北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

山本純一写真集「越冬」

2013年01月31日 23時15分29秒 | つれづれ読書録
 北見の本屋さんで見つけて、衝動買いしてしまった。

 北海道にはネイチャーフォトを撮る人がたくさんいるけれど、その中でもかなりの水準の写真だと思う。

 何が違うといって、北海道のネイチャーフォトの大半は、見て最初の印象は「美しい」。

 山本さんの写真が美しくないといっているのではないが、彼の写真に添える言葉でいちばんふさわしいのは
「厳しい」
ではないだろうか。

 この写真集は、題のとおり、冬を越す動物や鳥が主なモティーフである。
 ハクチョウ、キタキツネ、エゾシカ、オオワシ…。

 ときおり、星空のある星景写真や、ダイヤモンドダストの写真が挿入される。

 表紙のハクチョウも、一般的な写真のように、「優雅」ではない。
 餌をめぐって、水しぶきを上げて2羽が激しく争っている。

 食物の少なくなる時期、生命をつないでいくことだけで、大変なのだ。

 極寒の、苛烈な環境の中で、必死に生きている動物たちを見ると、その生存競争の厳しさに震えてしまう。

 わたしが、この写真集に感動するのは、動物たちが生きている氷点下15度、20度という寒さを、日々身をもって体感しているからかもしれない。
 本州の人たちは、この話題になると
「(プラス)0度とかでも寒いのに」
「手ぬぐい凍らせたら硬くなるかな」
などと言って笑っているけれど、ほんとに、しゃれで済まされない寒さなのだ。
 それでも、人間は、防寒着を着込んだり使い捨てカイロを身につけたりできるし、いざとなれば建物の中に逃げ込むことも、暖房で寒さをしのぐこともできる。
 しかし、動物にはそういった逃げ場がない。
 もし、餌が見つからなければ、それは、死に直結するのだ。

 雪の下からササを見つけ出そうとするシカ。
 タンチョウから餌を奪おうとするワシ。
 生き物の気配に耳を澄ますキタキツネ。

 みんな、みんな、必死だ。
 観光客に見せる弛緩した表情は、そこにはまったくない。

 その必死さに、わたしたちは、感動するのだ。


 それにしても。
 これを撮る山本さんも大変だろうなと思う。
 昔のように、寒さでフィルムがぱりんと割れることはなくなっただろうが、昔のメカニカルカメラに比べると作動する気温の範囲は狭くなっていると思われる(そりゃ、カメラメーカーは氷点下20度で使うことを想定して製造しないからね)。
 機材を暖めようとして車内でヒーターをいれ、もう一度外に出すと、レンズが曇る。
 曇るだけならいいが、たぶん、その場で凍る。
 撮るほうも、命がけだ。

 題字は、中野層翠さん。
 北海道書道展の会員である。

 
2012年10月21日
中西出版
3000円(税込み)


□山本純一ギャラリー http://yamamotojunichi.com/index.html

写真展「越冬」の日程(名古屋、東京、福岡は終了)
2月7日(木)~13日(水)10am~6pm(最終日~3pm)、日曜休み
キヤノンギャラリー(北区梅田3-3-10 梅田ダイビル地下)

3月7日(木)~18日(月)9am~5:30pm、土・日曜休み
キヤノンギャラリー(中央区北3西4 日本生命札幌ビル)

関連するファイル
【告知】山本純一写真展 越冬-命の鼓動-(2013年3月7~18日札幌ほか)
Breath of Nature-自然の息吹- 山本純一写真展(2008年)
「越冬」山本純一写真展(07年)

amazonのページ http://www.amazon.co.jp/%E8%B6%8A%E5%86%AC-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E7%B4%94%E4%B8%80/dp/4891152729/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1359536212&sr=1-2
コメント

1月30日(水)のつぶやき その2

2013年01月31日 01時11分46秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

開催中★【コレクション展 石と木のかたち】~4.14日/10:00-17:00(入館は16:30まで)/月曜(祝日の場合翌火曜)、12.29-1.3休/本郷新の木彫・石彫を紹介/同時開催【In My Room vol.03 引山絵里】1.22火~2.17日

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

【開催中】小島歌織展 3月19日まで。10:30~20:30(土日祝10:00~19:30・火曜日・第3月曜日定休)。ドロール(北1西3) machinakaart.com/sapporo/exhibi…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

今橋映子「異都憧憬 日本人のパリ」(平凡社ライブラリー)を読み始める。ボヘミアンという生活様式が19世紀のパリに始まったことなど、期待に違わぬ面白さだが、手元にパリの地図が無いのがなんとももどかしい。


2月2日までです。 うつわ楓 『工藤和彦個展』 香川県丸亀市飯山町東小川西1252-1 飯山町東小川郵便局 すぐ横 TEL:0877-85-8023 詳しくは→ blog.kazuhiko-kudo.com/?eid=162  #四国 #香川県 #陶芸 #うつわ

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

三浦綾子記念文学館での工藤和彦展 31日まで。最終日の明日は一日会場に工藤がおります。遊びに来て下さい。blog.kazuhiko-kudo.com/?eid=164

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

きょうは水曜日だった。さっきの、北海道の美術情報ツイートは削除しました。明日の晩に行います。


《美術》【学生活動情報】米澤卓也 個展Vol.4「W.C」2/12(火)~2/17(日) 11:00~19:00(最終日は18:00まで) ivory(札幌市中央区南2条西2丁目NC HOKUSENブロックビル4F) 詳細→hueibox.blog45.fc2.com/blog-entry-646…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

大阪も正確には『インデアンカレー』やった。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

実は限界集落的過疎地域で突破口を見出そうとするとき、民主主義の駄目な側面が激しくその足を引っぱるのだ。具体的には「まったく協力する気はない人の意見も同じ一票」と捉えて身動きできなくなる、という状況。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 4 RT

せがれは、インフルエンザで学級閉鎖になったので、家でヒマそうだ。暇があることは、非常に貴重なことなんだが、若いうちはそんなことに気づかない。

1 件 リツイートされました

@aza_65_at_mi 北海道の美術情報ツイートは、あすの夜の誤りでしたので、先ほどのツイートは削除しました。せっかくリツイートしていただいたのに、すみません。


「美術の窓」2月号にみる、北海道の美術展の日程など blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/f… blog「ほびねべ」更新しました。写真は関係ありません(網走で撮りました)。

1 件 リツイートされました

どっちがよくてどっちが悪いのではなく「変化」が凄いの。森美がいかに「事前知識無しの迷い込んだ鑑賞者」を意識して展示してるのかが本当によく分かるから。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

札幌【あすまで】名画の小部屋vol.22 所蔵品-木版画のぬくもり=1月4日~31日(木)10am~最終日5pm、カフェギャラリー北都館(西区琴似1の3 r.gnavi.co.jp/h035200/ )大本靖、尾崎志郎、片岡球子、金子誠治、北岡文雄、河野薫、手島圭三郎、松見八百造

1 件 リツイートされました

@suifuyo_nk それはうらやましいです。同じ美術展なら関西に巡回するときに見るのも良いですね(東京よりも空いているので)。


LCLの湯。強烈なオレンジ色と桃の香り。これに入ってプラグスーツを着れば、あなたも戦えます! instagr.am/p/VG-F9cs9Nt/

1 件 リツイートされました

溶けそうですね~。ぶくぶく…。 "@reina_h: 体が溶けそうな気がしてこあいです。 RT @akira_yanai: LCLの湯。強烈なオレンジ色と桃の香り。これに入ってプラグスーツを着れば、あなたも戦えます! bit.ly/11eq7G3"


