福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は國男忌です

2022-08-08 | 先祖供養
今日は國男忌です。柳田國男は1875年7月31日兵庫県に生まれ1962年8月8日(87歳)東京の成城にて没しています。日本民俗学の泰斗です。50年以上も前下宿時代に同宿の尊敬する哲学者の方が私淑していたので自分も影響されて柳田國男集を求めましたが正直いって全部読破しようというような面白みを持ったものではありませんでした。それぞれの土地の言い伝えなどを丹念にひろっているもので華々しさは全くありません . . . 本文を読む
コメント

乃木希典篆額、森鴎外撰「日露戦役忠魂碑」

2022-06-04 | 先祖供養
乃木希典将軍は日露戦争のあと全国津々浦々に日露戦争の「忠魂碑」を建立されていますがこれは千葉県山武郡にある、乃木希典篆額、森鴎外撰の「日露戦役忠魂碑」です。鷗外は乃木将軍に私淑していたようですが共に忠魂碑を建立したのは初めてでしょう。 「陸軍大将正三位勲一等功一級男爵乃木希典篆額忠魂碑 明治三十七八年之役千葉県山武郡片貝村之民従軍于満州者一百五十有三人中、死傷者六人あり。而して三十九年王師凱旋 . . . 本文を読む
コメント

先祖霊が子孫を助けること・・3

2021-12-25 | 先祖供養
先祖霊が子孫を助けること・・3・東日本大震災のとき、車で避難していた男性が渋滞に巻き込まれ立ち往生しているとき、死後何十年も経っている祖母の声がして迂回路を教えてくれた、という話を高野山東京別院で聞きました。・四国遍路記に次のような投稿がありました。遍路で亡夫の供養をしてすぐに就職先が見つかったというのです。「昭和44年主人が亡くなり母子二人の苦しい生活が始まりました。生計を立てるため、職探しを始 . . . 本文を読む
コメント

先祖霊が子孫を助けること・・2

2021-12-24 | 先祖供養
先祖霊が子孫を助けること・・2・インターネットに出ていた話ですが「うちの父は、戦争中に所属していた部隊が壊滅して、生き残ったのは父と、もう一人○○軍曹だけだったという経験があるそうです。しかも、その時父は負傷していて、足手惑いになるから置いていってくれと頼んだそうなのですが、その軍曹は頑として聞かず、父を見捨てずに本隊まで連れて帰ってくれたそうなのです。(父の方が階級は下です)その軍曹は普段から特 . . . 本文を読む
コメント

先祖霊が子孫を助けること・・1

2021-12-23 | 先祖供養
先祖霊が子孫を助けること・・1コロナの猖獗だけでも大変な時、中国・ロシア・朝鮮半島などの「悪の枢軸」が日本を狙っています。また大震災もいずれ必ず起こるとされます。かってない危機存亡の時です。 古来日本人は先祖供養をしてこういう危機を乗り越えてきました。数回に分けて先祖供養の大切さを再度書いておきます。・日野西真定「高野山の秘密」では「両墓制の時代には、遺体は山の向こうの山麓に埋められ、墓は生活空 . . . 本文を読む
コメント

大御心やすめまつらんとこしへに我靖国の神となりて

2021-11-04 | 先祖供養
今月の靖国神社の社頭掲示は陸軍大尉皆川孫六命のものです。「妻への手紙」として「・・假令遺骨帰らざる事あるも国家の為充分の御奉公をしたものと思ひ喜ばねばならぬ。・・・大御心やすめまつらんとこしへに我靖国の神となりて」とあります。是を読む時、僅か数十年で日本人はいかに劣化したかを思い知らされます。 https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=& . . . 本文を読む
コメント

今日は元正天皇が薄葬令(火葬令)を出された日

2021-10-13 | 先祖供養
今日は元正天皇が薄葬令(火葬令)を出された日続日本紀・養老五年721十月十三日丁亥「太上天皇(元正天皇)、右大臣二位長屋王、参議藤原房前を召し、詔して曰く「朕聞く、万物の生なんぞ死あらざるといふことあらむや。此れ則ち天地の理、奚(なんぞ)哀悲すべきや。葬を厚くして業を破り、服を重ねて生を傷るは朕甚だ取らざる焉。朕崩ずるの後は宜しく大和國添上郡蔵寶山雍良岑(さほやまよらのみね)に於いて竃を造りて火葬 . . . 本文を読む
コメント

