北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

2010年4月のおもな展覧会

2010年04月30日 23時59分19秒 | 主な記事へのlink
 2010年4月の展覧会を紹介した記事へのリンクです。 現代美術 ■熊澤桂子展 絵画 ■小樽・水彩画の潮流 平沢貞通・埋もれた画業の発掘 ■佐藤萬壽夫ドローイング展 ■廣澤正俊遺作展 ■井上まさじ展 ■nukillizo個展 m a ( ) d a l l a ← N ■スプリングマン ■佐々木祥子個展 ■藤谷康晴個展 ANALOG FLIGHT -SAPPORO→- ■佐藤仁敬個展 ■亀井由 . . . 本文を読む
コメント

【お知らせ】サッポロアート・ラボ4月開講のお知らせ

2010年04月30日 08時51分31秒 | 情報・おしらせ
 札幌市内の美術家、澁谷俊彦さんから、書き込みがありましたのでコピペします。  よく見たら、第1回、今日じゃないのか!?   毎月最終の金曜日・午後7時より、多彩なゲストを招いて開催します。 2010年春に、札幌に新しい文化塾「サッポロART LABO(略称SALA-サラ)」が誕生します。 この「サッポロART LABO」は、多様化する文化を横断しながら、未来に向けて文化創造を担っている人たち . . . 本文を読む
コメント

寒いぞ、こら~!

2010年04月30日 01時42分34秒 | つれづれ日録
 今週のアタマ、たしか4月27日あたりの道新朝刊の地方版に、石狩のマクンベツ湿原でミズバショウが見ごろ-という記事が出ていた。  ふと、自分のブログを検索してみると(この画面の右上の窓でできます)、昨年は4月12日、2008年は4月8日に、見に行ってるんだなあ。  それ考えると、やっぱり今年の春は、来るのが遅すぎるだろ!  きょう(29日)もひどく寒くて、何を着ていったらいいかわからず、いろ . . . 本文を読む
コメント (2)

4月29日(木)のつぶやき

2010年04月30日 00時07分27秒 | 未分類・Twitterまとめ他
00:24 from web .@fermat1665 おなじことを平凡社 @heibonshatoday さんに提案しようとして先を越されてしまいましたw。「オリジナリティと反復」復刊希望! 00:40 from web 二百数十人からしかフォローされていない人が、26000人以上からフォローされている有名人のツイートをえんえんリツイート(正確には「無言QT」)することに何の意味があるのかわ . . . 本文を読む
コメント

2010年4月29 日は5カ所

2010年04月29日 23時09分15秒 | つれづれ日録
 時ならぬ雪に見舞われた28日。  翌29日も、まったく外出する気が失せるほど天気が悪い。  しかし、この日でおしまいになるが、見たい個展もあるので、予定よりかなり遅れてスタート。  ただ、予定していた12カ所はかなわず、5カ所どまりだった。  まず、茶廊法邑ほうむらで熊澤桂子展。  残念ながらこの日まで。  2月に深山峠(上川管内上富良野町と同美瑛町の境界)で展開したアートプロジェクトのビデ . . . 本文を読む
コメント

4月28日(水)のつぶやきその2

2010年04月29日 00時07分18秒 | 未分類・Twitterまとめ他
21:35 from web .@mmmegumi ますます諒解です。ふだん本屋に行かない人が本屋について語ってもなあ。。。 21:40 from web 中央バスの旅行会社でやってますよ。 QT @fatboooy 苫小牧に工場萌えツアーにいきたいな (#spkmtg live at http://ustre.am/a221 ) 21:43 from web (Re: @emimura) @ . . . 本文を読む
コメント

4月28日(水)のつぶやき

2010年04月29日 00時07分17秒 | 未分類・Twitterまとめ他
00:00 from web よるほー 00:23 from movatwitter 本文って…。本分じゃないの? RT @meigenbot: 楽隠居の考えを止め、勇気をおこし、家のため、国のため努力するこそ人間の本文なり。(実業家: 大倉喜八郎) 00:32 from movatwitter w RT @TheDiscoUnion: 知り合いから「さびしいでちゅ~GWまちどおしいでちゅ~ . . . 本文を読む
コメント