そしてそばに学生服w QT @kakkoyo シンクロ率上がりすぎるとプラグスーツのみ残してLCLに溶けてしまう>< RT @akira_yanai LCLの湯。強烈なオレンジ色と桃の香り。入ってプラグスーツを着ればあなたも戦えます! instagr.am/p/VG-F9cs9Nt/"


コメント

1月30日(水)のつぶやき その1

2013年01月31日 01時11分45秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

おはぶうございます。うーん、疲れが全く取れていない。


平成25年度の展覧会スケジュール(平成25年4月?平成26年3月)をHPにアップしました。→ukiyoe-ota-muse.jp/H20schedule.ht… 北斎・暁斎・広重・国貞・国芳・応為などなど、盛りだくさんの企画となっております。各展示の概要も随時ツイートいたします。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 33 RT

これは、インデアンカレーへのリプライですか? 帯広といえばインデアンに決まってます!豚丼じゃなく(笑) RT @9090izumon: @akira_yanai どうしたんですか(笑)やないさんも?


@katayama_s 片山先生は千葉商大大学院客員教授時代、参院選選挙活動のためにほとんどの授業を休講とされていましたが、その行為の是非はどうお考えですか? 申し遅れましたが千葉商科大大学院で先生のクラスを履修していた者です。教師の早期退職問題についてご意見興味深く拝見しました

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2014 RT

これ、高層分譲住宅(いわゆるマンション)ですか? 古い建物じゃないですか?RT @ya5u5hi_ito: 実はすごく安易なネーミング instagr.am/p/VEd_t6tC2j/


@fly8fly おはありです。月曜まで8日連続勤務だったのと、きのうは代休だったのに歩きすぎました…orz


. @ya5u5hi_ito 高層住宅のネーミングは、ブランド名カタカナ+地区名(または駅名)というパターンが1975年あたりから定着してきたので、ファミール札幌、インペリアル札幌、マジソンハイツ、中島公園ハウス等、みな74年以前。新しいのが「札幌」とは、意外ですね。


帯広ローカルのカレーのチェーン店です。基本メニューが398円の割にはうまいんです。RT @ka_bo3818: 大阪のことかと思いました。 RT @akira_yanai: これは、インデアンカレーへのリプライですか? 帯広といえばインデアンに決まってます!豚丼じゃなく(笑)


@ya5u5hi_ito わざわざすみません。バブル期でも、ネーミング的には、新しいです(笑)。


はい。帯広のチェーン店は「インデアン」なのです。ちょっと訛ってます。RT @ka_bo3818: @akira_yanai 大阪のインディアンカレーは、例のなま玉子がメニューにあります。今は丸の内にも出店してます。


【2013年暁斎展・シンポジウム開催のお知らせ(定期)】3/31(日)シンポジウム「識って見たい!幕末・明治の版画と河鍋暁斎」 /4/20~特別展「河鍋暁斎の能・狂言画」展(巡回)/4/27~特別展「北斎と暁斎」展(仮称) 詳細はこちらからgoo.gl/a2zxb

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

退屈で倒錯した話 - 「森美術館・会田誠展への抗議」問題についての雑感 - Ohnoblog 2 (59 users) bit.ly/XIIkUI

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 12 RT

『如月 和の手仕事』2013年1月31日(木)~2月5日(火) 11:00-16:00(初日のみ 19:00迄) 札幌市中央区南2条西1丁目7番地8 山口中央ビル5階 アートスペース201 011-251-1418

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

セレクトショップ ニーナ(南3西3新山ビルB1)にて本日より武田浩志展が開催中。4月29日まで。 12:00~21:00。寒さが続く札幌ですが、店内には主にメンズ用の独特なディテールのアウターも豊富に揃っています。是非お立ち寄り下さい! machinakaart.com/sapporo/exhibi…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 3 RT

うしのつむじ 冨田美穂 牛の木版画展 2月16日(土)~3月11日(月)12時~18時 火曜休 札幌市北1西28 ギャラリーレタラ bit.ly/11bkOlQ 東京の美術大学卒業後 北海道で酪農仕事に従事しながら牛を木版画にして10年 札幌での初個展 必見!

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 13 RT

【再掲】大衆文化研究者が加齢すると「アドルノ問題」に突き当たる。資本主義が生む新文化の解放的側面を強調してきた立場が、自分が共感不能な新文化の出現で維持困難になると、転向して「アドルノ化」し新文化を否定する人と、断固反アドルノを貫き共感不能な新文化を無理に称揚する人とに分断される

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 52 RT

「アドルノ問題」なるものは初めて聞いたけど、ポピュラーミュージック界隈ではそういう認識でいいかも。多分、アドルノのジャズ批判とかを念頭に置いているのだろう。ただし、アドルノの批判そのものは、当時のジャズの「新しさ」の欠如に向けられていたことは忘れられるべきではない。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

ワンダーシードの先にウォール、ワンダーサイトでの個展、海外レジデンスだとかの色んな美味しそうな餌をぶら提げているから、10号3万で安く買い叩かれても、チャンスを得るために応募するという若い作家の卵の気持ちも判らなくはない

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 7 RT

アドルノ問題、面白いな。そして、@unspritualized さんの言う通り、もしアドルノがもう少し長生きしてモダンジャズを聴いていたら…と想像することには意味がある。


ただ、ポピュラーミュージックに「新しさ」があったのは、1950-90年代という極めて限定された時期だったのではないか。21世紀に入って、何を聴いても、新しさより「これ、どこかで聴いたなぁ」という感じばかりがする。


φ(..)メモメモ "@nhkpb_text: 2月27日発売予定のNHKブックス「琳派のデザイン学」(三井秀樹著)も是非♪ @akira_yanai NHKブックスの「シュルレアリスム絵画と日本」もたいへん面白かったです。"


【開催中】クリエイティブ北海道展 in 札幌 3月31日まで。クロスホテル札幌(北2西2) machinakaart.com/sapporo/exhibi…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

加熱しないと、ほとんどベビースターラーメンです(笑) RT @ya5u5hi_ito: ホンコンやきそば、クセになるなぁ。加熱しないでも行ける。


【開催中】澁谷俊彦展 3月19日まで。11:00~20:00(土日祝10:00~19:00・火曜日定休)。サロン77(南4東2) machinakaart.com/sapporo/exhibi…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

コメント

「美術の窓」2月号にみる、北海道の美術展の日程など

2013年01月30日 19時57分08秒 | 道内美術館の日程
 「2013年の北海道内の美術展」の記事で紹介した以外にも、道内で開かれる展覧会の情報がひょっとすると掲載されているかもしれないと思い、「美術の窓」2月号を買ってみた。
 恒例の特集は「今年の展覧会 BEST200」。

 先の記事にも載せた
「シャガール展」
「ダリ展」
「モーリス・ユトリロ展」
以外に掲載されていたのは、次のとおり。


AINU ART 風のかたりべ 2月2日~3月24日、道立近代美術館

夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編 5月18日~7月14日、道立函館美術館

生誕110年記念 三岸好太郎展 11月23日~1月19日、道立函館美術館

尾張徳川家の至宝 2014年7月5日~8月24日、道立近代美術館


 …200もあるのに、北海道は7つだけか(しかも、ひとつは2014年だし。これは非常に期待したいけど。いま東京都江戸東京博物館で開催中のものが巡回するそうだ)。


 これを読んでいると、東京方面は、エル・グレコ、ラファエロ、ターナーなど、かなりの当たり年と思われる。
 うむむ、久しぶりに東京へ美術館巡りに出かけたくなってきたぞ。
 日本各地で開かれる展覧会をチェックしたい人は「美術の窓」2月号は買っておきたい。とくに今年は、見ておきたいものが目白押しではないだろうか。
コメント

1月29日(火)のつぶやき

2013年01月30日 01時11分42秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

@ii_hinata おはようございます。ステキ夢で、いつまでも見ていたくなっちゃいますね~(^^)。お仕事、たいへんでしょうが、無事にきょう1日乗り切れますように!


