北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

2010年11月のまとめ

2010年11月30日 23時26分13秒 | つれづれ日録
 2010年11月のエントリは計103本。
 ただし、Twitterのまとめが44本もあるので、一般のエントリはわずか59本で、1日平均2本を切ってしまいました。

 エントリ本数が今後ふたたび増える要素がまったく無いのは、もちろんです。

 これまで見たり写真を撮ったりしていながら、アップできずにいる「展覧会の紹介」エントリがあるので、12月以降、少しずつ公開していくつもりです。

 ただし、いまから長文のテキストを加えられるほど、筆者は記憶力がありません。
 遅れた上に不十分では、作家の皆さまにも読者にも非常に申し訳ないのだが、ご容赦願います。


 ときどき、「そっちでもギャラリーまわってるの?」と聞かれます。

 そもそも、一般的なギャラリーはほとんど存在しないのですが(「NHKぎゃらりー」と、まちきた大通ビル・パラボ6階ギャラリーのみ)、画廊喫茶についても、まわってる時間が残念ながらありません。
コメント

越澤満さん死去

2010年11月30日 20時23分03秒 | 新聞などのニュースから
 北海道新聞2010年11月30日おくやみ面によると、札幌在住の風景画家、越澤満さんが亡くなったようです。77歳でした。
 道展、グループ環で、毎年作品を発表していたほか、個展もしばしば開いていました。「しん美術会」「さん美術会」「ふじ美術会」と、絵画教室を三つ主宰し、毎年の教室展でも自作を展示していました。


 1932年(昭和7年)岩見沢生まれ。
 道展入選は52年が初めて。87年には、労働省職員美術展で労働大臣賞を受賞しています。
 また、58年に一水会初入選で、71年には日展に入選もしています。(この段落は五十嵐恒「北海道を彩るアーティスト」共同文化社による)

 越澤さんは風景ひと筋でした。
 道内のあちこちを巡り、速い筆遣いで、川や山を描き続けました。
 越澤さんの画業で特筆しなくてはならないのは、1997年の、サハリンを描いた連作ではないかと思います。
 昔懐かしい北海道にも似た景観に向き合い、その成果は、スカイホールでの個展で発表しました。
 もうひとつは、2002年から07年にかけて何度も重ねた知床行きで、精力的に各地でスケッチを行い、信用金庫のカレンダーなどに実を結びました。

 越澤さんというと、思い出す光景があります。
 時計台ギャラリーで初個展を開いた女性に助言を求められ、100号大の風景画の前でじっと立ちつくし画面を凝視する姿です。
 ただ第一印象を述べるのではなく、長いこと描き手と対話を繰り返していました。
 絵の指導とはこういうふうにするものなのか-と内心でひそかに驚いた記憶が鮮明です。

 この数年は、うまく表現できないのですが、鬼気迫るすごみのようなものが筆先から立ち上ってくるのを感じていました。晩秋の道東などの荒涼たる風景に対峙したときにわきあがってくる、一種独特のすさまじさです。


 ご冥福をお祈りいたします。


第10回グループ環絵画展(小品展併催)=2009年6月
第9回グループ環絵画展・小品展併催(2008年)
最果ての大地を描く 越澤満油絵展(2007年)
第8回“グループ環”絵画展(2007年)
越澤満風景画展(2006年)
第4回“グループ環”油彩展(2003年)
第3回“グループ環”油彩展(2002年)
第3回“グループ環”油彩展(2001年)
コメント (2)

11月29日(月)のつぶやき

2010年11月30日 02時21分48秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
00:28 from desktopxevo
.@dekopa_jp ウルトラマン・アート!の巡回日程ですが、来年1月7日~2月13日岩手県民会館、3月30日~5月8日鹿児島市立美術館、7月16日~8月21日福井市美術館、11月3日~12年1月15日茨城県近代美術館、1月27日~3月31日長崎県美術館です。
00:34 from ついっぷる/twipple
「ワラビモ」単行本未収録作が読めます♪ QT @konomanga_jp こちらは旭川出身の新人マンガ家さんです! 応援よろしくお願いいたします!旭川出身のミカミさんのマンガはこちらです→http://award2010.konomanga.jp/ #konomanga
00:36 from Seesmic Web (Re: @Junya_to_you
@Junya_to_you 古い地図って、楽しいですよね。わたしも大好きです。特に札幌の古い地図は好き。
07:57 from www.movatwi.jp
目は覚めたけど、だるい。NHKによると下川で積雪39センチとか。道央道は事故で通行止め。
09:53 from Brizzly
11月26日、毎日新聞「記者の目」がおもしろい。電話世論調査は固定電話のみ対象で携帯しか使わない若者層の意見が反映されない-という批判があるが、面接して行った世論調査で、電話の保有状況も聞いたら、携帯のみ使う層も、固定電話を使う層などと意見にほとんど差がなかったという。(続く
09:53 from Brizzly
(承前)例えば、憲法改正論議への関心の有無は、固定電話保有層で「ある67%、ない33%」、携帯保有層で「ある65%、ない35%」など。世論調査室の人の文章だけに、なるほど~、と思う。返す刀で「誰でも回答できるネット調査」は根本的に性格が異なる、とも。
09:55 from Brizzly
お~、積もってますね。これがいつもウオーミングアップしてるワンちゃんなのですね。 RT @shojiyukiya: 今年初めての雪景色。


