散歩日記X

札幌を中心に活動しています。食べ歩き・飲み歩き・ギャラリー巡り・読書の記録など

20170220最近読んだ本

2017年02月20日 21時26分27秒 | 読書
■「O.tone vol.100」
すし特集。もう少し気軽なランチも紹介してもらえないものか。創作の庭では加藤宏子「improvisasion XXVII」が紹介されていた。先日、ギャラリーエッセのグループ展で中央に展示されていた作品。確かに印象は強い。

■「三十路飯2」伊藤静
まあ、30代なんぞ子供だな。

■「千年の翼、百年の夢」谷口ジロー
谷口ジローがお亡くなりになったので、急遽買ってみた。ルーブル美術館で主人公が見た幻影とは?

■「ポルレイターの秘密兵器 ペリーローダン538」シドウ、ホフマン

■「IoTまるわかり」三菱総合研究所

■「世界で一つだけの殺し方」深水黎一郎

■「ソーメンと世界遺産」椎名誠

■「浜村渚の計算ノート 7さつめ」青柳碧人

以下、図書館の2冊。
■「今、何してる?」角田光代

■「夜行観覧車」湊かなえ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月の一言

2017年02月20日 21時25分57秒 | Weblog
2月20日
・休みを取っていたのだが、体調がすぐれず1日棒に振る。

2月19日
・本を購入して袋に入れてもらったのだが、ページが開く方を下にしやがった。
・本に挟まっているスリップも抜かなかったし、本当に本屋さんの店員か?

2月18日
・6時前に起床。何も食べられないので、軽くお茶を飲んで過ごす。
・昨日、酒を飲まなかったせいか、体調はすこぶるよろしい。

2月17日
・今週は飲みすぎだったが、明日、人間ドックのため本日は大人しく過ごす。

2月12日
・う、嘘だろ…、谷口ジロー氏がお亡くなりになったって…。

2月11日
・私のブログの読者登録数が急に増えた。gooの公式ブログから読者登録されたためらしい。
・しかし、全く趣味の合わない方のブログをこちらから読者登録することはありませんので、悪しからず。
・それにしても、ブログの画像アップロード時に、画像の順番がランダムに入れ替わるのだけは、さっさと直してほしいものだ。
・先日、元ノア所属のプロレスラー泉田選手が亡くなられた。昨今は不幸な出来事が多かったらしい。ご冥福をお祈りしたい。

・最近の健康にまつわる出来事をいくつか。
・金土は寝る時に耳栓をするようにしたら、眠りが深い感じがする。朝は割とスッキリと目覚められている。
・会社の催しで低周波治療器が当たってしまった。早速、使ってみるが、昔ほどピリピリした感じはしない模様。肩こりに効果あるかなあ。
・次の週末は人間ドック。胃カメラさえなければ、それなりに楽しいのだが。

2月5日
・本日も7時過ぎに起床。日が昇るのが早くなってきたが、なかなか早く起きられない。
・朝食は比内地鶏だしラーメン。香り良し。

 

・写真を並べて2枚(PC画面上だと可能)表示するには、最小サイズでアップロードしないとダメか。
・大したことのない写真も多数アップロードするので、あまりデカデカと表示させたくないのだが…
・いや、かなりの人がスマホで見ていると思えば、どれでもいいのか?
・gooブログでは複数の写真を選んでアップロードできるのだが、そのアップロード順番がランダムになってしまった。
・これは最悪の仕様だろう。いや、意図的な仕様変更ではないのか?
・そもそも、機能を変更した場合に、自分たちで使ってみるということをしないのだろうか?
・近所の公園の整備工事が終了したようだ。とは言え、雪で遊んでいる子供はいない。私が子供のころは、ちょっとした雪山があれば一日中遊んでいたものだが…(←年寄りの繰り言)。



2月4日
・疲れ気味で7時半起床。
・ブログにアップロードする写真の仕組みが変わっていて、困惑する。
・ネット環境が向上したせいか、写真のサイズ(これまでは小か大のみ)が5種類ほどから選べるようになっている。
・ネット回線が弱い方には迷惑かも。少し試してみたい。
・雪まつりの季節、最近の札幌は暖かくなることも多い。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽(4)バー

2017年02月19日 21時27分56秒 | 飲み歩き・北海道内
小樽の締めはもう決まっている。

 