モイ!Androidからツイキャスで配信中 - moi.st/872b00

1 件 リツイートされました

中野京子「印象派で「近代」を読む 光のモネから、ゴッホの闇へ」(NHK出版新書) blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/4… ★表紙の画像を追加しました。印象派の技法にとどまらず、背景となる19世紀フランスの社会や歴史を楽しく学べる一冊。

1 件 リツイートされました

誰かを、或いは何かを、好きとか嫌いとかいう場合に、その好き嫌いの理由を説明出来るかどうかは重要だ。言葉でなど言えないと思うひと、或いはあまりにも明解に理由を言えてしまうひとは要注意だ。それは大抵、自分の欠損や欲望を転写してるだけだから。なんかいけ好かないとか理屈抜きに好きとか。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 127 RT

oketoコンテンポラリーアート/冬のワークショップ-1/中央公民館の中庭に氷のアート作品を創ろう!2月2日(土曜)午後1:00から・・・対象無制限ー暖かい服装と手袋持参です

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

oketoコンテンポラリーアート/冬のワークショップ-2/現代音楽の動向ー主にミニマルミュージックについてのレクチャーと演奏/2月3日(日)午後1:00から置戸町中央公民館 講師:鈴木順三郎、YASUKE

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

ギャラリー粋ふようの2月個展のご案内。2月4日(月)~2月16日(土) 日曜はお休み「カトウタツヤ個展=ドローイングから周辺へ=」ブログは⇒gallery-suifuyo.com/blog/?eid=532

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

くりかえす!「言葉狩りをしても差別が隠蔽されるだけで差別そのものはなくならない」と言ってるやつが差別を少しでも減らすために言葉狩り以外のなんらかの努力をしているところは見たことがない。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 67 RT

@nhkpb_text ご丁寧にありがとうございます。NHK出版様の美術関係書では、NHKブックスの「シュルレアリスム絵画と日本」もたいへん面白かったです。


@necessary_y 期間限定ですか~。しかし、あの格安カレーと三越という組み合わせ、イメージが合わないな。


第2回「に~よん アイスキャンドルナイト」札幌サンプラザふれあいの広場。北24条通り商店街に、250個の氷のあかりが灯ります(~2月1日まで)。小さな広場に素朴なツリーとキャンドル、夜はもっと、きれいでしょう。 twitpic.com/bz70w0

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

でもおいしいから、いいですw RT @necessary_y @akira_yanai 北海道うまいもの祭のような企画もので来るのだった気がします。た、たしかに三越マダムたちはあの格安カレー食べなさそうですね…。


ピエール・フィリケの写真展見に行きたいけど、18時までなんだよなあ。なかなかいけない。札幌アリアンス・フランセーズにて2/2まで afsapporo.jp/ja/

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

名古屋【あすまで】山本純一写真展 越冬-命の鼓動=1月17日~30日(水)10am~最終日3pm、キヤノンギャラリー(中区錦1-11-11 名古屋インターシティ)。yamamotojunichi.com 札幌を拠点に北海道のダイナミックな自然、風景、動物を撮る


札幌【あすまで】菊田菊夫写真展「北・彩・詩」~丹頂鶴の居る風景 II=1月25日~30日(水)10am~7pm、藤フイルムフォトサロン札幌(中央区大通西6 ow.ly/gTg5Akikuta-kikuo.com 道東各地でタンチョウを撮影

1 件 リツイートされました

「オホーツク小さな旅(60) 網走へ」~ブログ「ほびねべ」を更新しました。 goo.gl/VV0Fz

1 件 リツイートされました

@ii_hinata @necessary_y ここからは遠くて…。まだ帯広の方が近いです(それでも遠いけど。冬道は怖いし、バスは4時間かかるし)。


コメント

オホーツク小さな旅(60) 網走へ

2013年01月29日 21時51分13秒 | つれづれ日録
59

 4カ月ぶりの「オホーツク小さな旅」。
 今回の行き先は、網走である。

 9日ぶりの休みで、疲れていて居眠り運転などしてはまずいと思ったのと、先週末に断続的に降った雪のため道路事情が悪そうだったので、あえて自家用車は使わずに、列車で行くことにした。



 自宅から歩いて15分ほどのところにある西北見駅から普通列車に乗る。
(上の画像は、終点の網走駅で撮影)

 なんとディーゼルカー4輌編成。
 高校生の通学時間帯であるためだが、北海道の地方で、こんなに長大な編成は珍しいのではないか。
 なにせ、JR石北線は、特急列車ですら4輌編成だったりするのだ。

 北見で、藤女子と北見北斗に通う子が降り、柏陽で北見柏陽の高校生が下車し、愛し野で北見商の生徒が降車して、車内はガラガラになった。



 東京などに暮らしている人には、懐かしいであろう青いモケット。

 もちろんエアコンはついておらず、扇風機には「JNR」の文字が刻まれている。
 言うまでもなく、日本国有鉄道の頭文字である。

 端野、緋牛内 ひ うしない、美幌、西女満別 め まんべつ、女満別、呼人よびとと各駅に止まり、終点が網走である。

 車窓風景は、雪原(じつは畑)のほかは、森林が多い。

 端野をすぎて、常呂川を渡るまでは、北見市の市街地なので、住宅や畑(雪原)で占められているが、それ以降は森林が続く。
 市街地があるのは、美幌と女満別。
 西女満別なんて、空港最寄りの駅なのに、秘境駅っぽい。
 ここから女満別空港は歩いて15分ほどだが、空港に行くためこの駅を利用する人は誰もいないと思われる。

 呼人を過ぎると、車窓に網走湖が見えてくる。
 完全に結氷しており、ワカサギ釣り客たちが設営した色とりどりのテントがならんでいた。

 しかし、駅を10進むだけで、1時間14分。
 北海道は広い。
 あるいは、ディーゼルカーは遅い。

 網走駅から網走市立美術館まで歩き、鼓動する日本画展を見る。
 詳しくは別項で。
 春になったら、札幌(モエレ沼公園)、岩見沢、岩内(後志管内)を巡回します。

 常設展も見たら、1時間以上たっていた。

 そこからあるいて、はぜや珈琲に行く。
 途中、桂台駅の写真を撮る。

 高台にあるマチからは、オホーツク海が見える。
 流氷は岸から離れ、沖合いに浮かんでいる。



 コーヒー豆を計600グラム(ブラジルの新ブレンド、マンデリン、あじぶかブレンド各200)買った。



(しかし、美術館からはぜやまで、goo地図で測ったら2.5キロもあるんだな)

