北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

追記あり●本田明二ギャラリー(札幌)が閉館していた。彼の作品は故郷の月形町に寄贈

2020年10月23日 12時36分54秒 | 新聞などのニュースから
 けさ(2020年10月23日)の北海道新聞空知面に載った記事には 本田明二作品300点 故郷・月形町に寄贈 スタルヒン像など制作 彫刻や版画 町、来月一部展示 という見出しがついていますが、筆者は札幌の本田明二ギャラリーが9月末で閉館したことのほうが驚きでした。  札幌、ギャラリーなくなりすぎじゃね?  記事の前文は次の通り。  【月形】月形町出身で、旭川市のスタルヒン球場前にある「ス . . . 本文を読む
コメント

北海道銀行ビル建て替えへ

2020年09月10日 18時01分39秒 | 新聞などのニュースから
 けさ2020年9月10日の北海道新聞1面に、道銀ビルが2024年度にも建て替えが始まるという記事が載っていました。  大通公園4丁目と札幌駅前通の交叉点にあり、札幌市民にとっては大きなニュースでしょう。  今でこそ高層ビルは数多く立っていますが、当時は道内最大級のビルでした。  1階部分が雨に当たらずに歩けるように回廊になっていますが、これも道内では初めてだったそうです。  なお、全館を北海道 . . . 本文を読む
コメント (6)

大韓航空機撃墜事件の遺族の陶芸家、岡井仁子さんが亡くなっていた

2020年09月04日 16時40分47秒 | 新聞などのニュースから
 きのう(2020年9月3日)の朝日新聞北海道版に 慰霊と平和願う稚内の灯籠  大韓航空機撃墜37年 犠牲者悼む   野焼き提案の遺族 陶芸家故岡井さんも という記事が載っていて、岡井仁子さんが亡くなったことを初めて知りました。  検索すると、宮崎日日新聞の記事が短くYahoo ニュースに転載されていました。 https://news.yahoo.co.jp/articles/7ac205 . . . 本文を読む
コメント

晩年を迎えてから戦争とシベリア抑留を描いた函館の故石川慎三さんの絵画展、16日まで。

2020年08月12日 21時55分58秒 | 新聞などのニュースから
 戦後75年の夏、ということで、新聞各紙が大きな特集記事を連日展開しています。  けさ2020年8月12日の朝日新聞北海道面には、函館の故石川慎三さんの絵画展が長文記事で紹介されていました。  筆者はこの方をぜんぜん知りませんでした。  団体公募展には出しておられなかったようで、札幌で展覧会を開いた形跡もありません。  函館では個展や、絵画教室展を何度か開いているようです。  函館の絵画人口の層 . . . 本文を読む
コメント

「アサヒカメラ」休刊の衝撃

2020年06月08日 08時50分38秒 | 新聞などのニュースから
(画像は、手元にあった古いバックナンバーです)  さすがにびっくりしました。大正時代に創刊された雑誌ですよ。  カメラ雑誌としてはもちろん日本最古。「カメラ」というくくりを外しても、かなり古い部類に入る雑誌ではないでしょうか(明治期の創刊に「新潮」「国華」「婦人画報」などがありますが)。 『アサヒカメラ』は、6月19日発売の2020年7月号をもって休刊することとなりました。1926(大正15) . . . 本文を読む
コメント

釧路ゆかりの画家、増田誠の習作見つかる

2020年06月05日 08時46分06秒 | 新聞などのニュースから
 北海道新聞2020年6月3日夕刊社会面から。  【釧路】釧路市内で看板業を営みながら絵を描き、その後パリで活躍した洋画家増田誠(1920~89年)の習作約40点が市内で見つかった。孫の日本舞踊家・花柳はなやぎ寿芳貴じゅほう き (本名・中村果林 か りん)さん(47)が5月上旬、新型 . . . 本文を読む
コメント (2)

#BlackoutTuesday

2020年06月03日 17時59分00秒 | 新聞などのニュースから
End racism. 1-1  米国で繰り広げられている人種差別反対のデモに、多くの人がインスタグラムなどを黒い画面にして賛意を表明しています。  こんなことで連帯を表明できるのであれば、このブログも乗ります。  良いことにはあえて付和雷同しますね。  差別は、無条件で、だめです。   . . . 本文を読む
コメント

クリスト氏死去と北海道との縁、そして個人的な後悔

2020年06月01日 18時44分09秒 | 新聞などのニュースから
 ブルガリア生まれで米ニューヨーク拠点の現代美術家クリスト氏が死去したとのことです。1935年生まれの84歳。  共同通信の死亡記事には フランスのパリを経て60年代に渡米。妻ジャンヌ・クロードさん(2009年死去)と共に活動し、さまざまな物体や景観を布などで覆う手法を得意とした。パリのセーヌ川に架かる橋ポンヌフを丸ごと包んだ作品などで知られ「梱包こんぽう芸術家」の異名を取った。 と手短に紹 . . . 本文を読む
コメント