【告知】地球環境映画祭 アースビジョンin北海道、5月16日札幌、6月5、6日苫小牧

2010年04月28日 22時56分20秒 | 展覧会等の予告
 「アースビジョン地球環境映画祭」は、東京でことし18回めを迎えるそうです。  世界各国の、環境のいまを伝えるドキュメンタリーやアニメーション作品が上映されているそうです。  今回は、北海道に初の巡回上映。  札幌のあけぼのアート&コミュニティセンターと、ウトナイ湖そばの「イコロの森・森の学校」が会場です。  イコロの森では、ウトナイ湖に関する映像上映やディスカッションもあります。  公式サイト . . . 本文を読む
コメント

東札幌駅前

2010年04月28日 22時31分51秒 | つれづれ写真録
 東札幌駅といっても、地下鉄東西線の東札幌駅のことではない。  旧国鉄千歳線にかつてあった駅のことである。  札幌から千歳線の列車に乗ると、苗穂、白石を過ぎ、厚別川を渡るあたりで、岩見沢方面へと向かう函館線の線路と分かれて、新札幌に到達する。  しかし、かつては、苗穂を過ぎて豊平川を渡ってすぐに、大きく右にカーブして国道12号の下をくぐっていた。そのころの陸橋は、当時のままだ。陸橋をくぐった . . . 本文を読む
コメント

4月27日のまとめ

2010年04月28日 00時15分03秒 | 未分類・Twitterまとめ他
(自動のまとめが生成されなかったので、人力でコピペしてまとめておきました。4月29日未明記す) @MOKUPENGIN おはようございます~ 10:12 AM Apr 27th HootSuiteから MOKUPENGIN宛 個展だと好きに値決めできるけど、ベテランから若手までそろったグループ展だと、相場から極端に外れるとみっともないような… QT @mac19650628: @akira . . . 本文を読む
コメント

「美術の窓」2010年5月号

2010年04月27日 22時59分20秒 | つれづれ読書録
(長文です)  月刊誌「美術の窓」をひさしぶりに買った。  今月は、北海道の美術ファンにとって親しい名前がめじろおしなのだ。  「美術手帖」が現代アートを取り上げ、「月刊ギャラリー」が美術館展覧会の予告を中心とした誌面を展開し、「芸術新潮」が話題の展覧会に登場する過去の大家を多く登場させるのに対し、「美術の窓」は団体公募展の情報が詳しい。  団体公募展については、すでに全国紙が取り上げなくなっ . . . 本文を読む
コメント

4月26日(月)のつぶやきその2

2010年04月27日 00時06分30秒 | 未分類・Twitterまとめ他
01:23 from web (Re: @oto_gallery) @oto_gallery おやすみなさい。そういえば「pen」まだ買ってなかった。 01:29 from web (Re: @aminami_) @aminami_ 恐縮です。こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。なんか、いい意味で共闘できたらおもしろいですね。 01:33 from HootSuite たぶん前回よりもはる . . . 本文を読む
コメント

4月26日(月)のつぶやき

2010年04月27日 00時06分29秒 | 未分類・Twitterまとめ他
00:02 from web (Re: @projectkaburin) @projectkaburin おやすみなさいませ~。今週もがんばりましょー 00:06 from HootSuite おもしろいアイデアだと思います。そういえばRSRでもアートが点在してるけど、いまいち地元の盛り上がりに寄与してないかも。 QT @horkew: @akira_yanai アートナイトを札幌で!というとち . . . 本文を読む
コメント

■佐々木祥子個展 (4月24日で終了) 24日の詳報・7

2010年04月26日 22時11分19秒 | 展覧会の紹介-絵画、版画、イラスト
(承前)  佐々木祥子さん(札幌、独立美術会友)の10回目の個展。  札幌では、2002年以来、ひさしぶりの個展となります。  近年は、インドの印象を定着させた作品が多くなっていましたが、この1、2年の大作は、背景が鮮やかな黄色になり、目をひきます。 「自分があと何年生きられるかとか、考えたら、好きな色をいま使わずにいつ使うんだって考えたんです」      「旅立ち A」  近作の特徴はコ . . . 本文を読む
コメント

4月25日(日)のつぶやきその2

2010年04月26日 00時05分58秒 | 未分類・Twitterまとめ他
21:55 from web .@beicyandosanko @MasatoHatanaka 路線バスは、幌加内からだと深川に行くのです(国鉄深名線の代替バス)。車だと旭川は近いんですが、冬は運転がちょっとタイヘンという話を聞きました。 22:03 from web (Re: @beicyandosanko) @beicyandosanko 実際問題として高校生と老人以外はほとんどマイカー移動 . . . 本文を読む
コメント