福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

九月一日の日食の記録

2022-09-01 | 法話
九月一日の日食の記録部分日食は2~3年に1回の頻度で起こるということですが、9月1日になった記録が以下のようにありました。 ・続日本紀 / 大宝二年(702)九月乙丑朔(一日)条「九月乙丑朔 日有蝕之」・続日本紀 / 和銅四年九月(711)癸酉朔(一日)条「九月癸酉朔 日有蝕之」・続日本紀 / 養老四年(720)九月庚戌朔(一日)条「九月庚戌朔 日有蝕之」・続日本紀 / 天平二年(730)九月壬子 . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)より・・その1

2022-09-01 | 法話
釈雲照は明治の傑僧です。後七日御修法を復活したり、「十善会」を組織、青木貞三・山岡鉄舟・山県有朋・伊藤博文・大隈重信・森村市左衛門等が私淑しました。釈雲照の結論は「仏教大原理は十善戒を守り三業を三密として即身成仏すること」というものです。以下主要な点を抜き書きしてみます。「三世因果(過去・現在・未来の三世にわたって、善悪の報いを受けるということ、)善悪応報、これ仏法の大原理大根本なり。」「真理とは . . . 本文を読む
コメント

今日は異常気象は地方長官が国神を敬ってないからとおしかりを受けた日

2022-09-01 | 法話
続日本紀 / 天平宝字七年(763)九月庚子朔(1日)条「九月庚子朔 (淳仁天皇)勅して曰く『 疫死多数 水旱不時なり。 神火(神の祟りの火事)屡ば至り 徒らに官物を損す 此は国郡司等国神を恭はざるの咎也。 又た一旬の亢旱は 致無水に苦しむ。 数日の霖雨は流亡の嗟を抱く。 此は国郡司等民を使うに時を失し、 隄堰を修せざるの過也。・・』」 . . . 本文を読む
コメント

今日は興正菩薩叡尊が自誓受戒された日

2022-09-01 | 法話
叡尊は建仁元年(1201年)生まれで正応3年8月25日(1290年9月29日))に示寂されています。鎌倉時代中期、四分律・梵網戒を併せて修する真言律宗開祖です。字は思円(しえん)。謚号は興正菩薩。この興正菩薩叡尊が覚盛・圓晴・有厳と共に東大寺に於いて自誓受戒したのが嘉禎元年1236叡尊菩薩36歳の時です。感身学正記には「(嘉禎元年1236)九月一日、各自誓、近事男となる(五戒を受ける)、二日沙弥と . . . 本文を読む
コメント

スタートは全てが敗れた時からだ

2022-09-01 | 法話
本田宗一郎の言葉「がんばっていれば、いつか報われる。持ち続けていれば、夢はかなう。そんなのは幻想だ。たいてい、努力は報われない。たいてい、正義は勝てやしない。たいてい、夢はかなわない。そんなこと、現実の世の中ではよくあって当然だ。けれど、それがどうした?スタートはそこからだ。」 . . . 本文を読む
コメント

田中智学と関東大震災

2022-09-01 | 法話
田中智学自伝八巻に智学が関東大震災に際して危機感を持ち述べているところがあります。今日の東日本大震災後の日本と比べて今日のあまりの危機感の無さに愕然とします。当時心ある人々がこれだけ緊張感を以て臨んだにもかかわらずその後日本はどんどん運命を下落させていき、太平洋戦争に突入して敗戦を迎えたのです。当時と比べて精神面の崩壊が壊滅的に進んでいる今の日本には当時をはるかにしのぐ末恐ろしさがあります。「・・ . . . 本文を読む
コメント

今日は、宇佐八幡宮が年分度者を置き兵士に三帰五戒を授けよとされた日

2022-09-01 | 先祖供養
今日は、宇佐八幡宮が戦の犠牲者を憐んで、年分度者を置き兵人等に法華・最勝を習せ、三帰五戒を持たせるようにと御託宣された日。(宇佐八幡宮御託宣集(十三世紀))以下「宇佐八幡宮御託宣集」の記述。「聖武天皇天平二十年748戊子九月一日託宣したまはく。『古吾は震旦国の霊神、今は日域鎮守の大神なり。吾は昔は第十六代の帝王、今は百王守護の誓神なり。先には独り数万の軍兵を率し、すすんで隼人を殺害して大隅・薩摩を . . . 本文を読む
コメント

関東大震災と田中智學

2022-09-01 | 法話
田中智学自伝八巻に智学が関東大震災に際して危機感を持ち述べているところがあります。今日の東日本大震災後の日本と比べて今日のあまりの危機感の無さに愕然とします。当時心ある人々がこれだけ緊張感を以て臨んだにもかかわらずその後日本はどんどん運命を下落させていき、太平洋戦争に突入して敗戦を迎えたのです。当時と比べて精神面の崩壊が壊滅的に進んでいる今の日本には当時をはるかにしのぐ末恐ろしさがあります。「・・ . . . 本文を読む
コメント

今日は一粒万倍日です

2022-09-01 | おすすめ情報
今日は一粒万倍日です . . . 本文を読む
コメント

今日は興正菩薩叡尊が東大寺に於いて自誓受戒された日です

2022-09-01 | 法話
叡尊は建仁元年(1201年)生まれで正応3年8月25日(1290年9月29日))に示寂されています。鎌倉時代中期、四分律・梵網戒を併せて修する真言律宗開祖です。字は思円(しえん)。謚号は興正菩薩。この興正菩薩叡尊が覚盛・圓晴・有厳と共に東大寺に於いて自誓受戒したのが嘉禎元年1236叡尊菩薩36歳の時です。感身学正記には「(嘉禎元年1236)九月一日、各自誓、近事男となる(五戒を受ける)、二日沙弥と . . . 本文を読む
コメント