秋山祐徳太子さんと「泡沫桀人列伝 知られざる超前衛」

2020年04月04日 18時01分35秒 | 新聞などのニュースから
 ポップハプニングと称して1960~70年代の現代美術界で活躍し、ブリキの彫刻や、東京都知事選への2度にわたる出馬で知られる秋山祐徳太子さんが死去しました。  秋山さんは北海道出身ではないのですが、再三、札幌にいらしています。  たとえば、2012年に阿部典英さんの大規模な個展が道立近代美術館で開かれた際にはトークショーで来ているほか、かつて札幌の西屯田通にあった「アトリエムラ・ギャラリー」でも . . . 本文を読む
コメント

あいちトリエンナーレの補助金、文化庁が減額して交付を決定

2020年03月26日 12時03分03秒 | 新聞などのニュースから
 遅くなりましたが、大事な話なので、書いておきます。  NHKが3月23日夕方に速報を打ち、新聞各社が追いかけました。間もなく、愛知県知事が記者会見を開きました。  この件については、文化庁が支出しないと決めた昨年9月に、いろいろ書きました。次の2本のリンク先(とくに前者)を参照してください。 あいちトリエンナーレ2019への補助金全額不交付のこと 2019年9月26日のツイート (1) あい . . . 本文を読む
コメント

ニュース映像の紹介 : オブジェ 雪面に色の表情 札幌でスノーパレット展 (澁谷俊彦さんの屋外インスタレーション)

2020年02月25日 13時37分22秒 | 新聞などのニュースから
 札幌の澁谷俊彦さんのインスタレーション「Snow Pallet」シリーズは、これまで国内外の多くのメディアが取り上げてきましたが、2020年2月21日に北海道新聞が撮影してアップした動画は、タイムラプス機能を用いて、2カ月半にもおよんだ撮影を短い時間にぎゅっと凝縮した映像になっています。  筆者が言うのも何なんですが、これまでのどんな映像・画像よりも、見応えがあるのは間違いないです。  実物 . . . 本文を読む
コメント

小樽・妙見市場3月末閉鎖

2020年02月23日 18時37分54秒 | 新聞などのニュースから
 北海道新聞2020年2月11日、小樽・後志版から。  筆者は、どうしんウェブで読みました。かなりの長文記事( https://www.hokkaido-np.co.jp/article/392133 )が会員以外でも読めるようになっていました。  以下、一部を引用します。  小樽市は、市が建物を所有し閉鎖を検討していた妙見市場(花園2)について3月末で閉鎖することを正式に決めた。入居する . . . 本文を読む
コメント

比志恵司さん(夕張の画家)が亡くなっていた

2020年01月29日 17時38分32秒 | 新聞などのニュースから
 少し前の新聞をめくっていたら、先週土曜日(1月25日)の北海道新聞夕刊「まど」欄に「父の遺作展」と題して、比志恵司(やすじ)さんのことが載っていた。  比志さんは昨年5月、84歳で亡くなっていたという。11月、夕張美術協会の仲間たちが地元で遺作展を開いたというのだ。  そのコラムによると、比志さんは 「私は画家ではなく教員」「見る人に楽しんでもらう」が口癖。生徒に芸術の魅力を熱心に語った。 . . . 本文を読む
コメント

写真家の奈良原一高さん死去と北海道

2020年01月21日 18時56分47秒 | 新聞などのニュースから
 戦後日本を代表する写真家のひとり奈良原一高 な ら はらいっこうさんが亡くなりました。88歳、心不全でした。  2020年1月21日の各紙が報じています。  きっちりした評価でなくて申し訳ないのですが、筆者は、奈良原一高というと、研ぎ澄まされた構図と、理知的なイメージです。  どろどろした人間の情感を暴くタイプでもないし、社会派でもない。といって、耽美派というのとも異なります。シャープな画面に . . . 本文を読む
コメント

旭川高専の倉庫に砂澤ビッキの大作

2020年01月18日 07時57分41秒 | 新聞などのニュースから
 北海道新聞2020年1月14日夕刊の社会面トップでした。  【旭川】旭川出身の彫刻家砂澤ビッキ(1931~89年)の手掛けた木彫「芽」が、旭川工業高等専門学校(旭川)の倉庫に眠っている。高さ約3メートル。晩年の87年に中庭に設置したが、風雪で傷んだため、14年前から倉庫に保管されている。妻の凉子さん(76)=札幌市=は「ビッキなら風雪の傷みも含めて作品と言うでしょう。多くの人に見てもらいたい」 . . . 本文を読む
コメント