福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

モラエス「日本精神」

2022-03-31 | 法話
モラエス「日本精神」1925神道と仏教が融合するときにみられたような・・あんなぴったり一如となった宗教は他にはなかっただろう。国民はその二つの信仰をまるで一つのように抱擁した。そして神社も増やせば寺院も多くして正しい人間となって、あの欠点・・蒙古の祖先から深くしみ込んでいた粗暴さ・・を除いた。農夫は牛をまるで耕作の兄弟みたいに取り扱って,四肢の奴隷としては取り扱わない。牛の言葉や表情を理解し耕作の . . . 本文を読む
コメント

「元慶寺の鐘銘一首幷序(菅家文章)」

2022-03-31 | 光明真言の功徳
「元慶寺(注1)の鐘銘一首幷序(菅家文章)」 此の寺の此の鐘有る、弘誓甚だ深し。至心等しきこと无く、元胎願を発す。其の人の八万蔵を開くに遇ふ。九乳誠を翹(はげま)し、彼の力の三界に及ばむことを待つ。是故に日融内に應じ、霜氣外に催す。皇帝馭(おさめたまふ)暦の四歳己亥、月庚午を建つ。八日丁酉(元慶三年五月八日)、金火事を用ひ、治鋳功を施す。禅器を謹む也。梵音を唱ふる也。有縁行道の徒をして圭漏を窺ひ . . . 本文を読む
コメント

蒙古日本を攻むる事 付けたり神戦のこと

2022-03-31 | 法話
太平記巻四十 蒙古日本を攻むる事 付けたり神戦のこと「 つらつら三余のいとまに千古の記文を看れば、異国より吾が朝を攻めしこと、開闢より以来すでに十一箇度に及べり。故文永・弘安両度の戦ひは、太元國の老皇帝、支那四百余鰍をうちとって勢ひ天地を凌ぐ時なりしかば、小国の力にて敵しがたかりしかども、たやすく太國の兵を亡ぼして、吾が国無為になりしことはただ尊神・霊祇の冥助によりし故なり。その征伐の様を聞けば、 . . . 本文を読む
コメント

プーチンは三年以内に死する事

2022-03-31 | 法話
太上感応編に「一日に三善あらば、三年にして天必ず之に福を降(くだ)さん。 凶人は悪を語り、悪を視、悪を行ふ。一日に三悪あらば、三年にして天必ず之に禍を降さん。」とあります。悪逆非道の限りを尽くしたプーチンも仮に悪運強く今回生き延びることができたとしても三年以内には死することになります。 . . . 本文を読む
コメント

今日三月三十日は大師が比叡山に登られて西塔釈迦堂の落慶供養をされた日です。

2022-03-30 | お大師様のお言葉
今日三月三十日は大師が比叡山に登られて西塔釈迦堂の落慶供養をされた日です。大師は六一歳でした。当時伝教大師はすでに崩御されていました。弘仁十三年822六月四日「天台座主記」によると「承和元年834三月三十日西塔院供養檀主 座主円澄年六十三両塔内供建立主私号寂光大師導師 元興寺護命僧正 年八十五呪願 空海大僧都 年六十一讃 真済 年三十五梵音 光空 年五十六円仁 年四十 一錫杖 安恵 年四十一恵亮  . . . 本文を読む
コメント

山岡鉄舟が護国寺で大師の書を拝して開眼した日

2022-03-30 | 法話
山岡鉄舟は「書法について」で「・・余かって慶応の昔、音羽の護国寺に参する時、遇々堂殿の一隅に書幅の懸掲せらるるを拝す。字体、脱俗。筆勢邪なし。恰も雲煙龍飛するが如し。転々敬服の感に耐えざらしむ。咫尺して拝視すれば嗚呼是正しく聖佛弘法大師の御手蹟なり。余は其の筆意の妙趣、只之を状すべからずと雖も、日夜欽望の念止む事能わず。爾来僧俗諸先輩に請ふて大師の御手蹟を集むる事幾数種。暇毎に拝写すること数年、漸 . . . 本文を読む
コメント

今日は神秘思想家ルドルフ・シュタイナーの命日です

2022-03-30 | 法話
今日は神秘思想家ルドルフ・シュタイナーの命日です。「シュタイナーは-1925年3月30日、64歳で没しています。日本でも「シュタイナー教育」が有名ですが、当方は求聞持行を修したものとして、シュタイナーの提唱したといわれる「アカシックレコード」に興味があります。お大師様や興教大師をはじめ昔の求聞持行者の方々はこの「アカシックレコード」にアクセスできていたのではないかと思うのです。「アカシックレコード . . . 本文を読む
コメント

