福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は大師が「高野四至啓白文」をお作りになった日です

2022-09-15 | お大師様のお言葉
今日承和元年九月十五日は大師が「高野四至啓白文」をお作りになった日です。「高野四至啓白文葱嶺(青々と聳える山山)銀漢(天の川)を挟み、白峰碧落に衝けり。吾れ居住の時、頻りに明神の衛護あり。すなわち山の四至を限って、永く三宝に獻って仰信の情を表すと云々。査(うきき、浮木)に乗るによらずして忽ちに雲漢に入り、妙薬を嘗めずして神窟を見ることを得たり。一度は喜び、一度は悲しんで、心魂持ちがたし。山の状たら . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)より・・その15

2022-09-15 | 法話
虚空は一切万物の中に遍在するがごとく自心真如虚空界(大般涅槃の法身の妙体)も遍く十界の有情非情人天鬼畜の心身の中に遍在して到らざるところなし。衆生はこのように自心の中に諸仏菩薩が常に遍入されているのにこれを知らない。故に大師は「法身・智身二種の色相平等にして一切有情界一切非情界において遍満遍満せり、」(注)と示し給へり。されば我らこの我慢我欲三毒五欲を除きてこの大乗実相の妙体を信じ修行するときはい . . . 本文を読む
コメント

今日は後鳥羽院追福の法華経供養をした日

2022-09-15 | 法話
吾妻鑑「(寛元二年1244)九月十五日癸丑、後鳥羽院御追福法華経摺写、持仏堂において始めて之を奉読さる。定親法師之を奉仕す。」天皇は後嵯峨天皇。鎌倉幕府将軍は藤原頼嗣、執権は北条時頼。後鳥羽天皇は延応元年1239に配流の地・隠岐で崩御されています。怨霊を鎮めるために鎌倉幕府は何度も鎮魂の供養を行っています。 . . . 本文を読む
コメント

今日は時頼とその子女が赤斑瘡(はしか)に罹った日

2022-09-15 | 法話
今日は時頼とその子女が赤斑瘡(はしか)に罹った日史料綜覧 巻五 / 康元元年(1256)九月十五日条「十五日 時頼 及ビ其幼女 赤斑瘡ニ罹ル」時頼はこの麻疹により後に出家します。吾妻鑑には「九月十五日 壬寅 陰  相州(時頼)赤班瘡を悩ましめ給う。九月十六日 癸卯 朝間雨降る  晩に及び相州不例の事、去る六月二十六日御衰日に当たり、始めて出仕せしめ給うの  間、今この御不例その煩い有るべきの由、陰 . . . 本文を読む
コメント

金光明最勝王經・長者子流水品第二十五

2022-09-15 | 諸経
金光明最勝王經・長者子流水品第二十五(流水は病者を治した後、池水枯渇で死に瀕した魚達を救い、読経して財施・法施を施したことで魚達は死後昇天すると説く。これが日本でも放生会の根拠となった。流水は釈尊、その父は妙憧、その子は銀憧・銀光、十千の天使たちは当時の魚であると説く)爾時、佛は菩提樹神善女天に告げたまはく「爾時、長者子流水は、往昔時に天自在光王國内に在りて、諸衆生の所有る病苦を療じ、平復するを得 . . . 本文を読む
コメント

今昔物語の放生会

2022-09-15 | 法話
今昔物語集巻十二石清水にて放生会を行ひたる語 第十 今昔、八幡大菩薩、前生に此の国の帝王(応神天皇)と御しける時、夷□□□軍を引将て、自ら出立せ給けるに、多の人の命を殺させ給ひける。□□□□□□□。 初、大隅の国に八幡大菩薩と現はれ在して、次には宇佐の宮に遷らせ給ひ、遂に此の石清水に跡を垂れおはしまして、多の僧俗の神人を以て、員(かず)知らぬ生類を買放たしめ給ふ也。然れば、公(おほやけ)も御託 . . . 本文を読む
コメント

15日は全国の八幡宮の放生会です。

2022-09-15 | おすすめ情報
15日は全国の八幡宮の放生会です。   放生会は、養老4年(720年)の大隅、日向両国の隼人の反乱、同年あるいは神亀元年(724年)に誅滅された隼人の慰霊と滅罪を欲した八幡神の「合戦の間多く殺生すよろしく放生会を修すべし」というご託宣により宇佐神宮で放生会を行ったのが嚆矢で、石清水八幡宮では貞観4年(863年)に始まり、その後天暦2年(948年)に勅祭となった、とされます。 &nb . . . 本文を読む
コメント

9月15日は勅祭石清水祭です。

2022-09-15 | おすすめ情報
9月15日は勅祭石清水祭です。 https://iwashimizu.or.jp/event/ . . . 本文を読む
コメント