福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は仁王経の験力で雨が降った日

2022-04-30 | 法話
三代実録 / 元慶二年四月卅日乙未条(878)に「卅日乙未 先是 災旱殊に甚し 農夫耒を棄て 朝廷憂を為す 是日膏雨快澍 溝渠皆な溢る 天下以って 仁王経之験力と為す 故に是を記す」(天皇は陽成天皇。前年以来の干魃により飢饉が起きていました。) . . . 本文を読む
コメント

仁義無くしてただ兵力のみ強い国は必ず亡びる

2022-04-30 | 法話
「兵強ければ則ち滅し、木強ければ則ち折れ、革固ければ則ち裂け、歯は舌より堅きも之より先に弊(やぶ)る。 是の故に柔弱なる者は生の幹なり、而して堅強なる者は死の徒なり。」「国の存する所以は仁義これなり。人の生ずる所以は行善これなり。国義なければ、大なりといへども必ず亡び、人に善意なきときは惟勇なれども必ず敗る。」(淮南子) (これを総合すると仁義無くしてただ兵力のみ強い国は必ず亡びるということです . . . 本文を読む
コメント

鷗外は現代人も「三宝の徒」であると言っています。

2022-04-30 | 法話
森鴎外「独身」に鷗外は佛教を現代的以上に現代的にとらえている表現があります。誰もが何かを信奉しているがそれは「仏」であり、科学は「法」であり、権威を信奉している本人は「僧」であると言っているのです。誠に痛快です。(鷗外は廃仏毀釈の総本家ともいえる津和野藩で教育を受けていますがやはり相当柔軟な精神の持ち主であったことがうかがえます。)「一体御主人の博聞強記は好いいが、科学を遣っているくせに仏法の本な . . . 本文を読む
コメント

今日は疫病を払うために冷泉殿で仁王経法を修した日

2022-04-30 | 法話
百練抄・正元元年(1259)四月三十日条に「三十日 仁王経法ヲ冷泉殿ニ修シテ 疫疾ヲ禳フ」とあります。此のころは、[五代帝王物語]に 「春比より世のなかに疫病おびただしくはやりて、下臈どもはやまぬ家なし。川原などは路もなきほどに死骸みちて、浅ましき事にて侍りき。崇神天皇の御代昔の例にも劣らずやありけん。飢饉もけしからぬ事にて、諸国七道の民おほく死亡せしかば、三月 二十六日改元ありて正元と改る。」と . . . 本文を読む
コメント

元和元年806四月には御大師様が越州の節度使に経典を求める書を出されています

2022-04-30 | 頂いた現実の霊験
「・・長安城の中に於いて写し得るところの経論疏等凡て三百余軸、及び大悲胎蔵・金剛界等の大曼荼羅の尊容、力を竭くし財を涸くして趁め遂って図画せり、しかれども人は劣に教えは広うして未だ一ごうをも抜かず(九牛の一毛にも及ばず)、衣鉢竭き人を雇うこと能はず、食寝を忘れて書写に労す、日車返り難うして忽ちに発期迫れり、心の憂い誰に向かってか紛を解かん。空海偶々崑嶽に登って未だ懐に満ことを得ず、天を仰いで屠裂( . . . 本文を読む
コメント

今日は清盛が高野山根本大塔の再建を果たした日

2022-04-29 | 法話
今日保元元年1156、4月29日は清盛が高野山根本大塔の再建を果たし、座主寛遍が導師となり開眼供養した日です。この後、7月には保元の乱勃発しますが、清盛は戦功により播磨守となっています。 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が勅命により九州・観世音寺に留まられた日

2022-04-29 | お大師様のご足跡寺院
大同二年807、4月29日は大師が勅命により九州・観世音寺に留まられた日です。高野大師傳には「大同二年、四月二十九日。大貮従四位下 藤原藤嗣朝臣、牒を観世音寺三綱に送府す云々。入唐廻来学問空海師、件の僧、笈を負って遠藩し大道を耽嗜し空しく往いて満ちて帰る。優学称すべし。今帰朝に及ぶ、暫く彼の寺に住す。宜しく入京の日に至るまで准借すること件のごとく住み供養せられよ。」 . . . 本文を読む
コメント

今日は元慶の乱で仁王般若経を講説した日

2022-04-29 | 法話
  三代実録 / 元慶二年(878)四月廿九日甲午条 「廿九日甲午 一百座を設けて 仁王般若経を説く。 京師御在所より始め 聖神寺に至る迄卅二、 畿内及外国六十八。 其呪願文曰 『・・・兼て因縁を察し 千の光明を放って 七災難を銷し・・(後略)」 聖神寺は、山城国愛宕郡紫野大門辺にあった寺院。弘仁十一年(820)に賀茂男牀が神託によって造立。 天皇は陽成天皇。元慶二年(878年) . . . 本文を読む
コメント