今日は光厳天皇が心経写経をされ春日大社に奉納された日

2022-03-29 | 法話
今日は光厳天皇が般若心経を写経され春日大社に奉納された日です。春日社への奉納写経の奥書には『延元元年三月二十九日、春日社に奉納せんがため、これを書写す。願はくは四所明神の利益によって、速やかに三界衆生の願望を満さん。』との記述があります。 文化庁の文化遺産オンラインに「重要文化財・光厳天皇 般若心経」があります。解説に「光厳天皇(1313~1364)が、延元元年(1336)伊勢大神宮、石清水八幡宮 . . . 本文を読む
コメント

仁王護国般若波羅蜜多経(全訓訳)

2022-03-29 | 諸経
仁王護国般若波羅蜜多経 開府儀同三司特進試鴻臚卿肅國公食邑三千戸賜紫贈司空謚大鑒正號大廣智大興善寺三藏沙門不空奉詔譯    (この経は仏が波斯匿王の為に護国の法を説き賜うもので八品あり。上巻に序品第一(仏が王舎城鷲峯山にいませしとき無量の菩薩四部八部衆が囲繞していたことを説く)、観如来品第二(仏が佛果を護り、十地行を獲るべきことを説く)、菩薩行品第三(十地行の次第を説く)、二諦品第 . . . 本文を読む
コメント

2月27日にすでに福聚講で「ウクライナとプーチンいずれが勝つかは明らか」と

2022-03-29 | 法話
  2月27日にすでに福聚講で「ウクライナとプーチンいずれが勝つかは明らか」との記事を載せていましたがやはりその通りになりました。習近平も自国の「淮南子」等をよく勉強して大義無き侵略は必ず敗北に終わることを肝に銘じておくべきでしょう。 https://blog.goo.ne.jp/fukujukai/e/2d2c7bdf980801dc1b61bb67e9b89c6d   . . . 本文を読む
コメント

今日は後花園天皇が勅封心経を書かれた日です

2022-03-28 | 法話
今日は後花園天皇が大覚寺に勅封心経として残っている般若心経を書かれた日です。続史愚抄に「寛正二年1461三月二十八日、この月天下疫鐖。自ら般若心経を写経し、三宝院義賢僧正に供養さす」とありこれが大覚寺に勅封心経として残っています。(後花園天皇は伏見宮貞成親王(後崇光院)の第一皇子。称光天皇に嗣子がなかったので、室町幕府が支持して後小松上皇の猶子として践祚、翌年即位、第102代。。和歌・管弦をよくし . . . 本文を読む
コメント

今日は疫病を消すために金剛般若経一万巻を転読せしめた日

2022-03-28 | 法話
日本紀略・昌泰一年898 三月二十八日の条に「疫癘を消すために十五大寺において、三箇日を限り金剛般若経一万巻を転読し、天下潔斎ならしむ・・」 (十五大寺とはウキぺデアに「平安時代のなかばから中世の末頃まで朝廷の尊崇を受けた 15の大寺をいう。2説があり,古説では東大寺,興福寺,薬師寺,元興寺,大安寺,西大寺,法隆寺 (以上南都七大寺) ,新薬師寺,本元興寺 (あるいは法華寺) ,唐招提 . . . 本文を読む
コメント

今日は仁明天皇が徳政令を出された日

2022-03-28 | 法話
  『続日本後紀』承和八年(841)三月己亥(28日)条 詔曰。聖哲、範を凝り、天心応じて以て運行す。昊穹(こうきゅう・空)鑑を演べ、人事に随て通感す。故に殷王徳を修め、桑穀自枯。宋景善崇(たかくし)て法星遽(おそれ)退す。朕、寡昧を以て、祗宝図膺、己を虚しうして精に励む。日一日慎しむ。先王経国之道、永く言(ここ)に渉求す。列聖民を綏(やすんず)るの方(みち)、載(すなわ)ち深追採し . . . 本文を読む
コメント

今日は仁覚の遷化の日

2022-03-28 | 法話
今日康和四年1102、3月28日は一乗坊仁覚の遷化(58歳)の日。以下ウキぺデアに依ります。仁覚は源師房の息。天台宗。慶範,明快らにまなび,惟範に灌頂をうける。園城寺・平等院・比叡山無動寺などの検校。寛治7年天台座主。 . . . 本文を読む
コメント

今日は千僧供養がはじめておこなわれた日です

2022-03-28 | 法話
今日は千僧供養がはじめておこなわれた日です。日本紀略・天暦元年(947・天慶10年)三月二八日に「又、千僧供養あり、是東西凶乱を救うため也」 天皇は村上天皇。天暦元年には天然痘が流行し内裏でも感染しています。天慶四年(941)には藤原純友の乱が鎮圧されています。 千僧供養は千人の僧に供養すること。多くの場合,供養に先立ち読経などが行われて,これを千僧読経といい,このあと出席読経した僧に供養が行 . . . 本文を読む
コメント