福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は諸国の寺で文殊会を開き、窮民を救うように太政官符で命じた日です。

2022-07-08 | 光明真言の功徳
今日は諸国の寺で文殊会を開き、窮民を救うように太政官符で命じた日です。 文殊会は勤操・泰善等が窮民救済のために行なったのに始まるといい、天長五年(八二八)太政官符で制度化されました。太政官符では7月8日に諸寺で文殊会を行い、この時は前後三日にわたって殺生を禁じ、参集した男女に文殊菩薩の名号を一〇〇回唱えさせ、三帰五戒を授け、貧者に施しを行えとしています。後に京都の東寺・西寺のものが著名となりまし . . . 本文を読む
コメント

今日は諸国の寺で文殊会を開き、窮民を救うように太政官符で命じた日です。

2022-07-08 | 光明真言の功徳
今日は諸国の寺で文殊会を開き、窮民を救うように太政官符で命じた日です。 文殊会は勤操・泰善等が窮民救済のために行なったのに始まるといい、天長五年(八二八)太政官符で制度化されました。太政官符では7月8日に諸寺で文殊会を行い、この時は前後三日にわたって殺生を禁じ、参集した男女に文殊菩薩の名号を一〇〇回唱えさせ、三帰五戒を授け、貧者に施しを行えとしています。後に京都の東寺・西寺のものが著名となりまし . . . 本文を読む
コメント

今日は旱で相国寺・神泉苑等に祈雨をした日

2022-05-28 | 光明真言の功徳
史料綜覧  永享八年(1436)五月「廿八日 相国寺及ビ神泉苑ニ雨ヲ祈ラシメラル 幕府 亦諸寺ヲシテ之ヲ祈ラシム」天皇は後花園天皇。室町幕府は足利義教。相国寺は義教の弟・虎山永隆が住職をしています。 . . . 本文を読む
コメント

「元慶寺の鐘銘一首幷序(菅家文章)」

2022-05-08 | 光明真言の功徳
「元慶寺の鐘銘一首幷序(菅家文章)」 此の寺の此の鐘有る、弘誓甚だ深し。至心等しきこと无く、元胎願を発す。其の人の八万蔵を開くに遇ふ。九乳誠を翹(はげま)し、彼の力の三界に及ばむことを待つ。是故に日融内に應じ、霜氣外に催す。皇帝馭(おさめたまふ)暦の四歳己亥、月庚午を建つ。八日丁酉(元慶三年五月八日)、金火事を用ひ、治鋳功を施す。禅器を謹む也。梵音を唱ふる也。有縁行道の徒をして圭漏を窺ひて以て警 . . . 本文を読む
コメント

「元慶寺の鐘銘一首幷序(菅家文章)」

2022-03-31 | 光明真言の功徳
「元慶寺(注1)の鐘銘一首幷序(菅家文章)」 此の寺の此の鐘有る、弘誓甚だ深し。至心等しきこと无く、元胎願を発す。其の人の八万蔵を開くに遇ふ。九乳誠を翹(はげま)し、彼の力の三界に及ばむことを待つ。是故に日融内に應じ、霜氣外に催す。皇帝馭(おさめたまふ)暦の四歳己亥、月庚午を建つ。八日丁酉(元慶三年五月八日)、金火事を用ひ、治鋳功を施す。禅器を謹む也。梵音を唱ふる也。有縁行道の徒をして圭漏を窺ひ . . . 本文を読む
コメント

プーチンを呪殺することは「一殺多生」で福を得る

2022-03-16 | 光明真言の功徳
1,今世界の最優先事項はプーチンを抹殺することであることは世界中の人々の眼に明らかです。 多くの罪なき人々の苦しみを一刻でも早く救う為にプーチンの殺害が不可欠です。まさに「一殺多生」です。 「一殺多生」は成實論・三業品では「福と罪と双方を得る」としています。 「問曰。有人、殺生を以ての故に多人を利益す。人、賊を破すれば則ち國に患なし。若し毒獸を殺して則ち人民を利するが如し。是等は殺生を以て福 . . . 本文を読む
コメント

プーチンを呪殺することは「一殺多生」で福を得る

2022-03-15 | 光明真言の功徳
1,今世界の最優先事項はプーチンを抹殺することであることは世界中の人々の眼に明らかです。 多くの罪なき人々の苦しみを一刻でも早く救う為にプーチンの殺害が不可欠です。まさに「一殺多生」です。 「一殺多生」は成實論・三業品では「福と罪と双方を得る」としています。 「問曰。有人、殺生を以ての故に多人を利益す。人、賊を破すれば則ち國に患なし。若し毒獸を殺して則ち人民を利するが如し。是等は殺生を以て福 . . . 本文を読む
コメント

