福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

「さよなら花ちゃん」

2022-09-25 | 先祖供養
「さよなら花ちゃん」令和二年二月靖国神社社頭掲示より「さよなら花ちゃん」陸軍上等兵 餌取哲夫の命 昭和十九年十月十四日 中華民国湖南省郡陽県(現在の中華人民共和国湖南省。洞庭湖の南)にて戦死。 大阪府岸和田市出身。25歳。「会ひたかったけど会えへずに行きます。子供の顔も見たいけれどもこれも運命だ。致し方なし。今日あたり發たうと思ってゐるところへ電報が舞ひ込んで来た。まさかこんなに早く来るとは思はな . . . 本文を読む
コメント

今日は石門心学の開祖・石田 梅岩の命日です

2022-09-24 | 先祖供養
今日は石門心学の開祖・石田 梅岩の命日です。梅岩は-延享元年9月24日(1744年10月29日))に60歳で逝去しています。京都の商家で丁稚をしながら、儒佛道に通じた小栗了雲に師事し、人の道・商人の道を説くことを思い立ちます。45歳の時、京都の借家で「無料講座」を毎晩開きそれが後年「石門心学」と呼ばれるものになりました。梅岩は「一に泥(なじ)まず、一を捨てず」といって儒教・仏教・道教・神道・国学い . . . 本文を読む
コメント

今日22日浅草寺では彼岸会・放生会が行われます。

2022-09-22 | 先祖供養
浅草寺では彼岸会・放生会が行われます。9月22日(火)彼岸会…9月22日(火)午前10時 於 本堂放生会…9月22日(火)午前10時45分頃 於 淡島堂(予定) . . . 本文を読む
コメント

今日彼岸、菩提の種をまく日かな

2022-09-20 | 先祖供養
国民の祝日に関する法律では「第2条「国民の祝日」を次のように定める。・・春分の日、  自然をたたえ、生物をいつくしむ。 ・・秋分の日、  祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。 」としています。秋分の日はお彼岸の中日でもあります。「彼岸」とは サンスクリット語pāramitāパーラミターの訳で、正しくは「到彼岸」即ち生死輪廻の此岸を離れて涅槃常楽の彼岸に到達するという意味です。原語「パーラミター . . . 本文を読む
コメント

今日は先帝供養の為の御斎会が行われた日

2022-09-12 | 先祖供養
日本紀略「(仁和三年887)九月十二日壬午、先帝七々日の御斎会を中務省において始 行す」・天皇は宇多天皇。先帝は光孝天皇で仁和三年八月二十六日に薨去されている。・御斎会は、大極殿において金光明最勝王経講読と吉祥. 悔過をおこない護国豊穣を祈願する正月年頭の仏事、とされますが、こうして先帝四十九日供養のためにも行じられていたのでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

光仁天皇が自分の誕生日には屠を禁ずるとされた日

2022-09-11 | 先祖供養
続日本紀・宝亀六年(775)九月壬寅(十一日)「(光仁天皇)勅すらく・・十月十三日は是朕が生日なり。此の辰に至る毎に感慶兼ねて集る。宜しく諸寺の僧尼をして毎年是日転経行道せしむべし。海内の諸国、幷に宜しく屠を断ずべし。」 . . . 本文を読む
コメント

「では征きます」

2022-09-08 | 先祖供養
靖国神社九月の社頭掲示「では征きます。陸軍准尉 北村卓夫命 昭和十九年十一月二十八日 モロッカ諸島モロタイ方面にて戦死。二十八歳。広島県出身。いよいよ出発することになりました。明二十八日嘉義(嘉義市は台湾西南部の嘉南平原北端に位置し北回帰線が市内南部を通過)に向けて浜松を発ちます。途中九州の新国原に一泊、翌日は台湾です。それから先は何処の空かは分かりませんが、新しい戦場に向かふ筈です。宛名が変った . . . 本文を読む
コメント

島根正一命がフイリッピンにて戦死された日

2022-09-05 | 先祖供養
靖国神社2019年9月の社頭掲示です。「妻への手紙。陸軍曹長 島根正一命 埼玉県出身。昭和19年9月5日フイリッピンにて戦死。『近く南の苛烈なる決戦場に向はんとす。父と初枝の顔に接し得なかったことは、至極遺憾の極み也。然れども案ずること無し。初枝は依然として現在の様に只管仕事に励み留守を護ってくれ。子無き父の寂しさを察する時、只、初枝一人をどんなにかとよりに思ってゐるかしらん。男児の本懐これに過ぐ . . . 本文を読む
コメント