 さすがにくたびれてきたので、帰路はバスにしようかと思ったが、「大曲」行きのバスは11:48発。
 それから南ケ丘高校を経由して、列車が発車する0時10分までに網走駅に着くかどうか、はなはだ心もとない。
 時間はまだあるし、流しのタクシーもあまり走ってはいないようなので、行けるところまで歩いてみようと思った。
 坂を降りて、南4条のバス停で、バスを待つことにした。「向陽が丘」行きバスが4分遅れで来たので(ちなみに、この路線に乗ると、駅のほうではなく、北のほうに連れて行かれる)、心配になる。そうしたら、ようやくタクシーを拾うことができたのだった。

 網走から普通列車に乗る。
 網走駅は、今も自動改札機が設置されていない。



 昼間の時間とあって、行きと異なり、そこそこ人が乗っている。

 呼人のあたりでは、線路際にシカがいた。

 美幌の手前ですこし居眠り。

 愛し野から高校生がどっと乗ってくる。
 なんでこんなに早い時間帯に学校が終わるんだろう。

 つぎの柏陽で降車。
 コーチャンフォーに寄り、山本純一写真展「越冬」、講談社選書メチエ「アイヌの歴史」、「美術の窓」2月号、ジョン・バージャー「イメージ」(ちくま学芸文庫の最新刊)を買う。

 小泉6号から北海道北見バスの夕陽ケ丘線に乗車、30分以上かけて自宅へ帰る。途中、順路が一部変わり、北海道日赤看護大に迂回するようになっていたが、乗ってくる人はいなかった。
コメント

1月28日(月)のつぶやき

2013年01月29日 01時11分52秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

それは気づかなかった。確かにそうですね。元来タルコフスキーの映画は水がやたらと出てきますが…。 RT @onbu_geologist: @akira_yanaiそれにこの作品には、水がたくさん出てくるんですが、飲めそうなきれいな水は一度も出て来ないんですよね。


昨日の岡倉天心を語ったシンポジウムで、一部が美術で、二部はそれ以外の方々だったんだけど、一部のバネラーがほとんど二部を聞かないで帰ってしまった態度にこそ、ひよっとしたら文化とか美術芸術の甘さがあるんじゃないのかな。と、別に帰ったのが悪いわけじゃないけど。思いました。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 7 RT

流氷帯に向かうガリンコ号。港の入り口まで流氷が来てます。オホーツクタワー photozou.jp/photo/show/124…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 7 RT

「自分はこの絵に反対だ」「この絵を批判しなくては」というのと、「だからこの絵を会場から撤去せよ」ということの間には、すごい距離があるように思うんだけど。

5 件 リツイートされました

あと、「不快感を催す絵」が、不特定多数の目に触れるところにあるのか、入場料を払って好きな人だけが見に行くところにあるのか、これも重要な違いではないかと思うんだけど。

1 件 リツイートされました

. @kojikko ただ、会田誠さんは、人の良識を逆なでする絵を描くことにかけては昔から天才的なので(苦笑)、主催者はきちんと反論に対して理論武装し、毅然と対応することが必要だと思います。

3 件 リツイートされました

@akira_yanai やないさんの言う通り、毅然とした対応がされることをいのります。今回の制限をつけた試みも、こういうことがあってはいけないということで潰されていくのは避けてほしいですね。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

. @kojikko ただ、自分はそれほど暗い気持ちにはなってません。会田誠さんにとっては、抗議はむしろ勲章じゃないですかね。「草上の食卓」も「オランピア」も当時は大騒ぎになったけど、けっきょくマネの勝利に終わってますし。


う~む…。 RT @edtion1: あのキュレーターの方が理論武装できるかしら


8日連続勤務の8日目なので、さすがにくたびれている。


健全なものしかないことの不健全さを訴えるのも、芸術の使命です。がんばってください!RT @makotoaida: ?口下手・理屈下手の僕ですが、だんまりを決め込むつもりはありません。必要とあらば出向き、誠心誠意お答えするつもりです。各位。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 31 RT

開館40周年記念企画展 鼓動する日本画蒼野甘夏 朝地信介 紅露はるか西谷正士 平向功一 吉川聡子 2013年1月26日(土)-2月17日(日)(月曜、祝日休館)網走市美術館(北海道網走市南6条西1丁目)

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 5 RT

札幌【あすから】第16回多摩美術大学版画OB展=1月29日(火)~2月5日(日)10:30am~6:30pm(最終日~5pm)、さいとうギャラリー(中央区南1西3 ラ・ガレリア5階)。東京などで活動する実力派や若手が出品。札幌の友野直実・渡邊慶子さんが窓口になり毎年開催

4 件 リツイートされました

札幌【あすまで】第30回大洋会道支部展=1月24日~29日(火)10am~最終日5pm、大同ギャラリー(中央区北3西3 大同生命ビル3階)第27回→ ow.ly/gTfWi 中村香都子、瀬川裕子、植野徳子、綿谷憲昭、加我幸子、原田富弥、赤羽八重子ら17氏の絵画


東京・初台【あすまで】微熱幻覚 創作人形3人展 青木萌 、玉置千春、土谷寛枇=1月22日~29日(火)正午~8pm(最終日~6pm)、水曜休み、zaroff(渋谷区初台1-11-9 )。青木さん @yonakidorix は札幌在住 ow.ly/gH6WF

1 件 リツイートされました

昔、こち亀の両さんが言った「東大って野球の弱い大学だろ? なんでそんなところを出た奴がエリートなんだよ」というせりふが、けっこう好きだ。

1 件 リツイートされました

「中野京子「印象派で「近代」を読む 光のモネから、ゴッホの闇へ」(NHK出版新書)」 ブログ「ほびねべ」を更新しました。 blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/4…

1 件 リツイートされました

傲慢な人たちだと思いますね。 RT @serra_nuts 字数を割く価値を感じてるのと…絵画を撤去させることって、なんだろうなあ。 興味深い現象ですね。RT @akira_yanai 「自分はこの絵に反対だ」というのと「だからこの絵を会場から撤去せよ」の間には、すごい距離がある


twitter.com/akira_yanai/st… 拾われなくて寂しいですが、ようするに「梁井 朗@北海道美術ネット別館?@akir.. togetter.com/li/446442#c947…


何か行き違いすれ違いする空気がたゆたう中、全体が見えてくる契機にならないだろうか。⇔PAPSが森美術館『会田誠 天才でごめんなさい』展に抗議 togetter.com/li/446442

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

コメント

中野京子「印象派で「近代」を読む 光のモネから、ゴッホの闇へ」(NHK出版新書)

2013年01月28日 22時27分13秒 | つれづれ読書録
 著者は、「怖い絵」がベストセラーになった中野京子さん。
 彼女がこの本でふれているのは、作品についてはもちろんだが、その時代背景である。

「印象派の入門書なんていまさら…」などと思う、すれた美術ファンは少なくないかもしれない。自分も、読む前はそうであった。
 だいたい、印象派の本なんて、つくだ煮にするほど出回っている。

 しかし、この本は、ちょっとアプローチがこれまでの書物と異なる。
 入門者にもわかりやすいが、絵画を見慣れた人にも、新たな知見を与えてくれると思う。

 例えば、
・既製品の絵の具は、最初、豚の膀胱ぼうこうを容器にしていた

・ドガ「カフェにて」で女性が飲んでいるアブサンという酒は、アルコール度数平均70度というとてつもない代物で、激烈な作用をもたらした。いま売られているアブサンとは別物

・ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」に出てくる女性の衣装は、袖のフリルなどが凝ったものになっているが、これはミシンの流通が寄与した

・マネ「ナナ」に描かれた女性は、どんな女性だったのか

・カサットが描いた当時のパリの劇場

といった話題が次々と出てきて、読者を飽きさせないのだ。

 しかも、単なる豆知識の羅列に終わっているのではなく、19世紀パリの社会が、印象派絵画を通して浮かび上がってくるような仕組みになっている。

 なので、絵1点の説明が終わってしまうと、話も全く変わってしまう「怖い絵」シリーズよりも、さらに読み応えがあるという感じさえ抱くのだ。



 ところで、印象派が西洋美術史で劃期かっ き /rt>的だったのは、一口で言うと、写真のような描き方をやめて絵画独特の描法の追求を始めたところにある。まあ、それは、だれでも気がつくと思う。
 もうひとつ、革命的だったのは、それまでの西洋画が、アトリビュートがどうの、マリアの衣服の色はどうのといった、約束事にとらわれ、神話や聖書といった絵の「外部」に従属する存在であったのに対し、そういった「外部」から自立した存在になったきっかけになったことである。つまり、「写真に似てリアルだからすごい」とか「聖書や神話を題材にしているからえらい」んじゃなくて、絵画そのものの価値が、はじめて問題になったというわけだ。
 手っ取り早く言えば、印象派の絵は、この本で中野さんも書いているけれど、あまり考えなくても見ることができる。解読に頭を悩ませる必要がないのだ。

 印象派以降の西洋美術は、文学や社会といった「外部」からますます独立して、「何を」表現するかよりも、「いかに」表現するかに、主軸がうつっていく。

 ところが、「外部」から離脱するきっかけとなったはずの印象派だが、その時代について調べていくと、ほかの美術の潮流よりもはるかにおもしろいのだ。
 この本は、そういう逆説的なおもしろさを、十分に楽しめる一冊だと思う。

 もちろん、技法的なことや、画家の伝記についても、しっかりおさえている。
 カラー図版も多く、お買い得な本だ。
 
 
2011年6月10日
NHK出版新書
211ページ、1000円+税
コメント (2)

1月27日(日)のつぶやき その2

2013年01月28日 01時12分05秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

札幌【あすから】風の彩 本田滋絵画展~北の街・口笛の音さやか=1月28日(月)~2月3日(日)10am~10pm(土~7pm、最終日~5pm)カフェギャラリー北都館 r.gnavi.co.jp/h035200/ 何気ない風景。09年個展→ ow.ly/gPrLb

1 件 リツイートされました

札幌【あすから】道都大学初花展・匠展=1月28日(月)~2月2日(土)10am~6pm(最終日~5pm)、札幌時計台ギャラリー(中央区北1西3 ow.ly/gH875

1 件 リツイートされました

嶋本昭三さん亡くなったのか。1997年頃セルビアのアーティスト、ネナド・ボグダノヴィチが来日したとき、東京都現代美術館に来ていた嶋本さんに会いたいと言うので連れていったら、何の段取りもなくいきなり2人のパフォーマンスが始まった。これは私と学芸員くらいしか目撃していない。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 6 RT

お会いしたことがあるのですね~。QT @ka_bo3818 お優しい方でした。合掌。 RT @akira_yanai :現代美術家 嶋本昭三さん死去 NHKニュース nhk.jp/N45k6Kj9具体美術協会の名付け親でした! ご冥福をお祈りします。


20130127ギャラリー巡り blog.goo.ne.jp/hsssajp/e/e1a5…札幌彫刻美術館の雪像展。行きたかった…。


一生手に入るはずがないと思っていた、三原順グッズが売られていた\(^O^)/これは「ルーとソロモン」のジグソーパズル。ソロモンというとオーバーに聞こえますが、主人公の飼い犬の名前です。 pic.twitter.com/0Uls21NN

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 3 RT

@onbu_geologist あの映画のラスト近くに、原子力発電所が出てくることの意味を、ずっと考えています。


30年前「校内暴力」の初期の時代に、初めて学校取材をしたことを思い出す。理由なき反抗と呼ばれ、ツッパリたちが暴れて、学校のガラスを破損したり、教師に暴力をふるったり…と報道された学校に出向き、「問題児」たちに直接聞いた。彼らが口々に言ったのは部活で受けてきた「先生の暴力」だった。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 224 RT

コメント

1月27日(日)のつぶやき その1

2013年01月28日 01時12分04秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

東日本大震災の発生から688日目。震災の津波の際、270人が避難した気仙沼市にある宮城県の合同庁舎の建物で、26日から重機を使って本格的に建物を取り壊す作業が始まりました。解体は、ことし3月に作業を終える予定です。 大震災を巡る様々な今日をツイートします。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 39 RT

知らない男に首を絞められる夢を見て、目が覚めた。


@AKIRA1982PAIN02 大丈夫です、夢なので。びっくりしましたけども(笑)。


「複眼で物を見る」。北海道立北見北斗高校在学時代、私が最も尊敬する現国の吉田一郎先生に教わった一言。高校一年の一限目、「君たちはこの高校で色々な事を学び、そして忘れてしまうだろう。だが、この言葉だけは覚えていて欲しい」…との、前置きに続いて、この言葉。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 3 RT

おはぶうございます~。きょうも仕事です。平穏無事を祈っております(^_^;)


中野京子「印象派で「近代」を読む」(NHK出版新書)読了。印象派の本はたくさんあるが、技法の解説だけでなく、時代の背景に解き及んだところが珍しい一冊。馬車やミシンの普及、ドレフュス事件、劇場の構造、ロートレックの絵に登場する酒アブサン等々、とにかく面白い。カラー図版多数。

2 件 リツイートされました

【宣伝】01/28(月)~02/02(土)まで札幌時計台ギャラリーにて、道都大学美術学部初花展をやります◎ 三年生~一年生までの作品があります。卒業制作展は04(月)~です。わたしはシルクスクリーン作品を出しています!お時間のある方、是非お越しください!

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 4 RT

どうでもいいが、中国の指導者は外国人と会って頭を下げないね。ありゃあ徹底している。中華秩序か。ふむ、インド、ロシア、フランス、イスラエルもそういう気配かな。ん、違う?

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 6 RT

【雪まつりより少し早く雪像が登場!「8日間だけ出現する雪の彫刻」が屋外に展示!】さっぽろ雪像彫刻展2013 ~1月27日(日) 本郷新記念 札幌彫刻美術館 本館前庭(宮の森4条12丁目) 10:00~17:30 観覧無料 ow.ly/h8X2b #さっぽろ

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 5 RT

プリキュアです。 (1号) RT @rikeidesign: @NHK_PR PRは何の略ですか?

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 807 RT

レタラにてお掃除完了です。個展の風景はこんな感じです。 twitpic.com/bykrox

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

. @serra_nuts 再ツイート。有島の自殺が1923年。丸木俊は1912年生まれなので、デートうんぬんは何かの間違いでは?

1 件 リツイートされました

@kensyo0926 じゃあ、少ないどうしナカーマということでどうでしょう?