17:42 from web
なるほど @hkohno_abbr 何でも黙ってても入ってくると思ってる受身状態で(せいぜいネットで情報漁るくらいの自発性)、WEBの2次3次情報だのSNS的擬似コミュニケーションだのに慣れ切ってる人は他人に対してもそんな風に求めるのかもな。>「無料でソフトをインストールさせて」
20:50 from HootSuite
【あすから】岡部亮展withシミー書房「詩の本と彫刻」=11月30日(火)~12月12日(日)11am~7pm(最終日~6pm)、月曜休み。temporary space(札幌市北区北16西5)。若手彫刻家7年ぶりの個展。新明史子さんとのユニット「シミー書房」による手作り本も展示
20:50 from HootSuite
【あすから】三明伸水彩画展=11月30日(火)~12月5日(日)10:30~6:30(最終日~5:00)、さいとうギャラリー(札幌市中央区南1西3 ラ・ガレリア5階)。札幌近郊の四季の風景を描いた。4号を中心に30点ほど。07年の個展→http://ow.ly/3bJQ3
20:50 from HootSuite
【あすから】三明伸水彩画展●木村初江陶展=11月30日(火)~12月5日(日)10:30am~6:30pm、さいとうギャラリー(札幌市中央区南1西3 ラ・ガレリア5階)
22:21 from HootSuite (Re: @Junya_to_you
@junya_to_you 東本願寺のあたりは、開拓使のひいた線と屯田兵の区劃とがぶつかっていますよね。石山通が南6条や南9条でズレているのもそのせいですね。
22:25 from HootSuite
でも、今なお札幌の街についての謎は多い。例えば西2丁目通が、大通の北側が異様に広いのに、南1条より南は狭いのはなぜなのか。北1条通が西4丁目と西7丁目の間だけ広いのはどうしてか。豊平小学校の横の道がクランクになっているわけは。etcetc
22:44 from Keitai Web
これ、ふっくりんこのいいPRになってるなぁ。まあ、確かにあの米はうまい。 #nhk
23:05 from goo
【告知】放浪の天才画家 山下清展-歩き描いた49年(12月3~28日、1月4~23日) #goo_h-art_2005 http://bit.ly/gWV9Hj
23:51 from Tweet Button
ブログ更新しました。古い木造の商店建築が姿を消した(札幌市中央区南5東2) #goo_h-art_2005 http://t.co/UbghB5T
by akira_yanai on Twitter
コメント

古い木造の商店建築が姿を消した

2010年11月29日 23時50分20秒 | つれづれ日録
 
 以前も書いたが、北に国道36号、西に創成川、南東に豊平川に囲まれた「南●条東▲丁目」の三角地帯は、木造住宅や古い旅館、飲食店などが残る、ちょっと不思議な雰囲気の一帯だった。
 道路こそ、開拓使が測量し都市計画を行ったため、直線で広いが、建物は、時の流れに取り残された路地裏のようなたたずまいを感じさせた。
 2006~07年、今や伝説の自主ギャラリー「micro.(ミクロ)」があったのもこのあたりである。

 その地区にも、近年東横インが進出するなど、変容は著しい。
 先日、札幌に帰省のおり、たまたま近くを通りかかったら、南5条通り沿いにあった「中野商店」が、跡形もなくなっていたことに、いささかショックを受けた。

 


 石造りの立派な官庁や、由緒ある邸宅を、保存することは、良いことだと思う。
 しかし、真の歴史的建造物とは、こういう普通の商店や民家ではないのだろうか。

 どこにでもあったし今もあるはず…と、高をくくっているうちに、気がついたら、一つも残っていないという事態になるような気がする。
 炭住や鉄道官舎のように。
 
 


 それにしても、取り壊される前にもっとしっかりカメラに残しておくんだった。

 反省。




コメント (6)

【告知】放浪の天才画家 山下清展-歩き描いた49年(12月3~28日、1月4~23日)

2010年11月29日 23時05分21秒 | 展覧会などの予告
 テレビドラマなどにもなった放浪の画家、山下清の作品を、2期の会期に分けて紹介する展覧会が、道立釧路芸術館(釧路市幸町4)で開かれます。
 主催は同館と釧路市、釧路市教育委員会、北海道新聞釧路支社、「山下清展」実行委員会。

 第1部は「ペン画・版画を中心に」ということで、12月3日(金)~28日(火)9:30~5:00、開催。
 月曜休みです。
 「岐阜の大仏」などペン画47点、「三条大橋(京都)」など版画58点、水彩画、貼り絵、陶器、遺品、資料など合計およそ170点を展示します。
 フェルトペンは一度描いたら修整がききませんが、そういう画材でぐいぐい描いていった彼の記憶力のすごさにはあらためて驚かされます。

 第2部は「貼絵を中心に」。1月4日(火)~23日(日)9:30~6:00
 月曜休みですが、10日は開館し、翌11日(火)休みます。
 「雪だるま」など貼り絵66点、鉛筆画13点のほか、「群鶏」といった珍しい油彩、ペン画、版画、「パリのエッフェル塔」など水彩画、陶器、遺品、資料など合計およそ170点(第一部から引き続き展示する作品を含む)。

