福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

高橋さんが12月11日の巡拝予定を作ってくださいました。

2011-11-30 | 関東三十六不動について
福聚講第11回「関東36不動尊巡拝」のご案内   1・実施日:2011年12月11日(日)   2・集合場所・時間 :JR総武線 平井駅改札 9時30分   3・巡拝先 :        イ・第19番 「最勝寺 目黄不動尊」        ロ・第21番 「薬研堀不動院」        ハ・第20番 「深川不動堂」   4・持ち物 :白衣・金剛杖・輪 . . . 本文を読む
コメント

今朝の夢

2011-11-27 | 法話
今朝勿体ない夢を見ました。見知らぬ二人の老僧が私に「今後は、お大師様の弟子として、御指示を頂いたことを、一件ずつ報告するように」というのです。 お大師様の弟子などという勿体ないことは今まで考えてたことはありませんでしたが、思えば伝法灌頂を受けているということは何十代も先に連ならせていただいている弟子には違いなかったのです。こういう最も大切なことを忘れて日々うかうかと暮らしていた私に夢で頂門の一針 . . . 本文を読む
コメント

第10回・福聚講関東36不動霊場巡り(2011-11-13晴れ)

2011-11-25 | 開催報告/巡礼記録
第16番札所・竹園山最勝寺教学院(目青不動尊)、第17番札所・瀧轟山明王院満願寺別院(等々力不動尊)、第18番札所・泰叡山瀧泉寺(目黒不動尊) . . . 本文を読む
コメント

高橋さんが12月11日の巡拝予定を作ってくださいました。

2011-11-24 | 講員の活動等ご紹介
福聚講第11回「関東36不動尊巡拝」のご案内   1・実施日:2011年12月11日(日)   2・集合場所・時間 :JR総武線 平井駅改札 9時30分   3・巡拝先 :        イ・第19番 「最勝寺 目黄不動尊」        ロ・第21番 「薬研堀不動院」        ハ・第20番 「深川不動堂」   4・持ち物 :白衣・金剛杖・輪 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験55

2011-11-24 | 法話
73番出釈迦寺の捨身が岳 . . . 本文を読む
コメント

ブータン国王夫妻来訪は、被災地日本への仏様からの贈り物

2011-11-21 | 法話
ブータンのワンチュク国王夫妻が1週間の訪門日程を終え、昨日帰国されました。 国王は国会で演説され「東日本大震災のような不幸から強く立ち上がることができる国が唯一あるとすれば、それは日本と日本国民だ」とおっしゃり、 被災地では「人格という竜を養ってください」と児童らに語りかけ、 原釜・尾浜地区では長い間、手を合わせて祈りをささげられました。 京都では雨の中 金閣寺管長 有馬頼底師に番傘をさし . . . 本文を読む
コメント

鎌倉密教展にいってきました 

2011-11-21 | 講員の活動等ご紹介
先日鎌倉国宝館の密教展に行ってきました。 やはり犬も歩けば棒にあたるでわざわざ行った甲斐のあるものでした。 入り口には修善寺、小田原室生寺、宝金剛寺、国宝館所蔵の4体の大日如来様が鎮座されています。いずれも12世紀から14世紀にかけて造立されたもので最初の二体は八割以上金箔が残っていてありがたいものです。 つぎはお不動様が六体安置されています。いずれもありがたいお姿で、一体一体拝んでまわりました . . . 本文を読む
コメント

憲法14条1項に「すべて国民は、法の下に平等・・」とありますがこれは密教用語です。

2011-11-20 | 法話
憲法14条1項は、「すべて国民は、法の下に平等・・」とありますがこれは密教用語です。 法の下の平等思想はギリシャローマにはじまり、三〇年戦争や清教徒革命、ホッブス、ロックなどを経て自然権思想として定着してきたとは法学で習う内容ですが 密教の「金剛界念誦次第」、「理趣法」等の「四無量観」ではつとにこれが出てきます。 四無量観の最後の捨無量観のところでは「・・・一切有情は皆、我、我所及び能取、所取 . . . 本文を読む
コメント

