福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2019年
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

福聚講今日の言葉

2018-03-31 | 法話
宗教というのは本を読んで理解するのではない。図書館へ行って勉強すればわかるというものではないんです。真宗に生きた人を通して、その人を生かしめておる真宗に遇うのです。正しい教えというのは生きておる人を通して、その人の命に遇って、人々に響いていくんです。仏教は広めようと思うて広まるもんではないんです。本当に真宗に生きた人の言葉を通して、その人をしてそのような言葉を発せしめたはたらきに、私もまた遇わせて . . . 本文を読む
コメント

釈雲照師「十善業道経講義」から・・その31

2018-03-31 | 諸経
毎度話す通り「梵網菩薩戒経」には「戒」は一切善業を出生する大地にして成仏の本源、仏道を成ずる根本なりと説かれ、「大日経」にはこの十善業道を名つけて菩薩道を成する根本なりとおっしゃってある。その訳は十善が本になって六波羅蜜(壇・戒・忍・進・禅・智)、四念処、四正勤、四如意足、五根、五力、七覚支、八正道等も行ずることができる。なおすすみては仏の十力、四無為等の仏の万徳を円満することができる。・・今の人 . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・28

2018-03-31 | 諸経
華厳経巻十明法品第十四 ・・佛子よ、云何が菩薩摩訶薩は其の所應に随って而も衆生を化するや。   此菩薩は諸の衆生の所宜の方便を知り、諸の衆生の種種の因縁を知り、   諸の衆生の心心所の念を知る。   心念を知り已りて、對治法を教える。   貪欲多き者には不淨觀を教え、瞋恚多き者には大慈觀を教え、愚癡多き者には教えて 一 切 諸法を分別せしめ、 三毒等分の者には教えるに勝智法門を具足 . . . 本文を読む
コメント

太上感応篇

2018-03-31 | 諸経
太上感応篇(道教の経典。南宋 の李昌齢 が太上老君 (老子) のお告げをまとめて編んだ) 太上 曰わく  禍福は門無し。唯人自からまねく。善悪の報いは影の形に随ふが如し。 是を以て天地には司の神有りて、人の犯す所の軽きと重きとによりて 以て人の算(いのちのかず)を奪う。算減ずる時は則ち貧しくおとろえ、多く憂い患しみに逢う。人は皆これを悪み、刑禍はこれに随い、吉慶は之を避け、悪星は之に災いし、算 . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・・27

2018-03-30 | 諸経
華厳経巻九初発心菩薩功徳品第十三 「菩薩は未来永劫功徳を積み一切の佛を供養する、これは衆生を救い悟らせるためである。 菩薩は自由自在にあらゆるところに示現する、菩薩の智慧は如来と等しい。 菩薩は諸仏のところに於いて学ぶべきものをすべて学び、深い教えを悉くねがい飽くことがない。 菩薩は一切の導師の所におて 恭敬・尊重する心をもって菩薩行を修して 常に教えの甘露を飮む。 菩薩は 悉くよく分別して 智慧 . . . 本文を読む
コメント

釈雲照師「十善業道経講義」から・・その30

2018-03-30 | 諸経
「その時に世尊、また竜王に告げて言給はく、若し菩薩ありて、この善業によりて道を修するときにおいて能く殺害を離れ(不殺生)而も施を行ずるがゆえに常に財宝にとみて、能く侵奪するものなく、長寿にして夭なく一切の怨賊のために損害せられず、不輿取を離れて(不偸盗)而も施を行ずるがゆえに常に財宝に富みて侵奪するものなく、最勝比びなくして悉く能く備さに諸仏の法蔵を集む。」」 (これから以下は十善戒から六度が生ず . . . 本文を読む
コメント

今日は一粒万倍日です

2018-03-30 | 頂いた現実の霊験
今日は一粒万倍日です . . . 本文を読む
コメント

第二十八の余、十善戒の止善と行善(私説)・・30

2018-03-30 | 頂いた現実の霊験
第二十八の余、十善戒の止善と行善(十善助行章の付録・私説)・・30 (十善戒は消極的なもののみではありません。積極的十善戒と消極的十善戒があります。これを十善戒の止善と行善(止善とは悪を止める善。行善とは善をおこなう善。)といいます。釈雲照師の「仏教の大意」とお大師様の「秘密曼荼羅十住心論」よりまとめました。)     ㈠ 慈悲不殺生戒・・ 止善。生きとし生けるものを殺さない。 行善。 . . . 本文を読む
コメント