 「第1部も第2部も」
という人向けのセット券は、一般1200円(前売り1000円)、高大生600円(同500円)、小中生200円(同100円)。
 いずれか一方のみの券は、一般800円(リピーター割引、親子割引、団体割引600円)、高大生400円(同300円)、小中生200円(同100円)です。


 関連事業は次の通りです。
ギャラリー・トーク講師:山下浩氏(山下清作品管理事務局代表)
1月9日11時
要観覧券
展覧会「家族が語る山下清」
講師:山下浩氏
1月9日2時
アートホール、聴講無料、先着200人。整理券は会期中1人につき1枚、受付で配布します。

学芸員による鑑賞ツアー
12月19日(日)と1月23日(日)2時
要観覧券

みんなでつくろう!巨大貼絵
要観覧券




・JR釧路駅から1.2キロ、約15分
・くしろバス「十字街」「十字街7丁目」から約5分
・フィッシャーマンズワーフ「MOO」からすぐ


山下清展(2006年)
コメント

11月28日(日)のつぶやき

2010年11月29日 02時12分41秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
05:14 from web (Re: @allo_mayumi
@allo_mayumi いえいえ、これが仕様なので。行けなくてすみませんっ。
05:16 from desktopxevo
@peco_paper そうだと思います。ただし、バスはほとんど網走が始発・終点です。
05:18 from ついっぷる/twipple
そうなんですか! この北区展は、札幌10区の中では一番マジメにやっているようです RT @Annk43: 最近はこんな展覧会もあるんですね。全然知りませんでした。そんな私も十数年前までは北区の住人でした。@akira_yanai 第12回あなたと共に育てたい 北区のアーティスト展
05:32 from Seesmic Web
ぶじ目が覚めて深夜バスを降りることができた。バス停前には客待ちタクシーが2台。しかし、降りたのはわたし一人で、しかも家は歩いてすぐ。なんか、申し訳ない。帰ってきたけど、家の中はさすがに寒い。
05:37 from HootSuite (Re: @Annk43
@annk43 いやあ、70、80年代に比べたらいまはそんなに町並みは変化しないと思いますよ~。北24条かいわいも、annk43さんのいらしたころとたぶんほとんど変わってません。学園都市線(札沼線)は、近々電化されるようですが。
05:44 from HootSuite
さあ…。わたしは昼間しか行かないので… RT @annk43: 当時の24条界隈って、結構怖い噂も聞いてて、飲みに行った事もないけど、今はどうなんでしょうか?@akira_yanai いやあ、70、80年代に比べたらいまはそんなに町並みは変化しないと思いますよ~
07:29 from www.movatwi.jp
えっ? @kohriyama: おかえりなさいませ RT@akira_yanai ぶじ目が覚めて深夜バスを降りることができた。バス停前には客待ちタクシーが2台。しかし、降りたのはわたし一人で、しかも家は歩いてすぐ。なんか、申し訳ない。帰ってきたけど、家の中はさすがに寒い。
20:50 from HootSuite
【あすから】kinyuryong solo exhibition GP-10=11月29日(月)~12月4日(土)11~7時、ギャラリーたぴお(札幌市中央区北2西2 道特会館)。「在日」の自己を問いつつ現代アート制作を続ける若手。09年の個展→http://ow.ly/39qfk
20:50 from HootSuite
【あすから】きのこ&札幌風景 小林孝人個展=11月29日(月)~12月5日(日)10am~10pm(最終日~5pm)、カフェ&ギャラリー北都館(札幌市西区琴似1の3)。精力的に撮影を続ける札幌の小林さん。キノコ研究はライフワーク。09年個展→ http://ow.ly/39pDa
20:50 from HootSuite
【あすから】第4回北海道現代具象展=11月29日(月)~12月4日(土)10am~6pm(最終日~5pm)、札幌時計台ギャラリー(中央区北1西3)。道内の実行委員21人に加え、小尾修(白日)、山口実(行動)、山本雄三(独立)の3氏を招待。昨年に続き画壇の重鎮笠井誠一野田弘志両氏も
20:54 from Brizzly (Re: @jobin55
@jobin55 いえいえ、なんもさ、です。今後ともよろしくお願いします!
20:55 from HootSuite
【あすまで】paraselene URUSHI NOZOMI WATANABE EXHIBITION=11月17日(水)~29日(月)10~6時(最終日~5時)、火曜休、GALLERY創(札幌市中央区南9西6)。札幌の新進の漆造形家渡邊希さん http://ow.ly/39pw0
22:06 from HootSuite
らぶしど君、追分だったのか…。 RT @lovesydbarrett: 真冬、北海道の僕の故郷追分町(現・安平町追分)は、ひどい時は-22℃にもなった。毎日のように雪かきをした。人口4000人で4人に1人は65歳以上。僕は小さいころからこの何もない街が嫌で嫌で仕方が無かった…
22:12 from HootSuite
列車で時々通るけどちゃんと降りてマチを見たことないです。「国鉄の町」としてしか知らない。 RT @lovesydbarrett: ご存知でしたか、追分町、知る人ぞ知るあの廃墟・・・・・・RT @akira_yanai らぶしど君、追分だったのか…RT 真冬、北海道の僕の故郷追分町
22:15 from HootSuite
考えてみれば「通ったこと」はあるけど、ちゃんと見て回ったことのない町って、追分町だけじゃなくてけっこうあるなあ。松前、厚真、新冠、浦幌、鶴居、清里、中頓別、妹背牛…。
22:19 from HootSuite
ちなみに全く足を踏み入れたことがないのは奥尻、鹿部、泊、神恵内、初山別、遠別、天塩、幌延、豊富、稚内、利尻、利尻富士、礼文、猿払、根室の2市9町4村。これ、前にもツイートしたかも。
22:44 from Keitai Web (Re: @J_Searobin
@J_Searobin おお、それはすごいですね。わたしは、稚内と根室は、老後の楽しみに取ってあります。
22:55 from www.movatwi.jp
それは、うまい焼酎を飲んで宇宙の気分になっちゃうってことですか? RT @pirotan55: @akira_yanai ぜひぜひ清里町へ。 宇宙展望台に行っちゃってください♪
23:24 from goo
【告知】「楽しく撮れる!初心者デジカメワークショップ」参加者募集 #goo_h-art_2005 http://blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/2b3de0f032e24db3d8569f3361a2acf8
23:34 from HootSuite (Re: @allo_mayumi
@allo_mayumi なーにをおっしゃいますか、まゆみさん(笑)、あなたは教えるほうじゃないですか~。
23:36 from Tweet Button
blog「北海道美術ネット別館」、今晩は2本アップします。2本目は「2010年11月27日は1カ所」。 #goo_h-art_2005 http://t.co/oIzs0YX
by akira_yanai on Twitter
コメント

