福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

代受苦の経典

2022-07-31 | 真言安心勧善義
・「維摩経」には、維摩居士がなぜ病気になったのか、との問いに対し、「一切衆生病むをもっての故に我れ病む。もし一切衆生の病滅せば、則ち我が病も滅せん。…またこの疾、何の所因より起こるやと言わば、菩薩の病は大悲をもって起こるなり」とあり、   ・「請観世音菩薩消伏毒陀羅尼経』に「(観世音菩薩は)地獄に遊戯し代わりて苦を受く」とあり、そしてこの代受苦の観音様を拝むことによって . . . 本文を読む
コメント

今日から八戸三社大祭です

2022-07-31 | おすすめ情報
今日31日からユネスコ無形文化遺産八戸三社大祭です。 今年も神事のみとなるようです。 . . . 本文を読む
コメント

今日は一粒万倍日

2022-07-31 | 先祖供養
今日は一粒万倍日 . . . 本文を読む
コメント

今日は男体山登拝祭

2022-07-31 | おすすめ情報
今日は男体山登拝祭です。登拝祭は、奈良時代末より連綿と続く二荒山神社中宮祠の最大の祭り。毎年7月31日から8月7日までの8日間行われ、祭りの中心は「男体山登拝」と「ご内陣参拝(この期間に限りできる日本で唯一の特殊参拝)」の二つ。 . . . 本文を読む
コメント

今日は蝸牛忌です

2022-07-30 | 法話
今日は蝸牛忌です。幸田露伴は昭和22年7月30日に80歳で没しています。露伴の作品は現代人にはもう難解になってきていますが、仏教の教養がないとわからない作品が多いように思います。「連環記」は「日本往生極楽記」を著わした慶滋保胤(かものやすたね)を書いたものであるし、「運命」には一行阿闍梨が出てきます。「五重塔」は題名から仏教そのものですし、「風流佛」に至っては各章の名を法華経方便品の十如是をアレン . . . 本文を読む
コメント

今日は靖国神社社頭掲示の「林秀夫命」の戦死された日

2022-07-30 | 法話
「待望の日が遂に来ました。」陸軍曹長林秀夫命昭和二十年七月三十日 ルソン島にて戦死。長崎県出身。「永らく御世話になりました。待望の日が遂に来ました。遥か大連の空をのぞみ、便りをしたため居る此の思ひ、感無量です。とうとう心配のかけ通し、孝行らしき事何一つせずに発つのは断腸の思ひ。心残りそれのみです。幼かりし想ひ出の事どもは忘れ様としても忘れられない。人一倍キカン気の秀夫を一人前に育てて戴いた御両親の . . . 本文を読む
コメント

今日は十斎日で六斉日です。

2022-07-30 | 法話
今日は十斎日で六斉日です。十斎日とは月の一日・八日(六斉日でもあります)・十四日(六斉日でもあります)・十五日(六斉日でもあります)・十八日・二十三日(六斉日でもあります)・二十四・二十八日・二十九日(六斉日でもあります)・三十日(六斉日でもあります)をいいます(根拠は下の地蔵経にあります)。この日に八斎戒(不殺生、 不倫盗、 不淫、. 不妄語、 不飲酒、 不聴歌舞、 不坐広床戒、 非時食戒)を守 . . . 本文を読む
コメント

今日30日は多くの文学者の忌日となっています

2022-07-30 | おすすめ情報
今日30日は多くの文学者の忌日となっています。蝸牛忌(幸田露伴昭和22年7月30日死去。81歳)、左千夫忌(伊藤左千夫大正2年7月30日死去48歳))、谷崎忌 ・潤一郎忌(谷崎潤一郎昭和40年7月30日死去79歳)、弦斎忌(村井弦斎昭和2年7月30日 死去63歳)です。このうち幸田露伴には親近感を覚えます。露伴の「努力論」では「徳」について書いていて、徳には、惜徳(徳を自分のために無駄使いしない) . . . 本文を読む
コメント

三十日は釈迦如来・吉備大明神・夜神と昼神の日。

2022-07-30 | 法話
「三十日は釈迦如来・吉備大明神・夜神と昼神の日。・釈迦如来(「三十日秘仏」)。・吉備大明神(禁闕守護の三十番神。「孝霊天皇ノ子吉備津彦命也 備中國賀夜郡 本地虚空蔵」『佛神霊像図彙』吉備津神社(岡山市北区吉備津)の御祭神。本地虚空蔵とされるので自分も求聞持行のまえにはお参りしましたが神官は本地は御存じない様子でした。)・夜神と昼神(我が国守護の三十番神)。長野県の阿智村の阿智神社(昼神神社)は思兼 . . . 本文を読む
コメント

