福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は平康頼が島内で「定業亦能転」と拝み鬼界が島から赦免された日

2022-09-20 | 法話
鹿ケ谷の陰謀で藤原成経・平康頼・俊寛は鬼界が島に流されますが、丹波少将(藤原成経、許されて帰京後は出世する)、康頼入道(平康頼。許されて帰京し、平家滅亡後は阿波国の保司に任命される)は信仰心が篤く鬼界が島内に熊野権現に似た場所を見つけ熱心に二人で拝み続け結果として赦免されます。不信心な俊寛は拝まないで赦免から外されます。この赦免の使いが来たのが治承二年1178九月二十日ごろとされています。「平家物 . . . 本文を読む
コメント

今日は天変に依り大赦令を発した日

2022-09-20 | 法話
日本紀略 / 長元八年(1035)九月廿日庚子条「廿日庚子 詔して天下を大赦す 大辟以下の罪、 常赦所不免者、咸く赦除す 天変に依る也 又老人僧尼に穀を給し又賑給す」・大辟とは死刑のこと。・常赦とは、八虐・故殺・謀殺・私鋳銭・強盗・窃盗以外の罪人を赦すこと。天皇は後一条天皇。・このころは特段の混乱は見当たりません。 . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)・・20

2022-09-20 | 法話
世人の云うがごとくただ現在一世を見て原因結果を論じれば、果たして「天道是か非か」(注1)の疑問に陥らざるを得ず。世人は現在一世のみを見て己が妄識をもって臆断していまだ未生以前の過去世の原因あることを知らず、また一期瞑目を限りとして現在の原因によりて必ず未来に結果が生ずることを知らず。いわゆる三世因果善悪応報は原因結果の尽極の了義なることを知らず、まったく・・増上慢の罪のなすところなり。・・古に「知 . . . 本文を読む
コメント

今日彼岸、菩提の種をまく日かな

2022-09-20 | 先祖供養
国民の祝日に関する法律では「第2条「国民の祝日」を次のように定める。・・春分の日、  自然をたたえ、生物をいつくしむ。 ・・秋分の日、  祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。 」としています。秋分の日はお彼岸の中日でもあります。「彼岸」とは サンスクリット語pāramitāパーラミターの訳で、正しくは「到彼岸」即ち生死輪廻の此岸を離れて涅槃常楽の彼岸に到達するという意味です。原語「パーラミター . . . 本文を読む
コメント

今日は陽成天皇御出家の日

2022-09-20 | 法話
「九暦」「(天歴三年949)九月二十日陽成院天皇病悩に依り御出家の事」この年、九月二十九日には 陽成上皇は崩御されています。82歳でした。貞観十年869のお生まれですからご長命であったということです。昔の日本人には第二の人生として「出家」という別天地が用意されていたのです、現在でも各界の指導者は引退するときに出家すればよいと思います。老後に見苦しい姿を晒さなくて美しいのですが・・・。百人一首に「つ . . . 本文を読む
コメント

彼岸の日迎え日送り

2022-09-20 | 法話
彼岸の日迎え日送り五來重の「宗教歳時記」から関連部分を抜き書きします。「・・彼岸の七日間の間に「日の供」とか「日迎え日送り」をする行事は丹後や播磨に良く残っていた。村人は朝は東の方のお宮やお寺・お堂に参り、日中は南の方のお宮やお寺・お堂、夕方は西の方のお宮・お寺・お堂に参るのである。これによって農耕の安全を祈るとともに、これを節目として祖先の霊を祀るところから墓参や念仏に結びつきやすかったとおもう . . . 本文を読む
コメント

今日20日は川崎大師遍路大師年祭です

2022-09-20 | おすすめ情報
今日20日は川崎大師遍路大師年祭です。 . . . 本文を読む
コメント