2010年11月27日は1カ所

2010年11月28日 23時30分32秒 | つれづれ日録
 11月26日、出張のため札幌へ。

 2週続けて札幌に行っていたことになる。
 ただし、ギャラリーや美術館に行くのが目的の帰省ではないので、回れるところはごく限られる。
 たくさんのご案内をいただいてるので、心苦しいのだが…。
 26日も札幌に滞在したが、訪れたのは北広島市の文化芸術ホールだけ。あな展については、きのうまとめてアップした。


 21日2767歩、22日638歩、23日3267歩、24日8879歩、25日11079歩、26日7761歩、27日4724歩。

 25日は早出だったのにもかかわらず、仕事がたくさんあって最終バスに乗り遅れ、歩いて帰宅したため、歩数が多くなっている。

 27日の深夜バスに乗って北見に戻る。
 北見着は朝4時過ぎ。乗り過ごしては大変なので、あまり熟睡はできない。
 帰宅後も少し追加睡眠をとった。昼から出社。
 
 セイコーマートで弁当を買って、夜11時ごろ帰宅した。
コメント

【告知】「楽しく撮れる!初心者デジカメワークショップ」参加者募集

2010年11月28日 23時24分25秒 | 情報・おしらせ
 札幌市豊平若者活動センター(旧Let's豊平)の方からメールをいただいたので転載します。一部、表記は手直ししています。

タイトル : 「楽しく撮れる!初心者デジカメワークショップ」
日 時 : 平成22年12月8日(水) 19:30-21:30
       平成22年12月11日(土) 14:00-17:00
場 所 : 札幌市豊平若者活動センター
申込期間 : 11月11日から12月4日まで
対 象 : 18歳から34歳までの方
定 員   15名