★個展のお知らせ★タイトル:「カトウタツヤ個展-ドローイングからその周辺へ」tat1500cc.com/art/exhibition…開催日:2月4日から2月16日場所:ギャラリー粋ふようgallery-suifuyo.com/page/index.php

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

朝日新聞の読書面読んでる。「天沼メガネ節」が紹介されているイースタンユースの吉野寿って帯広生まれなのか。十勝ってアーティスト(音楽に限らず)が多いような気がする。

3 件 リツイートされました

となりのページの「フランクル『夜と霧』への旅」、読みたい。あと、佐藤優氏が濱野智史「前田敦子はキリストを超えた」を紹介し「関係性こそが絶対である」という一節を引用してるけど、これって吉本隆明みたいだな。「●●力」という書名の流行についての文章もおもしろかった。


@h0rkew 2004年にオノ・ヨーコ展を見たとき、丸の内からバスで行ったんですよ。話が古いw bit.ly/10Zq7JL

1 件 リツイートされました

訂正。ロートレックではなくドガ RT @akira_yanai 中野京子「印象派で「近代」を読む」(NHK出版新書)読了。技法の解説だけでなく、時代の背景も。馬車やミシンの普及、ドレフュス事件、劇場の構造、ロートレックの絵に登場する酒アブサン等々、とにかく面白い。カラー図版多数。


昨日終了したゲルハルト・リヒター展(ワコウ・ワークス・オブ・アート)のカタログを注文したところ、2月上旬~中旬にできるそう。3000円。wako-art.jp/top.php 制作プロセスをまとめた分厚い洋書も出てます。amazon.co.jp/dp/1935202987/…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 4 RT

作家が「乙武くんは差別主義者」 - BIGLOBEニュース news.biglobe.ne.jp/topics/enterta…★最後に和解したのは、悪くないですね。


Reading:現代美術家 嶋本昭三さん死去 NHKニュース nhk.jp/N45k6Kj9具体美術協会の名付け親でした! ご冥福をお祈りします。

1 件 リツイートされました

コメント

【告知】「写真 重力と虹」展 (2013年1月25日~2月9日、札幌)

2013年01月27日 22時36分55秒 | 展覧会などの予告
 すみません、もう始まってました。

 札幌在住の気鋭の写真家3人による展示です。

 展示内容は

 藤倉翼:「Parade 3」(新作)
メタ佐藤:「義眼、白濁す」他、未発表作品
北川陽稔:「annoski」他、新作数点
 
 「現代の写真」「現代の表現」ということをかなり意識した展示になると思います。
 いや、とくに根拠はないけれど、たぶん。

 公式サイトの下の方にテキストがありました。
 全文を引きます。

「重力」とは、すべての事物に対する「実感」である。それは思考や内外の抑圧、あるいは事物が有りのまま存在している均衡をも意味する。
「重力」はある写真家にとっては、自らを取り巻く重苦しさの象徴かもしれない。あるいは別の写真家にとっては、心地良い空気の震えとして知覚されるものかもしれない。
「重さ」と「軽さ」とは、表裏一体である。


「虹」とは、想像を超えた歓喜を表すものである。
「虹」は生成可能なものではない。私たちにとっての虹とは、予想や予測を超えて超然とそこに現れる他者なのである。閃きや奇跡とともに生まれるもの、あるいは事物の超越的な状態…。


・・・

写真家としての私たちは、「重力」に耐えながら(あるいは程よく重力と折り合いをつけながら)水面に浮上した瞬間に、期せずして「虹」に出逢うことを渇望しているのかもしれない。

メタ佐藤にとっての重力とは、言葉と現実との間に生じる、無差別かつ際限のないエネルギーである。内外から抑圧する重力と言葉との衝突が、彼の中でエントロピーを生む。希求ではなく到達すべきものとして、虹の体現へと自らを傾斜させる行動原理が彼の欲望の総体である。

北川陽稔は、複数の事物が孕む重力を画面の中で共存あるいは衝突させ、それらを包含する超越的な時間の痕跡を、写真の中に炙り出そうとする。それは個々の事物に与えられた恣意的な意味を等価なものに還元する作業である。重力の対置と相殺、そして昇華の寓話としての「虹」がそこに垣間見えるのではないか。

藤倉翼は、すべての物事が自然に有している重力(重いものも軽いものも)を、大型カメラで軽々と吸い込み、大きく美しい虹として結晶化する。彼は最初から最後まで、写真で思考し、写真で行動する。いわば彼は呼吸をする写真機それ自体であり、一切の自意識を写真行為に介在させないかわりに、最上の無意識を画面に焼き付ける。

・・・

私たち三人は、写真にとって未知の何かを「Eureka!」と言って見つけるその時まで、カメラを携えて「虹」を巡る旅を続ける。

時には、ネガフィルムとビットマップデータの「重力」の差異に戸惑いながら…。
.


 トマス・ピンチョンかと思ったら、ちょっと違うんですね。



2013年1月25日(金)~2月9日(日)午後1時~11時、日曜休み
CAI02(札幌市中央区大通西5 昭和ビル地下2階)

http://gravityrainbow.com/

□Facebookページ http://www.facebook.com/gravityandrainbow

http://www.airbags.jp/photo/
□藤倉さんのブログ入り口 http://www.hfweb.jp/personalblog/index.html

さっぽろフォトステージPart1(2009年)
藤倉翼写真個展「つば写」(2009)

http://metasato.com/
□あたらしいblog [メタ佐藤blog] http://metasato.exblog.jp/

□AKIYOSHI KITAGAWA archive http://www.visual-activist.com/akiyoshikitagawa/index.html

□北川さんのブログ http://nizo.exblog.jp/

北川陽稔さんの写真展、ウトナイ湖で(2010年)
コメント

1月26日(土)のつぶやき

2013年01月27日 01時12分08秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

【あと2日!】札幌大谷大学短期大学部美術科 第48回卒業制作展・第46回修了制作展 会期:2013年1月22日(火)~27日(日) 会場:札幌市民ギャラリー 開場時間:午前10時~午後6時(※最終日は午後4時まで) そして明日26日は17時からクロージングパーティーです!

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 7 RT

野又圭司さんに来てほしいな。 RT @kiiibooo 2月2日(土)14:30~ 第1回500m美術館賞グランプリ記念シンポジウム「夕張からグローバリズムを照射する」を開催します。会場はチカホ北3条広場。登壇者は、永岡大輔、藤木正則、松井みどり、司会は、柴田尚。入場無料。


それと同時にこの世界が僕にとってアウェイである事も知っている

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

北見市幸町。ずいぶん降りました。 instagr.am/p/U7PH9ZM9L5/

2 件 リツイートされました

もう一枚。ずいぶん降りました。午前7時現在の積雪は75センチ。 twitpic.com/by8gyp

1 件 リツイートされました

札幌【開催中】菊田菊夫写真展「北・彩・詩」~丹頂鶴の居る風景 II=1月25日~30日(水)10am~7pm、藤フイルムフォトサロン札幌(中央区大通西6 ow.ly/gTg1Tkikuta-kikuo.com 北の大地に生きるタンチョウを活写

1 件 リツイートされました

@mimishonin 本、書評などをめぐるツイートをいつも楽しみにしています。あまり無理なさらず、ご健康を取り戻されることを願っています。(返事は、ご負担になるでしょうから、けっこうです)


@Junya_to_you このアカウントが、剽窃を繰り返しているのではないかという疑惑を抱いたので、RTは取り消しました。とはいえ、これは小生の姿とも、よくにています。とにかく眠い…。部屋は汚いし。


