福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」

福聚講・今日の常葉

2017-07-31 | 法話
「人間に生まれた者は 必ず深い いのちの願いを 持っている (和田稠)」 . . . 本文を読む
コメント

神仏一体でのご利益・・1

2017-07-30 | 頂いた現実の霊験
神仏一体でのご利益・・1 善悪因果集(蓮盛著、仏教説話集成、叢書江戸文庫16、国書刊行会)より 一、 伊勢大神宮利賞の事  寛文年中、山城国友岡村と言ふ処の者ども、伊勢講を取り立てあまた詣ける中に、ある女房、五歳になりける男子のありしを、道のわずらひを思ひて家に置きて出でけるに、此子跡にてあくがれ泣きて一日を経て死ににけり。父男は子の死にける事の悲しき上に、母が往向き、火の穢れ、いかなる難もあり . . . 本文を読む
コメント

大師の入唐(桑原隲蔵)その6

2017-07-30 | 法話
(六)長安に於ける大師 大師が我が遣唐大使藤原葛野麻呂の一行に加つて、長安に到着された當初は、その一行と共に、支那政府から指定された宣陽坊の官宅に宿泊された。普通ならば皇城内の鴻臚寺の客館にでも就く筈であるのを、この時支那政府の都合で、我が一行は皇城外の宣陽坊の公館に安置されたものと見える。遣唐大使が所定の任務を果して、翌年の順宗の永貞元年、即ち我が延暦二十四年(西暦八〇五)の二月十日に長安を出發 . . . 本文を読む
コメント

大師の入唐(桑原隲蔵)その5

2017-07-29 | 法話
唐時代の長安は周辺諸国から尊敬され朝貢を受けていました。それは唐の徳治主義と宗教・文化レベル(精神性)の高さによってでした。今日の宗教・文化を軽んじ、世界からその精神性で仰ぎ見られるチベット密教の国を蹂躙し続けているのみならず、東シナ海まで進出し、内外に粗暴な暴力を振いつつ゛けるやり方は中国の歴史を野蛮人のレベルに落とすもので後世に大恥を残し続けています。歴史を直視しなければならないのは中国の方で . . . 本文を読む
コメント

毘盧遮那の世界に入ることにより種々の悩み・病気は解決される。

2017-07-28 | 諸経
「大山光淳・中院流日用作法集」より「毘盧遮那の世界について事相の中に最も大切な字輪観というものがあるが、・・・あ・び・ら・うん・けん・うん(梵字)の六大が毘盧遮那の世界を表す。あ・び・ら・うん・けん・うん(梵字)は一般に地大・水大・火大・風大・空大・識大と説明され、サンスクリットの原語では本不生・言説・火・因業・空・識となり、大日経にては本不生・出過語言道・諸過得解脱・遠離於因縁・知空等虚空、諸 . . . 本文を読む
コメント

大師の入唐(桑原隲蔵)その4

2017-07-28 | 法話
 (四)長安途中 我が大使大師の一行が福州から長安に往くのに、如何なる道筋を採られたかは明瞭でない。當時の記録にこの道筋のことが一切見えて居らぬ。されど私ども專門家の立場から申すと、交通道路は略一定して居るから、この一行のとられた道筋も大體の見當はつく。大師等は恐らく閩江びんこう の流を溯つて、今の南平縣・建安縣・浦城縣を經て、浙江省に入り、大體に於て錢塘江の流に沿うて、今の浙江省錢塘道杭縣即ち唐 . . . 本文を読む
コメント

蓮の花について・・7

2017-07-27 | 諸経
蓮の花について・・7 最後に蓮華蔵世界としての「蓮の花」です。 東大寺の大仏様の連弁には蓮華が描かれておりこれは「蓮華蔵世界」という浄土の世界観を表しています。蓮華蔵世界を説く仏典には華厳経、梵網経などがあります。 ・華厳経の「蓮華蔵世界海」。華厳経では蓮華蔵世界海は,毘盧遮那仏が過去に行なった修行と願によって実現した清浄な世界であり,巨大な蓮華の中にあるとしています。 「大方廣佛華厳経・盧舎那仏 . . . 本文を読む
コメント