持ち物 : デジタルカメラ ※無い方へは、貸し出しあります。

協 力 : 富士フイルム株式会社

問い合わせ先
     札幌市豊平若者活動センター
     住所 : 札幌市豊平区豊平8条11丁目3-5
     電話 : 823-5256




・地下鉄東豊線「豊平公園」1番出口から290メートル、徒歩4分
・中央バス「豊平3条10丁目」から730メートル、徒歩10分
コメント

11月27日(土)のつぶやき

2010年11月28日 02時12分24秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
01:04 from www.movatwi.jp
. @noise_y @hashigoma @NaomiItoh @allo_mayumi @parkjisung07 拡散に感謝です!
12:14 from www.movatwi.jp
なぜか駅ナカでそばを食うことになってしまった。
15:11 from Keitai Web
南平岸の喫茶店陽だまりなう。加藤清江の小品(F4)が壁に掛かってる。8万4千円の値札付き。その隣の木版画は売り物ではないようだ。サインから判断して北岡文雄らしい。
20:19 from HootSuite
っていうか、人にほいって渡すとき、FAXの方が便利じゃないですか。 RT @bon_nob: えっ。そういうものなんですね。確かに電話うぜー、メール良くわかんない、って会社には紙で届く方が整理しやすい? RT @yukomiura: 記者会見のお知らせはメールでなく、FAXのみ
20:27 from HootSuite
取材が終わった資料は、保存価値の高いもの以外は捨てます。送る相手の人間が特定されてる時はメールでもいいけど、部内の誰に渡せばいいか分からないものはFAXの方がラクです。 RT @bon_nob: 紙ってゴミになるし無くしちゃうと思んですが……。 RT @akira_yanai
20:36 from HootSuite
メールをその社の記者全員に送るのって非現実的だし、といって人事異動のたびに各部のメーリングリス津を変更するのも面倒なような…。 @bon_nob: つまりメールを全員が持っていないんですね。そりゃダメだぁ。 RT @yukomiura メールだと個人に届くので、緊急会見などの…
20:54 from HootSuite
@BON_NOB はあ。社内はだいたいメールでいいんですけど、なにせ学校とか官庁とか会社とか不特定多数が相手なので、そういうところから電話が来ると「じゃあファクスで資料送ってください」となってしまうのです。
20:55 from HootSuite
【あすまで】シンプルな時間=11月17日(水)~28日(日)11am~7pm(最終日~5pm)、月・火休、スウィーツ&ハンドメイドカフェAMU CHOCO(札幌市白石区東札幌1の1)。うつわ(マーノ)、リネン雑貨(Sma*i)、写真(Mayumi,W(“allo?”)
20:55 from HootSuite
【あすまで】尾形香三夫陶芸展=11月23日(火)~28日(日)10:30~6:30(最終日~5:00)、さいとうギャラリー(札幌市中央区南1西3 ラ・ガレリア5階)。驚異的な練上技法の皿や花瓶を作る陶芸家。石狩管内新篠津村在住。08年の個展→http://ow.ly/3bJNz
20:55 from HootSuite
【あすまで】第12回あなたと共に育てたい 北区のアーティスト展=11月22日(月)~28日(日)9am~5pm、札幌サンプラザ(北区北24西5)。全道展や道展の会員や無所属の一線作家など28人が30~50号程度を展示する珍しい機会。第9回→ http://ow.ly/39pNp
20:55 from HootSuite
【あすまで】伊藤恵美子展=11月22日(月)~28日(日)10am~10pm(最終日~5pm)、カフェ&ギャラリー北都館(札幌市西区琴似1の3)。水彩で描く野の花
20:55 from HootSuite
【あすまで】佐々木秀明個展 雫を聴く-水と光 波紋の投影による静謐な空間=11月12日(金)~28日(日)1~7pm、会期中無休、レッドベリースタジオ(札幌市西区八軒2西1 http://www.akai-mi.com)美しい!07年の個展→http://ow.ly/3bHWl
20:55 from HootSuite
【あすまで】ウルトラマン・アート!=9月18日(土)~11月28日(日)、道立旭川美術館。一般1000円、高大生700円、小中生500円。ウルトラマンとウルトラセブンのデザイン画、造形、記録写真など約400点。60年代から現代までの時代にヒーローを位置づける。伊藤隆介氏の作品も。
20:55 from HootSuite
【あすまで】あな展=11月19日(金)~28日(日)10am~6pm、月曜休み、北広島市芸術文化ホール(中央6=北広島駅前)。恒例の企画展。今年は陶の上ノ大作、現代美術の樫見菜々子、染織の加藤祐子、金工の吉成翔子(9月の個展→ http://ow.ly/354ib )の4氏
21:03 from goo
北海道美術ネット別館更新しました。 #goo_h-art_2005 http://bit.ly/fWOW0D
21:07 from Tweet Button
札幌のとなり、北広島で開かれている「あな展」。ユニークな作品がそろいました。札幌駅からわずか15分ほど。あすお時間があれば、どうぞ! #goo_h-art_2005 http://t.co/ZhKDz8C
21:20 from HootSuite
【あすまで】明日への創造 北海道教育大学岩見沢校芸術課程美術コース展 Part1=11月14日(日)~28日(日)10am~6pm(木曜1:30~)、水曜・祝日の翌日休み、岩見沢市絵画ホール・松島正幸記念館(岩見沢市7西1)。一般210円、高校・大学150円、中学以下無料
21:20 from HootSuite
巡回しますよ!情報は後ほど RT @dekopa_jp: 行きたいなあ…。関東でやらないかな。QT @akira_yanai 【あすまで】ウルトラマン・アート!=9月18日(土)~11月28 日(日)、道立旭川美術館。ウルトラマンとウルトラセブンのデザイン画、造形、記録写真など
23:38 from www.movatwi.jp
ドリーミントオホーツク号、間もなく出発。深夜バスはほぼ満席。問題は、あすの朝、起きて下りられるだろうか、ということ。
by akira_yanai on Twitter
コメント

■あな展 上ノ大作(11月28日まで)

2010年11月27日 21時03分05秒 | 展覧会の紹介-工芸、クラフト
 北広島芸術文化ホールが毎年1度、陶芸家・松原成樹さんのプロデュースで開いている展覧会。例年、力作が多く、楽しみな展覧会です。
 テーマ展は、2008年の「はしご」、09年の「はこ」に次いで3度目。
 松原さんは
「テーマ展はこれで終わりかも。大変だし。でも、今回も、『あな』ということで、カフカを読んだりして、じぶんが楽しんでいるんですけどね」
と笑います。
「どうして、ヘンリー・ムーアは穴を自作に開けるのだろう。やはり、空間性みたいなものが、穴を開けることでできるのかな」

 彫刻に穴があくようになったのは、しかし、そんなに昔のことではないように思います。
 筆者は、穴の開いた彫刻というと、豊福知則を思い出しますが、ほかにも安田侃や砂澤ビッキなどの例があります。芸術の森野外彫刻美術館の堀内正和なんてのもありますね。
 ただ、松原さんが今回声をかけた4人は、いわゆる彫刻家ではありません。そこがまたおもしろいところです。

 まず、上ノ大作さん。
 5点組の「アナ」。

 彼は、釉薬を用いない野趣あふれる器などを作る陶芸家なのですが、なんと! 今回は木の作品を出品しました。

 




