福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

仏教大原理(釈雲照)より・・その8

2022-09-08 | 法話
㈧知足不貪欲戒・・・貪瞋痴は心の業である。これを制することができれば功徳著しいものがある。学道の目的はこの心が正邪・曲直を判別できるようにすることにある。この戒の止善は、五感に触れる五塵六欲・男女資材等はみな虚妄無常であって泡沫幻影の朝霧のごとくであると達観して求めないこと。行善は布施をし、他人の財施・慈善を讃嘆随喜すること。 . . . 本文を読む
コメント

一切衆生の伏し難く、度し難く、恩を知らず、恩に報ゆることを知らざる

2022-09-08 | 諸経
華厳経巻三十九離世間品第三十三ノ三「菩薩魔訶薩は一切衆生の伏し難く、度し難く、恩を知らず、恩に報ゆることを知らざるを知り、彼の衆生の為に大荘厳を起こして自ら荘厳し、一切衆生をして心に自在を得、随意の境涯において悪心を生ぜず、他所において煩悩の心を生ぜざらしめんと欲す。・・」昔から我々は恩知らずで度し難い存在であり仏さまが憐れんでおいでになったことがわかります。 . . . 本文を読む
コメント

今日は疱瘡を払うため伊勢神宮以下の十六社に奉幣した日

2022-09-08 | 法話
日本紀略 / 天延二年九月八日癸丑条(974)「八日癸丑 伊勢以下十六社に奉幣し 依って疱瘡災を払ふ也」天皇は円融天皇。「大鏡 第三巻二十段 伊尹伝」に当時疱瘡で多くの貴人がなくなったことが書いてあります。 「男君たちは、代明の親王(注1)の御女の腹に、 前少将挙賢・後少将義孝とて、 花を折り給ひし君たち(注2)の、殿失せ給ひて、 三年ばかりありて、天延二年甲戌の年、皰瘡おこりたるに、 煩ひ給ひて . . . 本文を読む
コメント

「では征きます」

2022-09-08 | 先祖供養
靖国神社九月の社頭掲示「では征きます。陸軍准尉 北村卓夫命 昭和十九年十一月二十八日 モロッカ諸島モロタイ方面にて戦死。二十八歳。広島県出身。いよいよ出発することになりました。明二十八日嘉義(嘉義市は台湾西南部の嘉南平原北端に位置し北回帰線が市内南部を通過)に向けて浜松を発ちます。途中九州の新国原に一泊、翌日は台湾です。それから先は何処の空かは分かりませんが、新しい戦場に向かふ筈です。宛名が変った . . . 本文を読む
コメント