今月は二回目の仏教公伝のあった月

2022-09-05 | 先祖供養
欽明十三年(552)十月、百済の聖明王が釈迦の金銅仏像・経典などを献上した第一回目の仏教公伝に次ぐ二回目の仏教公伝が敏達天皇十三年九月にあり、このとき仏舎利出現が記録されています。そしてこの仏舎利は後に塔の中に納められます。(日本書紀・敏達天皇十三年584)秋九月、百済より来る鹿深臣(かふかのおみ)、弥勒石像一躯有てり。佐伯連、仏像一躯有てり。是の歳に、蘇我馬子宿禰、其の仏像二躯を請け、乃ち鞍部村 . . . 本文を読む
コメント

今日は、宇佐八幡宮が年分度者を置き兵士に三帰五戒を授けよとされた日

2022-09-01 | 先祖供養
今日は、宇佐八幡宮が戦の犠牲者を憐んで、年分度者を置き兵人等に法華・最勝を習せ、三帰五戒を持たせるようにと御託宣された日。(宇佐八幡宮御託宣集(十三世紀))以下「宇佐八幡宮御託宣集」の記述。「聖武天皇天平二十年748戊子九月一日託宣したまはく。『古吾は震旦国の霊神、今は日域鎮守の大神なり。吾は昔は第十六代の帝王、今は百王守護の誓神なり。先には独り数万の軍兵を率し、すすんで隼人を殺害して大隅・薩摩を . . . 本文を読む
コメント

国土は神・佛・先祖であり『道』を具現化するためのもの

2022-08-31 | 先祖供養
国土は神・佛・先祖であり『道』を具現化するためのものである。   1,「日本精神の研究(安岡正篤)」 「我が建国の由来を尋ねて先ず敬虔の情を覚えるものは、わが大八州国成立の神話である。天地開闢して後、伊弉諾伊弉冉の男女二柱の神がおのころ島におりられて、まず生まれたのが大八州、即ち日本の国土である。それから水や木や火の神が生まれ、女神は遂に崩御されて夜見の国に行かれた。夜見の国は見て . . . 本文を読む
コメント

今日は三回目の大仏開眼が行われた日

2022-08-28 | 先祖供養
文治元年1185八月二十八日後白河法皇開眼導師 開眼師定遍(東大寺要録)(治承四年1180、平重衡の南都焼討により焼亡したのを再建)定遍・・左馬權頭源顕定の息。忍辱山定遍方の祖。仁和寺尊寿院の寛遍に伝法灌頂をうける。東寺長者,東大寺別当,仁和寺別当、法勝寺別当などをつとめ,文治元年の東大寺大仏開眼供養では導師をつとめた。平家調伏の五壇法で中壇を勤めた。文治元年12月18日死去。53歳。通称は大納言 . . . 本文を読む
コメント

今日は清和開拓団事件の起こった日です

2022-08-27 | 先祖供養
今日は清和開拓団事件の起こった日です 清和開拓団事件碑 https://ameblo.jp/nomaru1256/entry-12346845733.html   裏面碑文昭和十三年当時の我が国重要国策たる第七次集団移民として同年三月三十日我等同志は故郷新潟県から雄躍満州国虎林県清和地区に入植爾来孜孜営営として開拓に従事すること七年間昭和二十年三月には一九五戸八一〇名(うち成年男 . . . 本文を読む
コメント

今日は一粒万倍日です

2022-08-27 | 先祖供養
今日は一粒万倍日です . . . 本文を読む
コメント

今日は高志 大了猊下、護国寺貫首・豊山能化の遷化の日です

2022-08-25 | 先祖供養
今日は高志 大了猊下、護国寺貫首・豊山能化の遷化の日です。高志 大了(たかし だいりょう、1834年(天保5年) - 1898年(明治31年)8月25日)は伊予国温泉郡出身の日本の僧侶。長谷寺55世能化。日清戦争には、勅を奉じて、大元帥法を修した。  16歳、石手寺章栄の弟子。1851年嘉永4年 豊山に登る。1852年嘉永6年 永雅に入壇潅頂を受ける。真浄・覚了に性相、海如・啓本に野沢二流を究め、 . . . 本文を読む
コメント