 ところで、この木の由来を聞いて、びっくり。
 札幌市北区、ヨドバシカメラマルチメディア札幌の北西側にあった、クラフトショップAger(アゲル)前に生えていたイチョウの木だというのです。
 上ノさんは、木を切った業者に掛け合い、この木材を入手したというのです。
 Agerを経営していた北のクラフトプロジェクトいぷしろんの舟見さん経由ではなく、業者から直接とのことでした。
 颱風で倒れるおそれのある危険木に指定されたのが理由でしたが、こうして見ると、とくに内部が腐っているといったことはなく、急いで切る必要があったのか、ちょっと疑問に思いました。

 イチョウが切られる前に書かれた舟見さんのブログはこちら。

http://craftager.exblog.jp/8136193


この項続く
 
2010年11月19日(金)~28日(日)10:00~6:00、月曜休み
北広島市芸術文化ホール ギャラリー(北広島市中央6 JR北広島駅東口すぐ)

花のある暮らし 身近な自然と暮らし(2009年6月)
新茶を愉しむ 旅する茶器 (2009年5月)
コメント

■あな展 樫見菜々子(11月28日まで)

2010年11月27日 21時01分53秒 | 展覧会の紹介-現代美術
承前

 樫見かしみ菜々子さんは、布などで繊細な作品を作ります。
 札幌芸術の森美術館が企画する「北の創造者たち展 Lovely」の展示が印象に残ります。

 今回は、ここ何回かの展示と異なり、光による効果が期待できない、オープンな会場。
 樫見さんはあれこれ考えたあげく、テーブル状の作品を出してきました。題は「途中のトンネル」。



 木が12本、不規則に配置されています。
 広葉樹も針葉樹もあります。
 また、ゴルフ場にあるような旗も3本立っています。
 


 トンネルというのはこれですね。ただし、これは、物理的に穴が貫通しているわけではないようです。

 葉ずれの音が数分おきに流れる仕組みになっているそうです。

 なぜか、なつかしさを感じさせる作品ですね。 


この項続く)

 
2010年11月19日(金)~28日(日)10:00~6:00、月曜休み
北広島市芸術文化ホール ギャラリー(北広島市中央6 JR北広島駅東口すぐ)


http://www.nanakokashimi.com/

遅れてくる風 樫見菜々子個展 (2009年7月)
樫見菜々子個展「そらの跡」(2009年3月)
500m美術館(2008年11月)
樫見菜々子展 『水々しい秘密』(2004年)
樫見菜々子『なぜ鳥と目が合ったか』 -- 色 匂い 音 湿度 の一致した『その時』--(2004年)
コメント

■あな展 加藤祐子(11月28日まで)

2010年11月27日 21時00分19秒 | 展覧会の紹介-複数ジャンル
承前)

 ユニークなテキスタイル作品を手がけている小樽市の加藤祐子さん。
 3点出品しており、冒頭画像の手前の、6個のざぶとんのような作品は「緑苔の巣穴」。
 壁に58個掛かっているのは「桃色袋」。



 この、袋状の作品の反復っていうの、加藤さん好きだよなあ。
 形が決まっていそうで、じつは不定形というか、容易に変えられるのが、この種の作品の特徴かも。




 反対側の壁には「ふち」。



 新聞紙をすきこんであります。


この項続く)

 
2010年11月19日(金)~28日(日)10:00~6:00、月曜休み
北広島市芸術文化ホール ギャラリー(北広島市中央6 JR北広島駅東口すぐ)


加藤祐子展 FIBER EXHIBITION -皮膜- (2008年)
札幌の美術2004(画像なし)
個展(2002年、画像なし)
ファイバーワーク展(2001年)
コメント

■あな展 吉成翔子 (11月28日まで)

2010年11月27日 20時58分41秒 | 展覧会の紹介-工芸、クラフト
承前)

 道教大大学院在学中の若手、吉成翔子さん。
 冒頭画像のうち、左端の縦長の「ぽっかり」は計3点出品。中央は「あちらからこちらからどこへでも」、右の床上に転がっているのが、新作「あなのなか もっとおく」。
 修了論文などで超多忙なのに、新作を出してくるのはさすがです。



 「あなのなか…」は、まるでサイロのような作品。
 見に来ていた姉妹らしき子どもふたりが、両はしにすわってのぞきこんでいたのが、ほほえましかったです。

 昔は、牧草の貯蔵用に使われていたサイロですが、ロールのままで保存する方法が普及してすっかり無用の長物になってしまいました。
 札幌あたりでは、住宅地の中の公園などに残っていることも、少なくありません。
 
 幌加内の牧場に育った吉成さんは、もちろんサイロが現役で活躍していた時代は知りませんが
「離農して残されたサイロが周囲にあって、廃墟のようなたたずまいが好きで写真に撮ったりしてましたよ」
とのこと。




 大きいほうの穴からのぞきこんでみると、奥のほうに、芽のようなものが三つほど見えます。
 上部に小さな穴があいていて、そこから天井のスポットの光が差し込んでいるのです。
 こればっかりは写真ではなかなか撮りづらいので、実物をごらんいただければ…。 




 底部から見た作品。
 やはり穴があいていて、向こう側が見えます。
 外側をつる草のようなものがうねっていて、作品に物語性のふくらみを与えているのが吉成さんらしいです。

 右奥に見えるのは「ぽっかり」。




 「あちらから…」。
 もしかしたら、「はしご展」のほうが合ってたかも?