眠い。この眠さで、自分は人生のかなりの部分を損してるような気がしてならない。


@_e_n_a_ わざわざすみません。遠くて見に行けないのが残念です。今後も、ヤナイどうし、よろしくお願いします(笑)。


道立キンビ所蔵作が大半です。 QT @serra_nuts うーん。。迷うチョイスだねRT @akira_yanai 釧路【開催中】特別展 気象と芸術=1月4日~3月22日(金)9:30am~5pm(金、土曜~6pm)…道立釧路芸術館 kushiro-artmu.jp


出品リストありました。bit.ly/VdjBYO RT @serra_nuts それはそうか…みたかった釧路所蔵品が外れてて。釧路ずまいなら嬉しいかも。 QT RT @akira_yanai 特別展 気象と芸術 ~3月22日(金) 道立釧路芸術館

1 件 リツイートされました

TLで、貸し切り市電に乗ってる人が4人、札幌・小樽から東京に行ってる人が4人。後者は、お互いに知らない同士なんだろうな~と思うと、ちょっとおもしろい。


★佐々木秀明「雫の庭」展、モエレ沼公園ガラスのピラミット1階の外、雪倉庫で開催中(~2月17日まで) 暗い倉庫の左側に、16個の大きな炎のゆらぎと澄んだ雫が響き合う音。後方には円形の光の波。光と闇と音の世界、とても良かったです。 twitpic.com/bydfgi

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 1 RT

札幌【あすまで】鶴田三男個展~道東の景勝=1月21日~27日(日)10am~最終日5pm、カフェギャラリー北都館(西区琴似1の3 r.gnavi.co.jp/h035200/ )。知床五湖などの風景画


札幌【あすまで】吉成翔子 風の丘=1月7日~27日(日)9am~最終日3pm、会期中無休、STV北2条ビル エントランスアート(中央区北2西2)。優しく力強い、ユーモアも感じさせる金工作品を作る札幌在住の若手。10年個展→ ow.ly/fuUEU

1 件 リツイートされました

実は沖縄北部演習場は、米軍の世界で唯一!の米軍のジャングル戦闘戦用の訓練場なんです。kanji.okinawa.usmc.mil/Installations/…つまり、「ランボー」みたいな人が訓練していて、そこから世界の戦場に旅立って行くわけです。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 12 RT

札幌【開催中】第30回大洋会道支部展=1月24日~29日(火)10am~6pm(最終日~5pm)、大同ギャラリー(中央区北3西3 大同生命ビル3階)。第27回→ ow.ly/gTfSR 中村香都子、瀬川裕子、植野徳子、綿谷憲昭、加我幸子、原田富弥ら17氏の絵画

1 件 リツイートされました

この北部演習場の広大な敷地の中で、何故か高江の集落の民家を囲むようにヘリパッドが作られようとしていて、広大な敷地の中でなぜ、わざわざ高江集落を囲むように新設の計画を強行するのか。つまりこの集落を訓練の攻撃目標の標的にしているんじゃないか。と、現地の人も思っています。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 13 RT

ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンと会った時言っていたが初期は予算の関係で無理だったがある時期から彼らがスタジオに入っている間はずっと録音テープを回していた事は有名な話。そのアウトテイクがこれ 9oo.jp/bqFU8 マニアは知ってる70分です。 

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 79 RT

ブログ「ほびねべ」を更新しました。 「荒井善則「Soft Landing to Field in Harukayama」 ハルカヤマ藝術要塞」 goo.gl/2tsUL

1 件 リツイートされました

コメント

荒井善則「Soft Landing to Field in Harukayama」 ハルカヤマ藝術要塞

2013年01月26日 22時21分07秒 | 展覧会の紹介-現代美術
(承前)

Yoshinori Arai "Soft Landing to Field in Harukayama"

 荒井善則さんは1949年生まれ、旭川在住。
 東海大の教壇に立つかたわら、旭川の現代美術シーンの第一線で活躍してきた。
 北海道の現代美術が、札幌に限らない地理的な広がりを有するものになっているとすれば、一ノ戸ヨシノリさん、荒井さんをはじめとする旭川勢の奮闘が大きいことは、ぜひとも挙げておかなくてはいけないだろうと思う。

 「ソフト・ランディング」とは、荒井さんが一貫して自作のインスタレーションに付けている題。

 今回は、小さな白いキノコか花を群生させたようなインスタレーション。
 近づいてみると、個々のものは、マッチ棒のような形状をしている。

 このテキストを書いているうちに、果たしてこの作品はいまどうなっているのだろうということが気になってきた。
 もう撤去されたのか。それとも、深い雪の下に眠っているのか…。

 森の奥に設置され、後では、記録のみでしかたどることのできない作品。それは、インスタレーション(日本語で「仮設芸術」)にふさわしいありかたではないかと思われる。
 そして、その設営場所のまわりの空気を、一定期間だけかき乱して、作品はいつの間にか姿を消す…。


 さて、一昨年に開かれた「ハルカヤマ藝術要塞」の全作品を紹介するエントリは、これで一応終了です。
 ちょっと時間がかかりすぎてしまいました。
 すでに、2013年、第2回の開催に向けて、準備が進んでいるようです。


□荒井善則展覧会情報 http://en-gallery.com

置戸コンテンポラリーアート(2012年)
【告知】荒井善則個展 インスタレーション + 場の知覚から(2011年、旭川)



(この項続く) 
コメント (2)

1月25日(金)のつぶやき

2013年01月26日 01時12分56秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他

【ルパン三世 カリオストロの城】…映画監督スティーヴン・スピルバーグはカンヌ国際映画祭で本作を「史上最高の冒険活劇の一つ」と評し、特に冒頭のカーチェイスを「映画史上最も完璧なカーチェイス」と評したとの噂が存在する。(続く)

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 2 RT

@koba_atsu そ、それって、個性的ってことなのでは?


Yes - Tormato ( Full Album ): youtu.be/d2OCU3hopd4 @youtubeさんから★これがジョン・アンダーソンの歌声でないとは、とても信じられない。大健闘だと思う。


つくづく自分は、会社員とか職業人に向いていないと思う。しかし、だからといって働かなくてもいいというわけではない。


蓮池薫さんが東京新聞で語っている。「北朝鮮の中には、日朝交渉推進派、消極派がいる。推進派が力を増すような工夫をする必要がある。日本とやれば先が見えると、未来志向的な目標を示すことだ。それには北朝鮮内部の動きをよく把握することが大切。北朝鮮にも情報を収集できる隙間があるようだ」。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 65 RT

森政権までは、国対で汗をかいた議員が評価された。その次の小泉純一郎さんは、人を好き嫌いで使った。小泉さんは、意図的にそう変えたのではない。自身が汗をかくタイプではなかったからだ。自民党はそこからダメになった。(鈴木宗男「政治の修羅場」121ページ)


@fumiezo ところで、Facebookにリクエストが来てるんだけど。なぜだか読めないので、DMかmixiメッセージをください~。


日本でもやればいいのに…。 RT @akof: 栞:フランス Twitterに対し,人種差別的な投稿をした利用者を特定するように裁判所が命令-従わなければ,命令に従って特定するまで1日につき1000ユーロを支払う義務 cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/t…

1 件 リツイートされました

厳しいなあ…。あのNYTにおいておや。 RT @akashitakosabur: DON : ニューヨーク・タイムズが早期退職募集。著名記者が職場を後に #新聞 lb.to/WyrLMF