今日は大山阿夫利神社夏季大祭です

2017-07-27 | おすすめ情報
今日は大山阿夫利神社夏季大祭です。 阿夫利神社のホームページです。「「大山詣り」(山頂に祀られた大山石尊大権現と中腹の大山寺大山不動尊に参るもの。大山参りの人々は行者とも呼ばれ、白の行衣、菅笠に手甲、脚絆、着茣蓙(きござ)を背負い、腰に鈴をつけ「六根清浄」を唱えながら大山道を歩いた)が大流行をした江戸時代、人々は大山街道を通り、大山へ参詣しました。大山への参詣は元来、七月二十七日から八月十七日ま . . . 本文を読む
コメント

大師の入唐(桑原隲蔵)その3

2017-07-27 | 法話
   (三)福建着港 大使の一行は他の友船と離れて、海上に在ること卅四日にして、八月十日に、唐の福州長溪縣赤岸鎭の海口に到着した。長溪縣は大體に於て今の福建省霞浦縣の地に當る。赤岸鎭とは今の霞浦縣の西郊に近く赤岸溪といふ河がある。その河畔に在つたものと想はれる。その附近の海口を赤岸港といふ。赤岸とはこの附近一帶赤土にて樹木少なき故に、かく名付けたのであらう。この方面は福建地方でも尤も海中に突出して . . . 本文を読む
コメント

蓮の花について・・6

2017-07-26 | 諸経
蓮の花について・・6 密教の曼荼羅上のシンボルとしての蓮の花もあります。 密教辞典では「密教では(蓮華を)「理」の表徴として胎蔵界を意味して「智」の金剛界を表現する「月輪」に対する。・・・(胎蔵曼荼羅の蓮華部院について)如来の大悲の徳で三部のうち蓮華部に当たる。四智では妙観察智で衆生の心性は蓮華のように泥にも染まず本来清浄である意を覚らせるのが目的。」としてあります。 胎蔵曼荼羅の観音院について栂 . . . 本文を読む
コメント

大師の入唐(桑原隲蔵)その2

2017-07-26 | 法話
(二)渡海 大師の入唐はその三十一歳の時で、正しく桓武天皇の延暦二十三年(西暦八〇四)に當る。この年の七月六日に、遣唐大使藤原葛野かどの麻呂の一行が、肥前國松浦郡田浦たのうらから唐へ渡ることとなつた。大師は橘逸勢はやなりと共に、藤原葛野麻呂の第一船に便乘いたし、天台の傳教大師は、判官菅原清公きよともの第二船に便乘いたした。ここで先以て申置かねばならぬことは、當時の日支間の航海は非常に危險で、今日で . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉・・

2017-07-26 | 法話
「三界はただ貪心に従って有と了達し、十二因縁( 無明→行→識→名色→六処→触→受→愛→取→有→生→老死→)は一心のうちに有りと知る。是のごとくなれば、則ち生死は、ただ心より起こる。心もし滅することを得ば、生死も則ちまた尽きなん。(華厳経、十地品 ) . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉 

2017-07-25 | 法話
天地の恵みの歌 . . . 本文を読む
コメント

蓮の花について・・5

2017-07-25 | 諸経
蓮の花について・・5 次に佛の功徳をあらわす象徴としての「蓮の花」があります。 摩訶般若波羅蜜経には「爾時、世尊は常身を以て此三千大千國土一切衆生に示す。是時首陀會天・梵衆天・他化自在天・化樂天・兜率陀天・夜摩天・三十三天・四天王天及び三千大千國土の人と非人は諸天花・天瓔珞・天澤香・天末香・青蓮花・赤蓮花・白蓮花・紅蓮花・天樹葉香を持つて仏所に詣で、是の諸天花乃至天樹葉香を佛上に散ず。」 摂大乗論 . . . 本文を読む
コメント

「苦境にあっても天を恨まず」

2017-07-25 | 法話
東京都神社庁のパンフレット(2014・3)から抜き書きします。「・・東日本大震災直後の3月22日に気仙沼市立階上中学校の卒業生代表の言葉の一文。『・・自然の猛威の前には人間の力はあまりにも無力で私たちから大切なものを容赦なく奪っていきました。天が与えた試練というにはむごすぎるものでした。つらくて悔しくてたまりません。・・・命の重さを知るには大きすぎる代償でした。しかし苦境にあっても天を恨まず、運命 . . . 本文を読む
コメント