散歩日記X

札幌を中心に活動しています。食べ歩き・飲み歩き・ギャラリー巡り・読書の記録など

20170115最近読んだ本

2017年01月15日 21時53分29秒 | 読書
■「モップガール3」加藤実秋

■「死の天使はドミノを倒す」太田忠司

■「O.tone vol.99」
昼めし特集。私は平日の昼間はあまり外食しないからなあ。「創作の庭」では瀬川葉子「森は水を湛えて」が紹介されている。ちょうどギャラリー・エッセで作品を見てきたばかりである。

■「美しい家」新野剛志
作家である主人公はコンビニの前で飲んだくれている女性を仕事場に連れて帰る。話を聞くと、子供のころスパイ学校に通っていたという空想じみた話を始めた挙句、翌朝には姿を消してしまった。いったいどっち方向(ミステリ? 妄想系?)に進むのかと思えた話だが、さすがにこの作者だけあって上手い。

■「蜂に魅かれた容疑者」大倉崇裕
スズメバチが人を襲う事件が多発する。単なる事故ではなく、背景に事件を引き起こす人間の意志があるのか? 人が死んだりするので、その辺はあるが、それでいて結構楽しく読める作品。

■「黒龍荘の惨劇」岡田秀文

以下、図書館の2冊。
■「ザ・パーフェクト」土屋健
むかわ町において、恐竜全身骨格が発掘される経緯を書いた話。しかし、発掘がきちんと済み、骨の正体が分かるには相当な時間がかかるものだ。

■「ヒア・カムズ・ザ・サン」有川浩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年1月の一言

2017年01月15日 15時36分57秒 | Weblog
1月15日
・6時起床。
・昨晩、除雪車が家の前の通りを往復しているようだったので、耳栓をして寝てみた。
・全く音も聞こえず深い眠りだったのは良いが、怖くて、仕事の日にはできない感じがする。
・朝食は札幌で購入した広島の汁なし担々麺。山椒の辛味・痺れが結構する。

 
→賞味期限をちょっと過ぎてた…

1月14日
・6時起床。
・決定的な症状がないまま、風邪が長引く。
・喉がゼイゼイするのは収まって来たみたいだ。

1月11日
・どうも風邪っぽい。熱はないので出勤。
・今日は流れで飲みに行く日だが、さすがにやめておこう。

1月10日
・東京出張の記事は、「東京国立博物館傑作選」と「東京都内彫刻あれこれ」をアップして終了。
・ふー、疲れた。

1月9日
・昨日も早めに沈没してしまい、5時半頃起床。
・多少雑だが、何とか東京出張の記事を完成。
・後は東京国立博物館と街の彫刻の記事を書かねば。
・そういえば先日、元阪急にいたダリル・スペンサー氏の訃報が入った。
・スペンサーと言えば、「巨人の星」で星飛雄馬の大リーグボール1号と対決し、星を「リトル・ジャイアント!」と褒めたシーンが記憶にある。(むろん架空の話だが)

1月8日
・昨日はあまり飲まずに帰ってきたので、比較的調子よく5時過ぎに起床。
・東京出張の記事を書きだしたが、2日分書いたところで中断。
・内容は実に下らないのだが、それなりに疲れるのである。

1月3日
・意外と調子よい。6時半起床。
・あ、雪降っている。しかも何だか暗いなあ。
・道新の記念事業でアートジャンルは「ゴッホ展」か…。
・朝食は面倒になり、ワンタンラーメン坦坦味という節操のないカップ麺を食べる。

 

1月2日
・7時過ぎに起床。
・少し夜明けが早くなってきた感じがするね。
・今日は新聞休刊日、年賀状も多分配達なし。デパートもお休みのところがあり、これでいいのではないかという気がする。

1月1日
・6時起床。
・私はあまり暦の変わり目と言ったものを重視しない。時空の変化の中で勝手に人間がつけた切れ目に意味を感じないからだ。
・とはいえ、ずいぶん「2016年の〇〇」という記事を書いているね…
・やむを得ず、親の顔を見に行く。帰りにタクシー会社に電話がなかなかつながらず、焦る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛りがいい

2017年01月15日 13時09分36秒 | 食べ歩き
今日は琴似周辺を少し歩く。街頭の気温表示はマイナス1度、雪は強く降ったりやんだりと、変わり方が激しい。昼食を取る場所に迷った結果、地下鉄琴似駅近くの蕎麦屋「K」に行くことにした。