今日最初の客となった。1杯目は珍しくジントニック。

 

2杯目はロブロイ。



ここでやってきた2人組に、小樽の焼鳥タレの話を聞いた。申し訳ないが、本当かどうかは不明。

3杯目はシャンゼリゼ。飲んでいるときは好調だった。



4杯目はレディーズカクテル。ほとんどすべてウイスキー。



最後はマンハッタン。酔っているせいか、写真が手ぶれしている…。



何とか無事、家に帰った。記憶が少々定かではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽(3)独特の焼鳥

2017年02月19日 18時21分55秒 | 飲み歩き・北海道内
今日は日曜日なので、どこで一杯やろうかというのは懸案であった。ネット上の情報では不定休だった焼鳥の店「K」に行くと、おお、開いていたよ。これは良かったと早速店に入る。



しかし、不定休というのも「まず休みませんが、事情のある時は休みますよ」なのか、「さすがに週1日は休ませてください。開いているときもありますけどね」なのかが分からないので、困ったものである。実はこの店、店内には「月曜定休日」と紙が貼ってあったので、これ以降は迷わなくて済むな。

燗酒を注文し、通しは漬物。まずはメニューのトップに来るガツを注文。



何やら一見味噌だれのようなものがかかっているが、これが小樽独特の焼鳥タレなのである。この店とここからのれん分けしたもう一軒の店で、長年使っている「謎のタレ」なのである。一般的には「味噌ダレではなく、醤油ダレ。鶏のエキスが入ってこうなった」ということになっているようだが、後でバーであった御仁からは「店の人に聞いてみたら、ちょっとだけ味噌が入っている」とのことであった。実は私のブログを「小樽 焼鳥 謎のタレ」で検索してくる人は多い。私は店の人に直接聞いたわけではないので、話半分(以下)で読んでください。

次のかしわは塩で注文。葱のいいとろみが残っている。ピーマン、しいたけの野菜陣もそろえて行こう。

 

燗酒をもう一杯いただき、大物チャップはタレで。これは脂の部分のエキスが染み出てくる。美味い。



最後に鶏軟骨を塩で。程よく噛み応えがあり、ちょうど良い塩加減だった。



小樽でも人気のありそうなこの店。地元の人が多く訪れているようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽(2)サカナクション

2017年02月19日 16時38分39秒 | ART
長崎屋を出て、小樽の商店街を歩く。日曜日のせいか全体に暗く寂しい感じがする。



今年は札幌の方が雪が多いのかと思っていたが、小樽の雪は深い。道端の雪山は驚くほどの高さである。



というところで、目的地である小樽美術館+小樽文学館に到着。

 

■市立小樽美術館「坂東宏哉展」。
「Peace Box」:記号が描かれた立方体の3面をそのままキャンバスにしたような作品。古代のオーパーツか。
「Red Planet」:赤の背景にグイッと筆を走らせて、厚みのある円盤を描いた作品。
「かけがえのないもの」:苫小牧で一度見たことがある作品だ。黒から赤に移り変わるところは炎にも見えるし、赤から青、そして白が混ざるあたりは、氷を思わせる。近くで見た時の絵肌が生々しい。

「巨星」:これは茶廊法邑で見た作品。炎を内に秘めた巨星である。
「ダークマター」:ダークではあるが、おそらくは何らかのエネルギーが放出され、青白く光って見えるのだろう。

これまで何点か作品を拝見したことがあるが、こうして個展で見ると、それはそれでよいものだ。

■市立小樽文学館「サカナクション・山口一郎さんの本箱展」。私は良く知らないのだが、小樽出身のミュージシャン、山口一郎が子供のころに読んできた本、および実家の喫茶店、さらに当時の小樽の雰囲気を展示する展覧会らしい。

 


→エラリー・クイーンの悲劇三部作。子供のころは今一つ理解できないんだよな。

ちなみに、サカナクションファンが来ているせいか、小樽文学館はいつもと全く異なる観覧者層であった。具体的に言うと若い女性が大変多く来るのだ。「文学館とは何ぞや」という議論をしたくなる人もいるのかもしれないが、この展示で初めて文学館に入ってみる人もいるだろう。それはそれで良いことではなかろうか。

いつもの通り、コーヒー休憩。ひなまつりが近いせいか、江戸末期のお雛様が展示してあった。

 

そろそろ行きますか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加