福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」
2019年
1月19日(土曜日)15時護国寺
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

観音経の解説28/28

2016-02-28 | 諸経
まとめ . . . 本文を読む
コメント

観音経の解説27/28

2016-02-27 | 諸経
観世音とはだれか? . . . 本文を読む
コメント

Q,十二頭陀とは?

2016-02-26 | お大師様のお言葉
Q,十二頭陀とは? A、「頭陀」はサンスクリット語の「ドゥータ」という言葉の音訳であり「払い落とす」という意味です。何を払い落とすのかというと「貪欲」です。 『十二頭陀経』によると、 「一者在阿蘭若處(人里離れた所を生活の場とする。) 二者常行乞食(常に托鉢乞食によってのみ生活する)。 三者次第乞食(托鉢する家は選り好みせず順に巡る)。 四者受一食法(一日一食)。 五者節量食(一鉢以上食べない . . . 本文を読む
コメント

観音経の解説26/28

2016-02-26 | 諸経
26、爾時。持地菩薩。即従座起。前白仏言。世尊。若有衆生。聞是観世音菩薩品。自在之業。普門示現。神通力者。当知是人。功徳不少。仏説是普門品時。衆中八万四千衆生。皆発無等等。阿耨多羅三貌三菩提心。 爾の時、持地菩薩、即ち座より起ちて、前んで仏に白して言さく、「世尊、若し衆生有りて是の観世音菩薩品の自在の業・普門示現の神通力を聞かん者は、当に知るべし、是の人の功徳少からじ」と。仏、是の普門品を説きた . . . 本文を読む
コメント

今日は226事件の日です。

2016-02-26 | 法話
北一輝の日本改造法案大綱緒言 . . . 本文を読む
コメント

観音経の解説25/28

2016-02-25 | 諸経
25、具一切功徳 慈眼視衆生 福聚海無量 是故応頂礼  一切の功徳を具し 慈眼をもって衆生を視たまふ 福聚海無量なり 是故に応に頂礼すべし(観音様は福聚海無量ということは身に染みてわからせていただいています。当方は30年以上護国寺の観音様にお参りし7年前には「福聚講」という講もたちあげ、福を無量に頂いています。まさに観音様は福聚海無量です。全国に福聚寺とか福聚院という寺は相当の数に上ります。すべて . . . 本文を読む
コメント

観音経の解説24/28

2016-02-24 | 諸経
24、妙音観世音 梵音海潮音 勝彼世間音 是故須常念 念念勿生疑 観世音浄聖 於苦悩死厄 能為作依怙  妙音・観世音・梵音・海潮音は 彼の世間の音に勝れり。 是の故に須からく常念すべし 念念に疑を生ずる勿れ 観世音浄聖は 苦悩死厄において 能く為に依怙(たより)となり給ふ  (妙音(微妙不思議な声)・観世音(世の音を観じて救済の説法される声)・梵音(仏の説法は清浄であるから梵音という)・海潮音(潮 . . . 本文を読む
コメント

福聚講今日の言葉

2016-02-24 | 法話
『衆生みな無始よりこのかた宿賃あり』(われわれは無始以来うまれかわり死に変わりしてその間に人生から無量の「借り」を作ってきている。この「借財」をすこしでも返済するためには現世で布施行に励むほかない。場合によっては「先祖の借財」の一部まで返済できるかもしれない。)これは三階教の開祖信行のことばです。・・三階教は北斉から隋にかけて活躍した信行が開いた一派で、三階とは正法,像法,末法の3段階。現在が第3 . . . 本文を読む
コメント

観音経の解説23/28

2016-02-23 | 諸経
23、体戒雷震 慈意妙大雲 樹甘露法雨 滅除煩悩焔  悲体の戒は雷のごとく震ひ 慈意の妙なること大雲の如し 甘露の法雨を樹いで 煩悩焔を滅除す (前半は観音様の身業・意業、後半は観音様の口業を示す。観音様は悲体即ち衆生の苦悩を抜くことを身業(体)とせられ、楽を与えることを意業とせられ、説法で衆生に甘露法雨を注ぐことを口業とせられている) 諍訟経官処 怖畏軍陣中 念彼観音力 衆怨悉退散  諍訟して . . . 本文を読む
コメント

観音経の解説22/28

2016-02-22 | 諸経
22、無垢清浄光 慧日破諸闇 能伏災風火 普明照世間  無垢清浄の光ありて 慧日は諸闇を破り 能く災の風火を伏して 普く明かに世間を照らしたまふ(正覚を成就された観音菩薩の智慧は無垢清浄の光を発して衆生の諸々の煩悩の闇を破して、「風」「火」であらわす凡夫の際限のない輪廻転生を意味する分段生死・聖者の覚りへ向かう退転しない輪廻転生を意味する変易生死)を伏滅して生死を超越させたまふのである。このよう . . . 本文を読む
コメント

観音経の解説21/28

2016-02-21 | 諸経
21、真観清浄観 広大智慧観 悲観及慈観 常願常瞻仰  真観清浄観、 広大智慧の観 悲観及び慈観 常に願ひ常に瞻仰すべし(真観とは空観、万物の実在性無きを観ずる。清浄観は仮有観、実在性無くてもここに存在していること、 広大智慧の観は中道観、空観と仮観を統合したもので天台宗では、空化中の三観を一心の上に悟得することを一心三観という。 悲観とは抜苦の心、慈観とは慈しみの心。真観・清浄観・広大智慧観・悲 . . . 本文を読む
コメント

光明真言袖鑑

2016-02-21 | 法話
光明真言袖鑑、密厳(天保九年編) 光明真言の総論 . . . 本文を読む
コメント

Iさんが今日の定例会の記録を作ってくださいました

2016-02-20 | 開催報告/巡礼記録
2月も後半(雨水)に入り、本格的な雨の日となりました。福聚講の講員には、晴れ男、晴れ女が多いのか、滅多に雨に降られることはありませんでした。 仏様の教えを「法雨」と雨になぞらえ述べられていますので、雨の日のお勤めもきっと功徳があることでしょう。 今日の定例会は、いつものとおり出席の講員8名で般若心経、観音経、諸真言の読誦をし、暫く瞑想の時間をとりました。その後近くの喫茶室で懇談会となりました。 . . . 本文を読む
コメント

観音経の解説20/28

2016-02-20 | 諸経
20、具足神通力 広修智方便 十方諸国土 無刹不現身  神通力を具足し 広く智と方便とを修して 十方の諸国土に 刹として身を現ぜずといふことなし(観世音は当然六神通を具足されており、また真理を證得している大智と化他方便を満足せる方便智とをもって十方いずれの国土にも速隠自由に身を変現したまふ) 種種諸悪趣 地獄鬼畜生 生老病死苦 以漸悉令滅  種種の諸の悪趣、 地獄・鬼・畜生、 (有情の宿命苦の . . . 本文を読む
コメント

最近不倫問題がニュースです、不邪淫戒は実は恐ろしいしい戒です。

2016-02-19 | 法話
慈雲尊者は「十善法語、不邪淫戒」で「是を護れぬものは家を亡ぼし、国を亡ぼす」とされています。そして、最近読んだ「新・家系の科学(与那嶺正勝)」という本に、「二万件の家系を調べたら、亡びる家系は色情問題があるところ」ということが書いてありました。尊者のお言葉を裏付けています。おそろしいことです。(しかし、こういう先祖を持ってしまった子孫はたまったものではありません。そういう場合も救われる道はあります . . . 本文を読む
コメント