店に入りメニューを眺める。おや、蕎麦の種類に更科と田舎の表示があるが、これ、前からそうだったかな。田舎蕎麦を使ったカレー南蛮にも惹かれたが、朝も麺類だったため少しご飯ものを食べたい。もり蕎麦と焼鳥丼(小)のセットを注文することにした。

さほど待つことなく注文の品が到着。まず蕎麦に手を付けると、やっぱり私は更科よりも田舎の方が好みだね。そんなにゴツゴツした田舎蕎麦ではないが、それでもこちらの方が風味を強く感じる。



そして焼鳥丼は予想とは違うお姿だった。ご飯の上に海苔をしき、その上に、鶏肉、ゴボウ、葱、三つ葉を炒めたものがのっている。早速食べてみると、鶏の味はもちろんするが、それ以外の野菜の野性味のある味がいい。香りがしっかりしている。



これは一工夫あるなと感心していたが、一見そう多く見えなかった蕎麦が結構な量であることが徐々に判明し、「もしかして全部食べきれないかも」という気になり焦る。そのまま食べ進むと、何とかぎりぎり行けそうだということが見えてきて、少しホッとする。せっかくセットもので注文しておいて、みっともない残し方をしてはいかんという気がするのだ。

限界まで苦しまずに食べ終わり、少しは蕎麦湯を楽しむ余裕もできたので良かった。今回、晩酌セットの選べるおつまみの中に、「大将オススメプレート」というのを発見した。これはぜひ試してみたいので、酒を飲んでいい時に立ち寄ってみたい。前回、夜に来たときは「蕎麦売り切れ」だったんだよなあ…。あれはどの程度の確率で発生するのだろうか。



この後、図書館に立ち寄ってから帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も変わりなく

2017年01月14日 16時56分09秒 | 飲み歩き・その他札幌市内
ギャラリー巡りを一通り終えて、やはりちょっと一杯ということで、西11丁目の居酒屋「O」へ。今年になって初めての訪問である。

最初はやや寒かったことから、焼酎のお湯割り(銘柄忘れた)を注文。サンマの生姜煮とふぐ皮ポン酢で一杯。



続いて卵焼き。しじみ醤油で食べると、ほのかな甘さが嬉しい。飲み物はバイスサワーにチェンジ。



新年会的な年配の人たちが大勢来たので、この辺で切り上げることにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20170114ギャラリー巡り

2017年01月14日 16時06分29秒 | ART
本日は三越→スカイホール→さいとう→NHK→HOKUBU記念→エッセ→紀伊国屋→六花亭→大丸→道銀駅前支店→クロスホテル→札幌国際プラザ→道新→大通→CAI02の15か所。

■スカイホール「新春日本画展」。あれ、規模ちいさいと思ったが、例年の「みなもの会」が休止になったのだそうだ。
水野剛志「アペ・オイ・ヌプリ」:青い空に山が光っている。素敵な小品だ。

■HOKUBU記念絵画館「風土と時代と」。
山中現「The 4th night」:2つの窓のそれぞれ内側と外側に白い物体を配置し、その影が室内に落ちている不思議な印象を与える作品。白い物体は他の作品にも登場するが、安田侃の彫刻にも似た形である。
高橋幸彦「昼下り」:三角形にカットされた形に見える道路に、謎の三人が立ちふさがる。かといって、騒がしいイメージではなく、静かな印象だ。

本日もコーヒーをごちそうになり、昼食後の休憩時間となる。

 

ここに来ると歩いて街中に戻ることも多いのだが、今日は地下鉄の学園前駅まで戻る。ホームにこのガードがあるのは珍しい。



■ギャラリーエッセ「いのちのかたち・・・かもしれない展」。
瀬川葉子「森は水を湛えて」:厚紙に穴をあけ、青や緑で彩色したものを多数壁に展示した作品。

■六花亭札幌本店「Snow Pallet 9」。幸い、雪に埋もれてはいなかった。



■大通美術館「楢原武正展」。例の暗黒的なインスタレーション展示ではなく、「書」の展示。それでもド迫力である。「地吹雪」「霜柱」「雪花」「防風林」と言った北海道風味のテーマも多い。



クロスホテル「北海道アール・ブリュット展」はぜひ見たいと思って行ったのだが、相変わらず見づらい。札幌国際プラザはポートランド市に寄贈されるという花器が展示されているということで見に来たのだが、とても地味な感じに置いてあった。CAI02「石倉美萌菜 個展「やることやりたいことやんなきゃなんないこと」」は分かるような、分からないような。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加