福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

般若寺文殊菩薩像造立願文

2022-09-16 | 諸経
般若寺文殊菩薩像造立願文「造立し奉る、白檀木丈六文殊菩薩像一躯。御身裏に圖し奉る五字文殊曼荼羅。八字文殊曼荼羅。金剛界曼荼羅。胎蔵界曼荼羅。御身内に納め奉る、佛舎利五十三粒。大般若経一部六百巻。般若心経一千巻。寶筐印陀羅尼一千遍。本尊真言一萬遍。餘尊真言各一千遍。一字三禮妙法蓮華経一部八巻。同開結二経阿弥陀般若心経各一巻。同最勝王経一部十巻。比丘比丘尼菩提心願文七十五通。奉加帳一通。華座中に奉納す . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)より・・その16

2022-09-16 | 法話
問う、宗教は信ずることを重んじるので科学とはどうしても対立せざるを得ないと考えるがこの二つの調和は可能か?答える、仏教は真理のうえに立つものである。釈尊は「法を以て心の師とせよ。心を師とすることなかれ(涅槃経)」とおっしゃっている。天台大師は「法性を信じてそのほかを信ぜず(摩訶止観)」とおしゃっている。この信に深心・信解の二つあり。菩薩は十信の位に入って初めて深く法性を信じ法性を開解することができ . . . 本文を読む
コメント

今日は百萬反念仏(宮中)・大般若(幕府)を修した日

2022-09-16 | 法話
京都東山御文庫記録「(文明十五年1484)(後土御門天皇は)五月十六日及び九月十六日、恒例の百萬反念仏を誦せらる」蜷川親元日記「(文明十五年)九月十六日丙午、(足利義尚は)殿中において大般若御祈祷」天皇は後土御門天皇。室町幕府は足利義尚。・後土御門天皇は阿弥陀信仰をされ「誓ありと 思ひうる身に なす罪の 重きもいかで 弥陀はもらさむ」と詠まれ、鎌倉の浄土宗光明寺を『勅願所』としています。・蜷川親元 . . . 本文を読む
コメント

今日は頼朝が法華経読誦の功徳として清衡の子を許した日

2022-09-16 | 法話
吾妻鑑・文治五年(1189)「九月小十六日癸酉。知家御前に參進し俊衡入道が轉経の事を申す。二品、往日自り此の經を持た令め給ふ之間、罪名を定められずに、本所を安堵したまふ之由、下知せしめ給ふ。是、併ら十羅刹の照鑒を優じ奉る之旨、仰せ含めらると云々。(八田知家が、頼朝の前へ進み出て、俊衡入道が法華經を轉讀した話をした。頼朝は、前からこのお経を大事に思っていたので、罪人とはしないで、元の領地〔比爪〕を従 . . . 本文を読む
コメント

今日は法句経の一節に依って日本が領土分割から免れることを得た日土分割から免れることを得た日

2022-09-16 | 法話
今日は法句経の一節に依って日本が領土分割から免れることを得た日   ・1951年9月6日のサンフランシスコ講和会議にセイロン代表として出席したジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナ蔵相(後のスリランカの第2代大統領)は、 「日本の掲げた理想に、独立を望むアジアの人々が共感を覚えたことを忘れないで欲しい」 「憎悪は憎悪によって止むことはなく、慈愛によって止む ( Hatred c . . . 本文を読む
コメント

今日は桓武天皇が牛を殺して漢神を祭ることを禁止された日

2022-09-16 | 法話
続日本紀・延暦十年791九月十六日「(桓武天皇)・・・伊勢・尾張・近江・美濃・若狭・越前・紀伊等の国の百姓、牛を殺して漢神を祭るを断ず」 . . . 本文を読む
コメント