福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」
2019年
1月19日(土曜日)15時護国寺
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

実語教解説・・21

2018-10-21 | 頂いた現実の霊験
実語教(傳、弘法大師作、寺子屋等で使用。「実語教註慈賢(鎌倉時代の天台座主)」「実語教諺解(覚賢慧空)」等より解説)解説・・・21 ・善を見ては速かに行ひ、 悪を見てはたちまちに避けよ。 (明心宝鑑(明の箴言集)に大公が言葉として「善をみては渇くが如し、 悪を聞きては聾の如くせよ」とあり。論語・李氏第十六「孔子曰く、善を見ては及ばざるが如くし、不善を見ては湯に探るが如くす(善を行う機会があれば、逃 . . . 本文を読む
コメント

今日は文永の役で蒙古が退散した日です

2018-10-20 | 頂いた現実の霊験
文永の役は「文永11年(1274)10月19日博多湾の沖に、元・高麗連合軍2万5000の兵を乗せた900隻の軍船が来襲し、翌20日早朝一斉に上陸を開始。日本軍は筑前守護少弐景資が本拠を筥崎に置き迎え撃つが元軍の集団戦法や火薬で、元軍の一方的な勝利になった。しかし元軍は陸に上がらず、海上で待機した。その夜、博多湾を吹き荒れた台風により、海上の元軍は壊滅的な打撃を蒙り退散した」とされます。 興正菩 . . . 本文を読む
コメント

実語教解説・・19

2018-10-19 | 頂いた現実の霊験
実語教(傳、弘法大師作、寺子屋等で使用。「実語教註慈賢(鎌倉時代の天台座主)」「実語教諺解(覚賢慧空)」等より解説)解説・・・19 ・我れ他人を敬へば 、他人また我を敬ふ。 己人の親を敬へば、 人亦己が親を敬ふ。(家語の賢君篇に「人を愛すればすなわち人これを愛す、人を憎めばすなわち人これを憎む」。孝経に「その父を敬えば子喜び、その子の兄を敬えば弟喜び、其の君を敬えば臣喜ぶ、一人を敬して千万人喜ぶ、 . . . 本文を読む
コメント

加持祈祷の原点

2018-10-19 | 頂いた現実の霊験
お大師様は『三教指帰』で「支離懸鶉を見ては因果の哀しみ休せず。だれかよく風を繋がん(現世で不条理な運命に泣いている人々を見れば因果の哀れさに心が休まる時がない。出家の志は風を止めることができないように誰も止めることはできない)」と述べて出家され過酷なご修行の結果ついに真言密教を始められ、奥之院に「虚空尽き、衆生つき、涅槃尽きなば、我が願いも尽きなん] と入定されているのです。しかれば御大師のすべて . . . 本文を読む
コメント

今日10月19日は4百日の功徳日です。

2018-10-19 | 頂いた現実の霊験
今日10月19日は4百日の功徳日です。 . . . 本文を読む
コメント

実語教解説・・18

2018-10-18 | 頂いた現実の霊験
実語教(傳、弘法大師作、寺子屋等で使用。「実語教註慈賢(鎌倉時代の天台座主)」「実語教諺解(覚賢慧空)」等より解説)解説・・・18 ・老いたるを敬ふは父母のごとくし、 幼きを愛するは子弟のごとくせよ。(孟子梁の恵王篇に「吾老を老として以て人の老に及ぼし、吾幼を幼として以て人の幼に及せば、天下をば掌に運ぶべし」。孝経に「親を愛する者は敢えて人を悪まず、親を敬する者は敢えて人を慢らず」。太上感応篇に「 . . . 本文を読む
コメント

実語教解説・・17

2018-10-17 | 頂いた現実の霊験
実語教(傳、弘法大師作、寺子屋等で使用。「実語教註慈賢(鎌倉時代の天台座主)」「実語教諺解(覚賢慧空)」等より解説)解説・・・17 ・八正道は広しといへども 、十悪の人はゆかず。(八正道とは正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定、十悪とは四十二章経に身三・口四・意三 ) 。梁簡文帝広信候に与えし書にいう「十善の車に倍して八正の路を開く(十善の車は八正の路を通る)」。光明大師(善導)御尺 . . . 本文を読む
コメント