 これも、全体のフォルムやマッスで見せるのではなく、装飾的な部分が楽しい作品。近代彫刻的な価値基準で見ると余計な要素が多いという批判になるのかもしれませんが、筆者は、これはこれで楽しくて良いと思っています。

 ということで、4人の個性が競い合う、見ごたえのある展覧会でした。

 
2010年11月19日(金)~28日(日)10:00~6:00、月曜休み
北広島市芸術文化ホール ギャラリー(北広島市中央6 JR北広島駅東口すぐ)

吉成翔子個展 (2010年9月)
遠くを聴く この言葉で繋がる7人の世界 (2009年11月)
金工時間 金属造形作家3人による展覧会 松田郁美・町嶋真寿・吉成翔子(2009年9-10月)
金工展(2008年)=画像なし
コメント

11月26日(金)のつぶやきその2

2010年11月27日 02時17分29秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
21:35 from HootSuite
●岡部亮展withシミー書房「詩の本と彫刻」=11月30日(火)~12月12日(日)11am~7pm(最終日~6pm)、月曜休み。temporary space(札幌市北区北16西5)。若手彫刻家7年ぶりの個展。新明史子さんとのユニット「シミー書房」による手作り本も展示
21:40 from HootSuite
●田村陽子+藤沢レオ=12月3日(金)~16日(木)10am~6pm、火曜休み、ギャラリー創(札幌市中央区南9西6)。田村さんは「緑の研究」、藤沢さんは「緋色の研究」がテーマ。天井から糸を垂らしたシリーズの続編で、今回はガラス玉とステンレス棒を使います
21:40 from HootSuite
●北大写真部写真展[院生展]●3年目展●二年目展●新人展=12月9日(木)~14日(火)10am~7pm(最終日~5pm)、アートスペース201(札幌市中央区南2西1 山口中央ビル6階)
21:40 from HootSuite
●タムラ リク・コテン=12月11日(土)~18日(土)11am~6pm(終末日~4pm)、日曜休み、オリジナル画廊(札幌市中央区南2西26)。おといねっぷ美術工芸高校2年生で、昨年は学生美術全道展や道展U21で入賞した10代の、2度目の絵画展
21:40 from HootSuite
●こんのあきひと・Candle MOTHER二人展「Birthday」=12月19日(日)、23日(木)、24日(金)、ATTIC((札幌市中央区南3西6 長栄ビル4階 http://ow.ly/3fkn2 )。写真を使ったアートとキャンドルアート。19日と23日以降は内容変更
21:40 from HootSuite
●田村陽子+藤沢レオ ギャラリートーク=12月11日(土)6pm、ギャラリー創(札幌市中央区南9西6)。3~16日開催中の企画展の行事。藤沢さんのサイト→http://ow.ly/3fkDc 田村さんの「はこ展」→http://ow.ly/3fkMb
21:40 from HootSuite
●jobin.個展「カケラ カケル カケラ」=12月7日(火)~26日(日)10:30am~10pm(日曜~8pm)、会期中無休、TO OV cafe(ト・オン・カフェ=札幌市中央区南9西3)。モビールを得意とするjobin.さん。会期中に変化するインスタレーション
21:40 from HootSuite
●休日、たゆたう=12月8日(水)~16日(木)10am~6pm(最終日~5pm)、火曜休み、茶廊法邑ギャラリー(札幌市東区本町1の1)。靴:樋口泰三(cagra)、洋服:藤井祐人(RIPOSO.)、家具:藤沢レオ(Atelier LEO)の3人展。レオさんが企画
22:35 from Tweet Button
北海道美術ネット別館、更新しました。 【告知】第4回北海道現代具象展 (11月29日~12月4日、札幌など) #goo_h-art_2005 http://t.co/0uO477J
by akira_yanai on Twitter
コメント

11月26日(金)のつぶやき

2010年11月27日 02時17分28秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
00:00 from desktopxevo
あした朝イチで出張なのに、まったく準備しないままサッポロクリーミーホワイトの缶を開けてしまったオレって…。
00:05 from ついっぷる/twipple
妙に共感してしまった。。。 QT @wakoak @mmmegumi お父さんを泣かせてはいけません。
00:10 from goo
■野又圭司展「石膏・銅・木」 (12月5日まで) #goo_h-art_2005 http://bit.ly/eZ58wy
00:19 from Seesmic Web
「フォローしている人」がぽつぽつ減っている。ブロックされたのでなければ、アカウントを削除した人が何人かいるということ。まさか日本のTwitterがピークアウトを迎えつつあるということではないよね。
00:30 from web
まじやべえ、寝る! おやすみなさい!
09:53 from www.movatwi.jp
大雪ダムは凍っています。