きのうの朝日新聞には本の広告が多い。「介護もアート 折元立身パフォーマンスアート」(KTC中央出版)、「督促OL修行日記」(文芸春秋)が面白そう。

1 件 リツイートされました

@87MHz お大事に~! 症状が収まってもしばらくは外に出ない方が良いようですが…。


遠軽、初のセンバツ 21世紀枠 北照は2年連続5度目 hokkaido-np.co.jp/news/sports/43…

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 16 RT

【神保町で寿郎社フェア】2月1日(金)から1カ月間、神田神保町の東京堂書店で寿郎社の全点フェアが開催されます。題して『「北海道の筑摩書房」みたいな出版社―寿郎社フェア』。寿郎社の50点近い在庫がすべて平積みになるという前代未聞の試み!ぜひ足をお運びください。

梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 30 RT

札幌【あす】ミニ・リサイタル=1月26日(土)2pm、道立三岸好太郎美術館(中央区北2西15 ow.ly/gH9Ry )。要観覧券。武田匡広(cl)、武田侑子(cl)、神原希未(pf伴奏)でプーランク「クラリネットソナタ」ほか


札幌【あすから】小規模および中規模の固体成形作業 阿地信美智展=1月26日(土)~2月10日(日)正午~6pm、火曜休み、ギャラリーレタラ(中央区北1西28 MOMA Place 3階 moma-place.jp )。不思議で重厚な立体やインスタレーションを制作する札幌の作家


札幌【あす】映画上映会「アンモナイトのささやきを聞いた」=1月26日(土)、2月11日(月)2pm、モエレ沼公園 @moerenumapark ガラスのピラミッド。無料。92年、山田勇男監督。同公園で個展開催中の佐々木秀明さんが美術監督 ow.ly/gvgyZ

1 件 リツイートされました

札幌【あす】コレクション展 石と木のかたち 学芸員によるギャラリートーク=1月26日(土)、3月9日(土)、4月6日(土)各日2~2:40pm、本郷新記念札幌彫刻美術館(中央区宮の森4の12 @sapporochobi )。要観覧券


釧路【あす】アートシネマ館「誰がために鐘が鳴る」=1月26日(土)11amと2pm、道立釧路芸術館(幸町4 kushiro-artmu.jp )。無料


東京・茅場町【あすまで】Art Wave Exhibition vol.15~創造のイノベーション 末次弘明/藤沢レオ/松野礼子=1月22日~26日(土)1~最終日4:30pm、RECTO VERSO GALLERY(日本橋茅場町2-17-13 第2イノウエビル401)


札幌【あすまで】北海道高等学校文化連盟第10回石狩支部美術部顧問展=1月21日~26日(土)10am~最終日5pm、札幌時計台ギャラリー(中央区北1西3 ow.ly/gvhYH )。一線で活躍する作家多数。10年→ ow.ly/gvhYI

1 件 リツイートされました

東京・京橋【あすまで】寺井浩一展 Water Landscape=1月17日(木)~26日(土)11:30am~5:30pm、K's Gallery(中央区京橋3-9-2 プラザ京橋ビル3階 ks-g.main.jp )。k-terai.net


ブログ「ほびねべ」を更新しました。 「わが「ラジオ・デイズ」」 goo.gl/1Y4CZ


コメント

わが「ラジオ・デイズ」

2013年01月25日 21時28分08秒 | つれづれ日録
 今年に入り、気になる訃報が続く。
 元横綱の大鵬。大島渚監督。美術家の神山さんの逝去がいちばんショックだった。

 そうしたら、「Mr.デーブマン」こと高田文之さんの訃報が届いた。
 けさの北海道新聞にも死亡記事が載っている。

 以下は、単なる思い出話で、アートには関係が薄いので、興味がない向きはとばしてください。

 道新によると、デーブマンはHBCラジオの「ベストテンほっかいどう」を1973年から8年間担当したそうだ。

 筆者は、1975~77年、とくに76年はほとんど毎日、この番組を聴いていた。

 「ベストテンほっかいどう」は、午後2時から5時半まで平日に放送されていた「ハロードライバー」という番組のうち、午後4時~5時半が充てられていた(73年頃は、ぴったり1時間半ではなくて、「ハロードライバー」の中で、ベストテンと他のコーナーが交互に展開されていたようだ)。
 その名のとおり、音楽のランキング番組で、

�週イチではなく、月曜から金曜まで毎日順位が変わること
�毎日の10位から2位を、電話をかけてきたリスナーが予想し、当たれば景品がもらえたこと
�邦楽と洋楽の区別をつけないこと

が特徴だった。
(ついでに記しておくと、日本の音楽シーンは、80年代半ばまで、一般にヒットする曲・シングルはさすがに国内のものが大半だが、アルバムランキングは半数が洋盤で占められていた。国内にロックバンドなどが少なかったのである)

 ランキングはどうやって決めていたのか。
 次の4要素を加点していた。

�レコード売り上げ(20位が10点、19位が20点…で、1位が200点)
�有線放送リクエスト(10位が10点、9位が20点…で、1位が100点)
�はがきリクエスト(有線と同じ)
�電話リクエスト(レコードと同じ)

 したがって、満点は600ポイント。
 ただし、筆者の記憶で、600点を得た曲はない。1位は500~550ポイントであることが多かった。

 番組は、4時半まで、4時現在の電話リクエストの20位から11位を紹介しつつ、「ちびっこアテンションコール」という、「小学生がもの申す」的なコーナーを挟んで、進んでいく。
(「ちびっこアテンションコール」のジングルのうち「ちびっこ」という子どもの声は、70年代前半に、多くのジングルが子どもの声だったころの名残)
 4時半からは、10位から順番に、聴取者が電話でランキングをあてていく。
 デーブマンが「シャウト!」と言うと、リスナーが(例えば)「野口五郎『針葉樹』、行ってみよ~!」と叫ぶ。
 当たれば、「針葉樹」が流れだし、外れれば、それまでも流れていたBGMが続けて流れるのである。

 4位までやったあと、道路情報を挟んで、5時からはいよいよベストスリー(だったと思う。5位~1位だったかもしれない)。デーブマンが「It's just five o'clock,now bact to best ten Hokkaido!」と時報の後で(カタカナ英語で)叫ぶと、番組もいよいよ大詰めである。
 1位だけはフルコーラスをかける。だから、5分もある太田裕美「9月の雨」のときは、デーブマンも忙しそうだった。
 実は、電話ランキングしだいで、途中で順位が変動することもあり、その日の最終ランキングは、番組の最後に、デーブマンが早口に読み上げるのだった。
 デーブマンのリスナーとの軽快なやりとりが、この番組を楽しいものにしていたことは、言うまでもない。

 というわけで、筆者は、この時期のヒット曲にやたらとくわしい。
 しかし、いまカラオケに行っても、野口五郎「武蔵野詩人」も、郷ひろみ「寒い夜明け」も、岩崎宏美「センチメンタル」も、太田裕美「最後の一葉」も、水谷豊「はーばーらいと」も、あおい輝彦「センチメンタルカーニバル」も、そもそも入っておらず、歌うことができない。
 まあ、いいけど。


 …などと、マニアックなことを書き連ねてきたが、要するに、この時代は、今のようにインターネットがなかったので、若い人に「パーソナルなメディア」という実感を抱かせるものは、ラジオをおいてほかになかったのである。
 
コメント (4)