散歩日記X

札幌を中心に活動しています。食べ歩き・飲み歩き・ギャラリー巡り・読書の記録など

2016年5月の一言

2016年05月28日 08時52分53秒 | Weblog
5月28日
・どうにもランチパスポートとそれにまつわるすべての物事が下品に感じられてならない。
・「リーマンショック前に似た状況」ね。お前がやってるんだろ。まさにマッチポンプ。

5月24日
・地下鉄の駅に到着した時に、財布を忘れたのに気が付いた。
・幸いカバンに1000円あったので、それで切符を買い(カード式乗車券も財布の中)、出勤。
・交通費込みで1日1000円で過ごす男。何だか、心もとなくて不安な気持ち。

5月21日
・かなりの体のだるさを感じる。何とか8時半起床。
・天気もいいし、もう少ししたら出かけるかな? 今日は半そででいいのかな。

・半そでで正解だった。しかし人によってはそもそも感覚が違うのか、ジャンパーのようなものを着ている人もいて、大丈夫なのかと思う。
・11時から飲み放題580円か。今度行くかも。



5月15日
・7時前におきるも、何となくけだるい感じ。
・前日の列車移動、ものすごく空いていたので余裕のはずだが、やはり疲れはでるのか。
・天気はいいが、やることが最小限にしよう。
・昼食くらいは外でと思ったが、店が混雑していたので挫折。まあ、こういう日もある。

5月14日
・やはり札幌のギャラリー巡りをできなかったのは残念。
・明日行けばいいと言えばそうなのだが、家庭の所用があるし、休養も取りたい。
・帯広では何とか7か所+市役所にあるアート作品を見てきた。

5月8日
・疲労感から、休みの日には珍しく8時間睡眠。
・風は強いが、ゴールデンウィークの最終日にして素晴らしい快晴。
・大体私は、休みの最終日を休養日にしているため、あまり関係はない。
・久しぶりにアップした写真が100枚の制限を超えた。そのうちに、室蘭地方の彫刻などの写真を掲載する予定。

5月7日
・早朝から室蘭に移動。
・室蘭は一度、重厚な箱モノを作る力があっただけに、現在の無力っぷりが悲しい。
・苫小牧も駅前の寂しさといったら、ちょっと言いがたいものがあるな。

5月6日
・ゆったり出発して、夕方から恵庭に移動。
・恵庭から千歳に移動。幸いなことに、雨には降られなかった。

5月5日
・6時前に目覚める。
・道東に行こうとして、JR北海道の切符の仕組みが最悪に変わっていることに気が付いた。

5月4日
・天気がパッとしない。
・それでも18度はあったので、寒くはなくて良かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自由の日

2016年05月27日 20時34分57秒 | 飲み歩き・すすきの界隈
2日間連続のお仕事飲み会で、それはそれは疲れましたとさ。さて、金曜日、一応やらなければならない事も終わり、まだ明るい時間帯に外に出る。まさに雲一つない快晴、爽快である。



まっすぐにバー「N」に向かい、こんな日は爽やかさとアルコールのパンチを兼ね備えたカンカンからスタート。



先日のラフィラの火事の話などをしながら、2杯目はテキーラ+GET27+ミスティア(マスカットのリキュール)+ライムの爽やかなカクテル。ほんのりマスカットの味わいがしてくる。



時々拝見するバーホッパー氏がシャンパンを開けて次の店に行ってしまったので、このタイミングでフレンチ68を行こう。



結構、酔っぱらってくるね。途中から味に変化をつけるため、ブラックサンブーカをちょっとだけ投入してもらった。



ちなみに後ろのボトルはホワイトサンブーカ。カクテルでよく使うのはブラックサンブーカのせいか、ホワイトの存在を知らなかった。どうやって飲むのがいいのかな。かなり気になる酒だね。

何か食べたいような飲みたいような、未練を感じつつ狸小路を歩き、結局そのまま帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覚え書き

2016年05月26日 23時30分08秒 | 飲み歩き・大通、札幌界隈
5月25日

ホテルで立食パーティー。つ、疲れた。
2軒目は遠くに移動するのが嫌なので、近くのバー「H」に久しぶりに行き、ジンフィズ、ジョンコリンズ、スモーキーマティーニを飲む。とどめを刺されるかと思ったが、意外と翌日は調子が良かった。

5月26日

ある飲食店で、打ち上げの立食パーティー。つ、疲れた。
2軒目は居酒屋「O」。刺身の盛り合わせを出してもらったところ、ウニが解禁日で入ってきたのだそうだ。結構、良かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20160524最近読んだ本

2016年05月24日 23時56分02秒 | 読書
■「明日、世界が終わるとしても」太田忠司
ノストラダムスの大予言に影響を受けた人々の人生を描いた本。私自身、子供のころに「ノストラダムスの大予言」を読んで、「自分はもしかすると34歳で死ぬのか」って思ったもんね(信じていたかどうかは、記憶が不明瞭)。まあ、その後に高木彬光「ノストラダムス大予言の秘密」を読んで、目が覚めたのだが…。ただし、高木彬光もノストラダムス全否定ではないところが、少々問題だが。

■「日本会議の研究」菅野完
5/1に初版第一刷発行、5/20に第三刷発行。

■「帰還兵の戦場1」ギャビン・スミス
異星生命体との闘いで悲惨な目にあい地球に帰還した主人公。しかし、防衛網をかいくぐり異星生命体が地球に侵入した。軍の復帰命令を受けて、敵を追うが、単独で潜入した敵の目的は? 地球のディストピア感もあり、単純に戦ってスッキリという話ではない。この先どうなるか?

■「昼ベロ酒場 東京編」居酒屋散策同人会
店の紹介ではなくコラムでは、角打ちの代わりにコンビニのイートインでひっそり酒を飲むというのが提言されている。そもそもコンビニのイートインで飲食をしたことがないのだが、酒飲んだらどうなんだろう。確かにつまみの類は豊富にあるよね。

以下、図書館の3冊。
■「宇宙においでよ」野口聡一

■「福島原発事故記者会見3」木野龍逸
滅茶苦茶だな。アンダーノーコントロール。

■「はやぶさ力」川口淳一郎とチームはやぶさ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20160522最近読んだ本

2016年05月22日 22時02分16秒 | 読書
■「僕の探偵」新野剛志

■「亡霊星域」アン・レッキー

■「カクテル2」城アラキ、花門初海

■「オービタル・クラウド 上下」藤井太洋
近未来SFテイスト&スパイもの。しかしそれよりも技術者マインドに溢れている。

■「流木焚火の黄金時間」椎名誠

以下、図書館の4冊。
■「降りられない船」ウ・ソックン
セウォル号事件に関する話。やや情緒的で、原因に迫っていない感がある。

■「ジワジワ来る□□」片岡K
再読。

■「ジワジワ来る○○」片岡K
こちらは初めて読んだらしい。

■「インターネットはなぜ人権侵害の温床になるのか」吉冨康成
人権侵害となる書き込みの事例が興味深い。インターネットが世界につながっているということを認識していない人が一定の割合いるのだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加