福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・50

2017-06-30 | 霊魂論
かくの如きは前來の佛教徒と全く異なれる立場に立ち、佛教を根本的に見直さんとせるもの、所謂佛教のコペルニクス的転廻をなせるものにして、また真の大乗仏教の真意義を開顕せるものといはねばならぬ。 即ち印度以来三國に亙り大乗論士の説一ならざるも、而も小乗の寂滅観を脱出せんとする点において、諸家一致せるものといはねばならぬ。小乗の寂滅観を脱出せんとし、教の中心観念たる法をば、或いは真如法身なり、常住涅槃な . . . 本文を読む
コメント

今日は大祓の日です

2017-06-30 | おすすめ情報
今日は大祓の日です。全国の神社で大祓式(注2)や茅の輪くぐり(注1)が行われます。これは、日常生活上の罪穢を祓い流し、今後の国体の鎮守を図る意味があるとされます。 注1、「茅の輪」(ちのわ)神事は、茅で作られた輪を、和歌を唱えながら、左回り、右回り、左回りと八の字に三回通って穢れを祓う神事です。水無月の 夏越の祓え する人は千歳の命 延ぶといふなり(1回目)。千早振る 神の御前に 祓ひせば祈れる . . . 本文を読む
コメント

福聚講今日の言葉

2017-06-30 | 法話
「心も肉も懈怠にもあり、不信にもあらんには、誠心をもはらして前仏に懺悔すべし、恁麼するとき前仏懺悔の功徳力、われを救ひて清浄ならしむ,この功徳、よく無礙の浄信精神くぉ生長せしむるなり、浄信一現するとき、自他おなじく転ぜらるるなり、その利益あまねく情非情にかうふらしむ(正法眼蔵「渓声山色」)」(佛道を歩むときに懈怠・不信に陥ることがあるがそういう時は佛に懺悔しなさい、そうすれば懺悔の力により清らかな . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・49

2017-06-29 | 霊魂論
かくのごとく一般仏教は言断心滅の無相の法を教の中心観念となすものである。しかして弘法大師は一般仏教に人を仮とし、法を實とし、無生の法を観じ、人をして法に契合せしめんとするはこれ我執迷妄を断ずるを本とせる遮情教(遮情とは煩悩を否定する考え、これに対する考えを「表徳」といい、われらは本来仏徳を有しているとして迷いの衆生を肯定する)たるゆゑなりとせり。 もし究竟の法を絶対的霊格者也、真実在者也等と説か . . . 本文を読む
コメント

近江商人の信仰

2017-06-28 | 頂いた現実の霊験
近江商人出の企業は トヨタ、丸紅、伊藤忠、高島屋、日本生命、ワコール等錚々たる日本を代表する企業群ですが、近江商人を形成したのは浄土真宗の深い信仰です。近江商人の経営哲学として、「三方よし」、とか「利ハ勤ルニ於イテ真ナリ」「陰徳善事」等といわれますがその経営哲学のもとは日常の深い信仰にありました。近江商人が行商に出かける際には、阿弥陀如来の小さな掛け軸を巻き納めて荷物の上に持っていき、宿ではこの御 . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・48

2017-06-28 | 霊魂論
此の如く大小二乗所説同じからざるもの有るも、而も二者共に人を仮とし、法を實とし、仮なる人を遮し(迷いの衆生を否定し)、實なる法(実相の真理)に契合せんとするに至っては一である。即ち仮人実法を宗極となすは、顕教の大小乗に一貫せる説である。 しかるに真言密教は人法法爾の旨を開説し、顕教に対せばむしろ人を本とすといふべきである。されば弘法大師は二教論に二重の二諦義を立てて、俗諦には佛と衆生、即ち人の存 . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・47

2017-06-27 | 霊魂論
小乗は個体の永遠に空滅に帰せる涅槃を理想とし、大乗は個体の絶対真如の理に還帰するを宗極となすものである . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・46

2017-06-26 | 霊魂論
前叙の如く小乗は諸行無常、諸法無我、涅槃寂静の三法印を説き、大乗は諸法実相の一印を説くものである。即ち大乗仏教の諸経論の所明、一概に論じ得ざるものあるも、諸法実相の一印を説く点において一致するものなりともいひ得らるるのである。智者大師(智顗)は法華玄義第九に諸経の経体を釈し、勝鬘経は自性清浄(全ては本来清らか)を体とし、華厳経は法身(永遠不滅の真理そのもの)を体とし、般若経は一切種智(万物が本来は . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・45