今日は十斎日で六歳日です

2018-03-29 | 頂いた現実の霊験
今日は十斎日で六歳日です。十斎日とは月の一日・八日(六斉日でもあります)・十四日(六斉日でもあります)・十五日(六斉日でもあります)・十八日・二十三日(六斉日でもあります)・二十四・二十八日・二十九日(六斉日でもあります)・三十日(六斉日でもあります)をいいます(根拠は下の地蔵経にあります)。この日に八斎戒(不殺生、 不倫盗、 不淫、. 不妄語、 不飲酒、 不聴歌舞、 不坐広床戒、 非時食戒)を守 . . . 本文を読む
コメント

密宗安心教示章(明治十七年三月二十一日仁和寺三十二世別所栄厳大和上示衆)其の八

2018-03-29 | 密宗安心教示章
密宗安心教示章(明治十七年三月二十一日仁和寺三十二世別所栄厳大和上示衆)其の八(最終回) . . . 本文を読む
コメント

釈雲照師「十善業道経講義」から・・その29

2018-03-29 | 諸経
この邪見を離れると十の功徳がある。 「何等をか十となす」。 「一には真善の意と尊善の等侶とを得。」(よき志の者はよき侶を得る。等侶とは同等の友ということ・・) 「二には深く因果を信じて寧ろ身命を損ずるとも終に悪を作さず。」(先に述べたとおり一切衆生の災害を受けるは一から十まで悉く先の世の悪因の報い来れる結果であって、幸いを得るのは前世もしくは来世の善根の功徳である。善悪、邪正、吉凶、禍福悉く因果応 . . . 本文を読む
コメント

天地自然にも神霊が宿る

2018-03-29 | 頂いた現実の霊験
「神祇あることを信じとは、正知見の中には神祇あるなり。凡そ物あれば能あり。能あれば徳あり。世間事物の中、楽器は工匠の手より出で来る物なれども、其の妙物は必ずその徳そなはるなり。刀剣は鍛冶が手より造立せる物なれども、其の逸物に至りては、其の徳あるなり。まして山川聚落は広大なるものなれば、必ず神霊あるなり。地水火風はさらに広大なれば四大神その徳いちじるしきなり。五穀は人民を利する功大なれば必ず神霊ある . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・26

2018-03-29 | 諸経
華厳経巻九初発心菩薩功徳品第十三 ・・・無際の生死の中に 精勤して厭倦せず、一切の地獄處において 苦を受くるも衆生の為なり。 功徳智慧の藏は 具足して皆な成就し、悉く能く一切衆生の根を分別す。  また能く分別して衆生の種々の業を知り、 彼の業に随いて對治せんとて 菩薩は爲めに説法す。 大慈悲心をもって 世間行に隨順し、悉く一切法において 空無我に解達し、一一の音聲中に 無量の教を . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・25

2018-03-28 | 諸経
華厳経巻八菩薩十住品第十一「・・諸々の仏子よ、何等か是れ菩薩摩訶薩の童真住なる。此菩薩は 十種の法において心安立することを得る。何等をか十と為す。 所謂る身行清淨。 口行清淨。 意行清淨。 隨意受生。 衆生心を知り、 衆生の種種の欲樂を知り、 衆生の種種の性を知り、 衆生の種種の業を知り、世 界の成壞を知り、 神通自在にして障礙あることなし。 是を十となす。 諸佛子よ。彼の菩薩は應に十法を学ぶべし . . . 本文を読む
コメント

密宗安心教示章(明治十七年三月二十一日仁和寺三十二世別所栄厳大和上示衆)其の七

2018-03-28 | 密宗安心教示章
密宗安心教示章(明治十七年三月二十一日仁和寺三十二世別所栄厳大和上示衆)其の七 . . . 本文を読む
コメント