人類の敵プーチンへの配慮はかえって世界の大崩壊を招く

2022-03-06 | 光明真言の功徳
人類の敵プーチンへの配慮はかえって世界の大崩壊を招く   人類の敵プーチンをおそれてウクライナへ有効な武力支援を行えない西欧諸国はまさに「義を見て為ざるは、勇無きなり」の標本です。   「論語為政第二」に 「子曰く『其の鬼に非ずして之を祭るは、諂ふなり。義を見て為ざるは、勇無きなり』と。」(其の祭る所に非ずして之を祭るを、名づけて淫祀という。淫祀は福無し。義は、宜しく . . . 本文を読む
コメント

十二月四日は清和天皇が金剛輪陀羅尼を唱えて崩御

2021-12-04 | 光明真言の功徳
元慶四年十二月四日は清和天皇が金剛輪陀羅尼を唱えて崩御された日です。 以下日本三代実録に依ります。「(元慶四年十二月四日)同日、申の刻(15時)太上天皇圓覚寺に於いて崩ず。時に春秋三十一。天皇風儀甚美、端儼神の如し輙。性、寛明仁恕、温和慈順、顧聞に因に非ず、発言不輙、挙動の際は必ず禮度を遵す。好く書傳を読み釈教に潜思す。鷹犬漁猟の娯は未だ嘗て意に留めず。・・・僧正真雅法師有り、降誕の初めより聖躯 . . . 本文を読む
コメント

今日は東寺卅帖策子が仁和寺に移された日

2021-10-05 | 光明真言の功徳
  高野春秋「(文治二年1186)冬十月五日、北御守法新皇、東寺卅帖策子幷五筆両界曼荼羅を請借し(仁和寺)大聖院に移渡さる。是則ち行あん法橋を以て使節と為す。東寺に令旨を贈る故也。」 . . . 本文を読む
コメント

『光明真言袖鑑』  密厳

2021-09-05 | 光明真言の功徳
光明真言袖鑑  密厳(天保九年編)  抑我等一切衆生は生れながらの仏にて五智四身の仏徳一も欠たることなしといへども、無明煩悩に覆はれて我本よりのほとけ成る事をしらず、身の外に仏を求て遠劫生死に流転する事尤あさましきことにあらずや、爰に毘盧舍那大日如来は諸仏の本地衆生の父母にておはしませば、同体の大悲止ことを得たまはずして本より仏身にそなはるところの五智の光明功徳をもつて廿三字の梵文に封じ籠させたま . . . 本文を読む
コメント

光明真言鈔序  頼慶阿闍梨

2021-08-25 | 光明真言の功徳
光明真言鈔序  頼慶阿闍梨娑婆世界処広して常住のところなし。衆生は形多けれども永く存するの質なし。苦界波高し。いずれの日にか浄土の彼岸にいたらんや。生死の里はるかなり。誰人か涅槃の心部にみちびかん。二鼠の我を引くこと日夜不休なり。百年三万六千日も瞬目の中に迫り、獨羊の人を追うこと常時に覚ること無し。一期千秋の万歳の時も弾指の間にすなわち尽きぬ。退いて往因を思へば一善の種子無し。進んで来報を案ずれば . . . 本文を読む
コメント

掃除をすれば美男美女となる

2021-05-30 | 光明真言の功徳
以前「トイレの神様」という歌があって「トイレには女神様がいてトイレをそうじすると女神様のような美人になれる・・」という趣旨の歌詞がありましたが、これは本当だったのです。 掃除の功徳について「釈氏要覧」に次のようにあります。 『掃地、仏、逝多林におわすとき地不浄なるを見て衆生を樂福ならしめ勝福田に淨業を植えんと欲して、仏即ち自ら箒をとり掃はんとす。時に大聲聞見て、皆箒をとりて共に掃く。仏曰く、およそ . . . 本文を読む
コメント

ダライ・ラマ法王「サカダワの法話会」放映中

2021-05-26 | 光明真言の功徳
2021年5月26日11:30 - 13:30、インド、ヒマーチャル・プラデーシュ州ダラムサラの法王公邸より、ダライ・ラマ法王がモンゴル全土で行われるサカダワ(チベット暦で釈尊の降誕・成道・涅槃の縁日)の行事の日に、モンゴル人に向け短い講演と法話を行われる。主催はガンダン・テクチェンリン僧院。続いてジェ・ツォンカパの『修行道の三要素』(lamtso namsum)についての法話と発菩提心(semk . . . 本文を読む
コメント

石巻市役所から手紙が来ました。

2021-03-04 | 光明真言の功徳
先程石巻市役所から手紙が来ました。 中を開いてみると10年前の東日本大震災のボランテアの礼状でした。 「2011年3月11日 あの日すべてが変わってしまいました。 「行ってきます」と出て行った家も「いってらっしゃい」と見送ってくれた家族も 見慣れた景色も さっきまで働いていた職場も 仲間も どれか一つ欠けても立ち直れないような出来事を 一度にすべて失ってしまった人が あの日どれほどいたで . . . 本文を読む
コメント