今日は左千夫忌

2022-07-30 | 法話
今日は左千夫忌(伊藤左千夫)です。伊藤左千夫は大正2年(1913)7月30日50才で死去。子規の門下の歌人・小説家。『野菊の墓』は小学生の時よんで胸が熱くなった覚えがあります。「さびしさの極みに堪へて天地に寄する命をつくづくと思ふ」「牛飼が歌よむ時に世の中の新しき歌大いにおこる」などの歌は教科書で読んで覚えています。 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が勅により「急就章」等十巻を献上された日

2022-07-29 | お大師様のお言葉
弘仁三年812、七月二十九日は大師が勅により「急就章」等十巻を献上された日です。高野大師御廣傳に「弘仁三年七月二十九日、勅により雑文を献ず。其の状に云[ 雑文を献ずる表急就章一巻、王昌齢が集一巻、雑詩集四巻、朱畫(唐の詩人)の詩一巻、朱千乗(唐の詩人)の詩一巻、雑文一枚一巻、王智章の詩一巻、讃一巻、詔勅一巻、訳経圖記一巻、右伏して昨日の進止を承って探り得るに随ってかつ奉進す。遺るところの表啓等は零 . . . 本文を読む
コメント

二十九日は薬王菩薩・苗鹿大明神・気吹戸と速佐須良の日

2022-07-29 | 法話
二十九日は薬王菩薩・苗鹿大明神・気吹戸と速佐須良の日。・薬王菩薩(「三十日秘仏」)。観薬王薬上二菩薩経には、薬王・薬上は兄弟の長者で訶梨勒果や薬を日蔵比丘に供養したので衆生が讃嘆して薬王・薬上と称したとあり。・苗鹿大明神 (禁闕守護の三十番神。のうかだいみょうじん.「本地弥陀 江州」『佛神霊像図彙』)。滋賀県大津市にある那波加神社(なはかじんじゃ)の別称。・気吹戸と速佐須良(我が国守護の三十番神。 . . . 本文を読む
コメント

今日7月29日は叡尊が異賊調伏祈祷をして蒙古を撃退した日です

2022-07-29 | 頂いた現実の霊験
  今日7月29日は叡尊が異賊調伏祈祷をして蒙古を撃退した日です。以下「異国来襲祈祷注録」によります。 「弘安四年秋七月廿日、81歳、異賊調伏祈祷のこと。伏見院御宇勅使光泰卿、南都西大寺下向再三なり。宣旨状に納めらる。同七月廿七日、異賊の船すでに九州大宰府博多金津に入る由注進これあり。同廿八日西大寺思圓上人、勅により教興寺に御下向、次廿九日講堂千手宝前において百坐第仁王会を行ぜらる。 . . . 本文を読む
コメント

大般涅槃經金剛身品第五(全巻書き下し)

2022-07-29 | 諸経
大般涅槃經金剛身品第五 (仏は、護法の因縁を以ての故に是の金剛身を成就することを得、とするがこの護法には法のために武装して戦闘することも含む、という。日蓮も多く引用した所。)     爾時世尊復迦葉に告げたまはく「善男子、如來身は是れ常住身・不可壞身・金剛身・非雜食身、即是ち法身なり」。迦葉菩薩白佛言「世尊、佛所説の如く、如是等の身、我悉く不見なり。唯だ無常、破壞、塵土 . . . 本文を読む
コメント

今日は花園天皇宸筆御置文が書かれた日

2022-07-29 | 法話
「重要文化財・花園天皇宸筆御置文 妙心寺蔵」「塔頭玉鳳院の事、妙心寺混ずべからず。関山上人各別の沙汰と為す。塔主は門弟相続せしむべきなり。仍後証と為し筆を染る所なり。貞和三年七月二十九日  花押」 (宸翰英華に、「天皇は妙心寺の山内に塔頭として玉鳳院を創建されたが、其の塔主は関山慧玄の門流のみを以て相続せしむることに御定めになった」。)妙心寺のホームページには以下のようにありました。「花園法皇は、 . . . 本文を読む
コメント