福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」
2019年
1月19日(土曜日)15時護国寺
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

真言安心和讃

2017-09-30 | 諸経
真言安心和讃 帰命頂礼薄伽梵(大日如来に帰命し奉る)          八葉四重の円壇は 一切如来の秘要にて     衆生心地の仏土なり(胎蔵曼荼羅は中台八葉院から外側に四重の構造となっているがこれは諸仏の悟りの境地であると思に、衆生自らの心をも表している) 十方三世の諸聖衆は 大日普門の別徳を 開きて示しし尊なれば 密厳国土の外ならず(諸仏は大日如来のお徳をそれぞれ顕しておりその仏国土はいず . . . 本文を読む
コメント

闇と明かりが出会う時は、いかなる闇も居られぬ

2017-09-30 | 法話
「闇と明かりが出会う時は、いかなる闇も居られぬ。そこでお互いの方の三毒はごく強い闇の性なれども、無礙光佛の光明(阿弥陀仏の発する救済の光が,何物にも遮られないこと)に照らされてみると、疑いの闇の居るところがない。(真宗の名僧、七里恒順師)」といういことばがあります。 此れをもじっていえば「「不幸」と「お大師様」が出会うときは、いかなる不幸もいたたまれない。不幸の元たる過去世からの三業は大師の光に照 . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉  

2017-09-30 | 法話
「掌の中の無限」(マチウ・リカール(分子生物学者にしてチベット仏教僧侶)とチン・スアン・トアン(ヴァージニア大教授(天体物理学)共著)のなかから・・仏教にとって堅固な現実はあったためしがない。「悟り」とは事物にこのような本来の存在を付与する無知の夢から目覚める、ただそれだけのことである。・・仏教では空性の理解は限りない愛と慈悲の形で表される。 . . . 本文を読む
コメント

「仏説父母恩重経」、「孝経」、「孝養和讃」

2017-09-30 | 頂いた現実の霊験
先日、二週間ぶりに岡山の95歳の継母のもとを訪れ寝ている継母の足を揉みました。継母は半分意識をなくしていましたが気持ちよさそうに大変いい顔になりました。長い確執を経てこういう日が来るとは昔は想像もできませんでしたが、有難いとはこういうことを言うのだと思いました。その直後、難航を極めると予想されていた継母関連諸手続きが瞬時に解決しました。不思議でした。 父母恩重経には最高の親孝行は「三宝」を信じさ . . . 本文を読む
コメント

政治家の「瞳」

2017-09-29 | 法話
最近の話題の中心の政治家の顔、特に「瞳」が濁っているのが大変気になります。そしていつも、良寛さんが好んだという「君看よ双眼の色、語らざれば憂無きに似たり」という句を思い出します。 これは「千峯雨霽露光冷(せんぽうあめはれて、ろこうすさまじ)」という大燈国師の句に、白隠禅師がつけた偈だということです。良寛和尚はこの偈をいつも揮毫されていたといいます。「君看よ双眼の色、語らざれば憂無きに似たり」という . . . 本文を読む
コメント

白骨観音

2017-09-29 | 頂いた現実の霊験
白骨観音 名古屋の「中村遊郭(名古屋市中村区)」にある「白王寺」は通称「中村観音」とも呼ばれ、さらに「白骨観音」とも呼ばれています。インターネットによると、この観音様は昭和8年建立の八メートルの十一面観世音で、戦火を乗り切り、いまでも所願成就の観音様として多くの参拝者が訪れると書かれています。 「観音の霊験、中根環道」には以下の様にこの観音様の縁起が書かれています。要点をまとめます。「白骨観音は禅 . . . 本文を読む
コメント

信と不妄語

2017-09-29 | 頂いた現実の霊験
最近政治の世界が喧しいようですが、「信無くば立たず」という言葉を思い出します。政治家はこの言葉をよく使いますがこの出典を改めてよく見ると「『信』は命よりも大切」ということでした。 論語『子貢問政』に 「子貢政を問ふ。子曰はく、 「食を足し、兵を足し、民之を信にす。」と。 子貢曰はく、 「必ず已むを得ずして去らば、斯(こ)の三者に於(お)いて何をか先にせん。」と。 曰はく、 「兵を去らん。」と。 . . . 本文を読む
コメント

心の時間のデーケン教授の言葉

2017-09-28 | 法話
平成15年4月27日の心の時間のアルフォンスデーケン教授の言葉 . . . 本文を読む
コメント

福聚講、今日の言葉

2017-09-28 | 法話
「己が心念清浄なれば諸仏この心にあり」中臣の祓 (心を清らかに保つ必要があるのは、心が神仏の家であるからです。大師の「辯顕密二経論下」にも「心暗きときは即ち遇う所悉く禍なり。眼明らかなるときは即ち途(みち)に触れて皆宝なり。」とあります。) . . . 本文を読む
コメント

「人工知能で失業率50パーセント時代」に求められるもの

2017-09-28 | 法話
「人工知能により、今後30年ほどで数千万件の雇用が脅かされ失業率50パーセントとなる」という研究発表のニュースがありました。 ここまでいかなくても似たような傾向にはなるでしょう。 究極的には人工知能と我々一人ひとりの違いはなにか、ということが突き詰められる時代がすぐそこまできているということでしょう。いままでのような考えで世界中がお金と効率のみを求めて走り回るようでは、人工知能にもそういうプログラ . . . 本文を読む
コメント

性霊集第八「和尚皇帝を祈り奉らんが御為に大般若経を転読する願文」

2017-09-28 | お大師様のお言葉
性霊集第八「和尚皇帝を祈り奉らんが御為に大般若経を転読する願文」・・・元元罪深うして旱疫やまひをなす・・心を洗うて香とし、體を恭んで花とす・・ . . . 本文を読む
コメント

「いくらあたえても、こころは減らない」

2017-09-27 | 法話
以前、老婦人が自作の絵手紙を人々に喜捨している番組を見ました。なかに「いくらあたえても、こころは減らない」ということばがありました。全くその通りです。お金は使うと減るものですが、『陰徳』は逆で、施すほど増えます。例えば、人助けをすると、相手も喜び、双方のご先祖も神仏も喜び、「陰徳」は無限に増殖するものです。日本人をお金や物という「使えば減るもの」に対する呪縛から解放して、「無限に増える陰徳」をたい . . . 本文を読む
コメント

Q,神社に詣った時の拍手の意味?

2017-09-27 | Q&A
Q,神社に参った時の拍手の意味? . . . 本文を読む
コメント

不邪見戒の功徳

2017-09-27 | 法話
釈雲照師の「仏教大原理」に「未曽有因果経では『百歩歩く間でも十善戒を保つと無量の功徳がある』と説く」という趣旨の事が載っています。いままで十善戒は言うに易く行うに難いものとばかり思っていましたが、この「百歩の間でも、十善戒を保つ」という言葉に惹かれて十善戒の根本である不邪見戒を少しでも守ろうと、時々電車に乗っている間、散歩している間、居間にいる間等短時間を限っても見るもの全てを穏やかな肯定的な心で . . . 本文を読む
コメント

高貴徳王菩薩

2017-09-27 | 法話
1、以前先輩から「自分もついに『高貴』高齢者になりました・・」というお便りを頂きました。「高貴」高齢者とは非常にいいことばだとおもいました。「後期高齢者」では死に一番近い高齢者というそのままのネーミングで即物的で中々元気が出ません。その意味で「高貴」というのは自分自身の自覚を高める意味で大変すばらしいネーミングと感心しました。そういえば昔の「お爺さん・お婆さん」はどこか貴いものをもっているような気 . . . 本文を読む
コメント