福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

希望とは、絶望を分かち合うこと

2022-09-25 | 法話
  「希望とは、絶望を分かち合うこと」 「「希望」の反対語は「絶望」ではないと思います。絶望を分かち合うことができた先に、希望があるんです。  先日、当事者研究の集会に参加したときのことです。精神障害や発達障害を持ち、絶望を一人で抱えてきた大勢の人たちに会いました。そのとき感じた感覚はなんとも言葉にしがたかった。さまざまな絶望体験を互いに話し、共有することで、「もう何があっても大丈 . . . 本文を読む
コメント

今日9月25日は大師が「大和州益田池碑銘并序」を撰せられた日です

2022-09-25 | お大師様のお言葉
今日天長二年九月二十五日は大師が「大和州益田池碑銘并序」を撰せられた日です。益田池は、畝傍山の南方の貝吹山から北西につづく尾根と久米台地の西南部にかけ、高取川をせき止めて堰堤を築く方法で40ヘクタールの規模で造られたといいます。満濃池の半分ですが当時としては大規模です。碑文によると、人夫・車・馬・船が一気にたくさん集まり、急ピッチで工事を進めることが出来た、とされています。満濃池と同じく大師を慕っ . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)・・25

2022-09-25 | 法話
Q、(百歩の間、十善戒を保てばよいというが)念仏は十回となえれば浄土に生まれることができると説く、また光明真言加持土砂(注)は(光明真言法で加持された)土砂の功徳のみで往生できるとする、これらに比すると十歩の間守るといえども念仏よりも易行とはいえないのではないか?A,十念というのはその間念仏しなければならない。この十善戒を百歩の間保つというのは意識を摂して十悪を為さずに百歩に到ればよい。何の造作も . . . 本文を読む
コメント

今日は実朝が文殊菩薩供養を始めた日

2022-09-25 | 法話
今日は実朝が文殊菩薩供養を始めた日吾妻鑑・承元四1210 九月二十五日、「御本尊五字文殊像 更に遂って供養さる。導師は寿福寺方丈。此の義、五十度、之を行はしむべきよし御願あり云々」時の将軍は源実朝。この頃は文殊信仰は一般化されていてそれに伴う貧民救済も政府の恒例行事であったとされます。昔の為政者はきめ細やかに庶民救済を図っていたのです。実際、『吾妻鏡』建保三年(1213)四月二十日の条には、「南京 . . . 本文を読む
コメント

「さよなら花ちゃん」

2022-09-25 | 先祖供養
「さよなら花ちゃん」令和二年二月靖国神社社頭掲示より「さよなら花ちゃん」陸軍上等兵 餌取哲夫の命 昭和十九年十月十四日 中華民国湖南省郡陽県(現在の中華人民共和国湖南省。洞庭湖の南)にて戦死。 大阪府岸和田市出身。25歳。「会ひたかったけど会えへずに行きます。子供の顔も見たいけれどもこれも運命だ。致し方なし。今日あたり發たうと思ってゐるところへ電報が舞ひ込んで来た。まさかこんなに早く来るとは思はな . . . 本文を読む
コメント

今日は醍醐天皇が疫病で諸社寺に仁王経読誦を命じられた日

2022-09-25 | 法話
今日は醍醐天皇が疫病で諸社寺に仁王経読誦を命じられた日扶桑略記(延喜十五年九月廿五日)、「醍醐天皇、定、諸社諸寺仁王経読誦の事、三箇日。京中諸国の疱瘡赤痢病を祈る為なり。」 . . . 本文を読む
コメント