10:01 from Keitai Web
トンネルを越えたら層雲峡は雪国だった。
10:02 from Keitai Web (Re: @qwecx
@qwecx 層雲峡はかなり雪が降ってます~。ぶるる
10:20 from goo
層雲峡のドライブイン #goo_h-art_2005 http://bit.ly/elUR6z
13:38 from Brizzly
本日夜9時20~40分、道内の美術展情報を集中的にツイートします。予定より1日遅れですみません。場合によってはTLを占拠してしまうかもしれませんが、ご容赦ください。
20:15 from HootSuite
●第4回北海道現代具象展=11月29日(月)~12月4日(土)10am~6pm(最終日~5pm)、札幌時計台ギャラリー(中央区北1西3)。道内の実行委員21人に加え、小尾修(白日会)、山口実(行動展)、山本雄三(独立展)の3氏を招待。昨年に続き画壇の重鎮笠井誠一氏と野田弘志氏も
20:20 from HootSuite
●第4回北海道現代具象展=12月7日(火)~12日(日)10am~5pm(最終日~4pm)、室蘭市民美術館(幸町6)。伊藤光悦、川口浩、川畑盛邦、木村富秋、黒坂陽一、小島和夫、佐藤武、高橋正敏、茶谷雄司、西田陽二、波田浩司、羽生輝、羽山雅愉氏ら
20:20 from HootSuite
●第4回北海道現代具象展=12月15日(火)~28日(日)10am~6pm、20、24、27日休み、深川市アートホール東洲館(JR深川駅前)。道内の実行委員21人に加え、小尾修(白日会)、山口実(行動展)、山本雄三(独立展)の3氏を招待。昨年に続き重鎮笠井誠一氏と野田弘志氏も出品
20:50 from HootSuite
【あすから】下沢敏也個展「Re-birth.2010」-起源=11月27日(土)~12月5日(日)10am~6pm(最終日~5時)、茶廊法邑(札幌市東区本町1の1)。昨年、道立近代美術館で巨大インスタレーションを発表した陶芸家。09年の4人展→http://ow.ly/39pAF
20:55 from HootSuite
【あすまで】くまがいマナ 雪待月(ゆきまちづき)のガラス展=11月23日(火)~27日(土)11am~5pm(最終日~4pm)、器と雑貨asa(札幌市中央区大通西8 北大通ビル11階)。08年の2人展→http://ow.ly/39pz2
20:55 from HootSuite
【あすまで】●春陽会道作家展(絵画部)=11月22日(月)~27日(土)10am~6pm(最終日~5pm)、札幌時計台ギャラリー(中央区北1西3)。折登朱実、谷口一芳、崎山かづこ、新出リエ子、宮西詔路、八木伸子、安田完、山形和子、米沢史子さんら25人。27日11時から批評会
20:55 from HootSuite
【あすまで】上條千裕展=11月21日(日)~27日(土)11am~7pm(最終日~5pm)、ギャラリートモス(東京都中央区日本橋本町1-3-1 渡辺ビル)。岩絵の具を用いた繊細な、空気感を描く上條さん。以前は札幌在住で、近く岩手県に転居する
21:15 from HootSuite
●札幌のクリエイター100人展=12月4日(土)~26日(日)正午~7時、火曜休み、ギャラリーレタラ(札幌市中央区北1西28)。ファインアート、グラフィック、デザインの計100人が1点ずつを出品。ギャラリーオープン企画第2弾で、豪華な顔ぶれがそろう
21:15 from HootSuite
●北海道版画協会作品展=12月2日(木)~7日(火)10am~6pm(最終日~5pm)、大同ギャラリー(札幌市中央区北3西3 大同生命ビル3階)。道内の版画家55人が年1回開いている恒例の展覧会。10月に死去した一原有徳氏の記念展示コーナーを特設する
21:15 from HootSuite
●6人のmy gift story vol.III=11月26日(金)~12月8日(水)11am~6pm、水曜休み、galley ambient(札幌市清田区平岡公園東1)。荒まこと、クリスノゾミ、小松美智子、中村瑞絵、福井優子、星まゆこ。ガラス、キャンドル、アクセサリーなど
21:25 from HootSuite
●酸素のまつり=12月11日(土)4pm~、ART-MAN Gallery(札幌市中央区南4東4)。前売り1000円、当日1500円。1ドリンク付き。ライブペインティングやダンス、音楽ライブなど。
21:25 from HootSuite
●シンプルな時間=11月17日(水)~28日(日)11am~7pm(金、土曜~10pm、最終日~5pm)、月・火休、スウィーツ&ハンドメイドカフェAMU CHOCO(札幌市白石区東札幌1の1)。うつわ(マーノ)、リネン雑貨(Sma*i)、写真(Mayumi,W(“allo?”)
21:30 from HootSuite
●加藤宏子彫刻展=11月17日(水)~12月5日(日)正午~7pm(最終日~5pm)、月曜休み、ギャラリーミヤシタ(札幌市中央区南5西20 http://ow.ly/3flyZ )。石と紙による軽やかな彫刻。04年の個展→http://ow.ly/3flBM
21:30 from HootSuite
●もの造りの若もの達 展=Part1:11月26日(金)~12月3日(金)、Part2:12月4日(土)~11日(土)11am~7pm、ギャラリー縄(しょう=大阪市中央区南船場2-10-30 豊城ビル)。陶芸家加藤委さんが17人を選び企画。道内から川上りえ、武田亨恵、藤沢レオ3氏
21:35 from HootSuite
●こんのあきひと展=12月6日(月)~25日(土)、日曜休み、Cafe&Bar Radio&Records(札幌市西区琴似1の4 ニシムラビル3階 http://ow.ly/3fkep )。10月初めから1カ月間の本州旅行で撮った写真の展示。 http://ow.ly/3fke9
by akira_yanai on Twitter
コメント