実語教解説・・16

2018-10-16 | 頂いた現実の霊験
実語教(傳、弘法大師作、寺子屋等で使用。「実語教註慈賢(鎌倉時代の天台座主)」「実語教諺解(覚賢慧空)」等より解説)解説・・・16 ・三学の友に交はらずんば 、何ぞ七覚の林に遊ばむ。(三学とは戒定慧、七覚とは念覚・択法覚・精進覚・喜覚・軽安覚・定覚・捨覚。) ・四等の船に乗らずんば 、誰れか八苦の海をわたらむ。 (慈悲喜捨の平等の大船に乗らずば誰か八苦の生死海を渡らんの意味。華厳経・四十二章経 . . . 本文を読む
コメント

信仰は母への恩返し(高坂丑之介、岡山県赤磐郡、大正六年)

2018-10-11 | 頂いた現実の霊験
私は大正六年田舎の貧乏農家に生まれ13歳で父と死別しました。母は幼い子供4人を抱え昼も夜も一生懸命働きました。そんな母はいつのまにかお大師様を信仰するようになっていました。いつもお大師様のありがたさやさまざまな修養の話をしてくれました。そんな母のお蔭でやっと子供達が1人前になり喜んでいるとき戦争のため一人息子のわたしは徴兵されてしまいました。私が外地に出征するとき母は最期の面会にきてくれ白布に包ん . . . 本文を読む
コメント

今日十月八日は大師が弟子の真体の亡妹のための願文を撰せられた日です。

2018-10-08 | 頂いた現実の霊験
今日天長三年十月八日は大師(53才)が「弟子の僧真体、亡妹七七の斎を設けならびに伝燈料田を奉入するが ための願文」を撰せられた日です。布施により亡くなった人を供養に功徳があることが分かります。 「それ仏に五智あり。因業おのおの異なり。いわゆる阿哩也囉多嚢納婆嚩多他掲跢(ありやあらたんのうどはんばばたたぎゃた)すなわちこれ檀那の報徳なり(布施の功徳で宝生如来になる)。三世の没弟(仏陀)劫沙の索 . . . 本文を読む
コメント

今日2日は慈眼大師忌です

2018-10-02 | 頂いた現実の霊験
今日2日は慈眼大師忌です。慈眼大師天海は寛永20年10月2日(1643年11月13日))108歳で死去と言われています。寛永寺開基・江戸の都市計画策定・家康を日光に東照大権現として祀る等江戸幕府の黒幕的存在・怪僧と言われますが江戸をこれだけ栄えさせ安全な街にした功績はあると思われます。寛永寺の近くに下宿したりして当寺とご縁の深い自分としてはなにか懐かしい気がします。 . . . 本文を読む
コメント

今日は新幹線開業日です。新幹線が無事故のわけ

2018-10-01 | 頂いた現実の霊験
今日は新幹線開業日です。昭和39年10月1日に東京駅 - 新大阪駅間に新幹線は開業しています。 以前、中国が日本の新幹線に大事故がないのはなぜか、と不思議がっているという記事がありました。国内でも不思議がられています。最も最近細かい事故は起こっているようですが一旦大事故があれば大惨事になってしまうのですから事故はあってはならないのですが・・・。 なぜ大事故がないのかは新幹線生みの親たる十河信二 . . . 本文を読む
コメント

今日30日は一粒万倍日です

2018-09-30 | 頂いた現実の霊験
今日30日は一粒万倍日です . . . 本文を読む
コメント

今日天長元年9月27日は高尾山寺が神護国祚真言寺となった日です

2018-09-27 | 頂いた現実の霊験
・今日天長元年9月27日は、高雄山寺が定額寺となり、真言僧21名を置き神護国祚真言寺と改称された日です。 『類聚国史』天長元年9月壬申(27日)条(824年大師御年51歳) 「高雄寺を定額となす。并びに得度経業等を定む。正五位下行河内守和気朝臣真綱。従五位下弾正少弼和気朝臣仲世等言わく、「臣聞く。父構え子終る。之を大孝という。公を営み可を献ず。之を至忠という一。惟忠惟孝。不可不順の者也。昔景雲 . . . 本文を読む
コメント

今日25日は一粒万倍日です

2018-09-25 | 頂いた現実の霊験
今日25日は一粒万倍日です . . . 本文を読む
コメント