福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」
2019年
1月19日(土曜日)15時護国寺
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

第15回・福聚講関東36不動霊場巡り(2012-4-29晴れ)

2012-04-30 | 開催報告/巡礼記録
第29番札所・不動山白山寺洞昌院(苔不動)へ。 . . . 本文を読む
コメント

ありがたい、ありがたいお大師様(長田キヌ、長岡市西神田町、大正10年)

2012-04-30 | 頂いた現実の霊験
ありがたい、ありがたいお大師様(長田キヌ、長岡市西神田町、大正10年) . . . 本文を読む
コメント

浅井證善師の「初心の修業者の戒律ー訳注『教戒律儀』-」のおすすめ

2012-04-28 | おすすめ情報
私が尊敬し、いつも行の指導をいただいている浅井證善先生が高野山専修学院での講伝等をもとに高野山出版社から「初心の修業者の戒律ー訳注『教戒律儀』-」を出版されています。これは唐の道宣律師の『教戒律儀』の訳注です。浅井先生の積み重ねられた壮絶な行と深い学殖を随所にうかがわせる内容になっています。一読をお勧めします。書店には無いと思います。高野山出版社は0736-56-2724です。 . . . 本文を読む
コメント

ナチスのガス室から生還したフランクルの言葉

2012-04-27 | 法話
ロゴスの覚醒と自己超越は、ほぼ同義語であるといってよい。  いずれにせよ、(ロゴセラピーがめざすのは)、自己超越なのである。自分を忘れることこそ、ロゴスという「本当の自分」と一体化する道であり、空虚感を満たす「本当の幸福」をつかむ道だからである。 ・・・ この世界の、この人生の究極の意味は、結局は何か。  究極の意味(フランクルはそれを「超意味」という)は人間には決して知ることはできない。・・ . . . 本文を読む
コメント

77番道隆寺で白内障治る(山口守義、徳島県三好郡、明治40年)

2012-04-27 | 頂いた現実の霊験
今から五,六年前団体で四国をお参りしたときのことです。 77番道隆寺に着き、ご本尊薬師如来様にお参りしました。つずいて大師堂、鐘楼堂にお参りしていたところ出口の左手に潜徳院というお堂があり目の悪い人がお参りすると直してくださると書いてありました。 私は白内障で物がぼんやりとしか見えず、大阪の病院、香川の病院と通ったのですが一向に効き目がありませんでした。お堂の看板には「め」と言う字を年の数だけ書 . . . 本文を読む
コメント

普賢菩薩行願讃

2012-04-26 | 諸経
普賢菩薩行願讃(和訳) . . . 本文を読む
コメント

お大師様のお加勢(岡美岐、下関市竹崎町、大正9年)

2012-04-25 | 頂いた現実の霊験
義父は私が5歳のとき母と夫婦になりました。当時父は全く信仰心というものは無く、「人間死んだら灰になるだけだ」と言う人でした。反対に母はあれで通じなければ神も仏もないと言うくらい信心深い人でした。困っている人や行き倒れの人には慈悲をかけるので貯金通帳はいつも空っぽでした。質屋通いも日常茶飯事でした。(おかげで母の死後30年の今も当時の人人が慕ってお墓参りに来てくれます。) 父は眼が悪く医者通いをし . . . 本文を読む
コメント

お大師様に会える日まで(野崎健三、岡山市浅越、大正9年)

2012-04-25 | 頂いた現実の霊験
私は昭和35年春、初めて小豆島八十八所を巡りましたこの年2月11日私が夜勤で不在時に出火で当時6歳と11歳の娘を失ったのです。胸に写真を抱き笈ずるの背に2人の戒名をかいた位牌を背負ってまわりました。苦しい悲しい供養の巡礼でした。 しかし宿につくと『お帰りなさい』と迎えてくれます。遍路の間でもわけ隔てなくおつきあいでき、みなひたすらお大師様をもとめてお燈明をあげ、心経をとなえる、この姿は本当に尊く、 . . . 本文を読む
コメント

蓮如上人『白骨の御文』

2012-04-25 | 法話
蓮如上人『白骨の御文』です . . . 本文を読む
コメント

第21番太龍寺にて(吉村力蔵、兵庫県多紀郡今田町、大正元年)

2012-04-24 | 頂いた現実の霊験
四国の山々はすべて彫が深い。峰と峰の間は全て渓谷である。あつまった雨水は急流をなして海に注ぐ。剣山から流れ出る那珂川もそうである。山が四方から迫った谷間に「坂口屋」という昔からの遍路宿がある。 山麓の細道を鈴の音と共に10数名の白衣のお遍路さんが下りてきた。此の上は3キロの細い山道で最も難所とされている。 11月の山は冬に近い。見上げると杉木立が覆うように迫ってきた。喘ぎ喘ぎ急坂を登と額に汗がにじ . . . 本文を読む
コメント

角田さんが14日の講の記録を作ってくださいました。

2012-04-24 | 開催報告/巡礼記録
角田さんが14日の講の記録を作ってくださいました。 . . . 本文を読む
コメント

被爆の怒り込め霊場めぐり(下江武介、府中市木野山町、明治36年)

2012-04-23 | 頂いた現実の霊験
私は広島に落ちた世界最初の原爆により最愛の妻と1歳の娘を失い、私自身も重症を負い生死の間をさまよいつつ、人々の手厚い看護と生きたいと言う一念でかろうじて一命をとりとめた82歳の老人です。 現在も全身ににはケロイドが残り、目も原爆白内障で2メートル先のものも判別できません。右手は3本左手は2本の指が奇妙な形でくっついたままです。 当時、私は病院から帰らず、そのまま四国霊場の巡拝に出たいとおもっていま . . . 本文を読む
コメント

心身燃え尽きた四国の道(逸見邦子、尼崎市東難波町、昭和19年)

2012-04-22 | 頂いた現実の霊験
昭和60年全国の遍路から具体的霊験を集め弘法大師空海刊行会が「日本巡礼記集成」を発行しました。そこには90歳から13歳の少女の遍路までが160の霊験体験を書いています。わたしもこれを擦り切れるほど読んで四国遍路に行きました。いまは絶版になっていると思いますのがあまりにも素晴らしい体験記ばかりなのでこれから何回かに分けてここでこの内容をご紹介していきたいと思います。 . . . . . . . . . 本文を読む
コメント

お大師様のぼせと言われた母(竜門富枝、岡山市箕島、大正3年)

2012-04-21 | 頂いた現実の霊験
私の里は岡山県北部の小さな町です。大正六年母は結核性肋膜炎になり4歳の私を連れて里帰りし静養していました。しかし大正七年にはスペイン風邪が流行し、父がこのために亡くなりました。それでも母は病気が重く帰ることが出来ませんでした。 明くる、大正8年になり里では小豆島巡拝に何人かが出かけることになりました。母も行く末を案じ、「これから自分一人で頼る人もなく子供を育てていかねばならない。自分が元気になれな . . . 本文を読む
コメント

佛説淨飯王般涅槃經

2012-04-20 | 諸経
佛説淨飯王般涅槃經 宋居士沮渠京聲譯 如是我聞。一時佛王舍城耆闍崛山中に住せり。 大比丘衆とともなり。爾の時き世尊。光明韑韑。喩えば日 出でて世間を照明するが若し。時に舍夷國王あり。名ずけて淨飯と曰う。 正法を以って治め、禮徳仁義、常に慈心を行ず。時に重病に被る。身中の 四大。同時倶作。其體を殘害す。支節欲解。喘息不定なり。如駛水流。輔相宣令國中明醫。皆悉く集會し王 . . . 本文を読む
コメント