2017-06-25 | 霊魂論
智度論の第二十二に小乗の無常説と大乗の常住義とは矛盾せる二説にあらざることを釈し、「問うて曰く、『何等かこれ佛法の印なりや』、答へて曰、『佛法の印に三種あり、一には一切有為の法は念念生滅して皆無情也(諸行無常印)二には一切法は無我なり(諸法無我印)三には寂滅涅槃なり(涅槃寂静印)(中略)』、問うて曰、『摩訶衍(釈摩訶衍論)の中には諸法は不生不滅にして一は所謂無相なりと説く、此の中には云何が一切有為 . . . 本文を読む
コメント

高野山霊宝館で『納骨信仰の世界』展を7月9日まで開催中

2017-06-24 | おすすめ情報
Sさんから「高野山霊宝館で『納骨信仰の世界』展を7月9日まで開催中」との情報をいただきました。 <a href=" http://www.reihokan.or.jp/tenrankai/list_tokubetsu/2017_04.html ">ここにあります。</a> 高野山は、大師様が承和2年(835)「虚空尽き衆生尽き涅槃尽きなば我が願いもつきなん」(衆生を未来 . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・44

2017-06-24 | 霊魂論
上来仏教のおける個体の観念を開明せんとし、小乗及び一般大乗の所明を略述せしゆゑ、以下真言密教の所説に及ぼうと思ふ、なほ真言密教の個体観念を述ぶるにあたり、仏教教義の中心観念を約述するであらう。 これ真言密教の所明を会し易からしめんがためである。 蓋し小乗仏教は宇宙人生は煩悩、業に因って現起せし生滅無常の苦果の迷相と観、この無常性滅の境を解脱せる寂滅無為の涅槃界に帰せんとするものである。 その大 . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・43

2017-06-23 | 霊魂論
即ち天台、華厳、真言の教意の不同を、華厳の所明に配すれば、次の如く縁起、性起(「性」とは仏性、「起」とは起こること。真理から諸現象が生まれると説く華厳宗の教義。凡夫の立場から現象を説くと、縁起となる。 天台宗の性具説は仏界のさとりも他の世界の迷いと同列に見るのに対して、真理を中心に万象の縁起を説き、迷いの世界を仏の世界に引き上げて説こうとするもの。) 、性海果分(真如そのものの世界 )に相ひ當る . . . 本文を読む
コメント

小林麻央さんが癌で死去されたというニュースが流れていました

2017-06-23 | 頂いた現実の霊験
小林麻央さんが癌で死去されたというニュースが流れていました。幼い子供二人を残して・・まことにこの世は地獄かと思います。 東日本大震災でも無数の不条理極まりない別れがありました。読経に訪れた安置所でも縁者を探す人たちのいいようのない深い静寂があったことを思い出します。 マザーテレサもじつは信仰に揺らいでいたといいます。彼女の日記Mother Teresa: Come Be My Light に書 . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・42

2017-06-22 | 霊魂論
しかしてここに述ぶべきは、華厳の於ける性起(真理‣覚りが縁に触れて万物が起こること)と性海果分(覚りの境地)とになほ可説不可説の異なりあることである。 前叙の如く性起はこれ十佛の無碍大用をあかすものにして性海は十佛の自境界なりといへば、性起と性海果分は同一の如くなるも、しかも性起と性海果分には可説不可説の異なりあることを知らねばならぬ。 華厳経性起品に佛身の自在無碍の大用を明かすもこれ賢 . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・41

2017-06-21 | 霊魂論
前叙の如く華厳の所明に縁起、性起の二門あり、縁起門は縁起の末法を観じ、開解立行、普賢広大の因を修し、舎那の果界に証入する、従因至果の法門にして、性起門は、能縁起の自性清浄の一心本覚を体とする、舎那果人の境を明かし一切諸法は毘盧遮那果相の現起なる,従果向因の秘趣を開園し、一切衆生は本来自性円明の体に住し、久來成仏せるが故に、因位を経歴して果に到るにあらず、舎那果体に直入する妙門を開く。 華厳にはか . . . 本文を読む
コメント