今日は蒙古軍が対馬に上陸して全島民を虐殺した日

2021-10-05 | 先祖供養
八幡愚童訓「文永十一年1274十月五日の申の時に対馬の西面差浦に異国の船四百五十艘三万人乗連て寄来たる。同日の酉の刻に国府の地頭所に着く、則ち地頭、宗右馬介助圀、八十余騎にて同丑の刻ばかりに彼の浦に行き着いて、翌日卯の刻に通人に真継男を使者にして蒙古人に事の子細を相尋るところに、散々に船より射る上、七,八艘より降り立つ勢一千人ばかりなり。その時宗右馬介,陣を取って戦う。その矢に中る異国人数知れず。 . . . 本文を読む
コメント

不登校は先祖供養のきっかけ造り

2021-05-20 | 先祖供養
不登校は両親どちらかの先祖が先祖供養の契機を与えてくれていることが多いように思います。 子供の未来を拓くためにもそれぞれ先祖供養は最低千回は行うと良いと思います。 . . . 本文を読む
コメント

「幸元子孫制詞条目」

2020-11-30 | 先祖供養
鴻池屋の初代鴻池新六(注1)が定めた「幸元子孫制詞条目」「万端正路を専らとし 王法国法を守り 仁義五常(注2)の道に背かず 主君に背かず 父母に孝行し 家内と睦まじくあれ 謙遜であって奢ることなく 自分の仕事を務め上げよ。・・先祖恒例之仏事怠慢無く急度勤行士べし。先祖なくして父母無し、父母なくして己が身なし、当時家業都合宜しく候も己が利根発明にして勤出すにあらず、全て先祖累代の積徳にして父母之養育 . . . 本文を読む
コメント

天皇陛下の先祖供養

2020-08-16 | 先祖供養
天皇陛下の先祖供養 我が国は先祖供養が国の基盤であり骨格であることを徐々に書いていますが、今回は天皇陛下の先祖供養についてとりあえず手元にある資料で書いておきます。 ・宮中神事そのものが先祖供養・祖先崇拝の儀式です。 春分の日 の春季皇霊祭、秋分の日の 秋季皇霊祭等はその名の通り皇霊をおまつりするものですし、神嘗祭は天皇陛下が五穀を日本神話の様々な神々に捧げて豊作を感謝するもの 新嘗祭は初穂を天 . . . 本文を読む
コメント

先祖供養は死んでからはできない

2020-05-22 | 先祖供養
今朝修法していて突然「先祖供養は死んでからはできないのだ」と思いました。 死者は体を持ってないので修行できない、従って生きている者が代わりに功徳を積んでその功徳を死者に回向するほかない、当たり前のことですがこれを現代人は忘れています。 「死んだのち仏となると思うなよ死なぬうちこそ真の妙法(白隠)」という言葉があります。これなどもこの身体性のことを言っているのだと思います。 更に、密教でいう、身口意 . . . 本文を読む
コメント

御大師様の先祖供養についてのお考え・・24

2019-06-24 | 先祖供養
御大師様の先祖供養についてのお考え・・24 ・「弟子の僧真境が亡考の七七の斎を設くるための願文」 「それ恩河ふかくして底なく、徳山峻しくして天を衝く。林鳥なお反哺を知る(恩返しを知る)、尤霊(万物の霊長)豈によく遺忘せんや。尼父はその終わりを慎むことを誡め、金仙はその棺を担うことを示す。忘れがたく報じがたき者はそれただ厳父の徳なり。伏して惟んみれば先考故石州録事参軍弓の氏は庭訓余りあり。提撕極まり . . . 本文を読む
コメント

御大師様の先祖供養についてのお考え・・23

2019-06-23 | 先祖供養
御大師様の先祖供養についてのお考え・・23 「藤原冬嗣三回忌の願文」 「右将軍良納言(良岑安世)開府儀同三司左僕射(藤原冬嗣)のために大祥(三回忌)の斎を設くる願文 謹んで天長四年孟秋季旬(陰暦七月下旬)をもって、先の左僕射の大祥の奉恩に、金字般若経一十二紙を写し奉る。これを延くに龍象をもってし、これを衍ぶるに涌泉(経典)をもてす。方丈の草堂は法果(法界)を呑んで蟇芥(たいかい)たり。花山の松林は . . . 本文を読む
コメント

御大師様の先祖供養についてのお考え・・22

2019-06-22 | 先祖供養
御大師様の先祖供養についてのお考え・・22 ・御大師様は、金剛頂経を写経し修することによりその功徳により故人の魂を助けるとともに功徳を有情すべてにも行き渡らせる、とおしゃっています。 「弟子真境が亡孝(亡父)の七七の斉を設くるための願文」 「それ恩河深くして底なく、徳山峻しくして天を衝く、林烏なほ反哺を知る、尤霊(万物の霊長たる人間)豈よく遺忘せんや。尼父(孔子)はその終りを慎むことを誡め、金仙( . . . 本文を読む
コメント