北海道美術ネット別館

アート、書道、写真などの展覧会情報や紹介、批評、日記。毎日更新しています

マウレの庭 オホーツク小さな旅(81)

2013年06月30日 21時36分18秒 | つれづれ日録
(承前)  5月26日の遠軽えんがる行きの続き。  丸瀬布まるせっぷから、鉄道や国道が走っている湧別川沿いの谷間を離れ、山あいへと入ったところにある武利むりという地区に来ている。  日本で唯一、森林鉄道が動態保存されている「いこいの森」公園からさらに上流側に集落があり、ホテル「マウレ山荘」があるというのは、正直言って驚いた。  ホテルのある崖の下に、丹精した庭園がある。「マウレの庭」という . . . 本文を読む
コメント

6月29日(土)のつぶやき その3

2013年06月30日 00時53分20秒 | 未分類・Twitterまとめ他
 梁井 朗@北海道美術ネット別館 @akira_yanai 22:13 @rutile_moe ははあ、このクライアントアプリケーションとは1文字違いですね~(^^;) from twitcle返信 リツイート お気に入り  まんべくん(長万部町無関係・完全非公式) @manbe_kun_ 22:33 【おしゃまんべ毛がにまつり】 6月29日(土)・30日(日) おしゃまんべ ふれあい公園 . . . 本文を読む
コメント

6月29日(土)のつぶやき その2

2013年06月30日 00時53分19秒 | 未分類・Twitterまとめ他
 梁井 朗@北海道美術ネット別館 @akira_yanai 17:30 借金は西武セゾンカードで返したそうですw RT @molen5panda 連勝ほー(^O^)/ QT @akira_yanai: \借金完済ほー!/ RT @takkyuyamick \はむほー/ #lovefighters 2 件 リツイートされました from Janetter for Android返信 リツイート お . . . 本文を読む
コメント

6月29日(土)のつぶやき その1

2013年06月30日 00時53分18秒 | 未分類・Twitterまとめ他
 梁井 朗@北海道美術ネット別館 @akira_yanai 01:09 寒くて目が覚めてしまった…orz from Bestia返信 リツイート お気に入り  susumu matsuura @msusumususumu 01:21 いよいよ来週からです!よろしくお願いします! 松浦進展-cryptic- 開催期間:7月1.2.3.-8.9.10(月.火.水曜のみ開館) am10:30~p . . . 本文を読む
コメント

瀧口修造の「小樽」

2013年06月29日 20時59分09秒 | 展覧会の紹介-複数ジャンル
(承前。■詩人と美術 瀧口修造のシュルレアリスム (2013年5月18日~6月30日、小樽)の続き。長文です)  もとより超現実主義と感傷とは相容れないものであろう。秩序の顛覆てんぷくと霍乱かくらんを図る超現実主義にとって、感傷性はあまりにブルジョア的だからだ。  それにしても、このブログ記事と同じ題で、巖谷國士氏が「詩人と美術 瀧口修造のシュルレアリスム」展の図録巻頭に寄せた一文を読み、そして . . . 本文を読む
コメント (2)

■詩人と美術 瀧口修造のシュルレアリスム (2013年5月18日~6月30日、小樽)

2013年06月29日 16時58分28秒 | 展覧会の紹介-複数ジャンル
 瀧口修造(1903~79)は、日本のシュルレアリスムの歴史で、伝説的な人物であった。少なくても自分にとっては。  戦前からブルトンやデュシャンと文通し、翻訳書を出し、シュルレアリスム国際運動の日本支部代表のような存在だったのである。  さらに、戦後は新聞や雑誌で展覧会評などを書く評論家としても幅広く活躍し、晩年には独特の絵画小品などの制作に取り組んでいた。さらに、今回の展覧会ではじめて知ったのだ . . . 本文を読む
コメント

6月28日(金)のつぶやき その3

2013年06月29日 00時53分45秒 | 未分類・Twitterまとめ他
 梁井 朗@北海道美術ネット別館 @akira_yanai 22:37 札幌●宮沢克忠絵画展「心の彩り」=7月22日(月)~28日(日)10am~10pm(土~7pm、最終日~5pm)、カフェギャラリー北都館(西区琴似1の3 r.gnavi.co.jp/h035200/ )。帯広在住の美術文化会員・新道展会員 2 件 リツイートされました from Janetter返信 リツイート お気に入り . . . 本文を読む
コメント

6月28日(金)のつぶやき その2

2013年06月29日 00時53分44秒 | 未分類・Twitterまとめ他
 梁井 朗@北海道美術ネット別館 @akira_yanai 20:56 札幌【あすまで】佐藤泰子展 finish さくらさくら 波立つ=6月24日~29日(土)10am~最終日5pm、札幌時計台ギャラリー。 ow.ly/lZJNU 09年個展→ ow.ly/lZJNV 自由美術会員。光のようなパステル画 from HootSuite返信 リツイート お気に入り  梁井 朗@北海道美術ネット別 . . . 本文を読む
コメント

