散歩日記X

札幌を中心に活動しています。食べ歩き・飲み歩き・ギャラリー巡り・読書の記録など

2014年4月の一言

2014年04月19日 05時21分36秒 | Weblog
4月19日
・今週はそれほど過酷ではなかったため、スムーズに5時起き。
・しかし、この2、3日、非常に肩が張っている。

4月12日
・さすがに二日酔いで、7時過ぎに起床。ダラダラと過ごす。
・ジャンボ秀克、アルティメットウォリアーがお亡くなりになっていたんだった。
・昼食は「Y」食堂でラーメン。値段が少し上がっていたが、それでも460円。これでいいのだ。

4月5日
・6時半に起床するも、外は雪。出かけにくいなあ。
・紀伊国屋のポイントカードにシルバー会員ができたが、2ヶ月間限定キャンペーンみたいだ。ゴールド会員はこの期間100円で3ポイントになるらしい。
・シルバーいらないから、もっと本を買っている人向けにプラチナ会員制度を作ってくれ。
・そういえば、蟹江敬三が…
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

右往左往

2014年04月18日 18時22分20秒 | 飲み歩き・その他札幌市内
今日はお客さんの都合で強制的に帰宅(歓送迎会だそうだ)。散歩がてら、西方面へ歩く。喫茶「声」(閉店しているので実名出してしまおう)は、建物が取り壊しになった模様。まあ、保存するほどの建物かと言われるとそうなのだが、ちょいと寂しくもある。



まずは地下鉄直結の居酒屋「O」へ行ってみるものの、休業継続中。しかし、4月末から5月初に復活予定という新しい張り紙がしてあった。客も店の復活を心待ちにしているだろう。

狸小路に戻り、バー「K」へ。微妙に開店前の時刻に来てしまったのだが、それにしても店内に人気が感じられない。まあ、もう数分待てば分かるのだろうが、寒いしなあ…

ということで、またもや西11丁目付近に戻り、缶詰バー「MK」へ。入って見るとカウンターとテーブル席1つの小ぢんまり、小奇麗な店である。飲み物に白ワインを頼み、缶詰コーナーを拝見。



ホテイの焼鳥、サンマ蒲焼などの定番缶詰もあるが、静岡県清水名物もつカレー缶、たこやき缶、出汁巻き卵缶などの変化球や、イナゴ缶、蜂の子缶などの特殊系まで置いてあるのだ。

私はもちろんオーソドックスに「国分/日本近海どり さんまと柚子胡椒」を注文。缶を店の人に手渡すと開けて温めて出してくれる。早速食べてみると、少々柚子胡椒が強い感じもあるが、安心して食べられる定番の味だ。



もう一品ということで、ブラックニッカハイボールを頼んで、ホテイの畜肉缶詰シリーズから食べたことのない「やきとりガーリックペッパー味」を注文。



大体こういうのはノーマル味が一番なんだよな、と思いながら食べたら、意外なほど美味しかった。残ったタレはご飯にかけて食べたいところだが(店にご飯あり)、夕食は家で食べることにしよう。薄くバターを塗ったバゲットなんかも合いそうな気がするけどなあ。

さて、注意しておきたいのは私の食べたようなオーソドックスな缶詰はともかく、ちょっと珍しいのは思った以上に値段が高い。500円はまだしも、800円以上もざらにあるのだ。これは数人でいろんな缶詰を分けて楽しむのが良いかもしれない。

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

カクテルいろいろ

2014年04月16日 20時17分02秒 | 飲み歩き・すすきの界隈
夕食の後は、すすきののバー「N」へ。1杯目は悩んだ時のサウダージ。



2杯目はジン+キルシュワッサー+カンパリのカクテル、ランデブー。少しカンパリを多目にしてもらい、レモンピールで香りづけ。キルシュワッサーの癖が良い形で出るカクテルだ。



3杯目はアフタヌーンというコニャック+マラスキーノ+フェルネブランカをソーダで割るカクテルのソーダ抜き(何だそれ?)。レシピを見ているうちに、ソーダで割らない方が好みに思えてきたのだ。飲んでみると、予想通りにマラスキーノの香りと甘み、フェルネブランカの苦みと重層的な味なのであった。

まあ、今日はこれくらいで。

なお4月25日は「N」さんの13周年記念営業日だそうだ。来週は滅茶苦茶忙しい。果たしていけるかどうか。
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

ジャストサイズ

2014年04月16日 18時02分28秒 | 食べ歩き
今週は堅実な生活を送ろうと思ったが、それも月・火まで。水曜日はフラフラと歩いているうちに、カウンターが空いているのを発見し、「OS」に入って見ることにした。京都、東京では行ったことがあるのだが、札幌では初入店である。

さてさてとメニューを見ると、すすきのに近いので酒のつまみとして出しているのか「ジャストサイズ」という少量のシリーズがあるのだ。よしこれで行ってみるかな。

ということで、まずはビール小と餃子、と思ったら先にチャーハン小が到着。腹が減っているので食べる。程よくパラパラである。



それから餃子到着。こっちは小=3個というのが寂しいので、普通サイズの6個にしてみた。「OS」の餃子のタレで食べる。途中からラー油追加。野菜の食感が感じられ、非常に似た名前の「OOS」の餃子よりは好みかな。



もう一品くらい食べたいところだったが、まあ、この辺で。このジャストサイズメニューで昼から飲めるのかなあ…。また試してみよう。

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

20140414最近読んだ本

2014年04月14日 07時43分44秒 | 読書
■「Whisky World 2014 APRIL」

■「北海道日本一」北海道日本一編集部

■「ヤッさん」原宏一
ホームレスながら料理が得意で銀座や築地の職人たちから一目置かれるヤッさん。主人公はヤッさんに弟子入りし、まずは体力づくりから始める。ヤッさんの仕事ぶりを段々身につけ、いろいろな飲食店の問題に関わっていく主人公だが…。これ、ファンタジーと言えばファンタジーだけど、楽しい作品だ。

■「マタニティハラスメント」溝上憲文

■「キミは知らない」大崎梢
高校で出会った教師は突然姿を消した。父の死について何か知るらしい先生を追いかけた主人公は謎の男たちに拉致され、豪華な邸宅に連れ込まれる。巻き込まれ型サスペンス。

■「煙とサクランボ」松尾由美
ひょんなことで知り合った女性から、初老の男性(実は幽霊)は子供の頃の謎を聞かされた。バーを舞台にやがてその謎は解けていくのだが…。話の持っていき方が上手いし、バーが舞台なので落ち着いた雰囲気も良い。

■「家族写真は「   」である。」浅田政志
コスプレ家族写真からスタートしたのかな。ある種の壮大なスケールまで広がる写真に関する本。
コメント (0) |  トラックバック (0) |