散歩日記X

札幌を中心に活動しています。食べ歩き・飲み歩き・ギャラリー巡り・読書の記録など

2014年4月の一言

2014年04月20日 21時48分10秒 | Weblog
4月20日
・すばらしい好天だが、昨日やり過ぎたせいで外出する気が起きない。
・まあ、休養日でもいいかなあ。
・結局、一歩も外出せず、お金を一円も使わなかった。
・私の行ったことのない店。びっくりドンキー、CoCo壱番屋。

4月19日
・今週はそれほど過酷ではなかったため、スムーズに5時起き。
・しかし、この2、3日、非常に肩が張っている。

4月12日
・さすがに二日酔いで、7時過ぎに起床。ダラダラと過ごす。
・ジャンボ秀克、アルティメットウォリアーがお亡くなりになっていたんだった。
・昼食は「Y」食堂でラーメン。値段が少し上がっていたが、それでも460円。これでいいのだ。

4月5日
・6時半に起床するも、外は雪。出かけにくいなあ。
・紀伊国屋のポイントカードにシルバー会員ができたが、2ヶ月間限定キャンペーンみたいだ。ゴールド会員はこの期間100円で3ポイントになるらしい。
・シルバーいらないから、もっと本を買っている人向けにプラチナ会員制度を作ってくれ。
・そういえば、蟹江敬三が…
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

20140420最近読んだ本

2014年04月20日 21時37分06秒 | 読書
■「彼女の倖を祈れない」浦賀和宏

■「母という病」岡田尊司

■「暗黒星雲誕生 ペリーローダン470」ヴルチェク

■「データサイエンティスト」橋本大也

■「徹底抗戦」姉小路祐

■「修羅の門 第弐門12」川原正敏
意外な流れで陸奥勝利。まあ、決勝があるからいいか。

■「私たちが星座を盗んだ理由」北山猛邦

■「父という病」岡田尊司

以下、図書館の1冊。
■「誇り」今野敏、東直己、堂場瞬一
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

小樽写真館(2)

2014年04月20日 11時46分39秒 | 写真館
「その方、伊賀か甲賀か、はたまた風魔の手のものか」。



ラーメン店はご主人のひざの手術のため長期休業らしい。病気ではなさそうなので、復活するといいのだが。



小樽丸井今井の建物が取り壊し。取り壊す資金があり、その場所を利用する人がいるだけマシなのか。



しまった。記事を二つに分けたのだが、こっちに掲載する写真があまりなかった。面倒だから、これでいいや。

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

小樽写真館(1)

2014年04月20日 11時36分57秒 | 写真館
小樽の街を歩きながら写真を撮影した。いくつかのつぶやきとともにお届けしたい。





このクリーニング店は店主が逝去されたため閉店とか。



小樽駅から札幌側に歩き、跨線橋を発見。初めて気がついた。

 

永倉新八が北海道に来ていたのは知っていたが、それに自称近藤勇の娘が会いに来たってどういうこと? 記録に残すようなことなのかしらん。



小樽にはまだ個人古書店がいくつかある。ちょっと欲しかった新書を発見し、1冊購入。



あんかけ焼きそばをだせば大丈夫というものでもないらしい(閉店)。



こちらの古書店は「本日休み」とか。閉店じゃなくてよかった。



普通の道こそ雪がなくなっているが、雪捨て場だったあたりに残っている雪は、やはり札幌より多い。



 

「ミツウマ」の文字の上に、三頭の馬のマークが!



見るたびに「どんだけぇ〜」という言葉が頭の中に響く。



コメント (0) |  トラックバック (0) | 

いつものバー

2014年04月19日 21時12分45秒 | 飲み歩き・北海道内
最後は当然バー「A」だ。今日は最初の客になってしまい、いつもの通りSさんにご挨拶。天気はいいが結構寒いですね、などと雑談をする。一杯目はジンフィズ+ビターズを注文。色が予想以上に茶色になったが、そんなに苦くはなくちょうどいい味だ。

 

2杯目はシャンゼリゼ。



3杯目はギムレット。酸味を利かせた味で少しシャキッとするものの、酔ってきたなあ…。

最後にレディースカクテルと思ったら、アニゼットが切れてしまったそうだ。よし、代わりになるものをと思ったが、何が良いだろう。あれやこれやと悩んだ結果、いいのかどうか分からないがシャルトリューズジョーヌを入れることにしてもらい、ウイスキーにIWハーパー12年使用という贅沢なカクテルが出来てしまった。

そりゃ旨いに決まってる。作っているときから、もう漂っている香りが違うのだ。

そんなこんなですっかり酔っぱらい、まだ21時前だが帰ることにしよう。いつもはブラブラ小樽駅まで行くのだが、今日は最寄りのバス停から札幌への高速バスに乗り込む。

 

記憶はあいまいだが、動物的な生命力で無事に帰宅することができた。
コメント (0) |  トラックバック (0) |