福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

福聚講・・今日の言葉

2015-01-24 | 法話
日本で発達した「曼荼羅」や「本地垂迹」思想はあらゆる宗教を救うシステムではないかと思います。つまり曼荼羅の中心にそれぞれ信仰する宗派の教祖様をすえて、他の宗教の教祖は自分の信じる教祖の変化身であるとすればよいのです。 胎蔵曼荼羅は中心に大日如来様がおられ周囲には無数の仏、菩薩、明王、天、二十八宿、十二宮、八部衆、死神、死鬼まではいっています。これらの中には大黒天様・聖天様・弁才天様などヒンズー教 . . . 本文を読む
コメント

本日の福聚講の模様をIさんが作ってくださいました

2015-01-17 | 開催報告/巡礼記録
今日17日今年初めての福聚講のお参りを護国寺で行いました。 一年で最も寒い「大寒」が近づき、冷たい風が肌に突き刺さるような一日でした。 3時に本堂に10人ほどが集まりましたが、若夫婦が先に祈願を頼んでおり、講のメンバーは後ろの席で一緒に拝みながら終わるのを待ちました。祈願では若い護国寺の僧侶の方が「錫杖経」をおとなえしており、講でもいずれ勉強したいものと思いました。  いつものように、「おんさらば . . . 本文を読む
コメント

般若心経秘密鍵勉強会

2015-01-13 | 定例会のお知らせ
福聚講の皆様には良いお年をおむかえのこととお喜び申し上げます。 ついては、5月から、江戸33観音と東京10社をお参りしたいと考えていますが、神社では古来般若心経秘鍵をあげるのがいいとされています。ついては以下日程でとりあえず般若心経秘密鍵勉強会を開催したいとおもいますので出席希望の方は会場都合、資料用意都合等ありますので早めにご連絡くださいますようお願いします。(なお費用は会場費一人100円程度 . . . 本文を読む
コメント

フランス等のテロの続発を見てイスラム教と仏教の違いを考えました。

2015-01-11 | 法話
ついにフランス首都パリでもイスラム過激派のテロが起こりました。以前からイスラム過激派といわれる集団のテロが収まりません。イスラム過激派によるテロ事件は1980年前後からとぎれることなく続いています。1981年のエジプトのサダト大統領暗殺もそうでした。あれから30年以上にもなりますが9・11も含めて一向に収まる気配はありません。救いのない泥沼に世界中が取り込められている気がします。 この問題は中東 . . . 本文を読む
コメント

正月とは

2015-01-01 | 法話
正月とは中国の歴訪に習ったものとされます。 正月とは寅の月を言います。 東西南北のうち東に寅、卯、辰が配されるので寅を年の初めとするとされます。 また夏時代には月建(たそがれ時に北斗の柄杓が指す月)を寅の月ときめたので、夏歴を導入した日本も寅の月をとしはじめとしました。 正月というようになったのは秦の始皇帝が寅の月の生まれで、此の月をもって専ら政道をおこなうという意味で政月といい、これが . . . 本文を読む
コメント

平成27年頭に

2015-01-01 | 法話
平成27年があけました。毎年今年はどういう年か、いい年であってほしいと思います。宿曜経によれば土木工事の多い年になるようです。経済も単純ではないでしょう。こういうことはある人にはいいことになり、ある人には悪いことになります。天候一つとっても晴れれば助かる人、雨が降れば助かる人、それぞれの置かれているその時の立場で180度違ってきます。年ごとの運勢も自分にとって利益になるかどうかと考えれば、不安だら . . . 本文を読む
コメント