6月28日(金)のつぶやき その1

2013年06月29日 00時53分43秒 | 未分類・Twitterまとめ他
 本郷新記念札幌彫刻美術館 @sapporochobi 16:44 今週の土曜日(29日)はサンクスデーです!本館、記念館共に入館が無料となります。この機会に是非とも足をお運びください。開催中【柿﨑均展-光のかたち-】10:00~17:00まで/ウランガラスによる幻想的なインスタレーションが魅惑の世界へお連れします◇ 梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート | 5 RT from Hoo . . . 本文を読む
コメント

「シリエトクノート」と【告知】絵になるシリエトク (2013年6月30日、斜里ウトロ)

2013年06月28日 21時11分26秒 | 展覧会等の予告
 インターネットの普及とともに衰退するといわれていた雑誌が健闘しています。とくに、リトルマガジンとかミニコミと称され、近年は「ジン」ともいわれる少部数雑誌が活況を呈しているのが興味深いです。  「小さな発見、わたしの知床。」を副題に掲げ、オホーツク管内斜里町の女性グループが編集・発行している「シリエトクノート」もそんな魅力的なジンのひとつ。2011年に創刊されました。「シリエトク」は、アイヌ語の . . . 本文を読む
コメント

【告知】下沢敏也さんのグループ展、2カ所で開催 (2013年6月29日~7月7日/6月28日~7月6日、札幌)

2013年06月28日 15時31分42秒 | 展覧会等の予告
 札幌在住の陶芸家で、立体造形やインスタレーションにも果敢に取り組んでいる下沢敏也さん。  道内ではこの分野(陶によるインスタレーション)の第一人者といえるでしょう。  発表では、個展よりも、他分野や本州の人と組んでグループ展を活発に企画・開催しています。  今回は、2会場で同時開催。  このうち、高橋秀明さんは小樽在住の詩人ですが、ほかは本州在住の作家です。  さらに、各会場とも初日夜、京都 . . . 本文を読む
コメント

6月27日(木)のつぶやき その2

2013年06月28日 00時53分55秒 | 未分類・Twitterまとめ他
 梁井 朗@北海道美術ネット別館 @akira_yanai 21:16 旭川【開催中】飯野和好 妖怪展=6月22日~8月25日(日)10am~6pm、月火休み、ギャラリープルプル(7の8 kawauso-club.com )。河童、天狗、ぬりかべなどが大集合。絵本「妖怪図鑑」「妖怪絵巻」(童心社)の原画展。7月27日、トーク&サイン会 from HootSuite返信 リツイート お気に入り . . . 本文を読む
コメント

6月27日(木)のつぶやき その1

2013年06月28日 00時53分54秒 | 未分類・Twitterまとめ他
 nos @unspiritualized 00:06 七夕の日に、愚かなレイシストたちが、子供たちが通う東京韓国学校をターゲットにした卑劣なデモを計画しています。大久保公園で行われる集会を市民で包囲しデモの中止を直接呼びかけましょう。リンク先の「ツイート」ボタンで情報の拡散にご協力を!→ antiracism.jp/7-7-ookubo-par… 梁井 朗@北海道美術ネット別館さんがリツイート . . . 本文を読む
コメント

 「サイトスペシフィック」について

2013年06月27日 23時18分34秒 | つれづれ日録
(以下の論考は、「帯広コンテンポラリーアート2011 真正閣の100日」の図録に筆者が寄せたものです) サイトスペシフィック考  「帯広コンテンポラリーアート2011 真正閣の100日」(実行委、真鍋庭園緑化、十勝文化団体協議会主催)が、14週間にわたる会期の幕を閉じた。毎週、週替わりで個展やグループ展を開き、毎週末にはダンスパフォーマンスや鼎談などを開くという、実行委の苦労がしのばれるハー . . . 本文を読む
コメント

【告知】池田緑展 Alice's Jeans (2013年6月22~30日、帯広) あるいは「私、これが好き」という言説のこと

2013年06月27日 01時11分11秒 | 展覧会等の予告
 帯広在住の現代美術家で、越後妻有つまりトリエンナーレ「大地の芸術祭」への参加など、道内外で発表を続けている池田緑さんの、地元では7年ぶりとなる個展。  代名詞ともいえる「マスク」シリーズが終わった池田さん。近年は、文字を用いた作品をメーンに取り組んでいます。  今回は、初期の油彩を振り返る個展です。  ブログ「緑の風」から引用します。  40歳前後からジーンズをモチーフに油彩画を描き始めたわ . . . 本文を読む
コメント