今日は十斎日で六斉日です

2022-04-29 | 先祖供養
今日は十斎日で六斉日です。十斎日とは月の一日・八日(六斉日でもあります)・十四日(六斉日でもあります)・十五日(六斉日でもあります)・十八日・二十三日(六斉日でもあります)・二十四・二十八日・二十九日(六斉日でもあります)・三十日(六斉日でもあります)をいいます(根拠は下の地蔵経にあります)。この日に八斎戒(不殺生、 不倫盗、 不淫、. 不妄語、 不飲酒、 不聴歌舞、 不坐広床戒、 非時食戒)を守 . . . 本文を読む
コメント

今日は蝦夷の乱平定のため仁王般若経百座の説会を命じた日

2022-04-29 | 法話
今日は蝦夷の乱平定のため仁王般若経百座の説会を命じた日です。三代実録 / 元慶二年(878)四月廿九日甲午条「廿九日甲午 設一百座 説仁王般若経 京師始自御在所 至于聖神寺卅二 畿内及外国六十八 其呪願文曰 (中略) 兼察因縁(注1) 放千光明 銷七災難(注2) 」(四月二十九日、百座を設けて仁王般若経の講説を行った。京師では御在所からはじめて聖神寺に至るまで三十二箇所、畿内及び畿外では六十八箇所 . . . 本文を読む
コメント

後宇多法皇は三通目の手紙を醍醐寺憲淳に出され密教興隆を誓われました。

2022-04-29 | 法話
今日延慶二年1310四月二十九日、後宇多法皇は三通目の手紙を醍醐寺憲淳に出され密教興隆を誓われました。国宝・後宇多法皇宸筆当流紹隆教誡(第三通目) 一通以下「宸翰英華」等によります。今日延慶二年1310四月二十九日、後宇多法皇は三通目の手紙を醍醐寺憲淳に出され法流を継ぎ密教興隆を誓われましたがこの前には、憲淳が法皇に以下のような附法状を奉っています。憲淳は法皇が報恩院に住持した場合は、法皇を正嫡と . . . 本文を読む
コメント

今日は十斎日で六斉日です。

2022-04-29 | おすすめ情報
今日は十斎日で六斉日です。十斎日とは月の一日・八日(六斉日でもあります)・十四日(六斉日でもあります)・十五日(六斉日でもあります)・十八日・二十三日(六斉日でもあります)・二十四・二十八日・二十九日(六斉日でもあります)・三十日(六斉日でもあります)をいいます(根拠は下の地蔵経にあります)。この日に八斎戒(不殺生、 不倫盗、 不淫、. 不妄語、 不飲酒、 不聴歌舞、 不坐広床戒、 非時食戒)を守 . . . 本文を読む
コメント

昭和天皇は仏教にも深くお心を寄せられていました

2022-04-29 | 法話
今日は昭和の日です。昭和天皇は仏教にも深くお心を寄せられていました。明治以降天皇陛下は仏教に遠ざかっておられるかと思うとそうではありませんでした。昭和天皇は佛歌もおつくりになり、満濃池まで行幸されていました。 昭和天皇御製佛歌というのがありました。 満濃池には昭和天皇の行幸碑がありました。こんな辺鄙なところにまで昭和天皇は行幸されていたのです。お大師様へのご信仰がなければ思いつくような場所ではあり . . . 本文を読む
コメント

尼僧の読み込んだ法華経が除病の霊験をあらわした

2022-04-28 | 頂いた現実の霊験
尼僧の読み込んだ法華経が除病の霊験をあらわしたこと。今昔物語巻十二第三十話 尼願西所持法花経不焼給語 第三十「今昔、一人の尼有けり。名をば願西と云ふ。横川の源信僧都の姉也。 此の尼、本より心柔暖にして瞋恚を発さず。女の身也と云へども、心に智有て因果を知れり。出家の後は戒律を犯さずして、専に善心有り。亦、法花経を読誦して、其の義理を悟る事深し。凡そ生たる間、法花経を読奉れる事、数万部也。念仏の功を積 . . . 本文を読む
コメント

北朝五代・後円融天皇御出家、崩御の日

2022-04-28 | 法話
「本朝皇胤紹運録」(北朝五代・後円融天皇)「永徳二年1382四月二十八日、崩。三十六。御閉の後、御落飾。法諱光浄。御戒師泉涌寺竹岩和尚。」 . . . 本文を読む
コメント