鎌倉国宝館では11月27日(日曜日)まで、特別展「鎌倉×密教」を開催中です

2011-11-18 | お大師様のお言葉
鎌倉国宝館では11月27日(日曜日)まで、特別展「鎌倉×密教」を開催中です。鎌倉仏教の中心は密教であったということです。元寇時の怨敵退散祈祷願文もあるようです。 . . . 本文を読む
コメント

Q,散骨は理にかなっていますか?(再出)

2011-11-17 | Q&A
さきに散骨について書いたのですが不十分でしたので修正します。 . . . 本文を読む
コメント

三井物産・マニラ支店長、若王子信行さんの観音信仰

2011-11-17 | 法話
昭和62年、当時の三井物産・マニラ支店長の若王子信行さんが身代金目当てに誘拐され、137日間監禁された事件がありました。朝日新聞に若王子さんが帰国後、苦しかった倉庫での監禁生活の様子を次のように述べておられます。「私は昔から浅草の観音さまによく行っていた。倉庫の片隅に観音さまがあると想像して毎日祈っていた」 「浄土」1987年6月号にも「三井物産マユラ 支店長若王子信行氏が、フィリ ピンで . . . 本文を読む
コメント

五月七日スマナサーラ師が日比谷公会堂でおこなった東日本大震災犠牲者追悼のための瞑想と祈り

2011-11-14 | 法話
五月七日スマナサーラ師が日比谷公会堂でおこなった東日本大震災犠牲者追悼のための瞑想と祈りの概要が「samgha」6月号にでていました。概略を紹介します。 「慈悲はすごい力を持っている。お釈迦様は自分を害しようとした象にたいして慈しみのことばをかけると其の象は正気に返ったとされる。自分も或る人に対して慈悲の瞑想をするとその人は突然理性をとりもどした。慈悲の瞑想で人生や会社の状態が好転したという報告が . . . 本文を読む
コメント

浄土教と密教(栂尾祥雲)・・・その4(最終回)

2011-11-14 | 法話
大師の入定後、天台宗の円仁は法照の五会念仏をわが国に伝えて、比叡山に常行三昧堂を建て、ここに不断念仏を宣揚した。爾来、空也、源信を経て良忍にいたり、華厳・天台の思想の上から浄土念仏を摂取し、弥陀直授の法門と称せらる、「一人一切人、一切人一人、一行一切行、一切行一行、十界一念、融通念仏、信百億遍、功徳円満」の八句を本として融通念仏宗を開創しわが津々浦々に至るまで、これを弘通せられたのである。 かかる . . . 本文を読む
コメント

Q,葬送の自由といい散骨などがおこなわれていますが理にかなっているのでしょうか?

2011-11-14 | Q&A
Q,葬送の自由といい散骨などがおこなわれていますが理にかなっているのでしょうか? A,「真俗仏事編」(18世紀の密教書)によると、 「天竺には四種の葬送の法がある。一つは水葬でこれは死者を江河に投げて魚鰲の食とする。二つは火葬で薪を積んで焼く。これを荼毘とも闍維(じゃゆい)ともいう。三つには土葬で岸のほとりに埋めて速やかに朽ちるようにする。四つには林葬で寒林に捨て置いて諸々の禽獣の食とするので . . . 本文を読む
コメント

Q,お不動様の三十六童子の典拠は?

2011-11-13 | Q&A
Q,お不動様の三十六童子の典拠は? A,「仏説聖不動経」に三十六童子がとかれてありますが、大法輪平成2年1月号の村岡空師の一文によれば「この『仏説聖不動経』は天台座主尊意(866~940)の『吽迦陀野儀軌』にもとずき編まれた。それを真言系の修験者が部分的に手直しして現在の三十六童子がうまれたと考える。ただしどうして三十六童子になったかはやはり未詳だといわざるをえない。あるいは三十六部神になぞらえ . . . 本文を読む
コメント