あとはすべて立体だ。



 


(途中ですが、いったんアップします)


2016年3月18日(金)~27日(日)午前11時~午後6時(最終日午後5時)、火休み
ギャラリー創(札幌市中央区南9西6)


tokimisaki.com

茶廊法邑芸術文化振興会企画 6色イリュミナシオン (2014)



・市電「山鼻9条」から約110メートル、徒歩2分
・地下鉄南北線「中島公園」から約350メートル、徒歩5分

・ジェイアール北海道バス山鼻環状線「南9条西7丁目」から約180メートル、徒歩3分
・中央バス西岡平岸線「中島公園入口」から約670メートル、徒歩7分

・トオンカフェから約500メートル、徒歩7分ぐらい
コメント